フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010年9月12日 - 2010年9月18日

2010年9月18日 (土)

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(11)

 "World of Tanks"、やっぱ少し飽きてまいりました。
 オープンベータということもあり、マップもまだ10種類ないかな。
 四号戦車が手に入るまでまだ修行の道のりが遠い。
 ルールを確認してないでやってたので、アップグレードも順番を間違えなきそうになっているw。無料ベータでなに気合入れてんだろ。

 15対15でさして広いマップでもないので、赤軍(赤色ロシアとは関係ない)、青軍とも狙うべき筋書きがわかってきた。

 うるさいアメリカ人とか少ないし、ロシア人は静かでいいなw。つか私の見えないところでロシア語でチャットしてんのかな? (あ、ロシア人は普段はロシア語サーバーでやってるのか)





 

 

続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(11)" »

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(10)

 "World of Tanks"結構おもしろい。

 やっぱしょぼくれた軽戦車からスタートかあ。と思ったがすぐにグレードアップできる。
 でも二号戦車w。機関砲でなにすんの、と思ってたがそこそこスピードで動き回れる。
 満を持して三号戦車(A型)にグレードアップ。

 よーし、今まで耐えに耐えて逃げ回ってた恨み晴らすぞ!

 とたんにおにいさんクラスに入れられ、敵カーヴェーかよ!w

 味方にも当然重戦車がいますが、勝敗はもう遣い手の腕次第です。

 なにしろ、敵味方独ソの戦車が入り乱れた編成だから、歴史的なことは一切無視w。

 敵味方15台づつ(本番は30台づつになるらしい)、15分の一本勝負なので勝ち負けにさほどこだわらずできる。
 やったことはないがガンダムのバトルゲームもこんな感じ?

 まだクローズドベータですから、本番の全貌は明らかになってないのでしょうが、カーヴェー同士が生き残って撃ちあってもなかなか終わらない。自走砲同士が生き残ったら、お互い手詰まり。下手すると15分間経過するまでじっと待つ。
 その間、すでに撃破されたプレイヤーが暇なのは、何とかして欲しい(味方のプレイヤー誰かのカメラで観戦はできるのですが)。 

 でも味方の天才的な奴が重戦車を動かすと3分で勝ったりもする。

 なかなか面白いですが、戦車を相当グレードアップするまではフラストレーションもたまりそう。 
 早い時間に撃破されると何もできずに手持ち無沙汰ですから、決着がつくまで待つ間(待たなければ経験値もなにも手に入らない)他にやることを見つけておいたほうがいい。

 それとロシアのサーバだからでしょうか、ラグはきついものがあります。
 敵がテレポーテーションして近づいてくると力が抜ける。その間無敵みたいになってるんじゃないかな。

 ロシアではテレポートが戦車を勝利する!

 ようやく三号中戦車を手に入れた!
 敵がパンター、ティーゲル、そしてヨセフ・スターリンばかりになった!

 これって、重戦車手に入れるまで、ずっと下っ端、雑巾がけ、偵察要員かよ。

 先陣切ってガンガン敵地に侵入して索敵ポイントで経験値を稼ぐ日々です。生き残れたら勿怪の幸い。

(たまに中戦車が主力の組み合わせになることもありますが、重戦車中心のバトルが異常に多い気がする。ベータではマイクロトランザクションがないから相当な経験値稼がない限り手に入らないはず。

 ハイプレイヤーが多いんでしょうな、ロシアも。





続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(10)" »

2010年9月17日 (金)

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(9)

 オンラインゲーム"World of Tanks"とやらのクローズドベータのキー・ギヴアウェイがあったので、ちょっとやってみよう。

 どうせしょーもないRTSもどきのお子ちゃま向けだろうなあ。

 クローズドベータのキーもはけないってんだから、苦しいですよね。
あー、Wargaming.netか、"Order of  War"のね。たたき上げのウォーゲーマーである私が珍しく手を出さなかった。スクエニも考えてから買い付ければいいかと。

 なお、英語版Mass Effect Wikiのキャラクターページにご注意。

 もろにシャドウブロウカーの正体が載っている。
(それに限らず、本編に関して、見た瞬間大きなネタバレになるものも従来から載っています)




続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(9)" »

