フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 2010年3月7日 - 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »

2010年3月14日 - 2010年3月20日

2010年3月20日 (土)

DAOA ヴィジルズ・キープ(その1)

 このブログ主にとっての、"Awakening"のクライマックス部分はおそらく、これまで書いたところ、イントロでだいたい終わったのだと思いますw。
 Origins並のNPCとの濃密な会話も期待できないようなので、あとはメイン・クエストがどれだけ充実した内容かによりますね。
 バトルは確かに練りこまれていて面白いので、ハック・アンド・スラッシュ・ゲームとして楽しんでもいいかもしれない。新タレント、スペルにもなかなか面白いものがある。ヘボいのももちろんある。
 
 ぶっちゃけますと、"Awakening"の大きな部分は「ストロングホールド」(本拠地、拠点)もの、というジャンルになる。主人公が自分の根城・要塞などを持ち、その整備を考え、自分で明け暮れる、あるいは手下に指示して整備させるシミュレーション・ゲー、経営・ゲーをやってる一方で、RPGのメイン・ストーリーをエンディングまでこなすという二重構造。

 これもBiowareが開発したD&D準拠ゲームである"Baldur's Gate II(BGII)"で大々的に取り入れられ、当時かなりの人気を博した。しかも、D&Dのベースクラス(9個くらいあったはず)ごとに、そのストロングホールドが違い、全部試さないと気が済まない人などは、おそらく何週も繰り返したのでしょう。
 実際には9つあったのではなく、いくつかのファイター系クラスはまとめられていたり、2つある魔法使い系は同じだったりしたはずなので、全部で5種類くらいだったかしら。ファイターは大要塞をもらえるのに、レンジャーは本当にただの林の中の掘っ立て小屋だったりしてかなり受けた記憶がある。
 パラディンはどこかの寺院に執務室をもらえるだけなのでガッカリした。D&Dでは必須のレスト(休息)ができない。夜どこで寝るんじゃ、ってパラディンってえらくなるとサラリーマン、通いなんですねw。

 続くD&Dゲームである"Neverwinter Nights(NwN)"ではこれは導入されなかった。ストーリーの舞台となる地方がどんどん移行していくためなじまなかったようだ。
 その点に不満なファンは多く、かなりの要望が出されたため、Obsidianが開発を引き継いだ"NwN2"で実現。そちらのストロングホールドは何種類もあるわけではなく、ひとつの重要な要塞を整備していく趣向があった。ただし・・・、出来はちょっとねえ。

 最近のMMOでは当たり前、UOあたりから始まったらしいですが「自分の家を持つ」という発想に少し近い。"Fallout 3"でもコンドミニアムかなんかありましたね。"Oblivion"、その前身"Morrowind"あたりから同趣旨の「主人公邸宅」が用意されていたと思う。
 ところが大抵、使い勝手悪い場所にあるんだw。

 "Mass Effect"ではDLCでほんとに家がもらえた。これも超田舎の星だけど。
 "Mass Effect 2"では、乗艦ノルマンディそのものが本拠地と考えていいでしょう。

 BGIIのストロングホールドはメインとは関係のないお遊び要素。NwN2では整備の程度によってメインの難易度に多少変化があったはず。

 Awakeningのストロングホールドであるヴィジルズ・キープの整備。のりはNwN2に近いようだ。出来不出来はまだわからない。ゲームの難易度自体に影響を与えるかどうかもまだ未経験。

**********

 セネシャルの向かって右はキープのガラヴェル警備隊長、左はウォーデン本部から派遣されてきた財政担当ウールセイ。 
 彼ら彼女らの背景も色々語られますが、はしょります。 

Screenshot20100320025355498
 この3人からは、メインストーリーのクエストがもらえます。そのほか細かいサイドクエストがもらえることもあるみたい。

Screenshot20100320025404757
 サー・ガレヴェルは、前任の隊長を含め先の襲撃で多くの同僚が還らぬ人となっているが、当時たまたま城内にいなかったので無事だったという。

 ディープロードが地上に露出している場所を発見したハンターたちがダークスポーンの話を聴け、という。アマランティンの市街地にいるそうだ。
 また城塞の修復を担当するドワーフの石工によれば、ダークスポーンはこの城塞地下から進入したらしいという。こちらも調査の必要があるという。

Screenshot20100320025626787
 ウールセイ女史は、アンダーフェル国ワイズホプトにあるグレイ・ウォーデン本部のファースト・ウォーデン(総督かな)からの指示を受け、ウォーデンの統轄地となったアマランティンのトレジャラー、財政を管掌するため赴任した。

 彼女に言わせると、ウォーデン総督はお金について現地人を信用して任せることはできないと考えているそうだ。自らフェラルダン(フェラルデン人のこと)であるセネシェル・ヴァレルがそれを聞きとがめますが、女史は一向に気にしない。ワイズホプトにいたことはなく、セダス各地に赴任してきたという転勤族キャリアウーマン。 
 トレジャラーだけでなく、本部からウォーデン一個中隊でもつれてこないのか?というと、オーレイなど隣国が敏感で大部隊は動かせないのだそうだ。

 彼女は通商貿易が再建には重要であり、特にキャラバン・ルートがデネリムとアマランティンの間を結ぶピルグリム・パス(巡礼者街道)で頻繁に襲撃されていることを危惧している。これもアマランティン市内にいる最近キャラバンを襲撃された商人の話を聴き、調査をすべきだと助言される。

 そういう調査とかって、コマンダー自身がやるのか?w
 えー、部下とかいないのか?

 RPG、それをいっちゃあおしまいですよね。

Screenshot20100320025907671
 セネシャルまでもが、オーレイから派遣されたウォーデンのうち、クリストフという生き残りがダークスポーンの動きについて密偵任務を続けており、アマランティンの宿屋にいるので会って欲しいという。

 以前の記事でセネシャルがウォーデンの生き残りはただひとりというので、これは主人公ウォーデンと勘違いしていました。クリストフというのがまだ生存しているようだ。 

 でも、ちょいまてーっ! おいっ!
 これって、上司3人いる事務所のただの営業マンかOLじゃねえか?!

 いや、それは日本人の発想で、あちらのソーホーとか、社長がこうやって飛び回るんでしょうね。

 そのほか、この謁見ホールらしい大広間には、色んな方がいる。
 主人公が入れ替わってるのとか気にしないでください。こっちも画像整理大変なんだw。 

Screenshot20100320080012643
 サークル・オヴ・メジャイから派遣された使節。兼エンチャンター、兼ルーンスミス(アーマーにルーンを装備する技術)のセラさん。

Screenshot20100320081139123
 あのダークスポーンの襲撃のときに救出した商人の雑貨屋。救えなかったらどうなったのかw。
 どうやら新スペシャリゼーションはお店で購入する方法がメインかな?
 他の入手手段わからないので、とりあえず「シャドウ」買っちゃってます。
 たいして高くは無いが新キャラはお金がほとんどないので、インポート・キャラで買う。だから、主人公が入れ替わってるんだよ。

Screenshot20100320081204575
 オーグレンは酒樽の前を占拠w。イベントあり。
 アンダーズもこの部屋にいますが、特にイベントはないみたい。

Screenshot20100320030219294
 一歩キープの外に出ますと、今度は兵隊の女の子が呼び止めます。

Screenshot20100320030223886
「盗賊が城塞内のダンジョンにいますよ、逮捕されるときにウォーデン4人とやり合ったつわものだから、強いらしいですよー。ウォーデンにどうですか?
 それから手紙も届きましたよー。」

 君、よく見たら、ぺーぺーもぺーぺー、二等兵(プライヴェート)じゃないか。
 でも名社長たるもの、平社員の意見も聴かないといけない。
 しかも可愛いw。可愛ければ何でも許すw。

Screenshot20100320030312839
 彼女はOriginsのミッション・ボード代わりになってるようだ。

Screenshot20100320082255381
 あの襲撃のときにダークスポーンをちゅどーんと吹き飛ばしたドワオヤジ・ドゥオーキン。あの騒ぎで在庫を使い切ったので 、今売るものはないそうだ。後で来いという。爆弾屋?

Screenshot20100320082305715
 出ました、城塞内の鍛冶屋はあの職人アーマラーのウェイドと店番へレンのコンビ。
 儲けの臭いを嗅ぎつけたヘレンが無理やりウェイドを引きずってきたらしく、ウェイドは、こんなところ寒くて手がかじかむと嘆いている。


 城塞の兵士の鎧を注文すると、「一般兵の鎧を俺に作れと? しかも大量に?」とウェイドが泣きそうになる。
 儲け話に敏感なヘレンが素材さえあればできるから、鉱石を見つけてきてくれという。これで、すでに城塞経営ゲーム開始しています。

Screenshot20100320082329985
「マスター・ウェイドですよね? デネリムでドレイクアーマーを作ってもらいましたよね?」

Screenshot20100320082334754
「ああ、わが最良の瞬間、人生最高の極みだったなあ。ところが今や、こんな田舎のターニップ・キープで一体何を・・・」

Screenshot20100320082340843
「ヴィジルズ、ヴィジルズ・キープねっ!」

 Originsとは逆に、金勘定担当ヘレンが主導権を握っているようですねw。
 へレンが店に出入り禁止にした主人公が今度はキープの主人になってますが、上にあるように「ドレイクアーマー」以降の話はスポイラー扱いなんでしょう。

 ちなみにターニップは、BGIIで、あのノームNPC、イリュージョニスト兼シーフのジャン・ジャンセンが盛んに口にしていたのを覚えています。自己オマージュでしょう。
 お野菜のカブのことだが、「まぬけ」という意味もあるらしい。
 ハーブのバジルと、野菜のヴィジルで間違えて、とあれ、逆? 何かが違う?

