フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

Star Trek Online

2010年1月17日 (日)

マーケットレモン

 Star Trek Online(STO) のオープンベータは数週間と短く、私はアクセスキーに当然当たっていないのですが、Cryptic Studiosからこんなメールが来た。

 プレオーダーされた方々に期間限定のプロモーション。

 スター・トレック・オンラインのライフタイム会員権が239.99USD!
 

 いあ、プレオーダーはしてない。外れるだろうとわかってベータ申し込んだだけ。
 ライフタイム=終身会員権ってことは、「この金額を一回こっきり支払えば、STO会費を将来にわたり二度と払う必要がない」という意味。私は、ここの言葉遣いはかなり選んで書いています。

 為替100円として2.4万円。ちなみに一年間契約のフィーは割引きありで119.99USD、1.2万円/年なので、ライフタイムは2年間でちゃら、それ以上続けばすべてもうけ、というつもりでしょう。

 もちろんオマケとして、ライフタイムのほうには最初からボーグキャラが使えます!というのもある。

********** 

 さて、マーケット・フォー・レモン(The Market for Lemons)という考え方があります。
 「情報の非対称性」についてはノーベル経済学賞も受賞してるからご存知の方も多いかもしれない。
 レモンとは、もともとの論文(George Akerlof)がアメリカの中古車市場を観察して書かれたものなので「ダメな中古車」を示す。一般には「欠陥車、不良品、故障がちな機械」。

 中古車が良質かダメかは買い手は事前にわからない。売り手はより正確に知っている。買い手はどの中古車も「平均的な品質」と想定するしかなく、それに見合った価格を支払わざるを得ない。
 売り手には商品をより高く売るモチベーションがあるので、わざわざダメな品質であるとは言わない。よってダメな車も、平均的な品質の価格で売買が成立する。
 一方、良質の中古車までもが「平均的な商品」であるとみなされるので品質に見合った対価を受け取ることができない。ダメな中古車(販売業者)が良質な中古車(販売業者)を駆逐してしまう、ともいえる。良質の中古車を売りたい場合は中古車市場に投げてはいけない、ということになってしまう。

 次の5つの基準にあてはまる場合、マーケット・レモンの可能性がある。

1.情報の非対称性。どの買い手も、売買の成立以前に商品の価値を詳細に検証し正確に評価することができないのに対し、すべての売り手は販売前からより正確に商品の価値を検証可能である。

2.売り手には、低品質の商品を高品質であるかのようにみせかけて販売するインセンティヴがある。

3.売り手には、信頼に足りうる公開手段がない(例えば高価値の中古車を販売する売り手が、それを買い手に知らしめることのできる信頼に足る手段がない)。

4.売り手(売り手の商品でなく売る人や企業など)の品質はピンキリであるか、または、平均的に著しく低い。すなわち買い手は売り手の品質に関して著しく悲観的である。

(注:商売上の倫理というか道義というか、そういうものについて悲観的という意味でしょうね)

5.効果的な公的品質保証制度の欠如(評判による制約や公的規制、および/または、効果的な保証/保障制度などがない)

 1970年代の経営学の話ですから、もう古典。今でもこのまま通用するなどと考えてはいけないし、ゲーム業界、MMO業界がこうだ!などというつもりも毛頭ない。もしそれをやるとしても、こんなところでは決してしない。

 例えば、当時のアメリカの中古車市場と、現在の同国のそれもすでに違うだろうし、日本の中古車市場と比較しても違う。
 インターネットは、情報の非対称性を緩和したのか、あるいはさらに増幅したのかもしれない(私見は後者)が、逆に売り手に対して「風評災害の脅威」というヴァーチャルな概念を植えつけたかもしれない。
 あくまでヴァーチャルな、です。ネットによってリアルが動くと信じるほど、私はナイーヴでものん気でもないので。もしそうだったら今頃イランの政権は変わってるだろう。目を覚ませ。

