フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

Mass Effect の Web Page

Mass Effect 2

 もっぱら、自分で決めた種族やキャラなどの呼称を忘れがちになるので記載しておくページ。記事が増えたら索引もつける予定。

 Wikiではないので、ブログのストーリー進行で登場した分までしか記載しません。メンツも記述も徐々に増えていきます。
 また、アライメントはD&Dぽく性格づけした私のお遊びです。ゲームとは関係ないし、ストーリーが進むと気が変わるかもしれません。

 主人公

1089
 John Shepardジョン・シェパード、ヒューマン、スペクター、元アライアンス海軍中佐、SSVノルマンディSR-1副長、のちに艦長(私の主人公の兵装はソルジャー)
 リーパーズとのシタデル戦の直後、乗艦ノルマンディ撃沈時に戦死。サーベラスによって「再構築」され、以後サーベラスのエージェントとしてミッションを行う。サーベラスが新たに建造したSSVノルマンディSR-2艦長。
(アライメントは、ME1ではローフル・グッド、秩序にして善のつもりだったが、さすがにサーベラス入りした今はケイオティック・グッド、混沌にして善にしておく)

 スコード・メンバー

872
 Jacob Taylerジェイコブ・テイラー、ヒューマン、元アライアンス兵士、サーベラス・エージェント
 エデン・プライムの数少ない生き残り。後にアライアンスを抜け、サーベランスの活動に身を投じるが、その「目的が手段を合理化するやり方」に納得しているわけではない。
 リクルーターでもあり、上官でもあったミランダとは色々関係があったらしいが、今はそれを清算して、男性シェパードがミランダに接近することをむしろ積極的に勧める。女性シェパードの場合は(ごく自然な)恋愛対象。
(アライメントは、ニュートラル・グッド、中立にして善)

262
 Miranda Lawsonミランダ・ローソン、ヒューマン、サーベラス・エージェント
 大富豪令嬢として何不自由ない暮らしを一生保証されていたにもかかわらず、完全主義者の父親との間に確執があり、サーベラスのイルーシヴ・マンと出合ったことから、そのシンパとなって出奔。以後イルーシヴ・マンの右腕として、サーベラスの過激な活動に携わってきた。遺伝子操作、美容整形で全身を極限まで改造してるらしい。
 ノルマンディでは自称シェパードの右腕。ジャックからチアリーダーと揶揄されることは面白く思っていない。男性シェパードの(ごく自然な)恋愛対象。
(アライメントは、ケイオティック・ニュートラル、混沌にして中立)

279
 Zaeed Massaniザイード・マサニ、ヒューマン、バウンティ・ハンター、元傭兵
 泣く子も黙る賞金稼ぎ。ノルマンディーの倉庫を自室にし、過去のトロフィー(ウォンテッドを仕留めた際の戦利品)をそこらじゅうに飾る、ちょっとナルシスト。
 犯罪シンジケート、ブルー・サンズとの根深い因縁があるらしく、サーベラスとの契約の条件として、労働者を奴隷のように使役しているサンズの基地への襲撃を要求する。コードネーム「ヴェテラン」。
 (初期購入者用特典のDLCで、プライベート・クエストとともに登場)
(アライメントは、ニュートラル・イヴィル、中立にして悪)

1096_2
Garrus Vakarianギャレス・ヴァカリアン、トゥーリアン、元シタデルC-TECエージェント。
 ME1では、同じトゥーリアンであるサレンの悪行を暴いたにもかかわらず、組織から捜査打ち切りを命じられ反発して脱退。シェパードのスコードに参加する。
 ME2では、単身乗り込んだ悪の巣窟オメガで複数のシンジケートを壊滅に追い込むなど、相変わらずの孤高の保安官ぶりを発揮し、悪党から「アークエンジェル」の異名で恐れられた。
(アライメントはケイオティック・グッド、混沌にして善)

638
Mordin Sorusモルディン・ソラス、サラリアン、科学者、医師、元特殊部隊メンバー、通称「プロフェッサー」
 オメガに蔓延していた奇病の治療を献身的に行う反面、その混乱に乗じようとするシンジケートのごろつきはあっさり殺したうえで、死骸を治療所前に晒しておくという、危険な二面性を帯びた天才科学者。また同時に名うての隠密要員・殺し屋でもある。
 目的が手段を合理化する、サーベラスのコンシークエンシャリズム(Consequentialism )に何の違和感も感じなさそう。
(よってアライメントはケイオティック・ニュートラル、混沌にして中立)

1598
Jack, aka. Subject Zeroジャック、別名サブジェクト・ゼロ、ヒューマン、犯罪者、サーベラスのコードネームは受刑者を示す「コンヴィクト」
 シンジケート・ブルー・サンズの経営する牢獄船パーガトーリに投獄されていたヒューマン最強のバイオティックにして、凶暴な犯罪者。サーベラスとは根深い因縁があるらしく、パーガトーリの騒動の後でノルマンディに搭乗することを拒んでいたが、サーベラスの機密データベースを閲覧させることを条件に、しぶしぶ同行を同意した。
 狂気寸前、爆発寸前、全身には自分の殺した数だけ刺青が入っているらしい。
(アライメントはケイオティック・イヴィル、混沌にして悪)