 ああもーきりがない!

 一旦休憩しますw。

  

DAOA インポート・キャラ・イントロ

 やはりレベル18スタートの新キャラ(オリージャン)とレベル23のインポートキャラでは、格段に難易度が違う気がします。前者がやはり難しい。
 別段、自分に厳しくも無く、険しい道を歩むポリシーなどもありませんが、このブログではオリージャンを正典(カノン)と考え、インポートキャラだと展開が違いそうな部分のみ、追加で記載することにします。 

 インポートのほうは、ネタバレでOriginsをプレイされた方の興味をそぐことになりかねないので、別記事にし、かつ、「続きを読む」の下に書くことにします。

 今のところ新キャラ1名とインポートキャラ2名を並行してプレイするというアホなことをしていますが、いずれ新キャラだけ前に進みたくなって先行すると思われますw。

 同一NPCのビルドを全部変えてるから、プレイしてるとわけわかんなくなるのよ!
 

続きを読む "DAOA インポート・キャラ・イントロ" »

2010年3月19日 (金)

DAOA イントロ(その6)

 さて、ここまで楽しく進めてまいりましたが、枯れ果てし者を倒したところから、セーヴもぜんぜんさせてもらえず、どんどん進行していく。

 ここから第三艦橋ならぬ「続きを読む」に移行いたします。
 読むのはぜひ、自己責任で。
 もしAwakeningのプレイを計画されているのであれば、このシーンまで進めてからご覧いただきたい。
 読者諸君、警告はなされた。

続きを読む "DAOA イントロ(その6)" »

DAOA イントロ(その5)

  枯れ果てし者であんだけ強かったら、枯れてないのはどれだけ強いんだ・・・。
 やっぱ主人公アーチャーってしくじったかなあ。

Screenshot20100319002112951
「コマンダー、かたじけない。命を救っていただきました」

 そういってるそばから、街道方面に兵隊の進軍する物音がする。
 敵か、味方か。

Screenshot20100319002138843

Screenshot20100319002142512
 お、先頭にはアリスターが。これは国王になったということ?

Screenshot20100319002148814
 む、自キャラの動きから状況がわかるってのはRPG的にどうなのよ?w 

Screenshot20100319002151862
「ふーむ、ちょっと遅かったかな・・・」

Screenshot20100319002155499
「残念。しかもダークスポーン狩りにもすっかり参加し損ねた」

Screenshot20100319002158741
「アリスター国王陛下!」

Screenshot20100319002201438
「いずれウォーデンたちのため公式の歓迎式典を考えていたのだが、これは予想外だった。何が起きた?」

Screenshot20100319002208123
「ダークスポーンの残党は逃げ去りました、陛下。オーレイから到着したグレイ・ウォーデンらは残らず戦死したか、行方不明のようです」

Screenshot20100319002216538
「行方不明ってのは新しいな? ダークスポーンに連れ去られた? そんなことはかつてあったか?」
「わかりません、陛下。少なくともわかっているのは、そのウォーデンたちに頼ることはもはやできないということだけです」

Screenshot20100319002227305
「なるほど。そして君がオーレイから来た新コマンダーだね? 生き残ってくれてありがたい。
 これからは大変な仕事が待ち受けているぞ。本当のところ、一緒にダークスポーンと戦って手助けしたいところなんだが、今のところは君たったひとりの仕事だ」
 アリスターももちろんグレイ・ウォーデンですからね、国王になろうがなるまいが。


Screenshot20100319002245910
「おい! 俺のことはシカトか!ナグの肝臓の切り身とでも思ったか?」

Screenshot20100319002249530
「臭いからして、当たらずとも遠からず?」

Screenshot20100319002302071
「俺はグレイ・ウォーデンに入るためやって来た。見たところだいぶ手助けがいるみてえじゃねえか。ジャイアント・カップはどこだ? ガラガラうがいして吐き出してやるわい!」
(ジョイニングの儀式のゴブレットのことを言ってんだと思う・・・。でも、うがいって)

私の答は「おう、あてにしてるぞ」、まず平凡なやつでね。

Screenshot20100319002309034
「はっ! 俺のケツはり倒して、サリーとよんでくれ! よし乗った!」
(意味不明w)

Screenshot20100319002311144
「こういう危機だから・・・、誰でも歓迎ってことで仕方ないんでしょうね」

Screenshot20100319002315681
「ウォーデンに加入? おやおや、がんばってねー」

Screenshot20100319002318933
「アリスター王、陛下! お気を付けください! この者は危険な人殺しです!」

Screenshot20100319002324175
「ああ、あいつね。あのドワ、確かにちょっとクソ野郎だけど、そんな・・・」

Screenshot20100319002327163
「いや、僕のことでしょ」
「この者はアポステイト、正義の裁きを受けさせるため、サークルに護送中だった者!」

「勘弁してよー。あんたたちの正義なんてお裁縫の指貫きくらいちっちゃい範囲のことしか考えてないじゃん。ま、どうせまた逃げ出すけどね」

Screenshot20100319002340424
「逃がすものですか! ここでしでかしたこと、絞首刑で償わせてやるから覚悟をおし、この人殺し!」

Screenshot20100319002343816
「人殺し? え、あのテンプラーたちは・・・、あー、いいかもう。どうせ信じないんでしょ」

Screenshot20100319002355487
「斟酌すべきこともあまりなさそうだが、コマンダー、何か付け加えることは?」

 あーここか、レヴュアーが怒っていた、ライト・オヴ・コンスクリプションの濫用ってのは。

1.強制徴集権を行使します。このメイジはグレイ・ウォーデンとしてもらいうけます。
2.ウォーデンは彼を必要としません。ただ、ここで行った我々への助力に免じて、ご慈悲をお願いいたします。
3.特に意見はありません。

 まあ、1.だなあ、やっぱ。

Screenshot20100319002403502
「なんですって! 断じてなりません!」

Screenshot20100319002408740 
「グレイ・ウォーデンの強制徴集権。まだ有効ですよね? 認めることにします」

Screenshot20100319002412024
「へ、陛下がお望みなら・・・」

Screenshot20100319002417830
「おい! やったな、あんちゃん! ウォーデンにようこそ! よろしくな!」

Screenshot20100319002424351
「へ? 僕がグレイ・ウォーデン・・・。まあいいかあ」

Screenshot20100319002426262
「おめでとうございます、メイジ様。共に戦うことを楽しみにしております」

Screenshot20100319002502402
「んじゃ、あと何も無ければ帰るけど、いいかな?」
(まるで、現場・販売店出たがりの社長みたいですが・・・w)

(アリスターの一人称、どうしましょうねえ。キャラ的に「僕」がいいんだけど国王なのに謙譲は変だしねえ。あえて使わないことにしました。この先Awakeningにどのくらい頻繁に登場するのか、この時点で私は知りませんが)

Screenshot20100319002435504
「領地は保全されましたが、多大な損害を受けたものの、ダークスポーンは撃退し、生存者もおります。
 あ、申し遅れました、コマンダー、ヴァレルと申します。ヴィジルズ・キープのセネシェルを務めさせていただいております。間一髪での救出、まことに感謝の念に絶えません。
 今後ともアマランティンの統治を微力ながらお手伝いさせていただきます」

Screenshot20100319002509697
「統治ったって、あくまでグレイ・ウォーデン領であって、私個人の領土ではないぞ?」

「いや、ウォーデン・コマンダーはアール(伯爵みたいなもの)と同格なのです!
 そうのんびりしてはいられませぬ。やるべきことがたくさんあります。少なくともジョイニングを直ちに。ウォーデンの員数を増やさなければ」
 (うるさそうな家政長ですが、まあ、こういうのが普通なんでしょうか)

Screenshot20100319002518682
「フェラルデンの安全は今やグレイ・ウォーデンの働きにかかっている。たとえここまで弱体化してしまっていてもね。事態が手におえなくなるまでの間、ブライトの残党に対処するのは君の役目だ。容易な任務ではない。だが君にはできると信じている」

 Screenshot20100319002532815
「頼むぞ、コマンダー。メイカーのご加護がありますように」

 ここでは、本筋と関係ないところで、アリスターが結局最後までオーグレンの相手をしない、シカトし続ける、ってところが好きですねw。
 ライターが意図的なのかどうか知らない。インポート・キャラのパターンでもアリスターが登場するかどうか、まだ知らないし。
(でも、ウォーデンも復活するらしいから、アリスターも死んだはずなのに平気で出てくるかな?)

