フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【DA2】スタッフ・オヴ・パーサラン、ようやくゲット・・・。 | トップページ | ホリデイ・シーズン »

2010年12月20日 (月)

【DA2】銀髪の孤高の戦士

 耽美系ってのは、別にJRPG(確かに過剰に多いけど)に限った話ではなく、どこでもかなりの固定層がいるようです。

 http://social.bioware.com/forum/1/topic/141/index/5481839/1

 BioWare公式フォーラムの「公式」フェンリス・スレ。
 キャラクター発表後、即座にあまりに多くのスレッドが生まれて収拾つかなくなったため、アドミ側が「公式」をたてたようですw。

 DA2のこれまでのキャラクター発表ではほとんどなかった現象として、ご覧になればおわかりのとおりすでにいくつものファンアートが登場しており、コメント数が膨大なだけではなく、ヴィジュアル的な賑やかさもひとしおです。

 Cloudvsseph
 髪型はここらへんからパクったのか?という説まであるw。

 それはもう、DA:Oでその手のキャラクターが皆無であった(アリスターはお人よしのぼんぼんだし、ゼブは喋りすぎの遊び人だし、あとはおっさんだし)ことの反動かと思うくらいの大騒ぎです。

 銀髪(アッシュ・ブロンドとか白髪とか)の剣士であり、孤高の戦闘マシーンというイメージは、例のDnDの放浪のドロウ、シミター二刀流のドリスト(Drizzt)の例を引くまでもなく、最近では"The Witcher"シリーズのゲラルド(彼の場合アルビノ)など多数存在する。
 その嚆矢はメルニボネのエルリック、マイケル・ムアコックが創造したファンタジー史上二番目に著名なキャラクターだ。彼もまたアルビノであるとされ、生れつき薬物や魔法の力を借りなければ生き長らえないというカルマを背負っている。プロのウィッチャーであるゲラルドもまた薬物に頼らざるを得ないことから、エルリックへのオマージュであることが容易に想像がつく。

 もちろんJRPGでも和製アニメでも、類似品は枚挙に暇がないほどだ。

 現に、最近暇つぶしで遊んでいるJRPGなんとかのキセキにも、まんまそのままのアッシュ・ブロンドのキャラが敵役で登場する。

 ドリストのイメージは、発案者サルバトールが若かりし頃、DnDのノヴェライズ企画をひねり出さなければならないときに、TSRの編集担当から「このままじゃインパクトがない。これから編集会議だから、今すぐキャラクターを思いついてくれないと企画が没になるわよ!」と脅され、失業(つってもどのみち売れない小説家志望)の危機にたった彼がとっさに思いついたものである、と本人が語っている。
 Drizzt Do'Urdenという名前もその場でひねり出したもので、スペリングを聞かれても「さあ?」と答えるしかなかったそうだw。

 当初は主役が他にいてそのフォロワー、脇役であった彼の人気がDnDのFaerûn世界で一二を争うくらいのとてつもないレベルにまで突出したことから、結局シリーズはドリストの物語みたいな扱いになっちゃった。
 ピー・プロの「宇宙猿人ゴリ」が「スペクトルマン」になっちゃったようなもんだね(全然違うと思う)。

Drizztdourden
 これはFaerûn ワールドガイド、3.5版のイラストかな?

 実際、BioWareのDragon Ageシリーズの始祖、これらがなければDAも生まれなかったともいえる作品群("Baldur's Gate"、"Icewind Dale"、"Neverwinter Nights")も、ドリストのキャラクターや背景設定に強くインスパイアされたものだといっていい。Icewind Daleを舞台にした作品群なんて、ドリスト・シリーズが築いた極北の世界観をまんまパクったともいえるでしょうし。

 という、ドリスト・シリーズ(原書)をようやく読み進める時間ができました・・・。

 日本語翻訳は一部しか出ておらず、しかも「アホか!」って言うくらい高いので、激高してAmazonから原書13分冊まとめ買いした話は書きました。その後まったく時間をとることができなくなって、一巻目途中で放置していた。やっと再スタート。

Drizzt
 実際にサルちゃんが書いた一作目は実はこのシリーズ第1巻(ダークエルフ・シリーズ)ではなく、4から6巻目にあたるもの(アイスウィンドデール・シリーズ)なのですが、一応物語世界での時系列に沿って読んでいる。

 サルちゃんの美文調は読むのに苦労するかなと思ったが初期のものは意外に読みやすい。むしろマス・ペーパーバックの雑でかすれたような印刷仕上がりのほうが気になるくらいです。

 2011年暮れに発売予定のCrypticの"Neverwinter"のタイアップ小説もサルバトーレ氏が担当することになっている。三部作の一分冊目にあたる"Gauntlgrym"は既に出版されています。"
 こいつを読みはじめてから、実はドリスト・シリーズを少なくとも半分くらいまでは読まないと、新作の深い隠し意味が通じないということに気がついて、旧作に手を出したのであった。
 いつも同じことしてますね・・・。2を知ってから1に手を出す。A型気質だからしょうがないね。物事には順番てものがあるんですもんね・・・。
 
 DA2フェンリスのキャラクターづくりが、これら定番化してしまった先達たちとどうやって差別化を図っていったのか、それを知るためにも読まにゃあかんでしょ。

 ・・・ん?
 メルニボネのエルリックがファンタジー史上二番目だったら、一番は誰かって?

4150115516
 このカヴァーアート、今でも売っているやつかな。早く集めないとまたカヴァー・アートを変えられちゃうのかなw。

 バムスール(火星)のジョン・カーター大元帥閣下?
 違うでしょ。

 Mars01
だったらデジャー・ソリスを挙げなさいよ。

 決まってんじゃん。ゴドリックのハリー・ジェームズ・ポッターさんでしょう。

Harmione_granger_2 

 ん? なにか?

« 【DA2】スタッフ・オヴ・パーサラン、ようやくゲット・・・。 | トップページ | ホリデイ・シーズン »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/38147961

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】銀髪の孤高の戦士:

« 【DA2】スタッフ・オヴ・パーサラン、ようやくゲット・・・。 | トップページ | ホリデイ・シーズン »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31