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(8)

 Haloも盛り上がってるようですが、X360 持ってないから、からめないのが逆にうれしい秋の夕暮れ。





続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(8)" »

【NW】IGNインタヴュー

 本日、ちょいと酔っ払ってるで、これで許して。

http://pc.ign.com/articles/111/1119900p1.html

新ネヴァーウィンター

 Neverwinterが戻ってくる。Cryptic(Star Trek Online、Champions Online)の開発で。BioWareのDungeon & Dragons(DnD)準拠"Neverwinter Nights"や、Obsidianのその続編をプレイした者にとっては、名前こそ同じでも今度はかなり違ったものだと気がつくはずだ。


 現時点では2011年遅くのリリースだと言われているこの新作について、CrypticのCOO (ジャック・エマート)Jack EmmertとExecutive ProducerであるAaron Brady(アーロン・ブラディ)に聞いて見た。

 エマートによれば、この新しい、副題なしのネヴァーウィンター・ゲームは、再起動(リブート)のようなものになるであろうという。

DnD4版においては、フォーガットン・レルムズ(Forgotten Realms)の物語は時代を(訳:3.x版の準拠する時代から)100年未来に移し、中身もガラリと変貌しているので、新しいタイトルでフランチャイズを再立ち上げするのが適切だと考えた。AtariがCryptic買収を計画していた頃から話をはじめた。内部的には、ユーザ創作コンテンツが、この世界の大きな部分を占めるとずっと考えていたし、ユーザ・コンテンツを取り込むファンタジーRPGの開発もすでに行っていたのだ。AtariがNeverwinterのIP(おそらくユーザ創作コンテンツを連想させる最も強力な名前)を保有していたことから、その名称を用いるのは当然だと思った」

 物語の舞台は、広範囲に乱雑に拡がるファンタジー都市、ネヴァーウィンターの内部とその周辺である。当然、プレイヤーはキャラクター・クラスを選び、ダンジョンに潜り、モンスターを切り刻み、アイテムをゲットすることができる。
 ここでの変化のひとつは、マルチプレイヤーがプレイ経験に統合されていることだ。エマート曰く、「プレイヤーはソロもできるし、友人とチームを組むことも、NPCの傭兵を雇うこともできる」
「多くの中身はソロが可能だが、一部のコンテンツは何人か手助けがいるだろう。その場合他のプレイヤーと組むか、NPCを雇うのかを選べる」

 ブラディが付け加える。「友達と一緒に遊ぶ、あるいはグループを集める作業を、できるだけ簡単にできるようにしようと努力している。理想としては、あまりに上出来なので、プレイヤーがソロでは遊びたくなくなるというものだが、ヘンチメンもちゃんとしたPug(訳:Pick-up Group、日本語で言う「野良」ですね)同様に使えるようにしなくちゃならない。ネヴァーウィンターがこうなったらいいなと思っていることのひとつは、友人たちと毎週遊べる、まさにテーブルトップ・ゲームを再現したような楽しい社交の経験ができることだ」

 現時点で、どのモンスターが登場するかはあまりわかっていないが、ブラディはこう断言した。
「デザイン要求のひとつは、『最も著名なDnDモンスターを登場させること』だ。今白状させようとは思わないで欲しいが、心配ない、DnDファンなら知ってる古典的なモンスターには全部出会えるから」(訳1)

 キャラクター・クラスについてエマートは、「ローンチの時点では5つのクラスに絞ることにした。ウィザード、ファイター、ローグ、レンジャー、クレリック。4版のコア・アーチタイプ(コントローラー、デフェンダー、ストライカー、レンジャー・ストライカー、サポート)をカヴァーしていることになる(訳2)。ローンチ後はキャラクタークラスをいくつも追加していくつもりだから、みんなの好きなパラディン、バーバリアン、モンク、バードなんかはすぐにお目見えできるだろう(訳3)。

 メインストーリーラインがあるが、探究心旺盛な人へのご褒美を提供するサイドクエストもたくさんある。献身的なプレイヤーはメインプロットを突き進むだろうが、探索が好きなプレイヤーはその他にもたくさんの物語にぶち当たると思うよ。