 あれだけの激戦を戦い抜いても、まだこの関係ってのが、逆に大人でいいよねw。 

DAOA イントロ(その4)

 男がひとり倒れている。瀕死のようだ。

Screenshot20100319000528612
 駆け寄るマイリ。

Screenshot20100319000531173
「マイリか?」
「ローランド!」

Screenshot20100319000534893
「コマンダー! ローランドは私と同じようにデネリムからリクルートされた騎士です。何とかしてあげないと!」

Screenshot20100319000539668
「すまないが僕の手に負える限界を超えている・・・。どこかに痛みを忘れるためのウィスキーでもないかな?」


Screenshot20100319000544262
「粋なこというじゃねえか」

Screenshot20100319000546904
「冗談はやめて! 笑い事じゃないわ!」

Screenshot20100319000553459
「あ、あなたは、新しいコマンダーですか?」
「すまん、もう少し早く到着していればなんとかなったかもしれん」

Screenshot20100319000558788

「奴らが襲ってくる直前になってようやく警告が発せられました」

Screenshot20100319000602980
「セネシェルが反撃を指示したのですが、奴らどこからともなく現れて!
 コトバを話すダークスポーンが一体いて、そいつの魔術が強力だった」


Screenshot20100319000617222
「口を利くダークスポーン? きっとこの男、意識が定かじゃなかったんだろうな」

Screenshot20100319000621269
「ああ、血の中に何かが! 痛い!」

Screenshot20100319000647038 
「コマンダー、お会いできて光栄です。一度でいい、あなたと一緒に戦いたかった・・・」
 ローランドは絶命した。

Screenshot20100319000651475
「仇はとるわ、ローランド、誓って!」

 この後は、もうずっとバトル、バトル、ハック・アンド・スラッシュ!

Screenshot20100319000738877

Screenshot20100319000857898

Screenshot20100319001057695

Screenshot20100319001219285

Screenshot20100319001410150
 バルコニーらしきところに出た。ネームドがおります。
 "The Withered"、枯れ果てし者?

Screenshot20100319001413896

Screenshot20100319001417524
「彼の預言どおりに終わった」

Screenshot20100319001422037
 ぎゃー。


Screenshot20100319001429218
「こいつは連れて行け、大事にな。必要以上の死は望まない」

Screenshot20100319001435768
「必要だと? まるでこれまでのお前らには似合わんセリフじゃないか!」

Screenshot20100319001437819
「我らのことがわかっているとでも思っているのか、ヒューマン? 
 まあ、そう考えるのも無理はない。だがそれもすぐに変わる」

Screenshot20100319001447230
「仲間が来る。化け物め! 仲間がお前らを必ず阻止する!」

Screenshot20100319001451262
「あれを!」

Screenshot20100319001453080
「ほう、言葉どおりになったな。まさか本当に仲間が来るとは思ってなかっただろうが」

Screenshot20100319001458420
「本当にしゃべってるよ!」

Screenshot20100319001500911
「よっしゃ、すぐに黙らせよう!」

Screenshot20100319001503733
「コマンダー!」

Screenshot20100319001505647
「グレイ・ウォーデンは捕獲しろ、他は・・・、まあ殺すか」

Screenshot20100319001517402
 ちゃらーん。初ボス戦。

Screenshot20100319001555179
 周りから倒す鉄則で。


Screenshot20100319001614275

Screenshot20100319001640813
 オーグレン、クリティカル炸裂!

Screenshot20100319001745480
 ボス以外はあと一匹。

Screenshot20100319001750081
 倒した、ボスに集中。


Screenshot20100319001821096
 固いw。しゃれにならんくらい固いw。


Screenshot20100319001841963
 凍ったり。


Screenshot20100319001922044
 パラったりするが。
 

Screenshot20100319002051951
 えらい長い間戦ってる。やっぱアーチャーだめかもしれんw。

Screenshot20100319002057897
 やっとここまできた。マイリのダメージ吸収量も半端じゃないぞ。

Screenshot20100319002105359
 おいしいところはオーグレンが、

Screenshot20100319002109060
 取っていく。

 ずっと出ているInjuredのヒントが腹立ちますが、これはボス戦ではなく、その直前にアンダースがサクッと倒されたときのものだ。ボス戦はマイリのタンクでかなり助かったよ。
 これでローランドらの仇も取れた。

 ほんと、ボス一人になってから長かった。
 どこかのMMOのレイドかと思ったぜw。
 アーチャーがまずかったのか、レベル18-19のメンツだとこんなものなのか。
 後からレベル23-24インポートチームでも試してみます。

DAOA イントロ(その3)

 謎のドワ親父はほおっておいて、開いた城門から奥へと進む。

Screenshot20100318234358497
 民間人救出も大事な任務。

Screenshot20100318234644964
 このブログにしてはバトルシーンが多いかとお感じでしょうが、このイントロ部分はハック・アンド・スラッシュの連続ですので、これがないと記事がすぐ終わっちゃいますw。

Screenshot20100318234918079
 このアーマー増強用のルーン。まだ使えないんですが、初お目見えですね。
 ちなみにキャラ名はフランス語風のアラン。オーレイはフランスがモデルなんだそうで。(オリージャンとはオーレイ人のこと)
 なにしろ、ロールプレイヤーですからw。

Screenshot20100318235115301
 バトルー。

Screenshot20100318235304027
 救出ー。

Screenshot20100318235334947
 レベルアーップッ!

Screenshot20100318235645258
 先に進んだ部屋の中では、お?
 赤毛ドワ?

Screenshot20100318235651534
 よっこらしょと。

Screenshot20100318235653198
 ん。

Screenshot20100318235655087
 おーいって、手なんて振っててダイジョブか!

Screenshot20100318235657021
 さすが、元、オーザマー最強戦士。余裕のようです。元、ですけど。

Screenshot20100319000036082
 レヴューにもありましたが、確かにバトルは面白い。
 少人数どおしとはいえ、敵も強力になっているので、Originsのような、そこらじゅう片っ端からなぎ倒して進むのとはまた違った味わい。チェスゲームのような風味があります。わりと好き。


Screenshot20100319000111365
 チェックメイトw。

Screenshot20100319000116941
 どうみてもオーグレンだ。予想外に早い登場です。
 残念ながらオリージャン・ウォーデン一行に顔見知りはおりません。

Screenshot20100319000121832
「ふん!」
 オーグレンの場合はこのセリフ一言だけで画像一枚必要ですw。

Screenshot20100319000123531
「あんたが新しいコマンダーか? 相変わらず育ち過ぎでどでけえ図体だ。ウォーデンはみな似たり寄ったりだよな? 」
 "Big'un"は難しかったな。健康優良児のイメージ、クラスでいち早く思春期、変声期などを過ぎた育ちの早い人のことだそうだ。同趣旨で年頃で太りすぎる女子のこととも。 

Screenshot20100319000135885
「オーグレン・ザ・マグニフィセント、偉大なるオーグレンだ。オーザマーの高名なる戦士、おうよ、それが俺だ」
 (いつのまにそんな称号がw)

「正真正銘のグレイ・ウォーデンってのになってみっかと思って来たんだが」

Screenshot20100319000147534
「私がここを発つときにすでにおりましたわ。ウォーデンが放り出さなかったのが不思議です」

Screenshot20100319000151132
「おいっ! おっぱいのでかさで選ばれるわけじゃねえんだろ?!」 
「当たり前でしょう、ウォーデンの地位にふさわしいかどうかですわ!」


Screenshot20100319000158453
「おうよ、おうよ、それに違いねえよ、な? おい、ところでそのメイジ誰だ? ボーイフレンドか? 二人きりにしといたほうがいいんじゃねえのか?」

Screenshot20100319000207199
「うわ、酒造所並の臭さのドワーフ。他ではお目にかかれないよ」

Screenshot20100319000211603
「ふん! メイジのコメディアンか。その手の輩は大抵若くしてお亡くなりになると思ってたがな」

Screenshot20100319000229383
「君は、グレイ・ウォーデンに加入するリスクは承知しているのか?」
「へっへっへっ、朝起きるたびにリスクとご対面さ。リスクなんざシカトよ、シカト」

Screenshot20100319000231355
「リスクのほうも、そのほうがありがたいってさ」

Screenshot20100319000238863
「ま、そんな話はいつでもできる。ドタマすっ飛ばされたくてうずうずしてるダークスポーンがまだまだそこら中に残ってるぜ!」

 なんと、オーグレンが開始20分もたたないうちに参加とは。
 ディープロードに入るあたりまで、もうちょっと登場を引っ張るかと思ったんだが。
 しかも、グレイ・ウォーデンになりたいと!
 ま、ただ才のみ挙げよ、戦闘の才能さえあれば、グレイ・ウォーデンは来る者は拒まずなんでしょうねえ。  

 ジョイニングの儀式受けるんだろうね・・・。

*オーグレンのセリフはOriginsにもまして難しいw。きっとメチャクチャに崩れた英語しゃべってんでしょうね? かなりの意訳・超訳を含んでますので、なにかあったらご指摘を。

DAOA イントロ(その2)

 キープ内部は比較的閑散としている。

Screenshot20100318231419218
「ひどい、キープが蹂躙されている! グレイ・ウォーデンがダークスポーンの接近を察知できないなんてことがあるのでしょうか?!」

Screenshot20100318231431081 
「ウォーデンは何人いたのか?」
「それほど多くなかったはずです、10名ちょっと? でも彼らには兵士たちがついていました。
 ダークスポーンがキープをこうもたやすく不意打ちするなんて・・・。そんな力があるとは知らなかった!」

Screenshot20100318231448840
「どうやら君の手助けが必要みたいだな」
「もちろん、お役に立てると思います!」

Screenshot20100318231848478
 ふたつの扉のうち、ひとつはこちらから開かない。
 もうひとつには血痕の跡が続いている。中に入ると・・・。

Screenshot20100318231855293
 む!

