フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« Morrigan Version 15 | トップページ | Two Worlds、やっぱNew Vegasの域には達してなかった。 »

2010年11月28日 (日)

【DA2】マーケティングがへたくそなのは昔から。

 ユーロゲーマーのインタヴューにディヴェロプメント・マネージャーのロビンさんが出ている。

 http://www.eurogamer.net/videos/dev-roars-about-dragon-age-2?size=hd

 Robin Theberge さん、Development Managerというと聞こえがいいけど、いわゆるプロマネ、進行責任者だと思う。彼女が具体的にクリエイティヴなことをしているわけではないだろう。

 http://social.bioware.com/forum/1/topic/141/index/5327432

 フォーラムの話題はここ。OPが「DAのファンは大人なんだから、ロビンさんが出たからといって、Mass Effectファンのお子ちゃまたちみたいに大騒ぎして長大なスレッドにしちゃだめだよ」と釘を刺しているのが笑える。

 マネージャーが可愛らしいのはあちらではごく普通のこと。顧客や部下との説得や折衝にはカリスマ・チェックが本当にあるからね。セールス・レプも美男美女に越したことはない。

 それはともかく、「このインタヴューには中身がない」という批判めいたコメントが多い。「ボタンを押すたび何かどえらいことが起きる」とか「将軍のように作戦を練り、スパルタ人のように戦え」などのフレーズがあまりにひどい、マーケティングがお粗末(lousy)すぎるというもの。

"You press a button - something awesome happens!"
"Think like a general, but fight like a Spartan."

 どちらもリード・デザイナーがずっと力説してきたこと。
 問題は、社内開発者たちをアジテート、インスパイアするために編み出された仕事上のスローガンがそのままむき出しで市場に出てしまうことか。コピーライターの考え出したスマートなものではない。

 元々カナダの田舎会社。マーケティングはずっと下手くそでしたよ。そういうのはパブリッシャーであり親会社のEAがやるんだと思ってた。
 かつてのパブリッシャーであるAtariは資金繰りがやばかったこともあり、DDOのTurbineにまで「広告宣伝に関する契約上の責務を履行してない」と訴えられるようなところだったから、イメージ作りなどのPRはBioWareが自前でやる世界が染み付いちゃったのかな。

 "Mass Effect"のコピーも"Fight for the Future"だったからひどさに違いはないという声もある。

 トレイラー・ムーヴィー作らせたら上手なのにねえ。
 でもヴィデオゲームの世界で、キャッチ・コピーはどこが上手なんだ?というと、これもあまり思いつかないですね。
 Fallout みたいに"War, war never changes..."というような代名詞的コピーが生まれたのも、オリジナル作中のモノローグからですし、元ネタもいくつもありそうだし。 

 映像が簡単に入手できちゃうわけだから、単文のコピーなんかで売る時代じゃないのかもね。"Halo: Reach"トレイラーなんてクォリティは映画。

http://www.gametrailers.com/video/the-battle-halo-reach/702316

 日本だって人のこといえない。Black Opsの日本語版CFは安室さんの楽曲がガイジンどもに賛否両論だが、コピーは垂れ流しでひどい。

http://www.gametrailers.com/video/japanese-dance-call-of/707470

 "Fallout: New Vegas" の日本のCFは例のあれだし。

 そういえば、これは特にひどいと思った。

http://www.4gamer.net/games/124/G012454/20101124110/

 JRPGだろうがオールドスクールだろうがなんでもいいが、資金が限られている世界、頭の悪い人たちは貴重なリソースを浪費しないですっ込んでいて欲しい。

 JRPGヘイター問題をこういう風に利用して、全く関係のない自己都合の塊の販売方針を押しとうそうとしてるだけだ。そこが特に腹が立つ。
 そしてそういうところを平気で担いでる大手も頭使ってなさ加減がすごい。

 こういうのは何マーケティングというのだろう。開き直りマーケティング?
 イや違う。開き直りマーケティングというのは吉野家のようにアメリカ産と心中するつもりでやることを言うんだろう。あの一途さはバカだなあと思うが、少なくともやりたいことは誰が見てもハッキリわかる。一種畏敬の念まで感じる。
 ヴィデオゲームなんかやめちまって、飲食店かなんかやれよ。

 こういうのはファルコムあたりが宣言してようやくOKでしょう。そんな下品な言説は弄しないと思うけど。
 
 こうやってJRPGをじわじわ殺すんだろうな。ほんとに何も考えてないから。
 スクエニあたりがだらしないからこういうのがはびこるんだ。頭使ってる連中はみな縮こまってしまって。

 ああ、年寄りの繰言になってるな。やめよう。

« Morrigan Version 15 | トップページ | Two Worlds、やっぱNew Vegasの域には達してなかった。 »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/37873417

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】マーケティングがへたくそなのは昔から。:

« Morrigan Version 15 | トップページ | Two Worlds、やっぱNew Vegasの域には達してなかった。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31