 まだゲームをプレイすることはできないので、エマートがゲームプレイは実際どのように進むのかを説明した。「現時点では、アクションRPGだ。だからターンもないしイニシャチヴ・ロールもない。戦闘中に一息つけるように、STOに入れたポーズ機能も入れるかもしれないが、まだ決定していない。プレイテスト中だ」 

 ブラディが付け加える。「一瞬一瞬のゲームプレイは、すべてチームプレイとタクティクスに負うことになる。プレイヤー・キャラクターのパワーを、仲間のパワーと掛け合わせる(interact)方法をたくさん用意するし、最も効果的なチームを築くためにそれらのパワーをどのように協力して組み合わせるのがよいのか、プレイヤーは徐々に学習していくことになる」

 チームワークについていうと、聴いた限りでは「MMOぽい」感じがする、それで意味が通じればだが。そこでエマートがオンライン機能について触れる。「ゲームはオンラインで、いくつかのロケーションはMMORPGのようにパーシステント(訳:インスタンスに対して、恒常的にあるエリア)だ。だからプレイヤーがネヴァーウィンターの謎を解明しようと走り回ってる間に他のプレイヤーと出会ったりする。そういうエリアをMMORPGのような人口密度にするつもりはないから、他の数百人のプレイヤーといきなり出会ったりはしないが、ときどき、他の冒険者とバッタリ出会ったりするだろうね。協力プレイをするためにはいくつかの要件がいるが、プレイヤーはいつでもNPCの仲間を助っ人として呼ぶことができるよ」 

 ブラディもコメント。「ほとんどの冒険は、君と君のパーティだけのものだが、ゲーム内で自分が入れるグループを探したりするソーシャルな経験も重要だと思っている。もちろん、ゾーン全体で発生し、全てのプレイヤーが一団となって対処を求められるイヴェント(challenges)も用意するし(訳4)、達成できれば世界全体が目で見てわかる変貌を遂げるような、顕著な偉業(significant accomplishments)も用意するよ。(訳5)

 過去のNeverwinterゲームでは、ユーザーが独自の冒険を創作できるツールセットが同梱されていた。
「Neverwinterフランチャイズのファンの皆が望むまま、なんでも自由にコントロールできるロバストなものにする。同時に敷居も下げる。皆が皆技術的知見を有しているわけじゃないが、それが創造力を発揮する障害になっちゃいけない。

 クエスト、カスタム・テキスト、セリフ、おそらくモンスターも(アイテムは含まれない)。プレイヤーはそれらコンテンツを、常設してあるNPCや洞窟などの入り口を通じてNeverwinterのゾーンに接続する。他のプレイヤーはまるでYouTubeでも観るように、これらのコンテンツを遊ぶことが出きる。ベスト、作者、最も訪問者が多いもの、などでソートもできる。ユーザ創作コンテンツを作るのも、それで遊ぶのも同じくらい楽しめるようにするつもりだ。

 聴いた限りではよさげだ(訳6)。2011年の発売が近くなるまで注目していく。現時点ではPC版のみ発売予定。

(訳1)
 
ビホルダー! ビ・ホ・ビ・ホ!(周囲苦笑)
 でもDnD4.0ビホルダーって、つおいの?
  実際にはゴブリン、オーク、コボルド、とかそこらへんを言ってるのかなあ。マインド・フレイヤーはどうかな? 

(訳2)
 あれ、近頃DnD4.0のルール変わったの? コア役割は「コントローラー、ディフェンダー、ストライカー、リーダー」じゃなかったの?
 ジョンさんよ、Crypticの都合で勝手に変えたんだとしたら、君たち、それがだめなんだよ!
 そうやってTRPGと乖離していってわけわからなくなるでしょうが。どんどん解釈が開発の独善によってゆがんでいくんだよ。
 なんだよ、「レンジャー・ストライカー」って? 造語だろ? 捏造するんじゃないよ。

 そもそも高貴なるクレ様(クレリック)を捕まえて、「サポート」だとぉ? キャバクラじゃないんだ、そこに直れ、成敗いたす!
 なぜわざわざ「リーダー(Leader)」とつけているかも理解しとらんのか、やっぱただのMMO屋か。
 いや、クレリックはみな横柄で、偉そうで、慇懃無礼で、会計もきっちり割り勘、ケチだからとか、わかっててもそういうことを言っちゃいかん。
 リザレクションしてもらえなくなる。クレ様が怒って帰っちゃったらパーティ解散になっちゃうんだよ(一部のゲームで)。