2233_2
Grunt、グラント、クローガン、タンク・ベイビー、完全体戦士
 「ウォーロード」と呼ばれていたクローガンのオキーアは、コレクターズから技術を譲り受け、完全体のクローガン戦士を遺伝子工学的に創造していた。オキーアは傭兵の手にかかって死に、シェパードたちは代わりに完全体戦士をノルマンディに運び込んだ。覚醒した完全体はシェパードと緊迫の睨み合いの後、刷り込まれた本能の命じるまま、強い敵を求めてメンバーに参加することに同意した。
 クローガン種族としての復讐の刷り込みは一切受けておらず、名誉を重んじる戦士の規範のみに従う。
(アライメントはローフル・ニュートラル、秩序にして中立)

3169
Samara、サマラ、アサリ、ジャスティカー
 ジャスティカーとはアサリ古来から伝わる規範を厳格に維持し、かつ忠実に守ることを誓約した「ウォーリアー・モンク」。生涯にわたって達成すべき使命を与えられるが、その使命を果たす過程で出会った悪を尽くくじき、無辜を助けなければならないという規範に縛られており、その規範を破るくらいなら自ら死を選ぶ。
 サマラは凶悪な逃亡者を追撃中にイリウムの宇宙港を訪れたが、その厳格な規範を理解できない異星人とのトラブルを危惧した現地当局から疎まれ、立ち往生していた。その立場から彼女を救い出したシェパードの指示に従うとの誓約を行い、ノルマンディのメンバーとなった。
(アライメントはローフル・グッド、秩序にして善、つかようするにD&Dパラディン)

4000_2
Thane Krios、テイン・
クリオス、ドゥレル、アサシン
 銀河一の暗殺者「アサシン」と噂される。ノス・アストラの悪徳企業幹部を始末する際に、シェパードたち一行をおとりに使ったような暗殺遂行時の冷徹さ、計算高さと裏腹に、始末した標的を前にして、自分の贖罪を願うため祈りを捧げるという不思議な一面もみせる。
 「自分の死が近い」と謎の言葉を吐き、「この暗い銀河を少しでも明るくするため」、コレクターズとの戦いに「無料で」参加することを誓う。
(アライメントは・・・。アサシンなのでローフル・イヴィル、秩序にして悪にしておく)

4414
Tali'Zorah vas Neema、タリゾラ・ヴァス・ニーマ、クォリアン、エンジニア
 ME1では、クォリアンの成人の儀式「巡礼」の旅の途中で、銀河を揺るがす巨悪の存在を示すデータを入手したために命を狙われたが、その身を救ったシェパードとともにノルマンディSR-1に乗り込み冒険を繰り広げた。ME2では、仇敵ゲスの支配する星系奥深くに侵入して任務遂行中に襲撃され、再びシェパード一行に間一髪の危機を救われる。
 二十代にして移民船団種族クォリアンの中でも特筆される優秀なエンジニア。宇宙航行技術を中心に第一級の技術力を有している。
(アライメントはローフル・グッド、秩序にして善。サマラとちがって、パラディンチックな感じではない、普通のローフル・グッド)

11251_2
Legion、リージョン(レギオン)、ゲス、1,183プログラム、 モバイル・プラットフォーム
 本来ソフトウェアでしかないゲスが作り出したユニークなハードウェアとの融合体、「移動式プラットフォーム」。
 行方不明となったシェパードを捜索するため、ゲスが送り出した。エデン・プライムでヒューマンと意図せず交戦になった際にライフル弾を受け、胸部に大きな開口部がある。
 その部分を隠蔽するため、なぜかシェパードが死亡時に着用していたN7アーマーの装甲を当てている。リーパー遺棄船探索中のシェパードらをハスクの攻撃から救うという奇妙な行動をとり、後に機能停止した状態でノルマンディに回収され、再起動される。
(アライメントはトゥルー・ニュートラル、真なる中立。マシーンであり、ゲスのプログラム次第で行動パターンが規定される)

13236
Kasumi Goto、カスミ・ゴトウ、ヒューマン(日本人)、マスターシーフ、テック
 銀河で最も謎めいたシーフ(盗賊)。至るところに彼女に復讐を誓う敵がいるが、その正体を知るものはほとんどいない。テック、ステルス・スキルに長け、過去にサーベラス自体から非常に重要な品物を盗み出したことさえある。あらゆる警報、侵入阻止、身分暴露装置は彼女の前に意味がなく、衛兵の警備すらものともしない。
 サーベラスのミッションに参加する見返りとして、悪の億万長者の厳重な金庫からある品物を強奪する非常に困難な仕事に協力するよう、シェパードに要請する。
(アライメントはケイオティック・グッド、混沌にして善。無駄な殺生はしないタイプだが、義賊というわけでもない)