 さて、生涯会員権239.99USDを払うのがお得なのかどうか。
 このお方にきいてみた(なんで?!)。

Photo_2
 捕まえたルシを拷問しないといけないからあまり時間がないのw。手短にね。

 品質はどうなのでしょう?
 オープンベータは短期間であるし、クリンゴンサイドはやらせてもらえない、将来コンテンツはまだないだろうから、隅々までなんてわからないわよ。 だけどユーザの声を読んでいると、まあ「平均的」と考えるのが安全?
 Cryptic Studiosの最近作はChampions Onlineね。やはり平均的な評価を受けているようだわ。ライバル視されていたBioware/EAのStar Warsは一年延期になったけど、むしろ品質作りこみに時間をかけてるんじゃないかと逆に好感されちゃってるみたいね。促成栽培批判?もあるかもね。

 売り手の態度は良い?
 Cryptic Studiosは開発者、ディヴェロッパーだよね。過去にもいくつか良質のMMOを出してるね。でもビジネスサイドの意思決定はパブリッシャーであるAtari・・・。
 あそこは、またしてもCEOがクビになったようね。過去の重役がネットで猛然とAtariを批判してる。すでに倒産寸前というか、資金繰り的にはもう倒産してるに等しいらしいね。青息吐息
 少しでもキャッシュ・レベニュー(収入)が欲しいところでしょうね。

 レビューとか信用できますか?
 信用できないわw。だってゲームサイトはゲームメーカーからの情報で成り立ってるんだから、基本は提灯記事よ。
 ただ、料理漫画を紐解くまでもなく、強者(Blizzard他)にはぺこぺこするが、弱者にはとことんつらく当たるのは評論家の常。それと国家的な問題もあって、北米では評価にあたって日本プレミアがある一方で、日本ヘイトも当然あったりする。
 そもそも、レヴュアーの嗜好と君の嗜好がどれだけ乖離してるかわからないじゃない?
 メタスコア? 誤謬の総和かもしれないし、もっとも恐ろしいことにはスコアの信頼性を高めようとしてプレイヤーの数を増やすと、スコアはだんだん「平均的」なものに落ち着く傾向があるのよ。他の人のスコア見てもう一度考え直すような、「デルファイ方式」みたいなことにもなりかねないし、そういう面での悪しき「グループシンキング」も働いてしまうのよね。

 他のMMOの売り手は?
 ピンキリだと思うわ。王者Blizzardはおいておいても、AtariでいえばTurbineなんか比較的良心的だし、STOだとEVEと競合する部分が出てくるとすると、あそこはコアだけどかなり手ごわいわね。逆にK国かなんか、USでもおしなべて低評価をいただいてる会社もあるようだし。中古エンジンをちゃちゃっと色だけ塗り替えて、さっさと出しちゃえ、というMMOは相当あるんじゃないの?
 
 品質保証ってあるんですか?
 ユーザの評判には多少左右されるだろうけど、もちろん公的な保護などないわよ。そういうのが一番ない業界じゃない?
 ゲームの品質保証、QAってようするに開発遅れを誤魔化すための方便だから。QAの最終チェックで手間取ってるとかね。
 クソゲ・・・失礼、ダメなゲームを買ったからといって、なにかの消費者保護を受けられるとは思えないし、法的手段に訴えるほと多大な労力を掛けるほどの損害なんて、受けることあるの?

 え? 

 えええーっ。

 5つの基準にまんまあてはまるって、マーケットレモンじゃん!