 なぜサポートじゃだめかというと、「サポート」職なんて誰もやらないんだよ。
 人のオムツの世話するクレリックなんて誰がやるか、っていうので困ったので、DnD3.xクレリックはなんと最強クラスになっちゃった。
 なんか不安だなあー。この人たちDnDの深遠な世界をMMOの窮屈な世界に押し込めようとしてるんじゃないのか。MMO職人。

(訳3)
 パラディン! パ・ラ・ディン!
 (周囲嘲笑)

(訳4)
 あのChampions Onlineの一周年記念で、やたらでかい巨大メカを10近いインスタンスに何体も出したものだから、プレイヤーが少ないと(いつもだが)倒すのに苦慮していつまでも野放しになったような、あれですか。

 MMO屋の考えるイヴェント程度だとしょぼくれてるねえ。
 どう考えても高年齢層プレイヤーが多いことになるんだから、鼻で笑われるようなのはやめてほしいね。

(訳5)
 そしてこっちはネタバレだ。ネヴァーウィンターはDnD4.0の時代、廃墟と化している。ここでいっているのは、プレイヤーたちの努力によって街が次第に復興していく趣向を盛り込もうというものでしょう。これもMMOでは目新しいものじゃない。

(訳6)
 いいえ、正直非常に心配です。
 Champions Online、ゲームのつくりとしてはロバストで、そつなく手堅いなあと感心したが、コンテンツはやはりスカスカ。
 カンストキャラがうようよいて、「ヘルプ求む」、「カンストでもいいなら」という、末期的なチャットが何度も取り交わされている。   
    
 これはもう公理と言ってもいいが、オールドスクールRPGファンはMMOが大きらいだ(公理1)。
 ユーザ創作コンテンツを熱心に作るのはオールドスクールRPGファンだ(公理2)。
 そしてMMOに慣れたプレイヤーには、このゲームは面倒すぎるわりに物足りない(公理3)。
 というかMMOプレイヤーが創作コンテンツを作るわけがない(公理4)。
 だって、ルート(アイテム)も作れないんだぜ? (マンチに作らせるか、あほが。というかアイテムはオリジナル・コンテンツに持ち出し可能なので、整合性チェックが取れず管理不能となるので無理ですね、という判断でしょうね。いやそれも頑張れば克服可能だが、マンチアイテムの排除も面倒だし)

 導き出される帰結は、こんなん誰がやるの、というものだ。

 Crypticがやるべきなのは、MMO臭を消すことなのだ。とても難しいけど、間違いなくそうなのだ。

 頼むぜおい。

 課金もまだハッキリしていないし。こっちはドキドキしながら見つめてる感じだ。

 (書いているときは決して酔っ払っていませんでした。そこつっこまないように)
    

 

        

2010年9月15日 (水)

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(7)

 とにかく撮影する枚数がハンパないんすよね、ME2は。
 仕分けしないまま書き始めると、どの画像だったかなにがなんだか、わけわからなくなる。
 昼間にシコシコ仕分けして効率化してみた。
 でも、じっくり眺めていると、結構捨てきれないんだよなあ・・・。





続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(7)" »

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(6)

 少しはBlogの生産性を改善しました。 

 世の中はFFXIVで盛り上がっていることでしょうか。
 ベンチがあれな私は、というかまあ、最初からMMOはいいや。





 

続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(6)" »

2010年9月14日 (火)

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(5)

 前半は、刑事もの映画、「ブリット」、「48hrs.」、あたりのノリでしょうか。
 いきなり「サイボーグ009」になるとは知らなかったが。

 DA:Oだと、セリフが長いこともあって、画像が全部同じにならないように苦労するんですが、ME2はお話をそのままなぞると画像が多くなりすぎるので大変だ。





続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(5)" »

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(4)

 BioWareゲーム、SWKOTORには、たしかゲーム内ゲームでレーシングがあったような気がするけど、・・・(調査中)・・・Swoop Racingか。YouTubeに動画残ってますね。
 ゲームクリアのため完璧無視するわけにはいかないけど、特段極める必要はなかった。 
 なかったつうか、結構難しかった!

