フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« ゲイダー氏インタヴュー(4完) | トップページ | フォールアウト:ニュー・ベガス、喪われた記憶 »

2010年9月 3日 (金)

DO:A モリガンDLCコンパニオン二人目。

 メイジ・コンパニオン。

http://dragonage.bioware.com/dao/witch_hunt/

 Finn、フィン。

Finn
 フェラルデンのサークル・オヴ・メジャイの若きメイジ。自称サークルの最も優れた言語学者にして、古代テヴィンターの歴史に誰よりも通暁している者。同僚によれば、タワーの暗い書庫に引きこもり、その中で過ごす本の虫にして隠遁者。
 フィンは冒険者と呼ぶにはもっともそぐわない存在・・・。だが、彼のアカデミックな専門知識こそが、彼を図書館から追いたて、確実な死から自身を救う術はアーケインの力しかない危険な冒険に引きずり込むことになるのであった。

 なぜ追い立てられたのか、ウォーデンがオーダー以外の者を強制連行するわけないんで、問題起こしちゃったんだろうか。それともグレイ・ウォーデンにリクルートされちゃう?(ありえないな)

 あと、案の定もう一・・・あ、数詞もやばいかな。マバリがいるけど省略。

 DA:Oの最近のDLC、レリアナ、ハーヴェスター、モリガン。いずれもコンパニオンでセリフをしゃべるのは2人だけ(レリアナのコンパニオンはのべ3人だが)。
 ストーリーに関連したNPCのセリフもいるわけで、確かにたかだか1、2時間のDLCで、4人パーティー全員のセリフ(レリアナ以外は主人公ウォーデンですが)つけるのは大変なだけじゃなく、多すぎて冗長ってのはあるでしょう。
(3人から4人になると相互の絡み、掛け合いの組み合わせが3C2=3通り、4C2=6通りに増えるのかな?)

 でもなんとなく手抜きの気もする。

 マバリはやっぱあのツラつきがどうも・・・。日本人ならやっぱ柴(おっと)とか、混血だが東北地方の日本海側の県の名前のやつとかがいいなあ。

 実はヒューマノイドではないが故の重要な役周りがあるんでしょうけどね。

 Koko
 お前はなんで忌み言葉なんてあるんじゃ、と不信がられてもあれなんで、ココログの編集画面ではこういう画面が見えるのですという証拠。

 最初の映画はいいとして、その右がずーーーーーっと居座って消えないの。興味ないの。なんとかしてw。

« ゲイダー氏インタヴュー(4完) | トップページ | フォールアウト:ニュー・ベガス、喪われた記憶 »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/36520343

この記事へのトラックバック一覧です: DO:A モリガンDLCコンパニオン二人目。:

« ゲイダー氏インタヴュー(4完) | トップページ | フォールアウト:ニュー・ベガス、喪われた記憶 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31