フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【DA2】ベスとカーヴァー | トップページ | 【DA2】無言の主人公の是非。 »

2010年12月25日 (土)

【DA2】これこそネタバレ。

 前回のものも(人によっては)結構インパクトあったかもしれないが、こっちはヤバイw。

 うーん。今度こそ本当にネタバレ注意。

 DA:Oをプレイしていない人、DA:Oのエンディングのセーヴファイルを持っていない人、あるいはそれをインポートしたく(持ち込みたく)ない人のため、DA:Oのエンディングを定型化した設定が持ち込まれるんだそうだ。
 DA:Oまだのお友達はみるのやめとこう。

 警告しましたからね。我慢できない人、まったく気にしない人だけ「続きを読む」の下に。

(私が我慢できるわけないだろ!w)

 

 greywardens.com

 http://greywardens.com/2010/12/dragon-age-2-set-your-world/

 DA:Oのセーヴファイルを持ち込まないプレイヤーは、次の3つの定型的なセッティングから選ぶことになるそうだ。
 MEをクリアしたセーヴファイルを持ち込まないプレイヤーがME2冒頭でMEの物語の帰趨を選択するのと似ていますね。 

(GW)とある部分はいつものスティーヴのコメントです。

**********

1.フェラルデンの英雄(デフォルト)

 主人公ウォーデンはアーチディーモンを成敗し、生き残る。アリスターが玉座に就く。

(GW)唯一のモリガンの「闇の約束」エンディングであり、デフォルト扱い。ウォーデンのオリジンも性別も元ネタとなるGameZoneの記事には銘記されていないが、他の二つのセッティングから考えて、このウォーデンはヒューマンと考えてよいであろう。

2.殉職者

 デーリッシュエルフの女性主人公ウォーデンは、アーチディーモンと相打ちになる。アリスターとアノーラが揃って王国の支配者となる。

(GW) ここではローゲインについての記載がないのが興味深い。アリスターとアノーラが結婚する場合、多くのプレイヤーはそれ以前にローゲインを断罪しているパターンを経験していると思うが、実は彼を両者の婚儀まで生存させておいて「究極の犠牲」エンディングを迎えることは可能なのだ。ただしローゲインがOriginsのストーリーを生き延びた場合、オーレイのウォーデンとして任務に就くことになるので、カークウォールやフリー・マーチズに現れる可能性は低い。

3.妥協なし

 ドワーフ・ノーブルの主人公ウォーデンはアリスターを追放。ローゲインがアーチディーモンを成敗し、アノーラが王国を統治する。

(GW)ここにもふたつの興味をそそる点がある。アリスターは(おそらく酔っ払いとして)セダスのどこかを放浪しており、DA2で出くわすかもしれない。もうひとつはアノーラが単独で統治するパターンである点である。

**********

 私は辛うじて4つのエンディングを1回づつ4回クリアしている。4回で力尽きたともいえるw。だって他にも面白いゲームが出るし、全部やる暇ないくらい忙しいんだもん。

 1番目「闇の約束」(a dark promise)のエンディングはほぼ最初の主人公のものと同じ。ただし私の女性ヒューマン・ウォーデンはアリスターの妃となっている点が違うのかな。
 2番目「究極の犠牲」(the ultimate sacrifice)は私は男性ドワーフ・ノーブル主人公だが、アリスターとアノーラを結婚させたのは一緒。
 3番目「贖罪者」(redeemer)は男性ヒューマン主人公で、主人公がアノーラと結婚している点が違う(ヒューマン以外はアノーラと結婚できません)。

 上には4つ目エンディング、アリスターを犠牲にする「ウォーデン・コマンダー」(warden-commander)のパターンがないので、(他に不慮の事態でもなければ)、3つのパターンではどれもアリスターが生存していることになります。アノーラがOriginsの物語中で死ぬことはないはず。

 「ウォーデン・コマンダー」のエンディングは、私の主人公は女性エルフメイジ・ウォーデン。玉座はアノーラでローゲインは既に死んでいる。このファイルをインポートすると、アリスター抜きの話になるんだろうか。

 うわああ、DA2ではどんだけのパターンに意味があるんだろう?!

 スティーヴがもう少し独自の解説をしているので、参考にしてみる。

**********

・アリスターが常に生存していることになるのでアリスターがDA2でカメオ出演する可能性がある。ただしアリスターを犠牲にするパターン(上述の4番目)をインポートすることができるので、メインストーリーと密接に絡むことは考えにくい。

・「究極の選択」が「闇の約束」の後塵を拝して2番目。ゴッド・ベイビーがDA2のストーリーに絡んでくるという者たちにとっては「闇の約束」が重要なプロットであるという主張を補強することになる。だが他の2つのパターンではベイビーは存在しないので主要なプロットと絡み合うことはないだろう。

・フェラルデン玉座の全てのパターンがカヴァーされている(ヒューマンノーブル主人公が結婚するかどうかのパターンは考慮しない)ので、フェラルデンの統治者が誰かはプロットにはあまり影響しないだろう。フェラルデンのありようは多少は違っているだろうが。DA2でフェラルデン統治者が登場するなら、その役割は全て互換するだろう。

・ローゲインが登場しないのは確実。「殉職者」で仮に生存しているとしても、噂が聴かれる程度で、オーレイからカークウォールまで出張ることはないだろうし、ホークと出会うことは不可能ではないが可能性は薄い。

・個別のクエストについては触れられていない。サークル・タワー、レッドクリフ、デーリッシュ、オーザマー。これらの選択結果ももまたDA2に与える影響は小さいだろう。

 ただし、ファイル・インポートによってあらゆるパターンを持ち込むことができることは銘記されたい。

 基本的には、これらのOriginsから持ち込まれる要素がDA2に影響を与えることはあるだろうが、そのヴァリエーションがあまりに広いことから、どれもクリティカルなものではないだろう。アーチディーモンが成敗されたこと、ザ・マザーが死んだこと、モリガンがエルーヴィアンを用いて旅立ったことなど、全てのパターンに共通する事柄は、DA2のプロットに大きな影響を与えるかもしれない。

 だが例え大きな影響がないのであっても、はじめてDAをプレイするプレイヤーにも、セーヴファイルを消してしまったプレイヤーにもなんらかの選択肢があるに越したことはない。

********

 継続性(コンティニュイティ)はオタクの大好物だそうですが、この程度盛り込まれれば御の字ではないでしょうか。
 常に意識しなければならないのは(前作をやっていない)途中参加のプレイヤーたちであることも、この継続性をあまり正面に打ち出せない理由ですよね。
 カジュアル対策ってわけじゃないでしょうけど。

 昔だったら、「1からやれカス」で終わりだったのでしょうが、今は口が裂けてもそんなことはいえない。

 DA:Oのエンディングパターンの膨大な数は、元々続編のプロットにつなげることを放棄していたわけでしょうし。

 ストーリーテリングCRPGとしての売り、私だけの物語、「マイストーリー」をプレイヤーに提供するにはパターンが多くなければいけないが、意味のある継続性のためにはその数は絞らなければならない。さじ加減の難しそうな話です。

« 【DA2】ベスとカーヴァー | トップページ | 【DA2】無言の主人公の是非。 »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/38211166

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】これこそネタバレ。:

« 【DA2】ベスとカーヴァー | トップページ | 【DA2】無言の主人公の是非。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31