 このDLCのカーチェイスは・・・。まあ、画像撮影しつつやる必要がないなら大丈夫でしょう。





続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(4)" »

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(3)

 わけあって更新は夜のみ可能となってしまった・・・。
 幾分ペース落ちますが、リアラDLCでほとんどネタも最後です。
 Blog容量的にも、そろそろ移転考えないといけない。

 このDLC、試しにレベル30シェパード、ハードコア難易度で流してますが、やたらむずいなw。
 ボス戦云々前に、ザコがなんでこんな強いの?
 インサニティ難易度なんて、夢のまた夢だ(レベル60でやりなさいってことか)。
  
 





続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(3)" »

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(2)

 言っちゃ悪いが、リアラDLCだって選択肢なんてほとんどない。
 基本一本道です。
 結局ね、自由な選択があるとかないとか、CRPGの本質じゃないんだよ。
 プレイヤーがどれだけ納得するかってことでしょう。
 「マイ・ストーリー」が各人で完璧に違う必要はない。

 ゲイダーさんがいう「エージェンシー」、プレイヤーがストーリーにどれだけ関与できるか(そういう錯覚をもてるか)、にかかっていると思いますよ。

 モリガンDLCがぐちゃぐちゃになってるのも、プレイヤーに与える選択の幅が、少し限度を越えてしまったせいかもしれない。
 オタクの大好物であるコンティニュイティ、整合性、つじつまを損なってしまうのは、やはりBioWareも見逃せない、深刻なバグと受け止められているわけですが。
 
 そういう意味で「選択肢のない一本道」JRPG批判はとんちんかんなんだけど。
 たしかに、他の誰も納得できない自分だけがわかるストーリーを押し付けるものが最近はちょっと目立つかもしれませんけどね。




続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(2)" »

2010年9月13日 (月)

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(1)

 DA:Oのほう、まだまだ言い足りないし、エンディング・バグの複雑さはハンパないようですがそろそろME2のほうに移行。

 いやあ、どっちのDLCもそうなんだけど、男性主人公優先なんだよなあ。
 (アサリは性別不問だから、頭が古いといわれそうだが・・・、画像見ればお分かりになるかと)

 PCゲーム、とくにサード・パーソンのRPGだと、MMOも含めて一日中お尻を眺めているわけだ。これが男性キャラは結構辛いよ? と思うんだけどなあ。
 ネカマどうの以前に、それがきつくて、どうしても女性キャラが多くなるんです。
 こういうロマンスネタを想定して、ちゃんと男性で関係を築くべきだった。

 女性シェパードに関する考察もここにあるが、ちょっと個人的にはどうかね?と思う。
 MEシリーズの女性シェパードは、女性らしくないから非常に人気があるというが、以前紹介したように統計データを信用すれば「80%は男性で遊んでいる」わけだからねえ。

http://www.gamasutra.com/view/news/30143/Analysis_On_FemSheps_Popularity_In_Mass_Effect.php





 

 

続きを読む "【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(1)" »

DA:O ウィッチ・ハント(感想というか愚痴というか)

 リアラDLCは涙もろい私なら当然、普通の人でもけっこー、じんとくる場面あったんじゃないか。
 ネタバレにならない程度にいうと、T3の結末に近いものがあった。
 T3の結末でジンと来ない人も世の中にはいるようなので、一概には決め付けられないが。

 モリガンDLCは泣かせる場面ゼロ。むしろ「?」が増えた。それ以前にバグがきつすぎる。

 この尻つぼみさ加減は、ちょっと納得いかない。
 もちろん、オリジナルのOriginsを作ったチームメンバーはとっくにDA2に回っている。
 BioWareに限らないだろうが、エキスパンションやDLCを作るのは、セカンド・チーム、サード・チームであるのはざら。予算も納期も(基本は同じものだが)きついだろう。 

 そう言う意味で、ME2のDLCの水準の高さはなんだろうね、と思いますけどね。




・ 

 

続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(感想というか愚痴というか)" »

DA:O ウィッチ・ハント(9完)

 すでに触れているように、エンディングにバグがあります。
 回避策も書きましたが、これからやるならパッチを待つほうが賢いかも。
 あたしなんざ、パッチが出てももう一回最初からやり直せとなりそうで戦々恐々だ。

 3キャラで4回やってる。あたしはQAかっつの!