 ノルマンディ・クルー

275
Jeff "Joker" Moreau、ジェフ・”ジョーカー”・モロー、元アライアンス海軍SSVノルマンディSR-1操舵手、現サーべラスのノルマンディSR-2操舵手。
 アライアンス初のステルス船ノルマンディSR-1の操舵手に抜擢されるほどの腕前は、自他共にアライアンスのベスト・ヘルムズマンと認めるほどであった。SR-1がコレクターズ船に撃沈された後、サーべラスの誘いで再びシェパードのパイロットを務める。
 生まれつき骨がガラスのようにもろい病気であり、この時代の義足を用いてすら歩行は困難である。

1188
Doctor Chakwas、ドクター・チャクワス、医師、元アライアンス海軍SSVノルマンディSR-1軍医、現サーべラスのノルマンディSR-2搭乗医
 地上勤務を嫌いアライアンス海軍に入隊。SSVノルマンデイSR-1に搭乗しシェパードと行動をともにしていた。SR-1撃沈後、サーベラスの誘いに対する迷いはあったが、シェパードを慕ってSR-2への搭乗を決断した(実際にはジョーカーの病気の治療者としてだと、後に告白)。
 異星人生物学にも通暁しており、新旧ノルマンディに搭乗する様々な異星人の治療も行う(サラリアンの医師モルディン搭乗後は、さすがに彼に任せてるかも・・・)

1151
Kelly Chambers、ケリー・チャンバース、ノルマンディSR-2のヨーマン(事務下士官)、管理担当、心理学を専攻しており、クルーのメンタル・カウンセラーも勤める。
 シェパードの艦長室のお魚の餌やりが重要なお仕事。ただしその前に口説かないと・・・。

1635
EDI、イーディー、エンハンスト・ディフェンス・インテリジェンス、ノルマンディSR-2の艦載AI。操舵を含む、ノルマンディのあらゆる船上活動を事実上代行できる。
 そのため操舵手ジョーカーからは彼に取って代わりうる、邪魔な存在として扱われていたが、ある事件をきっかけに両者の間に信頼が醸成される。
 その女声口調の穏やかさと裏腹に、強烈なジョークセンスを有する。

 重要人物

169
Illusive Man、イルーシヴ・マン、ヒューマン?、サーベラスの頭目?(らしい)
 ヒューマン・セントリズム、ヒューマン至上主義の名の下に、「目的が手段を合理化する」過激なテロ活動を含め、日夜ヒューマンの地位向上のため暗躍するサーベラスの指導者。
 ただし、その存在自体を含め、居場所、生まれ育ちなど、すべて謎。
 CV:マーチン・シーン
(アライメントはケイオティック・ニュートラル、混沌にして中立)

810
Aria T'Loak、アリア・トゥローク、アサリ・メイトリアーク(Matriarch)、オメガ支配者(自称オメガそのもの)、元ダンサー(偽装)
 悪の巣窟オメガの実効上の支配者。策略、欺瞞、脅迫などありとあらゆる手口を使ってその地位に上り詰めた。ただしオメガの犯罪シンジケートがアリア支配の転覆を図っていたことから、その地位は磐石でもないようだ。
 メイトリアークとは、元々寿命1000年単位と長寿なアサリの中でも、普通は700歳以上の年齢で到達する指導者的世代。アサリには性別はないが、ヒューマンの言語では便宜上「女性形」を使っている。 
(アライメントはニュートラル・イヴィル、中立にして悪)
 

 ノルマンディ元クルー

2625
Ashley Madeline Williams、アシュレイ・ウィリアムズ、ヒューマン、アライアンス海兵隊ガンナリーチーフ
 ME1では、ゲスの攻撃を受けた殖民地エデン・プライム駐屯軍の数少ない生き残り。命からがらノルマンディに救出され、以降シェパードと運命を共にすることになる。家族三代アライアンス兵士の軍人一家の出。優秀な戦士でありながら詩篇を愛するロマンチスト。
 ME2では(ME1でロマンス関係であり、かつ生き残った場合)、ノルマンディSR-1撃沈時に脱出して生き残り、以降はヒューマン植民地の拉致事件とサーベラスの関係を探るため植民地ホライズンに駐留していた。異星人嫌いでありながら、サーベラスの過激なやり方に同意することができず、再度行動をともにして欲しいというシェパードの誘いを断る(ブログの主人公シェパードはME1で彼女とロマンス関係だったので二重に振られたことになる・・・)。

5442
Dr. Liara T'Soni、リアラ・ティソーニ、アサリ、科学者、情報ブローカー
 ME1でローグ・スペクター・サレンと行動をともにしていたメイトリアーク・ベネジアの娘。サレンに拉致される寸前をシェパードに救われ、以降ノルマンディに搭乗し共に冒険を繰り広げた。
 ME2では、(ME1でロマンス関係であった場合)、ノルマンディSR-1撃沈時に脱出して生き残り、その後は惑星イリウムのノス・アストラ宇宙港に居住し、意外にも情報ブローカーとして成功を収めている。転進の理由には当初口をつぐんでいたが、やがて、彼女との間に根深い確執が生まれたシャドウ・ブローカーを抹殺する意図があることを告白する。
(これはおそらくME3に引っ張る気じゃないかなと思ってますが・・・)

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31