フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« ME3 ウィッシュリスト。 | トップページ | ME3 ウィッシュリスト(悪党論私見)。 »

2010年12月 8日 (水)

ME3 ウィッシュリスト(2)。

 前回に引き続き、今度は「こんなものいらない」編。

 なんだか「必要編」より「不要編」の文章量が妙に多いんじゃないか?
 そう、自分でも気がついた。その理由。

  人間、「あるもの・あったもの」を批判するのは子供だってできる。とても簡単。
 反面、「ないもの・なかったもの」を想像・空想するのは学者にだって難しい。

 イギリス人なら誰でも知ってるという、シャーロック・ホームズのあの偉大な名セリフを戒めのコトバとしていつも念頭においてます。拙訳でお口汚しになるといけないので原文をぱくっておきました(Wikipediaからとったら、自分が読んだものとは細部ちょっち違うんだけど)。

グレゴリー刑事「他に何か気になられたことは?」
ホームズ「あの夜の犬の奇妙な行動だね」
グレゴリー刑事「犬は何もしてなかったと思いますが?」
ホームズ「まさにそこが奇妙なんですよ」 

Gregory (Scotland Yard detective): "Is there any other point to which you would wish to draw my attention?"
Holmes: "To the curious incident of the dog in the night-time."
Gregory: "The dog did nothing in the night-time."
Holmes: "That was the curious incident."

 こんなものいらない。

1.マルチプレイはいらない。

 MEはサイファイ・ワールドのヒーロー物語。君が、君こそが銀河の運命を委ねられた、掛け替えのない存在。
 ところがマルチプレイは皆が主役。つまり皆がどうでもいい人。銀河を救うなんて誰も気にもしてないで装備集めにせっせと勤しむ。
 ME銀河の設定は確かにマルチプレイの大戦闘に向いているが、ファンはそれを望んでこの銀河にやって来るわけじゃない。 

**********

 MEファン層はもはやオールドスクール派と呼べないかもしれませんが、ソロプレイ、クルー・バトル、ストーリー・ドリブンという形式は古典的RPG世界を踏襲してきた。
 JRPGを除けば、この形式(三つ全部同時にだよ)を長年にわたり維持している作品は非常に稀である。
 比較的目新しいシューターRPGとして楽しむファン層がいる一方で、BioWareオールドファン層にも根強い人気があるのもそのせいかもしれない。

 ところでオールドスクール派がマルチプレイを毛嫌いしているというのは定説。元は大人数で遊ぶTRPGからスタートした世界なのに、何ゆえそのような事態になってるのかと思われるかもしれない。
 ようはMMOなどのマルチプレイの現場では、その代名詞ともいえるグラインド(同じコンテンツを延々と繰り返すあれ)、ラッシュ(とにかく速攻でクリアするあれ)、あるいは上に書いてあるようなルートマニア(ほら、いるでしょ。マンチキン)の存在に辟易させられているということでしょう。

 謎のスピンオフ作品と言われているものがMass Effect 銀河を舞台にしたマルチプレイだとしたら、BioWareはユーザー嗜好の大きな二つの流れに従って、作品もふたつに分けたことになるんでしょうね。
 長らくストーリーへヴィーのソロプレイが本業だったのですが、そのマーケットは固定的・限定的である。サイファイ・ベースだと(Star Warsのような冠でもあれば別だが)ファン層はなおさら狭く、DA:OのようなファンタジーRPGにも遠く及ばないのです。

 ところが世の中の「主流」はCo-opも含めたマルチプレイ。少なくとも大手パブリッシャーが目指すのはそこ、彼らにとって「金のなる木」はそっちなんですね。だからEAの圧力云々を抜きにしてもMEの世界も多角化せざるを得ないのだが、ソロプレイ重視のオールドファン層の怒りを買いまくるリスクは冒したくない。故にスピンオフ。
 なんとなく説得されてしまいそうなロジックではないでしょうか。

 "Star Wars: The Old Republic"は、ルーカスの要請に基づくものでしょうからこの話の主題とはちょっと異なります。SWのMMOは別にこれがはじめてじゃない。

 シェパード三部作はソロプレイのシリーズとして残し、MEのマルチプレイは別作品でやるというのはごく自然な、かつ賢明なアイデアではないかと思います。

**********

2.単調なコンバット操作はもういい。

 ダッシュ、カヴァー、シュート、バイオティック発動、また撃って、走って、カヴァー・・・、次の舞台に移ると冒頭カットシーン、そしてまた最初から繰り返し。ME2のコンバットはちょっと退屈だ。走って撃って以外はないのか?
 もっと広いバトルフィールドをよこせ、複数の侵入ルートをよこせ、ステルスなどの別な戦略も有効にしてくれ、というご意見。

**********

 これって、MMOなどでもよくユーザーの声であがることなんでしょう。つまり「ユーザー・サイドにクリエイティヴィティを発揮するチャンスをよこせ、同じクエストでも複数解を用意しろ」というやつ。よく聴かれる話ですね。

 だが、開発サイドの言い分はいつでも同じ。
 「だって、いくら多くのルートを用意したって、君たちいつも(一番楽な、あるいは一番儲かる)同じ道進むだろうが?」というもの。
 苦労してたくさんの選択肢を開発してテストして、バランスとって、ローンチして、でもユーザー・フィードバックみたらそのコンテンツはまったく使われていなかったという挫折を味わう。