 Photo_3
 レモン? ああそうね、囚人の傷口にレモンとかすり込むの面白そうねw、さっそく試してみようw。

 結論。

 2.4万円あったら新作洋ゲー4つくらい買える。一年くらいもつよ。
 やっぱライフタイム会員権は、パス。

 

2009年11月24日 (火)

Fanboys

 別のゲームのことも気が向いたら書いていきます。

 ようやく"Star Trek Online"の中身をまじめに見ることが出来ました。
 自分は別にTrekieでは全然ないので、ただ単にMMOとしてどうする気なのか、興味があるという程度です。
 オープンベータはまだ先で、いまクローズドベータの先行募集の段階らしい。
 そっこう、アプリケーションは出しました。
 ただし、全世界うん百万人のトレッキーを出し抜いて、こんなもの、自分受かるわけがないw。 

 今わかってる情報だけで判断するのは危険ですが、結論的には、やっぱ、よくも悪くも既存MMOなのね、といったところかな。

 以前開発の人が、宇宙船バトルには相当凝りますよ、といっていた気がするのだが、結局・・・。

 クルーザー  ・・・ タンク
 エスコート   ・・・ DPS
 サイエンス   ・・・ バフ・デバフのサポート

 紹介ビデオで開発者が上のように明言しています。艦種の違いはMMORPGのクラスの違いそのものにたとえられており、この役割分担で宇宙船の自機が戦闘をするそうだ。
 すなわち、パーティとは言わないだろうが、タスクフォース?、艦隊同士の戦いがメインなんでしょうね。
  「アウェイ」(惑星上にクルーがおりて、探索やら救出やらのミッションをすること)は、もう完璧にMMORPGでしょうか、これは。
 「馴染みがあって、わかりやすい」を優先したのでしょうか。

003
 つまり、これはタンクどうしのサシでガチになるのですか? 
 このように小惑星的な障害物が存在すると、面白いのかもしれない。

0033
 PvPがあるとしても、FPSの能力で勝ち負けにはならないと思う。 ふつうのトレッキーが勝てるわけがなーい。

 いやいや、トレッキーはそんな細かいことには一切こだわらないですから、普通のRPGに、例の制服着せて、スタートレックと名前つけただけでも熱狂するはずですから。
 ほんとうに、漠然ともっと違うものを期待した身としては、少し残念です。
 エンタープライズ号にたくさんのPC(プレイヤーズキャラクター)が乗り込み、というのは現実的ではなさそうだし、面白いかというと、ちょっとね。
 生産系はEVEでもう、ひとつのモデルが出来てしまっているようですし。

 売りのひとつは、無数に選べるキャラクター種族だそうだ。
  Crypticは、"Champion Online"で見せたのと同様に、キャラクター設計は凝りに凝る方針でいるようです。
 宇宙船のほうは、さすがにヴァラエティには限界があるだろうけど、装備変更で自分の色は十分出せる、と力説していた。

 個人的に待ち望んでいた、Biowareの"Star Wars: The Old Republic"のMMOのほうは、プレイ開始直後のプレイ動画が以前公開されていた。見た感じでは、こちらも通常よくあるMMORPGとあまり違いがわからなかった。
 "STAR WARS"は、そうならざるを得ないかな、とも思ってました。PCゲームの"The Knights of the Old Repblic"(SWKOR)がそうでしたから。そこで実現したアイデアの多くは、そのまま"Mass Effect"に引き継がれています。

 ただし、"The Old Republic"では、Biowareの開発関係者が、「一部のコンテンツを除いて、基本はソロで遊ぶことが可能」と明言していた。「一部の」が気になりますが、自分のペースでしこしこ遊べるものになるのだろうか。
 こちらもベータテストをやっているようですが、一応申し込んであるものの、そもそも入れるわけないw。

004_3
"SWKOR"で主人公が使えた"フォース"の快感は、ライトセーバーを振り回す気持ちよさ以上に忘れがたいです。敵兵士を宙に浮かべ、投げ飛ばす。"Mass Effect"でも同様のパワーが使えた。
 "The Old Republic" では、どうなっているのか。

