フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« ArcaniA: Gothic 4 | トップページ | FFF »

2010年10月 6日 (水)

レネゲイド国家

 大ブッシュだったか小ブッシュだったかどの米政権が造語したか忘れましたが「ローグ国家」というのがありました。

 "Medal of Honor"があれなのに、これはいいのか"Homefront"。

 http://xbox360.ign.com/articles/112/1125245p1.html

 クラシックDnDファンはじめRPGファンがたまに"thief"(盗賊、盗人)と勘違いしてしまうけど、"rogue"はずっと広い意味で、日本語ではおそらく一言にならない。と思っていたら「小沢一郎は・・・」なる書籍で西部先生が「ゴロツキ」という言葉を再確認させてくれたので、これはいけるかもと思った。
 それまでは偉大なる大新聞様の当てはめどおり「ならず者」かなあ、個人的には「渡世人」、「風来坊」の意味合いも感じられるんだけどなあ、とあまりしっくりこない気がしていました。

 でも、「ならず者」は職業不定、おそらく高い確率で住所も不定の無頼漢、放蕩者を指し、そして放蕩者とゴロツキは非常に近い意味があるそうなので、結局いいのか。

 ぶっちゃけ、DnDのジェネリックな「冒険者たち」、Adventurersてのも良く考えたら住所不定無職だw。ん、まあ、クレリックとかパラディンは一応職業はあるのか。ウィザードは個人経営だったり組織人だったり?w

 「ならず者」といえば、The Eagles、とか言ってるとこのBlogのいつもの中途半端に古臭いネタがはじまるかと鼻白まれることを覚悟しなければなりませんがw、この原題が"Desperado"。
 やっぱ元々はメキシコの言葉、すなわちスパニッシュなのでしょうか。
 こちらも意味は無法者、ならず者だそうなので、やはり住所不定無職のイメージ。
 西部劇でいう、さすらいのガンマンってことっすね。

 もちろん「デスペラード」といえば、ロドリゲス・バンデラスの、今でも一部熱烈なコアファンが存在する名作映画。
 その後のロドリゲス映画があそこからなかなか上に出てこないのがちょっち悲しい。強いてあげればやはりバンデラスの知名度を借りた"Spy Kids"くらいか。わりと真顔で書いてます。"Sin City"? うむむむ。悪くないけど万人受けは難しいよね。

 ME2では、DnDゆかりの善悪、秩序混沌のアライメント(組み合わせ)の代替品として、"paragon"と"renegade"が用いられた。

 シェパード艦長は結局銀河系を救う、あるいは(まだ結末を見ていないのでw)救うことを意図しており、かつ、その動機も経済的満足や個人的快楽などではなく、献身なり博愛なり、なんかそういう高尚な発想なんでしょうから、(少なくともあの物語世界の中の善悪の範疇でいえば)どう転んでも「善」でしょう。
 兵士としての責務というのは、シェパードの場合ちと軽すぎると思う。それだと「秩序にして中立」だから。

 "paragon"は「模範」あるいはその体現者、"renegade"は、「無法者」でOKでしょうか。DnDの軸でいう「秩序」と「混沌」の軸をだいたい踏襲している。善悪の軸が無意味(善に固定)なので、そういう取り扱いになったのでしょう。

 過去記事でも触れましたが、ご承知のとおりシェパードのレネゲイド値があがると、顔がだんだん怖くなってくる。ラザレス・プロジェクトで再生されたはずの顔面も傷(縫合部? 接合部?)がモロにむき出しになり、目はターミネーター(T800)ばりに赤目になる。

17790
 いたいけな少年少女の遊ぶゲームの主人公の顔じゃないな。もちろんM(Mature)指定、おとな向け作品です。

18131
 極限までは怖くてみていないが、これでも十分やりすぎじゃないかとも思うくらいの造形。
どうしてもいやなら高い費用で整形手術を受けることができる。

18420
 あたしはここでギヴアップ。全面的に整形した。いくらなんでもフェム・シェパード、これ以上は見るに忍びないw。

 リアル・レネゲイドって小沢君の顔なんだ、と最近の新聞の写真を見てるとそう思う。撮影技術も進歩して今は赤目にこそならないが。あれに比べりゃ他の政治家は、せいぜいヴォラス程度の小物。
 エクリプスのアサリほどドスの利いた悪党すらいない。
 そもそも政治家って職業不定ですから、ごろつきであることはビルドインされている。住所すら不定とも言い切れちゃうか。

 ああ、表題のレネゲイド国家って北とか大陸とか勘違いされてません?

 もちろん日本のことですよ。

 もう法も正義も存在しない。

 「超法規的措置」ってのは、圧政に我慢ならなくなった国民がやるもの。"Appeal to Heaven"。それを「革命」に置き換える人が多いけど、ちょっと違うと思うが。
 ただし、これを国家権力がやると、そのまま無法国家です。

 検察ってのは国家の暴力装置。刑事裁判てのは検察、その独善、すなわち国家権力を裁くもの。間違っても被告を裁くんじゃない。推定無罪ってのはそういうことじゃないんだっけ。
 そのくらい誰か書いてるかな、偉大なる大新聞さま。
 検察審議会なるものに不平たらたらの某政党幹部もそのくらいのことをまくし立てるなら少しは話を聴こうかと思うが、あまりに幼稚すぎる。

 そういうと組合に怒られそうだが、労働組合以下の発想でもって抗弁する某官房長官殿も「刑事訴訟法では刑事事件捜査は密行性がいろはのい」といって海保のビデオ公開を渋ってるそうだが、すみません、もし間違ってたら教えていただきたいのですが、刑事訴訟法によれば死刑執行は法務大臣の責務じゃなかったでしたっけ? それは「いろは」でいうと、どのあたり?

 でも、そういった今まで見て見ぬフリしてきた汚物が一斉に噴出してきたあたり、日本はまだまだツイてるかもしれない、とも思います。検察が正義とか、キムタクがやってるうちは笑って観てられたが、もうそろそろヤバかった。
 少なくとも掃除が必要なことは皆わかったわけだから。

 遅くなりましたが、それら法と正義の薀蓄も含め色々楽しく読ませていただいた小室直樹先生に合掌。

 冒頭の話題に戻ると。

 "Red Dawn"という映画は日本でも上映されたし、たまにテレビでもやっていたと記憶しているので、ご存知の方も多いかもしれない。アメリカ本土にロシアが侵攻するというお話。普通にハイスクールに通っていたティーネージャーたちが救国のレジスタンスとして戦う。

 あれ観たときには、「やっぱアメリカ本土に他国が侵攻するなんて、100%ファンタジーだなあ、リアリティがヌル値だもんなあ」とあっけにとられた(ハワイ等太平洋の領土は除く、9/11事件なんかのずっと前)。

 名作との呼び声の高いRTS"World of Conflict"で、個人的に思い入れのあるSeattle(しかもゲーム発売時にはとっくになくなっていたKingdomeがまだ健在な時代)にやはりロシアが侵攻するって設定にも、Seattle近郊の佇まいが迫真的に再現されていたにも係わらず、「やっぱリアリティはないな」と少し引いた。

 リアリティに欠けてるからお咎めナシなんでしょうね。

 うーん、生臭い話はやっぱ書いていても面白くないな・・・。失礼しました。

 

« ArcaniA: Gothic 4 | トップページ | FFF »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/37100175

この記事へのトラックバック一覧です: レネゲイド国家:

« ArcaniA: Gothic 4 | トップページ | FFF »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31