 ただし、コンバットをやるためにMEシリーズをやってるわけではない私でも、「また最後にゲス・プライムかよ」と、パターンの貧弱さに辟易させられることは多かった。
 とっさに無重力戦闘が頭に浮かんだが、ライフル撃ったら反動で自分も後ろにすっ飛ぶかなw。マグネットブーツを履いて無重力空間をジャンプしまくる世界はすでに"Dead Space"で体験済みだしね。
 多くの選択肢は必要ないと思うが、DLCのオーヴァーロードのような風変わりな戦闘パターンを織り交ぜるのはあってもいいかもしれない。
 時間制限内に敵撃破や脱出などのあせる趣向もいいけど、ほどほどにしてほしいねw。

**********

3.ローディングスクリーンが退屈すぎ。 

 到着階までイヤになるくらい本当に時間がかかっていたME1の悪名高いエレヴェーター。ME2ではそのかわりに、静的な(退屈な)ローディングスクリーンが登場した。
 少なくともME1のほうには、エレヴェーターの中でクルー同士のチャットや、銀河中の事件を報道するニュースが聴けた。ME3では短めのエレヴェーター再登場を望む。そしてクルー同志の会話(チャット・バンター)を増やすべき。

**********

 DA:Oのコンパニオン同志の会話(バンター)、日本語版でもばっちり訳していただいてると確信してますが、ああいう趣向をMEでもどうかという話なら一応賛成。
 パーソナル・クエストでは非常に雄弁なクルーたちも、関係のないクエストではみな無口になりがちだから。そういう意味ならあってもいいかもしれない。

 ただ算数がわかる方ならすぐわかりますが、ME1のクルーが6名に対し、ME2では何人だっけ? DLCのクルーを加えると(同時最大で)12かな。必要となる会話パターンは組み合わせだからMEのクルーが最大2名で常時1対1に限定されても膨大になる。
 6人から2人を選ぶ組み合わせ=15とおり。
 12人から2人を選ぶだと=66とおり。
 うひひ・・・。

 DA:Oではあの動物コンパニオンまで含めて最大8人(人ではないが)だっけかな?
 8人から2人を選ぶ組み合わせ=28とおり。
 各組み合わせにユニークなバンターが大抵5から6くらいづつあるが、平均5とすれば140の短いシナリオ(声優さんつき)があることになる。

 しかもDA:Oでは稀にコンパニオン3人全員が参加するバンターまであるからこれより若干多い。

 ME3でもきっと10人近くのクルーが登場するのでしょう。それなりの覚悟がないとバンター、チャットを織り込むのは結構大変ですね。

**********

4.一からやり直しさせるな。 

 ME2冒頭で一旦死んでしまうので、ME2のシェパードはME1の能力全部は引き継げない。兵科も性別も変えられる(だったっけ?)。
 作り手にしてみれば賢い策なのだろうが、慣れ親しんだシェパードの統計データー(スタッツ)が霧散するのは耐えられない。
 ME2ではエンディング後にもプレイ続行可能である事実、またME1で60であったレベルキャップがME2では30に半減されている事実は、ME3にME2からシェパードのスタッツを引き継げる良い兆しなのか?

**********

 引き継がれるのかなあ。ここは個人的には無差別かな。どっちでもいい。
 ただ、プレイヤーの半分超が兵科ソルジャーで遊んでいるなど、使われる兵科の偏りが激しい事実を見てると、ME2からスタッツを引き継ぐにしても、リスペック(スタッツ一から振りなおし)のチャンスはあると思いますね。あと、顔ももう一度直させて欲しいねw。

 レベル30であの世界なら、ME3ではより以上強力なバイオティック・パワーを編み出す必要もありますね。マルチクラスに相当するハイブリッド・クラスはすでに基本兵科に組み込まれてるのでそっちの展開はない。
 あと思いつくのはクルー同士のスキル・コンボ・・・。MEにそういうのはいらないかなあ。

**********

5.惑星探鉱

 ME2の惑星探鉱は単調だが中毒性があった。ゲームプレイに直接影響することも動機付けになったが、シェパードは鉱山さがしなどより、戦闘を優先すべきだ。ME3では戦闘時に資源を獲得できるようにするか、グラフを見つめるだけのミニゲームを丸ごと見直して欲しい。

**********

 マイニング・ミニゲームについては、プロデューサーのケーシーも「君等、ちょっとやりこみすぎ」とあきれていました。ゲームで必要最小限の資源だけ獲得すればいいものを、そしてそういう趣旨でデザインされたミニゲームを、まるで既知銀河中の資源を全て掘り尽くさないと気が済まないかのように没頭するプレイヤーがあまりに多かったそうです。

 IGNのいう「敵が物資を落とす」というのは陳腐だね。オールドスクール派としてもちょっと古典的すぎる。テンポとスピードが売りのMEは、拾いゲーにはなってほしくないし、ルート集めでローラーコースターのような心地好い進行が中断する愚は犯さないのではないかな。
 ミニゲームはあってもいいと思います。でもここから安直に発想される経済・貿易ゲームみたいなのはちょっと勘弁だなあ。
 シェパードはあくまで戦士でいて欲しいしね。

 こうやって見てみると、冒頭のスペース・コンバットで脱力した以外、そんなに変なことは言ってないようでした。 
 DA:Oばりのクルー同士のバンター。聴いてみたい気もしますが、ME3ではまたマッサラな新人クルーたちが登場するんですかね。
 ME2でミランダとジャックのやり取りがもっと聴きたかったなw。 

« ME3 ウィッシュリスト。 | トップページ | ME3 ウィッシュリスト(悪党論私見)。 »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/37990853

この記事へのトラックバック一覧です: ME3 ウィッシュリスト(2)。:

« ME3 ウィッシュリスト。 | トップページ | ME3 ウィッシュリスト(悪党論私見)。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31