Screenshot20100318231858132
 ダークスポーンを焼却中のメイジ。

Screenshot20100318231904803
 ごほほほっ、と断末魔の叫びをあげて崩れ落ちるダークスポーン。
 後ろにはテンプラー騎士団風の鎧を来た屍が転がっている。


Screenshot20100318231900617
 あちちちw。

Screenshot20100318231907493
「いやいや、僕じゃない、僕じゃないっすよ」

Screenshot20100318231911101
「勘違いしないでくださいよ、彼らが死ぬ様子を見て大笑いなんてゼッタイしてないって! いまの一撃で、あのダークスポーンが妙な感じでゴボゴボ言ってただけすよ!」

Screenshot20100318231923734
「ちなみにアンダースと申します、メイジであり、指名手配中のアポステイトでもあり・・・」

Screenshot20100318231927415
「ヴィジルズ・キープになぜアポステイトが?」
 アポステイトは、サークル・オヴ・メジャイというメイジ組織の管理下にない「はぐれメイジ」とお考え下さい。この世界では違法マジックは第一級の重罪です。

Screenshot20100318231934807
「君、僕たちが到着したときにはいなかったね? もしいたら、僕がそんな美人見逃すわけないし!」

Screenshot20100318231936778
「タワーに戻る途中、小休止のため立ち寄っただけ、だそうだ。彼らによるとね。もうみんな死んじゃったけど。気の毒に」

Screenshot20100318231947386
「斃れているのはテンプラーたちか?」
「ああ、彼らはそう言い続けていたけど、でも考えてもみてくださいよ? どうやってそれが本当なんてわかります?
 テンプラーたちは僕を捕まえて戻る途中だった。そしたら、ダークスポーンが襲撃してきた。これって何かの予兆ですよね、きっと?」
「ずいぶんと都合のいい予兆だな?」
「ちがいますかね? メイカーのお考えは謎だしね」

Screenshot20100318232009812
「まあいいや。お手伝いしますよ。それからのことは後ほど・・・、ここのダークスポーンどもをきちんと始末してから、話しあいましょうや?」

Screenshot20100318232023121
 アンダース参加。意外なことに、Originsのウィンさんと同じ、スピリット・ヒーラー系メイジだったのだ。スペルは参加時点で結構プレイヤーの自由に選べますので、できるだけ不気味なスペルを選んじゃおうかな!

Screenshot20100318233107672
 ダークスポーンとテンプラー、あい撃ちの図。

Screenshot20100318233124277
 またしても逃げ遅れた者が。

Screenshot20100318233225770
 城塞内の生き残りを救助せよとのクエストがはじまります。

Screenshot20100318233314638
 一旦外に出て、さきほど中から開かなかった扉のある方に向かう。
 遠くに見えるのはバリスタだが。

Screenshot20100318233451437
 ダークスポーンの群れ、しかもエミッサリー(メイジ系)付き、なんで割りと真剣に対処。

Screenshot20100318233531950
 バトル終了後に気がついたが、これ向き変えて連射すれば楽勝だった?
 バリスタ関係にはOriginsからツキのない私です・・・。

Screenshot20100318233735029
 開かない扉は、バリケードで封鎖されていた。マイリが一撃で破壊する。

Screenshot20100318233746356
 さきほど行けなかった部分に出る。

Screenshot20100318233755687
 城門をあけるレバーでしょう。

Screenshot20100318233800318
 あけてみます。

Screenshot20100318233803389
 城門が開いて。

Screenshot20100318233805229
 ご一行様ご到着。

Screenshot20100318233807152
「わー、怖いよー、こっちこないでよーってが? はっ!」
 誰だろこの人?

Screenshot20100318233809740
 当然近づくご一行。


Screenshot20100318233811463
 ちゅどーん。木っ端微塵ですか。

Screenshot20100318233813887
 恍惚とした表情のドワ親父。

Screenshot20100318233815753
「そんな数じゃ俺たちは倒せねえぜ、化け物ども、まだ来るなら来てみやがれ!」

 誰だろう、ってどうせ後から出てきそうですけどね。

DAOA イントロ(その1)

 前回ふざけたタイトルをつけてしまい、後から整理するとき苦労しそうなので、こちらに転載しておきます。記事数稼ぎではないですw。記事数はむしろ減らしたいのだ。

 なお、主人公はオリージャン・ウォーデン(初期レベル18固定)。
 最初のほうだけタンク・ウォーリアーだが、途中から主人公にヒゲが生えてアーチャーになってるのは気にしないで下さい。あとで差し替えるからっ!

**********

  Originsのときと同じ、フラスコ画か壁画のようなオープニング。

Screenshot20100318214310944 
 アーチデーモンの最期とともに、ブライトは討伐されたが・・・、

Screenshot20100318214316434
ダークスポーンは即座に消え去りなどしなかった。 

Screenshot20100318214321811
 群れの多くはデネリムから北方のコーストランド方面に散らばり、

Screenshot20100318214329313
互いに敵対するいくつかの部族に分裂した。

Screenshot20100318214331298

Screenshot20100318214340247
 ダークスポーンが巣窟から現れはじめると、住民らは恐怖に怯え、地域一帯はたちまち混沌に見舞われた。

Screenshot20100318195531567
 主人公ウォーデンがガイド役のウォーリアー(NPCコンパニオンのマイリ)とヴィジルズ・キープへ続く道を進む。

Screenshot20100318195537062
 君はヴィジルズ・キープのグレイ・ウォーデンと合流するためアマランティンにやってきた。そこは、かつてのレンドン・ハウ卿の根城であったが、いまやウォーデンの拠点となっている。

Screenshot20100318214026504
 だがキープに近づくに従い、まともな出迎えの姿すらないことになにやら不穏なものを感じはじめる・・・。

Screenshot20100318195551562
「出迎えるウォーデンが誰もいないなんて? どうしたのかしら?」

Screenshot20100318195557748
「なにかおかしい! コマンダー、急いで!」 

Screenshot20100318214041389
 必死の形相で駆けてくる男。

Screenshot20100318214042925
 ダークスポーンに追われている! 

Screenshot20100318223919463
 この生き残り兵士の協力も得て、追っ手のダークスポーンを殲滅。

Screenshot20100318223923306
 斃れたダークスポーンをいつまでもきりつける半狂乱の兵士。

Screenshot20100318223929473
「しっかりしろ、何があった?」
「ああ、あんたが新しいコマンダーか?! メイカー、感謝します!」

 兵士は何もわからないという。突然いたるところからダークスポーンが現れた。あちこちから悲鳴があがりはじめ、自分はわき目も振らず逃げ出してきたという。
 他のウォーデンは見ていない。メイジがどこかにいたような気がする、というが、その男がウォーデンだったかどうかわからない。
 自分は街道のパトロールに助けを呼びに行く、とそのまま駆け出していってしまう。

Screenshot20100318224032776 
 ガイド役の女性ウォーリアーに「なかなか腕がたつね、君?」とかちょっかい出すと。
「自己紹介がおくれました。マイリと申します。一ヶ月ほど前にリクルートされるまでは、国王の騎士団におりました。だからジョイニングはまだ済ませておりませんの」

 マイリ。ウォーデンになりたくてなりたくてしょうがない、ワナビー(wanna be)・ウォーデン。彼女によれば、ヴィジルズ・キープはセネシャル(執事長)のヴァレルがスチュワード(家政長、家司、家宰)を勤めている。彼女はその指示によって主人公コマンダーを出迎えに来たのだ。

 ブライトが終焉したにも係わらずダークスポーンが組織だった攻撃を行っていることにおおきな不安を覚えつつも、キープの生存者を探すためふたりきりで進入する。

Screenshot20100318225300247
 Originsのツーハン脳筋STRバカ一代ドワ戦士ですら、まだ達成していない、「ハード・ヒッター」のアチーブメントをあっさりゲット。しかも250以上ダメージでいいのにアロウ・オヴ・スレイングでダメージ400を軽く超えていた・・・。
 アーチャーやっぱ強いのか?(いや、今のところ栄光の瞬間はここだけかな)

Screenshot20100318225449487
 周辺を片付けてから中へ侵入。結果的にはこれは失敗なのかもしれない。まず突入が吉であったのか?