続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(9完)" »

DA:O ウィッチ・ハント(8)

 む、思ったよりヴァリエーションが多いので次回完結に変更。
 よく見たら3キャラで4パターン試しているのでした。





続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(8)" »

DA:O ウィッチ・ハント(7)

 今確かめたら、レリアナDLCのほうはちょづいちゃったのか20回も続いたのに、モリガンDLCはきっと次回でおしまい。
 すでに書いてるように、過去コンテンツの流用が多すぎて、クエスト関連も繰り返しが多く、特に印象に残らない。

 唯一目新しいのは、ボス戦闘。





 

続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(7)" »

DA:O ウィッチ・ハント(6)

 GameSpotの本DLCのレヴューは5.0点・・・。
 ここにきてME2と圧倒的な差が開いてしまった。
 まあ、レヴューでいわれてることはそのまんまここにも書いているようなことですが。

 本当にこれが最後ってのは、締りが悪い。
 とくにエンディングのバグは残っているので、これからの方はもう少し待ったほうが。





続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(6)" »

DA:O ウィッチ・ハント(5)

 いうなれば、DnDの「パーティ」というのは、深いダンジョンの奥底に隠されているという謎を解くため、謎の解明ができる手段を有してる唯一のメンバー、スペル・キャスター(大抵はウィザード)を安全に護送するために組まれるってことだそうだ。
 ファイターたちはつまり用心棒。ウィザードから見れば壁。塹壕の埋め草。
 ローグさんは罠をはずす。宝箱からメンバーの報酬となる宝物をゲットする。
 主役はスペル・キャスター。

 MMORPGでタンクがもてはやされる(確かに一番面倒な仕事かもしれない)ことに個人的に違和感があるのも、こういうことが頭に入っちゃってるからなんですが。
 ちまちまスペル撃ってるのはそもそもウィザードじゃないしね。

 本当に強力なスペルキャスターなら涼しい顔をして単身どこでも(リアル世界に限らず)行けるんじゃないか。
 DiabloなどアクションRPGのスペルキャスターはそういうことでしょう。壁が必要ならファミリアでもなんでも召喚しちまえばいいと。 

 いやDnD世界でのウィザードはいくら生まれつきなんとかと紙一重くらい利口でも、頭が割れるほど勉強しないといけないので、基本は貧弱で病弱。肉体は実験で用いたスペル自体で蝕まれちゃったりもしてる。
 というところが、このDLCのフィン君と同様、大学の研究者のイメージそのものを借用してるわけですが、なんとなくリアリティがあるかな、ということで納得されていたわけですね。

 「天は二物を与えず」という凡人のすがる仮説(どう考えても真実であるわけがないですし、それをファンタジー世界に持ち込んじゃってるのもどうかと思うが)も根底にあるか。

 じゃあ学窓で研究を続けたりしていないスペル・キャスター、モリガンなどのウィッチ、ドルイド、ソーサラーはどうなのよ、ということですが、どう考えてもそこらへんがエクササイズとかシェイプアップとかしているわけがないでしょう。そもそも、魔法が使えるんだからメタボ管理とかそういうのが必要ないのだ。

 筋骨隆々で武装も扱えるスペルキャスターってのは、身も蓋もなくてどうなんかね?
 ハリポタに出てくる連中も、みな健康優良児すぎるしね(そうでもなくなってくるんだけど)。
 というのが、いわゆるオールド・スクール派がアクションRPGを小ばかにする理由でもあるんでしょうが。
 それいっちゃったら、ウルティマ最終章とか、モロウィンド、オブリビアンなど、ソロCRPG全否定になっちゃうけどねー。
 





続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(5)" »

DA:O ウィッチ・ハント(4)