**********

 ずっと持ってて、観ていなかった"Fanboys"(2008)という映画のDVDを思い出して観た。
 スターウォーズ・フリークのまま、なかなか大人になりきれない連中が、難病で余命いくばくもない仲間のため、ルーカスフィルムの本拠地(スカイウォーカー・ランチだっけ)に忍びこんで、まだ公開前の「エピソードワン」のフィルムを盗んじゃおう、観てしまおうという話。だから設定はエピソードワン公開直前、1998年とかそこらへん。

 映画だと「ギャラクシー・クエスト」("Galaxy Quest"、1993)でしたか。シガニー・ウィーヴァーが出てたやつ。スタートレックのパロディで、地球のテレビ番組を本物と勘違いした宇宙人が援助を求めてやってくる、ってしょうもない話ですが、わりと面白かった。ノリはあんな感じに近いです。

 英語版しかないので、細かいニュアンスまで全部わかったかどうか心配だが、結構笑えるところはあった。
 ただ、この映画に出てくる主人公の仲間たちは、私から言わせれば、全然ふつうの人たちで、不気味なオタクという感じはない。かなりソフトに抑えられている。途中出てくるオタククイズ、カルトクイズも簡単すぎるw。

 なかまのウィンドウズ(あだ名)wが、ネットで知り合ったハンドル名がローグリーダーwという女の子。エピソードワンのフィルムを奪う方法を知っているという。
 主人公たちは、仕事もほったらかして、オハイオの片田舎から、カリフォルニアのスカイウォーカーランチまで、こ汚い車で横断するのですが(ナンバープレートが"SLAVE 2"w、BGMは"Rush"の曲しかないw)、途中でアイオワのどっかに寄り道して立ち寄る。そこは"STAR TREK"のカーク船長の生地であったw(生まれるのはずっと未来ですけど)。
 そこでトレック関係の銅像を紹介しているこてこてのトレッキーの一団に茶々を入れ、逆にハン・ソロを馬鹿にされ、ぶちきれてけんかになり、銅像を叩き壊して逃げていく。
 とかなんとか、どたばた。レイア姫、ランド、シス卿まで、別の役柄でご本人登場で、はてはカーク船長ご本人が重要な役回りw。
 一番気に入ったのは、最初のほうのこのくだりかな。

 主人公の友達が勤めるスターウォーズ関係のファンショップ。ショーケースにトレッキー垂涎のフェイザーガンが飾ってある(「スタンモードに設定」w)。
 どーみてもトレッキーのふたりが(サイモンとガーファンクルに似てる)、意を決して店に入ってきて(トレッキーにしたら敵地です)、それを売ってくれという。

「それはフェイザーガンだよね?」
「そうだよ?」
「おいくら?」
「悪いな、ガーファンクル、うちにはおめえらトレッキーに売る商品はねえ」
「だったら、なぜショーケースに飾ってあるんだよ」
「それはな、おまえらみたいなトレッキーを識別して、わtが帝国領土から追放するためだからなのよ? さあトレッキーのくそどもに売るものなんてねえ。出て行け。たった今出て行け!」

 現実のトレッキーとスターウォーズ・フリークが、こんなに仲悪いわけないんでしょうが、この話の中ではほとんど宗教戦争w。

 しる人ぞしるハリー・ノールズ(Harry Knowles)も登場(これは本人ではなく、役者さん)。
 主人公たちがエピソードワンのフィルムを盗もうとしてるとしって。

 「ジェリー・シューマッハがバットマン映画に手を出そうとしたくらい、ばかげた話だぜ」

 あはは。

 ちなみに、ファンボーイと英語で言ったら、ただのファンでもオタクでもだめで、その対象に身も心も捧げていなくてはダメです。

「ハリソンフォードは映画史上最高の男優だ!」
「いい役者だけど、映画史上って、それ全部の映画のこといってる?」
「そうだけど何か?」
「・・・。まあ、たしかにハズレ映画には出てないからね・・・」

(主人公たちの車は、「シックスデイズ・セブンナイツ」(Six days Seven nights、1998)の看板の前を通り過ぎるw)

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31