Screenshot20100318230016676
 あちこちで生き残り兵がダークスポーンと戦っている。できるだけ全員助けたほうがいいようだ。といっても初回プレイで、そこまで要求されてもね。

Screenshot20100318230105436 
 この人もキープの商人。素手で戦おうとしてるので危ない。

Screenshot20100318230203943
 なんとか無事に救出。

Screenshot20100318230342907
 着々と救出が進んでいるように見えるでしょうが・・・。

Screenshot20100318230457049
 突如、正門が爆破されて。

Screenshot20100318230500935
 ダークスポーンがあふれ出るのだが、ハッキリ言って過剰演出だ。

Screenshot20100318230558454
 やっぱ私は性格上、アーチャーは向かないと思う。
 これは退屈だあ・・・。

Screenshot20100318230727442
 とはいえ間合いの取り方が悪いと、自分で操作していない限り強制的にツーウェポンに切り替わっている。タレントは一個しかとってないのだが、なんかアーチャーより使えるんだが・・・。

Screenshot20100318230915838
 ダークスポーンも始末して、兵士もひとり助けた、と喜んでいると・・・。

Screenshot20100318230954206
 奥でひとり兵士が絶命している。
 実はここではないが、兵士がダークスポーンにやられてしまうと、ここのサイドクエストが受けられなくなってしまうことがあるのだ(インポートキャラのプレイで確認)。
 

Screenshot20100318231154958
 うんうん、唸っている負傷兵たち。なすすべも無く見守るばかり。
 看護していた兵士がダークスポーンにやられちゃったから。


 慎重にじわじわ進みすぎたか、あるいはダークスポーンのスポーン(沸き)をキックしたのに気がつかず、うろうろしすぎたか。

Screenshot20100319064754673
 この人を救っておかないと負傷者を看護するクエストは出てこないみたいです。

 オリージャン・ウォーデンですからやり直しません。人種差別ではないw。
(インポートキャラだったら意地でもやり直した。そういう意味でもオリージャンを偵察要員で先行させたのはよかったか)

 いよいよ、城塞(キープ)内部に侵入です。

消えたアイテムの謎w

 私マンチじゃないですから!
 これからもインポートするキャラたくさん居そうなので、Awakeningに何を持っていくべきか、持っていかずにキャラバンの商人かウォーデンズ・キープで店売りしたほうがいいかを仕分けするリストですから!
 公式フォーラムで「ざけんじゃねえ!」とか文句言うためのものではないですから!(すでに多数のガイジンたちが大騒ぎしております)

こことか、

http://social.bioware.com/forum/1/topic/127/index/1410490

こことか、あといっぱい。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/127/index/1200548

Ddddto
「ん、どこ行くんだっけ? あと、なんで俺らはだか?」
「ヴィジルズ・キープ。裸なのはBiowareにきいて(笑)」

 まず、すでにエンディング(私の場合ほとんどの可能なコンテンツ)を終えたセーヴファイルを開き、適当な名前で新しくセーヴ(場所はキャンプがベスト)。事故防止のためこうやってバックアップを取って置きましょう。
 次にコンパニオン全員の装備を情け容赦なく剥ぎ取る。鬼。鬼畜。守銭奴。なんとでも呼べ! もう二度と使わんのじゃ!
(もし将来新しいDLCがきたら、さきほどのオリジナルセーヴファイルから再開できます。そのためにも剥ぎ取る前後のセーヴ・ファイルは別にしよう。もはや常識レベルのアドバイス)

 レリアナ専用、ステン専用など専用アイテムはそのまま叩きうる。
 シェイル専用、犬専用など喜んで売っちゃうw。
 その後、できるだけ価値の低そうなものから、店に売る。
 さらに私は、毒薬、罠、投擲爆弾などは即売りした。宝石、素材、安いルーンはみみっちく経験値稼ぎのためキャンプのオーザマーやデーリッシュの使節に渡してもいいし、売っちゃってもいいかな。
 それが済んだら、ウォーデンズ・キープ(のDLCがある場合)に行き、巨大チェストの内容物に対して、同じことをする。

Screenshot20100319014212144
 ウォーデンズ・キープでの最終段階。スターファングが燦然と光り輝いておりますよね。
 ダンカンズ・ソード、マリックズ・ブレイドも見える。

Screenshot20100319014218129
 装備中のスタッフはファイナル・リーズン。
 インヴェには名品ウィンターズ・ブレスも見えますね。


Screenshot20100319014500027
 Awakeningインポート直後のインヴェ。
 スターファングが見事に消えとりますね。
 さらに彼女の持っていたファイナル・リーズンもないことにされています。
 スタッフを持っていないから第二装備である弓装備にされている。
 アミュレットも消えておりますね。
 ところが、ダンカンズ・ソード、マリックズ・ブレイドは無事です。

Screenshot20100319014502775
 はい、ウィンターズ・ブレスもキレイさっぱり消えております。

 もう何がなんだか?w

 いや、こういうことみたいですよ。
(ご注意)これは網羅リストではありません。消えてしまうアイテムの中には、この主人公が入手しなかった、あるいは早めに売ってしまったものもありますので。全部検証するほど暇じゃない。

【消えたものリスト】
Asturian's Might/longsword/Warden's Keep
Final Reason/staff/Collector's Edition
Amulet of the War Mage/amulet/ Dragon Age Journeys
The Edge/daggar/Free DLC
Starfang/longsword,greatsword/Warden's Keep
Winter's Breath/staff/Warden's Keep
Helm of the Deep/helm/Dragon Age Journeys
Warden Commander Gloves/gloves/Warden's Keep
Warden Commander Armor/armor/Warden's Keep
Warden Commander  Boots/boots/Warden's Keep
Blood Dragon Plate/armor/Dragon Age Origins
Embri's Many Pockets/belt/Dragon Age Journeys
Shadow Belt/belt/Warden's Keep
The Lucky Stone/ring/the Character Creator

・ブラッド・ドラゴン・アーマー、ジ・エッジなどの無料ボーナス品、
・コレクターズ版のボーナス品、
・ドラゴン・エイジ・ジャーニーズのご褒美品、
 これらが血祭りにあがっています。まあ、わからんでもありません。
 レベル20キャラに、果たして入用か?というものが多いから。

 意外なのは、DLCであるウォーデンズ・キープのレア物が全滅なこと。
 ガイジンがマジギレしてるのもこっち。しかもこのDLCは7ドルで有料。
 詐欺だ、ペテンだ、オザワだ、ハトヤマだと、もう大変なことになってる。

 公式では、さすがにBiowareの人も答えざるをえなくなり、下のような見解。
(元の質問は、上のリンク一番目、「スターファングはインポートされないのか?」だったので、広報担当者はさすがにそこだけに答えています。お仕事のプロとしてはお見事)

"Starfang does not get imported. While I know many of you see it as a great and/or powerful weapon (which it is in DA:O), it quicky becomes "out-powered" by new weapons in Awakening.

Still, I'm sure some people will spend a lot of time patching it into Awakening only to come to the same conclusion. "

「スターファングへの思い入れが強いのは理解できますが、インポートされません。もうAwakeningでは陳腐な武器になるから。
 個人で導入パッチを作成するのはご自由に、ですが、最終的に同じ結論になって徒労に終わりますよ?」

 いやいや。だったら、ダンカンズ・ソードとかマリックズ・ブレイドは?
 じゃあ、なんでDLC単位ではじかれてる?

 こちらは、上のリンク二番目、「ちょいまてーい、スターファングとか、ウォーデンズ・アーマーとかブラッド・ドラゴン・アーマーとかなんでインポートしない?」への回答。

「DA:O のDLCは、すでに告知したとおり、Awakeningには導入されません。

 ファンの中にはご不満の方もおいででしょうが、主たる理由は、Awakeningのレベル進行からみて、みんなが持ち込みたがっているアイテムは序盤であっという間に陳腐化するからです。そう、スターファング(や類似のアイテム)が強力なのはもちろん知ってますけど、レベル30以上に達した頃には、もう使いものになりません。

 トラスト・ミー(信じてください)、みんながぜひ使いたくなるような、数え切れないくらいのクールな新アーマー、武器、スペルなどにAwakeningで出会うでしょう。DA:Oのアイテムよりも一層愛着を持ってご愛顧いただけること間違いなしです」

"Dragon Age: Origins DLC (from DAO or other prior DLC) is not available in Dragon Age: Origins - Awakening as we've already said.

While I know some fans are not happy with this, the main reason is, due to the advanced level of Awakening, the items you want to bring in would be rapidly less effective than the materials you start with or find early on in the game. Yes, in DA:O Starfang (or similar) are very powerful, but since you can reach level 30+ in Awakening, they would be ineffectual.

Trust me, there are heaps of cool new armors, weapons, spells, etc that you will want to use in Awakening that you will quickly learn to appreciate even more than your DLC items from DAO."