 このDLCはハリポタを小ばかにするネタが少し出てきますが、本来ファイヤーボールなどをどっかんどっかんぶっ放すのはDnDが本家本元でしょう。
 ただしDnD3.5までのウィザード/クレリックは、ぶっぱなした端からそのスペルを忘れていくルール。就寝前にもう一度覚えなおし、一晩寝てメモライズが必要になります。一夜漬けです。
 ソーサラー(後に追加されたほかのクラスもいますが)と呼ばれる別種のスペルキャスターは使えるスペル数は極端に制限され、一日に使える回数にも上限がありますが、この覚えなおす作業が要らない。バードもか。

 この覚えなおすまで何回まで使えるという方式は、拳銃に例えて「弾丸方式」、「バレット式」とも呼ぶそうですが、正しくは「ヴァンシアン方式」。ジャック・ヴァンスというSF/ファンタジー作家が小説の中で使うため編み出した制約がはしりであり、DnDは明確にこれをパクったと宣言しています。

 MMORPGのように永久に撃ち続けることのできる「口開けてクリック方式」というのは、わりと最近だね。これも"Diablo"からかな。
 DA:Oもあまり人のことは言えない。スタミナもマナもすぐ枯渇するけど、ポーション中毒者のようにがぶ飲みすればなんとかなっちゃう今風仕様だから。

 ハリポタのスペル・キャスティングのノリも非常にコンヴィニエント、ご都合主義なので、DnDサイドから見ると内心忸怩たるものがあったのかもしれないw。

 これまでのファンタジー映画だと妙にリアリズムを強調しすぎて、しょぼくれたスペルしか使わないストイックなノリが多く、ほとんど面白くなかったですね。「コナン」の魔術師とか、なんで同行してるのか、たまにわからなくなるw。「ウィロー」なんて魔法使い出たか?と思い出せないくらいでしょう。チャンバラ映画ですね。男性ウィザードも女性ソーサラも出てきますが、ソーサレスのほうは映画の間ずっとねずみかなんかにされてるw。

 "The Sorcerer's Apprentice"なる新作映画は期待したのだが、どうも・・・違うようだし。
 つうか、ニコラス・ケイジ、もう出てなくていいよ。出すぎだよ!

 映画「指輪物語」三部作全編で、スペクタクルなスペルがどれだけ用いられたか、ほんとうに数えるほどしかありませんよね。もちろん、あの指輪自体の魔力や大軍団を生み出す魔法など、全体としてはマナ臭がむんむんしてますが、バトルスペルは非常に少ない。
 やはり基本はチャンバラです。

 かなりの映画狂の友人は、三部作を見終わるまで指輪物語のガンダルフが魔法使いであることを知らなかった。これにはしばらく笑った。
 ドワーフの地下都市で悪魔バロール(バルログ)を食い止めたじゃん!
 魔法以外にあんなことがどうしてできるのよw。

 「気合」だと思ったそうです。





続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(4)" »

2010年9月12日 (日)

DA:O ウィッチ・ハント(3)

 BioWareのほうも、このDLCのバグを認知したらしく、必死にパッチをやってるそうです。
 リリースは来週月曜日(現地)目途だそうですが、PC版先行するかもしれない。
 どの部分のバグを修正すえのかは定かではないが、DLCエンディングでセーヴ・ファイルが作成されない(それをDA2にインポートできるはずだったのに不可能となってしまう)バグが優先かな。

 Originsのエンディングが正しく反映されないのバグも全員が遭遇しているわけじゃないそうだが、重大さは同じでしょう。
 ここ、DAワールドのコンティニュイティ(ストーリーの継続性、整合性、つじつま)が売りなはずなのに、はずしたら何のためのDLCかわからなくなりますしね。





続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(3)" »

DA:O ウィッチ・ハント(2)

 エルフ萌えなもんで、アイリン出番を妙に詳しくなぞってしまってすみませんw。画像はかなり削ったのだ。

 アイリンの声優はコリー・イングリッシュさん。あのOriginsに登場するデーリッシュ、ラナーヤさんの声をやられていたんだろうと思い込んでいたがちがった。
 ドワーフ・コモナーの姉であるリカの声、オーザマー酒場のコーラや、女性エルフ・ウォーデンのコッキー(生意気な)ヴォイス・セット担当だった。





続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(2)" »

DA:O ウィッチ・ハント(1)

