フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【DA2】The Escapistプレヴュー(4) | トップページ | 【DA2】ディープロード »

2010年12月23日 (木)

【DA2】アライメント(お遊び)

 思い返せば、DA:Oのキャラクターのアライメント(善・悪と混沌・秩序の組み合わせ)のお遊びをやったことがなかった。
 あれ、やったかな? ME2のクルーはやったはず。 

 BioWareのスタッフが、RPGのNPC創造時にこのアライメントを念頭におかないなんてことは断じてないはずだ。DnD(などのTRPG)オタク集団に違いないから。
 そして少なくともME2のキャラにはハッキリそれとわかるような性格づけがなされていると感じられる。9つの組み合わせに満遍なく散らばるように意図的に設定したのではないかとまで思えるのです。

 ME2のはどこかに書いたはずなんだが・・・。これか。

   L        N       C 

G  サマラ   ジェイコブ    ギャレス
   タリ              カスミ  

N  グラント  リージョン   ミランダ 
                   モルディン 

E  テイン    ザイード    ジャック
                   (隠しキャラ)

L:ローフル、秩序、N:ニュートラル、中立、C:ケイオティック、混沌  
G:グッド、善、N:ニュートラル、中立、E:イーヴィル、悪

 中立ってのはどっちかてと「無差別」、「無選好」て意味なんですけどね。

 パラゴン・レネゲイド軸は、グッド・イーヴィル軸とは関係なく、ローフル・ケイオティック軸に似ていますね。

 カスミちゃんは大盗賊なのにグッドなの?とか、ジャックがケイオティック・イーヴィルってのはどうなんだとか色々揺らぎはありますが、大体こんな感じに見事に散らばる。まあ、確かに隠しキャラ以外のイーヴィルに割り当てられたお三方、果たして本当にイーヴィルかってのは意見わかれるかもしれません。
 一応、アサシン(テイン)、やくざ(ザイード)、破壊衝動もち(ジャック)なんでね。

 イルーシヴ・マンも入れるとするとやっぱケイオティック・ニュートラルかな。「目的のためなら手段を選ばない」はミランダ、モルディンとも共通点ですね。

 さて、MEはこういうふうに明らかに意図的に設定されたと主張できるんですが、DA:Oのキャラでこれやろうとすると重大な障害がある。
 イーヴィルキャラが見当たらないんですよ。
 Awakeningのコンパニオンまで含めてみます。レリアナはレリアナDLCを前、Origins本編を後としています。

   L          N            C 

G  アリスター    レリアナ(後)     オーグレン
   ウィン                   ナサニエル  
   ジャスティス                   

N  ステン       シェイル        モリガン  
   (隠しキャラ)   マバリ         レリアナ(前)
   シグルーン    ヴェラナ        ゼヴラン
                          アンダース
                                                   

E   -         -           -

 

 ゼヴランはアサシンだからイーヴィルじゃないの?
 うーん。そこは確かに突っ込まれると弱いところ。MEではテインがイーヴィルだもんねえ。ゼヴランは物心ついたときにはすでにそういう訓練を受けていたから違うといっても、テインもそうだしなあ・・・。
 一方でモリガンとシェイルがイーヴィルであるという説には賛同しません。この人たちはまだまだ善悪のなんたるかがわかっていない(わかろうとしていない)のだ。中立でいいでしょう。
 しいてイーヴィルキャラをあげるとすればフレメスか。ただし彼女(女だとして!)の真意はまだ何もわかっていない。

 隠しキャラは典型的ローフル・ニュートラルですね。お国を守りたいという一心で、良かれと思って結果メチャクチャなことをやらかす能吏タイプ。実はこういうタイプが一番怖いんですよね。大義名分があるだけに逆らいにくいのだ。
 一方でローフル・ニュートラルにはサムライ的な面もありますね。ステンはME2グラントと似ている。武勇のみが規範・行動指針であり、すべてはそれに従う。
 シグルーンは難しいが、リージョン・オヴ・ザ・デッドの掟に縛られているところからここにしてみた。

 ジャスティスだけは間違いなくローフル・グッドといえます。あとマバリは動物だからトゥルー・ニュートラル(真なる中立)でシェイルも赤ん坊みたいなもんだろうと考えればここでいい。森のエルフ・メイジであるヴェラナもドルイド的だと思えばここでいいかな。

 DLCレリアナはケイオティック・ニュートラルでいいでしょう。Originsのレリアナはチャントリーの教えを受けたといっても、彼女なりの表面上のポーズだと考えたいので、ローフル・グッドではないと思う。

 なお、アリスター、レリアナは主人公の応対によって、甘ちゃんだった性格から、うたれ強い性格に変わることがあります。その場合は右に一マスずれていく感じでしょうか。

 簡単にいうとチャントリー系キャラがローフル・グッド方面に寄っていて、チャントリーの枠組みから漏れちゃう連中が大抵ケイオティック・ニュートラルに行ってしまうという結果になっちゃった。

 そうか、このようにすっきりしないから過去記事に書いていなかったんですね、ということが今わかりました。

 DA2のコンパニオンはまだ全貌が明らかになってませんが、公表された情報だけでいうとこんな感じ。

   L          N            C 

G  アヴェリン                 ヴァリック

N  フェンリス    ベス、カーヴァー    イザベラ
                            

 善悪方面の情報が不足しているのであくまで仮置きです。  
 ホークの妹弟の性格は、おそらく主人公ホークの性格づけの影響を受けて色々変わってくるんでしょう。そう思って初期値は真なる中立にしてみた。

 ME2はサーベラスというモラル的に非常に怪しげな組織が中心の物語だったので、イーヴィルなキャラでもその戦闘の才能だけをみて採用されたと解釈できる。
 DA:Oのグレイ・ウォーデンも打倒アーチディーモンが唯一の目的で、才能のみが重要視され善悪のモラル規範などは存在しません。ですが、あくまで王国防衛という全体善の物語ですから、イーヴィル・キャラはなじまなかったのかもしれない。
 DA2はホークの立身出世物語だとすれば、そんな縛りは無用ですね。もしかしたら本当にイーヴィルと呼べるようなコンパニオンが登場するのかもしれません。

« 【DA2】The Escapistプレヴュー(4) | トップページ | 【DA2】ディープロード »

Dragon Age II」カテゴリの記事

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

アライメントによって違う人を殺す理由って感じのテキストを
前に読んですごく気に入ったんだけど、
今探してみようとしたら見当たらないんですよね。

ばにさん覚えてる?

LG→法律に反してるから殺す。
CG→殺したほうが世のためになるから殺す。
LE→魔王が殺せといってるから殺す。
CE→殺せば世界が滅亡するから殺す。
CN→とりあえず殺したほうが楽しそうだから殺す。

みたいなやつ。うろ覚えだけど。
とりあえずCNはオチ要員なのはガチですよね。

 ああ、DDOの時のDnD関係の話ですか?
 そのものずばりは忘れちゃいましたねぇ。
 ほぼそれであってるんじゃないでしょうか・・・。

 CEは、とにかくおれが殺したいから殺す、のかな。後先はきっと関係ないですね。
 NEは、おれが得するから? 女(男)に唆されたから?
 NGは、義理と人情の板ばさみ?
 TN(トゥルー・ニュートラル)は、クジラやイルカのほうが日本人より大事だから。環境が人間に優先するから。
 
 他にも過去ブログでアライメントのお遊びがあったような記憶がありますが探してもみあたらない。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/38180625

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】アライメント(お遊び):

« 【DA2】The Escapistプレヴュー(4) | トップページ | 【DA2】ディープロード »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31