 ウォーデンズ・キープのレアだけはじかれた理由には、ならないと思う。
 
 素直に認めたほうがいいと思うんだが。
 コーディングしくじったのか、なんらかの理由でウォーデンズ・キープのアイテムをインポートするのが不都合だったのか。
 まあ、こうやって見ると、スターファング以外ではファイナル・リーズンとウィンターズ・ブレスくらいしか思い入れなかったし、なくてもいいかなあ・・・。

 ただこのメイジ主人公の子。
 この二本のスタッフを奪われたから、三番手のエンチャンターズ・スタッフしかまともに使えるものがなくなっちゃったw。

 それでもレベル23メイジ。余裕でイニシャル・バトルゾーンを通過しておりますがw。

Screenshot20100319064351445
 ダークスポーンが多い日も安心。

2010年3月18日 (木)

動いた動いたw。あーでもこれはひどいなw。(その2)

  Originsのときと同じ、フラスコ画か壁画のようなオープニング。
 内容はすでにAwakeningの宣伝文句で散々きかされたフレーズなので省略。暇になったら訳つけます。

Screenshot20100318214310944 
 アーチデーモンの最期とともに、ブライトは討伐されたが・・・、

Screenshot20100318214316434
ダークスポーンは即座に消え去りなどしなかった。 

Screenshot20100318214321811
 群れの多くはデネリムから北方のコーストランド方面に散らばり、

Screenshot20100318214329313
互いに敵対するいくつかの部族に分裂した。

Screenshot20100318214331298

Screenshot20100318214340247
 ダークスポーンが巣窟から現れはじめると、住民らは恐怖に怯え、地域一帯はたちまち混沌に見舞われた。

Screenshot20100318195531567
 主人公ウォーデンがガイド役のウォーリアー(NPCコンパニオンのマイリ)とヴィジルズ・キープへ続く道を進む。

Screenshot20100318195537062
 君はヴィジルズ・キープのグレイ・ウォーデンと合流するためアマランティンにやってきた。そこは、かつてのレンドン・ハウ卿の根城であったが、いまやウォーデンの拠点となっている。

Screenshot20100318214026504
 だがキープに近づくに従い、まともな出迎えの姿すらないことになにやら不穏なものを感じはじめる・・・。

Screenshot20100318195551562
「出迎えるウォーデンが誰もいないなんて? どうしたのかしら?」

Screenshot20100318195557748
「なにかおかしい! コマンダー、急いで!」 

Screenshot20100318214041389
 必死の形相で駆けてくる男。

Screenshot20100318214042925
 ダークスポーンに追われている! 

Screenshot20100318195703248
 いや、こういうときはまず装備、装備w。やっぱダガーとか装備してるし!
 あわててウォーデン用ロングソードに変更。

Screenshot20100318195735689
 マイリと完全にキャラかぶっていますが、難なく殲滅

 うーん、ここら辺までにしておこうw。おいしいものは取っておくタイプw。
 やっぱインポートキャラがどうなるか気になりますよね。

Screenshot20100318201717383
 長女。

Screenshot20100318201726823
 次女、っても長女と違ってエルフだけどw。

Screenshot20100318201737675
 ドワ男はまだOriginsのクリア前だし。

Screenshot20100318201819520
 マイリと完全キャラかぶりですが、やっぱ長女ウォーリアーで。
 ちなみにインポートするセーヴファイルは選べるので、違う段階で二回クリアしたこの子もどちらもインポート可能となっております。ありがたや。

Screenshot20100318201958663
 男が血相変えて走ってくるところまで同じで・・・。
 あれ? 弓。 弓なんて持ってはいたが使ったことねえぞ?

 すごい、いっやーーーな予感。

 ああ、やっぱり・・・。

Screenshot20100318215912923
 スターファング、DLCウォーデンズ・キープのユニークアイテムが消えております。

 エクスポート時には間違いなく装備していたので、これは消された(インポート不可とされた)。
 ところがDLCリターン・トゥ・オステガーのユニークである、ダンカンズ・ソードなどは無事だ。さらにDLCストーン・プリズナーのアイテムも全部じゃないがあることを確認した。

 でもデラックス版のアイテムだったか、ネットゲームのおまけだったか忘れたが一部装備が欠けているものもある。

 これは意図的じゃないよね・・・。ウォーデンズ・キープの分とか、コード忘れてるのかなあ・・・。

 これはひどいよねえ・・・。

 あわててフォーラムをのぞく。
 やっぱガイジンたち、キレまくってるわ-。
 スターファングが無いのはみな一緒のようだ。ウォーデンズ・キープのものが抜けたかな。
 ただ、そう言うレベルのものはAwakeningじゃすぐ陳腐な武器になるから関係ないよ、という意見もある。

 まあ、マンチでもなんでもない、たかがNormalで遊んでるロールプレイヤーの私ですから、気にしないで進んじゃおうか。

 誰からやるべきかなあ。オリージャンかなあ、長女かなー。次女メイジかなあー。

 でもこのアイテム問題で思い出したが、装備をきちんと点検してからインポート、持ち込んだほうがいいみたい。

 デフォルト(正典)くさいのでオリージャン・ウォーデンでちょっと進んで様子を見ますか。
 タンクキャラは・・・マイリいきなり出てくるんじゃ考え直そう。強化されたというアーチャーとかしてみるか。

動いた動いたw。あーでもこれはひどいなw。(その1)

   アジア版ても、べつにCとかK向けじゃなく、香港、オージー向けなので、コレクターズ版、ノーマル版とも問題なくインストール完了しました!

 最初はおどおどとセカンド・マシン(古い方)にインストールした。
 セカンド・アカウント(ほとんどプレイしていない)でやってみたら、もちろんインポートキャラは準備されていないので(ファイル移せば可能かな(注))、オリージャン・ウォーデンを選ぶしかない。(ほとんど触っていないレベル1キャラでやるってのもアリですが、なんかいまいちですよね)

 (注)可能でした。やるときはキャラクタ・フォルダ丸ごと移しちゃったほうがいいかも。

 セカンド・マシンは推奨スペックぎりぎりの旧式(ても数年も使ってないのよ?)なので、グラフィック品質をマックスにすると動きがきつい。グラ品質落とすのは本意ではない。
 意を決して本番マシンにもインストール。US版があした届いたらまた入れ替えだw。

 さてインストール中にうすっぺらいモノクロのマニュアルをふんふん眺めていたら!

 *このあとはネタバレなので「続きを読む」以降で。てもマニュアルに書いてあるんだけどねw。

 よーし インスト完了だ、サクサクいくぞー!
(最初のほうはセカンド・マシンの画像だけどね)

Screenshot20100318193738288
 うへ、30インチフルクリーンだと字がちいさ。
 MMO用に買ったモニター、もはや使い道がないのでセカンド・マシン用なのだ。

Screenshot20100318193822985
 ウィンドウモードで適当なサイズに変更。んー、Awakeningはどこかしら。
 おお、Other Campaignsて、エキスパンションにも使うのだったのか。

Screenshot20100318193847322
 こんな画面になる。Awakening発見。

Screenshot20100318193932029
 暗くてごめん。インポートはまだしないで、ニューキャラで。

Screenshot20100318194246187
 どうせお試しキャラ。素直にヒューマンファイター男、HFOじゃないが、ヒューマン・ウォーリアーで。

Screenshot20100318194316694
 バックグラウンド(氏素性)はグレイ・ウォ-デンひとつに。当たり前だね。

Screenshot20100318194356317
 顔をいじると一晩かかりますので、デフォルトのままスルー。
 名前はフランス人ぽいのが雰囲気がでる。顔的にアランでどうか。

Screenshot20100318194611626
 セカンド・アカウントではリーヴァーがアンロックされていない。
 残りの新スペシャリゼーション2つはレベル20までアンロックされない。
 レベル20以上のキャラをインポートするとどっちみち持込みスペシャリゼーションで固定されるのでしょう。取得までにはしばらく待たないといけない。あるいはリスペックをするとか。

Screenshot20100318194618151
 ウォーリアーですとスピリット・ウォーリアーてのと。

Screenshot20100318194622383
 ガーディアン。説明はおいおい。

Screenshot20100318194643992
 新キャラですとアトリのポイントも若干低い気がする。Originsをクリアしたインポートキャラだと、なんだかんだでアトリ・ボーナス積み上げていますから。

Screenshot20100318195018027 
 そろそろイライラしてきてるので、適当にポイントふったら、やっぱやり直しになったw。タンクにするにはDEXも結構いるのだった。

Screenshot20100318195054648
 ウェポン&シールドの4系列目は新タレントっすね。レベル20以上から取得可能。
 ほかの専門分野にも4系統目が新設されてます。


Screenshot20100318195157261
 もうこの頃には、イライラも最高潮でいちいち選ばせんなや、「お奨めボタンつけろや!」となっているw。

Screenshot20100318195203174
 ノーマルじゃノーマル! いけーっ。

続くw。

続きを読む "動いた動いたw。あーでもこれはひどいなw。(その1)" »

禁断症状限界w

 ごめんね、ME2のほうがストップしていて。なにしろ何も手につかない。

 きっともうクリアした人もいるんでしょうね・・・。Awakening。くそーw。呪ってやるw。
 今日届く。きっと届くはず。アジア版で動作するかどうかも未確認だけどw。
 US版も届かないかなあ。
 インストールだけで終わりそうな予感もするが、オープニングだけは是が非でも観てやる。動作未確認だけどw。

 こういうとき我慢できずにウィキとかフォーラムとか読んじゃうと、思わず重大なネタバレに遭遇してしまうのでそれも禁止。

 しかし、このブログを書いていてセレンディピティとまで言うと格好よすぎるが、妙な符合が多い。やっぱオタク空間は世界中で微妙にかぶっているのかしら?と思わせられる。

 iTuneで、Dragon Ageの Comicがリリースされたとか。

http://blog.bioware.com/2010/03/16/bioware-idw-publihings-dragon-age-comic-book-preview/

 その表紙をご覧いただくと、なんと!