 日本ではやっぱXBOX(だったかな)の「マス・エフェクト」が一時期ベストセラーだったこともあり、MEのほうがDA:Oより知名度が高いんでしょうね。

 純粋にゲームとしてのできは、前から書いてるようにME2のほうがDA:Oより上だと思います。コンバットの部分、セリフまわしの部分でBioWareの人たちがそう認めてるわけですし。
 
 ただ世界的な売り上げはDA:Oのほうが倍近い。やはりDnDゲームのDNAを持ち込んだという評判のせいと、SF(サイファイ)の敷居の高さ(食わず嫌いかな)のせいでしょう。
 ME2にPS3版がないからではないw。

 両者、英語の中身に大差はないんだと思いますが、セリフの分量はなにしろDA:Oが断然多い。
 源氏物語英語、もとい、シェークスピア英語で話しているわけではない。多少耳慣れない英国風言い回しが多いから、難しいと思われているのかもしれない。
 あとオーグレンのセリフは・・・。品性下品な部分を中心に、いまだに自分でも怪しいところがあるw。

 ME2とMEでは、意外とMEのほうが「説明調」のセリフは長かった気がする。

 個人的にBioWare三昧ウォークエンドとなっていて、どっちから書こうか悩みましたが、モリガンDLCのほうがとても短く済みそうなのでそちらから。

 これが最後ですしねえ。思い起こせば10ヶ月。長かったような短かったような。

 アンタイ(アンチ)クライマックスというわけではないんですが、先細りフィナーレですかね。





 

続きを読む "DA:O ウィッチ・ハント(1)" »

DA:O ウィッチ・ハント、エンディング・バグ・・・。

(追加:回避できました)

 どうもバグがひどくて、わけがわからない。 

 アリスターに「闇の儀式」を行うよう説得した女性主人公。これは、BioWareの個人サイトのキャラクター別ストーリーラインまとめでも確認できる。間違いなくそうなっている。

 ところが、前回の男性主人公とまったく同様にいきなり「儀式を拒否した」ことにされちゃった。どんな記憶喪失だよ。
 主人公本人も反論しろよなw。

 ちょっとフォーラムを見てみますが、他もバグがかなりありそう。

 マルチ・エンディングどころか、誰との儀式かのパターンが多すぎて収集つかなくなってるのか。
 エンディングのチェックだけしときゃいいのに・・・。あほだなあ。

 マルチ・プラットフォームも影響あるのかな。

 フォーラムによればPC版だと、次の方法でバグを回避できるそうだ。数回成功しているという方もいる。
 もちろん私はこれから試すので、まだ自己責任の範囲ですよ。

方法:「闇の儀式」版のエンディングで、城外に出る直前にセーヴ。衛兵が「外では群集がお待ちですよ、本当に出ますか?」と問いかけるところですね。そのデータをそのままインポートすれば大丈夫だそうだ。

 自分は、DA:O、Awakening、ゴーレムDLCと全部まわった主人公をインポートしちゃってる。
 上記の時点でセーヴしたものではないとバグが出るみたい。
 X360、,PS3ではそれぞれ別の問題を抱えているようなので、参考にはならないかもしれません。PC版はうまくいったら報告するつもり。

 まあ、これからすぐにもう一回続けてやる元気はないなあ。2時間程度だけど、ちまちま色々作業が多いから。

 このバグ調べる過程で、闇の儀式のその後のこともわかっちゃったしなあ。
 ぐっすん。

********** 

 なお、レベル35でカンストしてしまった主人公(ウォーリアー・タンク)は、Nightmare難易度でもどうってことなかったです。パーティメンバーはみな一回は斃れちゃったけどw。
 
 せっかくのフィナーレがこれじゃあ。

 まあ・・・。あらすじくらいは記事にしますか。

**********

 とかいいながら、悔しいからやったさ!

上述の処方どおり、レベル23女性ウォーデン、「闇の儀式」エンディング、Originsクリア直後のコロネーション式典でセーヴ。
 そのキャラをインポートで、バグ回避でき、最後までうまくいった。

 だが・・・。やはり男性主人公ではないので「友達以上」には決してなれないようだ。

 だから全部のエンディングは見れませんね。

 つまり、もうひとつ、男性の「闇の儀式」セーヴファイルがいる(笑)。

 レベル7から40時間がんばるか!w

 

« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31