フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« New Vegas 好評。 | トップページ | BioWare 次世代ゲームは「コールド・アイアン」かな? »

2010年11月16日 (火)

New Vegas ヴォラーレ!

 ネタにする画像もほとんど撮っていないのですが、日本語版も出てからそれなりに時間が経過してるし、そろそろ核心的なネタでもいいかな。
(ネタ切れだと基準も平気でぐいぐい曲げるのね、とか言われそうだが)

 まだ進行ぼちぼちな人の驚きが減殺されるといけないので「続きを読む」の下に。
 大型軍用メカ登場二題。ぴんと来ない人はまだ読まないほうがいいかも。





 あのマスコミ大騒ぎの話とはぜんぜん関係なくて、「You Tubeありがとう!」というネタから。

 「自分は世界各国語を流暢に使い分けるが英語だけが苦手」、というのは筒井先生の往年のジョークですが、私は英語以外はからっきしダメだ。もちろん英語もまだまだだが。

 Volare !

 クエスト名称ですが、イタリア語ですかね?
 (日本語版のクエスト名がいちいち日本語になってるとは思えない、そんなもんニュアンスまで全部は訳せないやろうと思ってるので、「ヴォラーレ!」で通じるかな?)
 うんうん唸っても出てきませんな。そもそもそっち系インプットがないのだから。

 あーっ、この歌かぁ! とYou Tubeの映像で一発でわかった。
 ディーン・マーチンも歌ってるようだが、見つけたのはオリジナルのイタリア男性の歌声の映像だった。

 http://www.youtube.com/watch?v=Z-DVi0ugelc

 そういえば、作中のザ・キングはどっちかってとディーン・マーチンに似てるなw。

 直訳で「飛べ!」ですが、100%ラヴソングだろうからフライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン的意味なんでしょう、きっと。心も体も舞い上がっちゃうよ、みたいな?

 「飛べ!」で思い出すのは(ガンダムじゃねえよ)、映画「レッド・オクトーヴァーを追え!」の米海軍攻撃型潜水艦ダラスのあのくだりですな。

"Come on, Big D. Fly ! "

 艦長不在でも米海軍の副長はレベル高いぞ、という隠しネタでもあり・・・、あ、余談が長すぎる? 失礼。でもいつものことじゃんw。

 正直に告白すると、重たいパワードスーツを着て、ハアハア息切れしてたこともあり、また激しい戦闘時に視野が狭くなる癖もちなので、実は一回目のクライマックスではすっかり見逃していた。
 クリアして、エンディングロール(全部の意味はわからないが非常にくだらないネタ満載で、とてつもなく長いw)を眺めていて、「あれ、そういえばブーマーどうなった?」と気がついた。
 (もっと言えば、その下に書く二つ目のネタについてもリージョンの突撃で目の前がアドレナリンで真っ赤になってたので意味がつかめていなかった)

 ゼッタイ出てくるはずだと思い、撮影のためやり直し。

Screenshot247_2
 やっぱ来やがった。

Screenshot248_2
 リージョンの頭上にバラバラ爆弾投下してるシーンは撮り切れなかった。

 もうひとつも軍用メカネタ。

 For Auld Lang Syne

 こちらもクエスト名はよくわからない。ラテン語の得意なフォロワーのものだけにラテン語かと思ったが"for"があるな? 
 諦めて調べた。

 ラテン語ではなかった。Auld Scots(old Scottish、スコットランド古語)だそうだ。意味は?

"For Old Times Sake"

 「古き良き思い出」、「昔のよしみ」

 書いてるだけでジーンとなるw。

Screenshot245_2
 前にも書きましたが、やっぱ今のところ私の一押しのクエストだ。

 この話はほんとに好きだ。
 ジャック・ヒギンスとかあそこらへんのミリタリー系ハード・ボイルドにも通じてるようでもあり、「逆襲のシャア」のノリもあり、前作のエンクレーヴの役回り、そして今作での不遇な位置づけなどを考えると、かなり深い味わいのあるエピソードだと思う。言っちゃ悪いが大人向けだなw。 
 ぶっちゃけ、シルべスター・スタローンが有名アクション男優一杯集めて映画撮るのとメンタリティは一緒ですね。

 ただ、リージョンの本拠に突っ込むときに「人喰いジョンソン」しか付いてこなかったのが悲しかった。皆が揃うまで入り口で待ってないといけないんだろうねw。
 実は最初は「なんでパワードスーツの味方一人だけくっついてきたんだろう?」くらいにしか思わなかったのですが。

 書き忘れた。
 そういえば、冒頭のくだり(あれも非常にいいっすね、「ゲームは始まる前から終わってたんだよ!」みたいなセリフだったかな)以外でカットシーンというのはおそらく使ってませんね?
 世のRPG(に限らずヴィデオゲーム)では当然カットシーンでじゃじゃーんと登場してもおかしくない場面だが。さりげなく登場するところもかっこいいな(結局New Vegasならなんでもいいんだろw)。

(追加:さらに思い出した。以前IGNの記事で「"Half-life 2"などの名作FPSはゲーム内で決して一人称視点を外さない」ことを意図的に行っており、"Dead Space"などもそれに追随している。その基準をしっかり守ることがプレイヤーをゲームワールドに没入させるため大事なことだ、という説を読んでいたし、このブログにも書いた。
 カットシーン過多の弊害排除みたいな話もあってFFXIIIのスクエニとか耳が痛そうだねw)

 "From where you're kneeling, it must seem like an 18-carat string of bad luck. But the truth is... the game was rigged from the start."

 ああ、冒頭のセリフは「ゲームは最初からイカサマだったんだよ!」なのか。さすがヴェガスw。

 日本語吹き替えでどうなってるのか、とても見たくなるな。You Tube探すかw。

« New Vegas 好評。 | トップページ | BioWare 次世代ゲームは「コールド・アイアン」かな? »

Fallout: New Vegas」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/37692087

この記事へのトラックバック一覧です: New Vegas ヴォラーレ!:

« New Vegas 好評。 | トップページ | BioWare 次世代ゲームは「コールド・アイアン」かな? »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31