Comiccover

 いや、画風とかじゃなくて(それはわりと私の好みから外れていないのでOK)、一番下。

 Orson Scott Card with Aaron Johnston. 

 オーソン・スコット・カード?!

 ME2の記事のどこかで触れた。ああ、ここだ。

 http://vanitie.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/me2-6e22.html

 『エンダーのゲーム』、『ゼノサイド』のオーソン・スコット・カード?!
 いや、ありえないだろう、この起用は・・・。
 暇なのか、彼w。
 それとも、もうけすぎちゃって、セミリタイア状態で、何をしても許されるのか。
 やばい、これは手を出してしまいそうだ。
 iTuneって、iPodかiPhoneかiPadかないと観れないんでしたっけ?
 どれも持っていないんですけど。いあ、iPhoneとか、猫も杓子も(失礼)みんな持ってるから、何かこう、今更持つのもねえ・・・。
 iPodまで買わないといけないのか。
 PCでも観れる? 

「歴史の闇に埋もれた時代、国土は戦いによって荒廃した。メイジ、恐るべき魔法の遣い手たちが、闇の魔術と禁断の呪文を駆使して世界を支配していた。メイジたちの権力への渇望は、ダークスポーンと呼ばれる不浄の害毒を解き放ち、ヒューマノイド、トロール、フェアリーをはじめ、王国に住まうものらを含むほとんどの存在を破壊しつくした。

 今や魔法は厳格な管理下におかれ、一刻たりとも警戒を怠らないテンプラー騎士団の監視のもと、サークル・オヴ・メジャイの聖なる塔の中でのみ伝授されることとなった。
 だが、テンプラーの支配を排除せんとする魔法の戦士たち、世界の行く末を永遠に変えてしまうことになる新しい世代のメイジ候補生たちが立ち上がったのも、まさにそこであった」

(原文は記事末尾)

 前段で、テヴィンター帝国時代の話か!と期待に胸躍らせたのに、後段で、なんだまたサークル・オヴ・メジャイと「はぐれメイジ」の話かw、とがっかりw。
 オーソン・スコット・カードなら、テヴィンター・マジスターの血も凍るような悪行の限りとか活写していただけるのではないかと思ったのだが、どうやら「ハリポタ」風のお話になるみたいね。

 でも、勘違いしないで下さい。『エンダーのゲーム』(1985)が『ハリポタ賢者の石』(1997)より先。
 むしろ「ハリポタ」のほうが「エンダー」をパクったといわれてもいいくらい似ている部分はある。
 ただし、ドーミトリー(寄宿舎)の話はどう書いても似てくる、といわれればそれまでですが。

 テンプラー騎士団は本当に不憫だなあ・・・。D&Dパラディンがモデルならもうちょっときちんと扱ってほしいんだが、常にやられキャラの運命。

 iTuneどうやってみようかw。

(追記) PCで観れるそうだw。どうせすぐになんて読まないだろうけどw。買っちゃえw。

**********

 In a time lost to history, a war ravaged the land. Mages, incredibly powerful wielders of magic, ruled the world through mastery of dark arts and forbidden spells. Their lust for power almost destroyed all existence, and unleashed an unholy pestilence, the Darkspawn, to plague mankind, trolls, faeries, and all the inhabitants of the realm. Now magic is carefully controlled, taught behind the sacred walls of the Circle of Magi, and monitored by the ever-vigilant Templars. It is in this arena that a new generation of Mages in training will arise, warriors of sorcery who will defy the rules of the Templars and change the course of the world forever.

  

2010年3月17日 (水)

でた隠しNPC・・・。

 もう、みんな私をほめなさい!

 ほらー、隠しNPCじゃんかよー、やっぱり。

 しかも男性ローグだべ、おそらく。

 http://dragonage.bioware.com/awakening/world/character/nathaniel/

 オンライン・プロデューサーとか含め、Bioware全員うそつきじゃないか!

「俺はお前を殺しに来た。俺を逃がせば、次はないぜ?」

 NATHANIEL HOWE、ナザニエル・ハウ。蛆虫ハウ卿の息子だよ。

 イーヴィル・キャラ出た、という感じすね。
 出会ったとたん殺していいかしら?
 私の一人目ウォーデンにしてみれば親殺しの息子だよ?

(また無駄にリプレイしたくなるので自重するが、ヒューマン・ノーブル・オリジン・ストーリーで確かにハウ卿の息子の話は出てましたよね? 一番最初のごく短い会話の中で。ああ、最初だからやり直せるんかw)

 でもオリージャン・ウォーデンが主人公の場合は仇関係はないはずだが?

 いや、ハウ卿の本拠地であったアマランティン、ヴィジルズ・キープを占有しているだけでも、彼にとってはウォーデンは復讐の対象になるのでしょうか。

 しかし、広報がNPC6人と明言していながら、実はもうひとりNPCが、とかやっていいのか?
 EA商法か?w

 まあ、コンテンツ増えるなら何でも許すけど(だめすぎるな、自分)

Awakening GameSpotレビュー

 GameSpotのレビュー。
 その一番先に書いてある良いところ/悪いところ、Pro/Conをさらっと読んだだけで、なにか重大なネタバレの予感!なのでご注意。この記事は、「続きを読む」以降に書きます。














(思ったほど重大なネタバレでもなかったが、感じ方は人それぞれなので、やっぱ自己責任でお願いします)

続きを読む "Awakening GameSpotレビュー" »

雨乞いブログ。または、スタダーは必要か?

 ココログがどれだけ素敵なブログサイトかは知りませんが、新参者への注意として「"VanityのBlog"のような当たり前の名前はブログの海に埋もれて、読者がつかないのでやめるべき」というものが真っ先に書いてあります。

 このブログの題名は最初それではじめましたw。

 (Dragon Age: Origins編)というのは途中で付け足しました。予想に反して99%がDA:Oのネタになってしまったからです。
 途中で"Mass Effect 2"のプレイスルーもはじめてしまい、記事数も拮抗するようになったので、今や看板に多少偽りがあります。
 でも「Biowareのゲーム」としてくくっちゃうと、BGもSWKotORもNwNもはいってしまうし、そっちの記事は今のところ書く気もないのでやはり偽りありになる。"Jade Empire"など、どうしたわけかプレイすらしていない。
(当初はDA:Oのネタが尽きたら、そういう古いゲームのことでも書こうと考えてはいたのですが、DA:OとMEシリーズだけみても、あと数年間はそんな暇は与えてくれないようです)

 もう一度自分のマニフェスト(笑)を見て、初心に帰ろうと思ったのですが、何ひとつロクなことが書いていないので、昔の自分の漫才のビデオを見せられてイヤな脂汗をかいている島田紳すけのような感じになりますw。

 http://vanitie.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-b5b8.html

 なにしろ一番大事なことが書いていない。
 DA:O日本語版の発売が絶望的との観測からはじめたのがキッカケでした。
 かつて少数とはいえ間違いなく存在したBiowareゲームファン層が、世代代わりして消えちゃうんだよな・・・という悲しい思いが出発点です。
 そういうコミュニティ、ブログ、サイトでも何でも、小さいながらもいくつも残っていれば、いずれ(今のメーカーサイドの中核世代についてはもうあきらめるが、将来の世代が将来のこういうゲームの)日本語版も出してくれるかもしれない、という仄かな期待、いわば「雨乞い」です。

 ME2はいくらなんでも日本語版を発売するだろうと思っていたから当初ノータッチだったのです。誤算でした。ME1の日本語版はMicrosoftが主導したのでした。BiowareがMSとは共生関係かつライバル関係になるEA傘下となった今、その線は薄くなったのか・・・。

 両者ともまだ日本語版の可能性をあきらめているわけではないのですが、DLCやらエキスパンションやら増えるごとに可能性も消えていく。
 私家版日本語化をやろうとしてる方々にとっても、こういう本家コンテンツの増殖こそが、モラールを著しく損なうのは紛れもない事実。

 前にも書いたかもしれませんが、かのドラッガーが慧眼にも「マネジメント(経営)」は「雨乞い」であると看破した。つまり経営と業績、雨乞いと降雨、両者の関係に原因と結果の関係はないと。経営学の大家のご発言としてあまりにすごすぎますがw。

 その「雨乞い」です。レインダンスです。それ以上でも以下でもないです。
 だから結果に結びつくこともほとんど期待していない。
 ブログやサイトごときで、世の中が動くと考えるほど甘ちゃん、ナイーブでもない。
 ちなみにマシンガンズは大好きです。文句あるかw。

