フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月6日 - 2010年6月12日

2010年6月11日 (金)

【AP】死んでなどない!

 一週間くらいのご無沙汰でございます。 

 三度のメシより仕事好き、でもなんでもなく、もう馬車馬のように働かされているだけでした。別に政局とは何の関係もありません。

 そして、こんな時間なのに、もう仕事準備のタイムリミットが刻々と近づいている。140文字くらいでまとめるか(嗤)。

 "Alpha Protocol"、あまりにくやしかったので、やはりPS3版を入手してしまいました。
 最初の数時間だけ遊んだだけで、そこから怒涛の業務の連続。

 そこまでの感想です。

 実は、それがそんな悪くないんですわ。

 確かにグラフィックは目を疑うほど古臭い。"Deus Ex"までさかのぼりはしないが、"Splinter Cell"の一番最初に負けてるんじゃないかな?というくらい。

 コンバットもひどいね・・・。爽快感が無いどころか、うわさどおり敵は案山子と余り変わらない。そのくせ、身を隠していてもなぜ察知されたかはっきりわからない理由で発見される。でも敵がこちらから身を隠すわけでもないし、棒立ちで集まってきたりして。

 アサルトライフルを連射しとけば、なんとかなっちゃう。
 グレネードやら、ミスディレクション用の音響装置やら、ガジェットは多数用意されているらしいが、アサルトライフル一丁でいいんじゃないか。

 グラフィック、ゲームプレイ重視派は、最初のトレーニング・セッションを遊んだ段階で、中古屋さんに売りに行くか、DLで買ってしまったらそれもできないので怒りで目の前が真っ赤になるのでしょうか。

 一方でシナリオ、主人公の会話や行動によるプロットの変動が、なにしろすさまじそう。
 とあるチンケなボスを殺すか、見逃すか、あるいは身包み剥いでアジトから追い出すか。全部その影響が違うらしいのです。上記の場合、一番最後が「正解」(ミッション的に)だったりするらしいんで、選択は気が抜けない。

 ハンドラー、主人公にミッションを与え、無線でガイドする役割の「味方」も、対応ひとつで主人公を大好きになったり大嫌いになったりするらしい。無視できないボーナスが手に入るから、ここも行き当たりばったり、ランダムに応対していたら損だ。

(大嫌いになっても、ボーナスがある。どんな相手でも必ず大好きにさせる必要すらないそうだ)

 いまのところは、「まじめに(プロフェッショナルに)」、「礼儀正しく」、「ぶっちゃけた感じで」などのパターンで通用する相手らしいので楽だが、いずれひねくれた相手も出てくることでしょう。

 いや、通用してるのかどうか、まだわかりませんが、一番最初にもらったトロフィーが、なんとソーシャル・バタフライ(Social Butterfly)、八方美人てやつですかね。多くの相手から好感を持たれるのが条件らしい。

 もうグラフィックとコンバットは最初からあきらめて、このシナリオとプロットの激変振りを見てみようかと思う。
 "Heavy Rain"の半分のクォリティのグラフィックでもあって、"Uncharted"までいかずとも、もうちょっとだけ今よりまともなコンバットシステムで、このツイスター・プロットだったらかなりの人のお気に入りになったはずだし、あんなひどいレヴューの評価も受けることは無かっただろうに。

 ああ、ま騙されてるかもしれませんから、お買い求めは自己責任で。

 みんな、たぶん冒頭の旅客機の離陸シーンでのけぞっちゃうだろうし。

 ほんまPS3か? スーファミちゃうか、と思うくらいのグラフィックムービー・・・。

 しばらく遊んでレポートすることにします。

 おっと、面会時間ももう終わりだぜ。またな。

 

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31