フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(5) | トップページ | 【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(7) »

2010年9月15日 (水)

【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(6)

 少しはBlogの生産性を改善しました。 

 世の中はFFXIVで盛り上がっていることでしょうか。
 ベンチがあれな私は、というかまあ、最初からMMOはいいや。





 

ヴァシーアとの対決、パラゴン編。
レネゲイド編とかぶってるところは大抵省略。

18724
「マリアナ、心配するな、無事に救い出す」

18726
「そいつはうれしいね。じゃあ、そのまま立ち去りな。惨劇を見たくないだろ?」

18731
「マリアナの坊やが母親なしで育つなんてお望みなのかい、シェパード。サーマル・クリップを捨てな!パワー・セルもだ!

よっしゃパラゴン選択肢。
ええっ、「必要なら撃つ!」なのか。
ワイルドの飛葉ちゃんか?!(いつも古くて済みません)

18732_2
「ご注文は以上で?」
(正しくは「言いたいことはそれだけ?」ですねw)

「あんだと?」

18735 
「ヴァシーア、おれはデスティニー・アセッションを救うため、何百ものヒューマンの命を犠牲にした。
 ラクナイも銀河に放出した」

18739
「悪いが、俺が人質を撃てずに躊躇ってると思ったら、大間違いだ!」

18757
「ハッタリかましてんじゃねえ!」

18760

18761

18746

18768
 パラゴン+17。
 このシェパードは、もうメーター振り切ってるんであまり意味はないのかな?

18771
 リアラのエンハンスト・スタシスが見事に利きすぎます。ハードコア難易度なのにただのハメゲーになってしまった・・・。
 レベル30カンスト・シェパードだから? Wiki によれば、有効だがここまで最強とは書いていない。

 ちなみに、よもや使えるのではと持ち込んだ火炎放射器はさっぱりだったw。
(味方の中をこんだけ動き回る敵にフレアガンとか、リアル世界だとちょっと頭のおかしい人だけどね)

18772
「スペクターは、無辜の市民と一緒にビルを爆破したりしない!」

18773
「いや、やるよ。あたしらが汚れ仕事を引き受けて、カウンシルのお手てはキレイなまま。
 たしかに連中も自分の良心をなだめたいから、こっちのやり口にはブツブツ言うだろうが、どのみち詳しく調べるもんか」

「そんなことより、お前はサーベラスだ。テロリストのお友達がなにやらかしてきたか知ってるんだろ?」
「何者で何をして来たか知ってるが、そんなことは関係ない」

18777
「いや、関係あるね。あたしを非難する気かい? 鏡で自分の顔をのぞいてごらんよ。サーベラスは子供をバイオティックのデス・キャンプに送り込んだ。へっ! アクーズのお前たちの拠点の話だよ!」

18780
「お前も奴等の一味だ。あたしを、あたしを非難するなんて・・・」


 同じセリフでも、気分で訳が変わるのが超訳です。まあ、大体二回目のほうが出来がいい気がするけど、自己満足でしょう。

 でも、レネゲイド・シェパードのときはMEのサブ・ミッション「カホク提督の死」についても触れていたのに、パラゴン・シェパード編では割愛されている。
 なんかMEで対応違えたっけ? (調査不能)

 もしかして、あんなサブ・ミッションひとつひとつのセリフの対応データまで、コンティニュィティとし て持ち込まれてるのか・・・。
 デスティニー・アセッションの運命とか、ラクナイ・クイーンの結末とかは持ち込まれるだろうなと思ったが、ここまで細かいものまで事前に計画していたとしたら・・・。

 すごすぎるが、それは違うと信じたい。この場面のセリフの選択を変えたからかな?

 以下、見逃していたパラゴン・チェック。

 前回レネゲイド・シェパードだから出なかった、ということではなく、ヴァシーア戦で疲弊しきってたから見逃したのでしょう。
 パラゴン・シェパードではラブロマンスの会話が出ていないかもしれないので、またレネゲイドでやり直さないといけないんですが。
 ヴァシーア戦はじまってから、ずっとセーヴさせてくれんのだよ・・・。

 ここは、「うまくいけばシャドウブロウカーの手先が私たちの脱出に気がつく頃には手遅れになっている」のリアラのセリフの際のパラゴン・チェック。

18782
「それはちょっと薄情過ぎないか。奴等は無辜の市民を殺したんだぞ」

18783_2
「意味はわかるでしょう」

18785
「いや、わからんね。俺がトレードセンターで墜落したとき、君は後ろを一瞥もせず、ヴァシーアを追って走り去った」

18787
「あなたがあんな程度で死ぬもんですか。ヴァシーアを見逃したくなかった。合理的な心を失わず決断しなければならなかった。セカットにしたように」

18790
「あれはヴァシーアのせいだ。君のせいじゃない」
「セカットは自分が何に巻き込まれているのかさえ知らなかった。私がデータ欲しさに彼を辛い目にあわせた。私が彼を殺したのよ。でも、必要ならまたやるわ」

18791
「でもここからは話は簡単。フェロンを助けて、さっさと片付けましょう」

18793
「そして邪魔するものは皆殺しよ」

18795 
「それだけ?」
 ここでパラゴン・チェック。

18825
「ちょっと待てよ。これから数光年ジャンプする。その前に話す時間はあるはずだ」

18826
「なにを?」

18827
「君は変わっちまったよ、リアラ」

18828
「何を話せばいいの、シェパード? あなたを喪った嘆き悲しみでも? フェロンが捕まったことに罪の意識を感じるとでも?」

18832
「私は過ちを犯した。仲間を喪った。あなたを取り戻すため頑張ったけど、フェロンも同じように救いたいのよ!」

18835
「フェロンを助け出したらじっくりお話できるわ。それまでの間、観光気分に浸ってたりしたら、あたしたち二人の命を救った彼を愚弄することなのよ」

18836
「わかった、行こう」

************

 この別人ぶり・・・。BioWareゲームでは、決まって「女性が」こうした豹変ぶりを発揮しますね。
 リアラは厳密には「女性」ではないが、ここだけはそうしておいてください。

 "Baldur's Gate" シリーズでは、ジャヘイラさんはじめ、私のお気に入りであるリディア嬢などが顕著。
 "Neverwinter Nights"では、もちろんアリベス。その他の女性コンパニオンもそれぞれ変わっていく。
 "Dragon Age: Origins"ではレリアナがそう。モリガンは・・・。最後には多少変わったかなー。
  
 一方、男性キャラは情けないくらい変わらない。変わりようがない。

 なんだか、女性は多面的で、男性は単細胞という発想が根底に息づいているような気がします。
 それが事実かどうかは各人のお考えによるw。

 ここまできたら、ロマンス編、もう一回頑張ってみます。

(追加)

 ラブロマンスの会話、出ることは出るが、「今はそれどころじゃないわ」って感じで、進展はない。
 画像まとめたらここに追加します。

 

« 【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(5) | トップページ | 【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(7) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/36757591

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(6):

« 【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(5) | トップページ | 【ME2】レア・オヴ・ザ・シャドウブロウカー(7) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31