 とはいえ、こんな壮大でかつ丁寧に作りこんだ代物、遊ばないのはもったいなさ過ぎます。なんかの間違いでここや他の紹介サイトに通りすがったのならぜひ試して欲しい。
 今やらずにほおっておくと、続編やコンテンツが膨大になりすぎてとても追いつかなくなるぞ!(インティミデイト、レネゲイド方面w)
 大丈夫、こういうものに興味を持つ方はクリアまでゼッタイいける。そう運命づけられている。自分がそうだったから。トラスト・ミー!(パースエージョン、パラゴン方面w)

 英語なんてインストールガイドとメニューが読めればいいんです。と言い切って斬り捨てるにはあまりにストーリーやらキャラの絡みが面白すぎるので、最低限のことはここにも書いていきます。
 でもあとはご自分で。なんだよ訳がひどいな、自分だったらこうだな、とか、ほんとにそんな内容かどうか自分で試そうとか思ったら、あなたはもうVanityの罠にはまっていますw。それが狙いだもん。
 (誤訳はだいぶ修正したつもりですが、まだいくつかあるかもしれない。おいおい変えていく)

**********

 Awakeningの入手がまだなんで、他のことが手につきませんw。精神状態がヤク切れのハイな感じに近いようなので上のようなテンションの高い文章になりました。
 
 Steamが出してやがりますw。ただOriginsもSteamヴァージョンでないと動かない。これが最速の手段ですね。自分はSteam版を持っていないので、ここから買わないといけない。ちょうどOriginsもセール中なので、これからの人には選択肢になる。ただしSteam版固有のトラブルがまだ多少残っているかもしれない。

 アジア版はもうきてるようですね。アジアってもぶっちゃけホンコンかオージーのことだろうから、USの英語版でも動くのかな? Originsがアジア版なら迷わずこれで。
 これが次に早い手段。

 じっとUS版を待つ。EUの発売日は地元小売店保護のためか数日遅い。おそらくUS版が日本に入荷するのもそのくらい先かもしれない。一番入手の遅い手段。

 純粋ソロゲーになぜスタート・ダッシュ(スタダー)がいるのか?といぶかしく思う方も多いでしょう。それはきっとこのヤク切れ中毒の経験がないんでしょうね。

 自分はUS版を待ちきれずにあわせてアジア版も注文したw(作動未確認w)。
 アジア版はセカンド・マシンで試すぜ!(一体何台にインストールしてんだ・・・)
 ひょっとするとSteam版にも手を出してしまうかもしれないw。いあ、しそうだな。するなきっと。
 たった数日のために? バカみたいに無駄な出費?
 といってもX360版、PS3版、Mac版には手を出してませんけど?(あたりまえじゃ)
 
 そういう拙速なことをしたら後から案の定不具合が出て、アンインストール、インストールを泣きながら繰り返す経験も今まで何度もしてるじゃないか? 忘れたのか?

 愛は盲目とでもお考え下さい。

(追記)

 Steam版はまだダメでした・・・。
 やっぱ北米リリースからタイムラグがあるようで。
 まぎらわしいんだよ。ほんとに。

 ただしUS版パッケージはアジア版とそうタイムラグなく入手可能のようです。すでに入荷している模様。
 今からお買い求めならUS版も選択肢で。

2010年3月15日 (月)

DA:O いったい何キャラいるんだ?

 エンディングだけでも全部見るのはなんとか射程圏内だが、少なくとも玉座まわりだとどんな場合わけになるのだろうか?
 どこかで誰かがやってる可能性はあるが、自分なりに考えてみる。











(以下、重大なネタバレのあらし)

続きを読む "DA:O いったい何キャラいるんだ?" »

DA:OA 3キャラ目間に合うか?

 "Mass Effect 2"のプレイスルーは、時間と気合がいるので少しだけペースダウン。ほっちら書き続ける気だけはありますが。
 今一番気になってしょうがないのが、"Dragon Age: Origins Awakening"が届いちゃったらどうしようか?という話。

 エンディングだけでも全部見ようと、がんばってガンガン進めてはいるものの、ギリギリ間に合わないかもしれない。
 以下、自分用のメモとはいえ、Originsの内容の完全なネタバレとなりますので、「続きを読む」の下に。











(以下、重大なネタバレのあらし)

 

続きを読む "DA:OA 3キャラ目間に合うか?" »

【ME2】カスミ・・・。トゥルー・ライズ?

 GameSpotにRaptrの統計値「一番遊ばれているゲーム」がジャンル別に出ております。PCゲームとX360で別々なんですね。ここではPCの話をします。

 ジャンルわけの定義良くわからないですけど、例えばFPS系では過去1ヶ月プレイヤー数2500人で"Bioshock 2"、"Bad Company 2"、"Team Fortress 2"が上位で、ソロもマルチ(オンライン)も一緒くたのランキングみたい。
 "SIM 3"なんてどのジャンルだろうとみるとストラテジイ系かな。上位は"Dawn of War 2"、"Warcraft III"、そのエキスパンションの"WC III: Frosen Throne"、プレイヤー数が7500と一気に上昇しているのは、"Dawn of War 2"のエキスパンションが直前に出たからか。
 個人的にはここ数年間遊んだ時間がゼロ時間のレーシングで2000人と健闘、"DiRT 2"がトップ。
 同じく個人的に過去数年ゼロ時間のスポーツ系だとどうなのか、世界中で一番熱狂的な支持があるというクリケットのゲームで探したらRaptrに参加していないw。ジョン・マデン・フットボールでもだめ。ベースボールもだめで捜すのあきらめちゃいました。サッカーはどれがいいのかわからんし。
 RPG系は、やはりMMOと一緒くたなので、"World of Warcraft"が当然ダントツ一位で全ジャンルでも圧倒的。続いて"Draconica Online"、"Mass Effect 2"。"Dragon Age: Origins"は9位。"Mass Effect"まで11位に入ってる。懐かしの"D&D Online Stormreach"も14位とか健闘しとるなあ。

 Raptrのデータの信頼性云々の問題、こういうバイアスのかかったサンプリングで表層的なデータだけ見せられて何かを言うことは難しい。運営サイドではおそらくID登録時の情報、「コアプレイヤーが多い」など別のデータを持ってるので活用はできるんだろうけど。
 プレイ時間の計測だってMMOみたいにずっとログインしてるだけのプレイヤーが多いというゲームが有利なのもあるだろうし、"EVE Online"などはプレイヤー数がこの1ヶ月でPRG系7位なのに、プレイ時間ではこの1週間の全体で7位?! やっぱこのゲームのつくりからしてログイン放置が多用されてるので有利なのでしょうか(成長させるのにはログインする必要すらなかったはずだが)?
 
 そういう限界を踏まえても、商品の「ライフサイクル」がわかればエキスパンションやDLCを出すタイミングを考える上では使えるデータになり得ますよね。「コアプレイヤー」すら遊ばなくなったらそのゲームは廃れるわけだから。

**********

 DLCでNPCを出すのは好きじゃないと書いていながら、ME2のカスミちゃんが見目麗しいクノイチだったらどうやって前言撤回しようかと悩んでいましたが、その必要はなさそうですw。

 http://gdc.gamespot.com/story/6253479/mass-effect-2-kasumi-stolen-memory-dlc-first-impressions?tag=topslot;img;2
 

 あまりネタバレはやめましょう。私も途中で読むのをやめた。
 ただし、プロットは映画『トゥルー・ライズ』似だそうだ。
 そういえばアカデミー賞の『アバター』の一件はひどかった。ニューヨーク・タイムズかどこかが「豪勢に着飾った連中が集まり、金に糸目をつけない業界が、一番予算の少ない作品を好んで選ぶ」と皮肉っていたのが個人的に説得力抜群。アカデミーなどという名前がそもそも悪いんだが。

 しかしそうやって矢継ぎ早にDLCやらエキスパンションやら出されると、こっちは積みゲーがどんどん増えていくだけなんすけど。上に上げた中でも"Bioshock 2"と"Bad Company 2"がそうなってる。
 "Assassin's Creed II"の評価がGame Spotでは思ったほど高くないので、買ったけどすぐやる必要はないとホッとしています。こういうのを「すっぱい葡萄の論理」、「合理化」とか「防衛機能」というのですが。
(評価が悪いのは内容の問題ではなく、またしてもプロテクション・セキュリティ系の問題だそうだ・・・)

 しかし"Assassin's Creed II"の彼とカスミ、コスチュームがやたら似てるなw。やっぱアラブ系アサシンと混同してますよね。

956857_20100308_790screen026
 ACのデズモンド・・・じゃなくてそのご先祖様だっけ?

Kasumigoto
 カスミ・ゴトウさん? 

 後世、アサシンの語源となった呼び名はペルシャ語らしいが、中世の中東(つのも後日の欧州の呼び方ですが)でその名を冠されたアサシン自体はモスリム。
 なお、アサシンズ・クリードが描くルネッサンス時代のイタリアこそが、暴君は「弑王」(しいおう、しおう)、「弑逆」して構わないというムードが高まった時代だそうで、それをお題目、隠れ蓑にして、気に食わない君主の暗殺が流行したんだそうだ。

 ステルス・シーフとアサシンを混同しちゃってるから、こんな造形にされちゃったのね・・・。ま、似たようなもんか?

« 2010年3月7日 - 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31