フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« DA:O ウィッチ・ハント(4) | トップページ | DA:O ウィッチ・ハント(6) »

2010年9月13日 (月)

DA:O ウィッチ・ハント(5)

 いうなれば、DnDの「パーティ」というのは、深いダンジョンの奥底に隠されているという謎を解くため、謎の解明ができる手段を有してる唯一のメンバー、スペル・キャスター(大抵はウィザード)を安全に護送するために組まれるってことだそうだ。
 ファイターたちはつまり用心棒。ウィザードから見れば壁。塹壕の埋め草。
 ローグさんは罠をはずす。宝箱からメンバーの報酬となる宝物をゲットする。
 主役はスペル・キャスター。

 MMORPGでタンクがもてはやされる(確かに一番面倒な仕事かもしれない)ことに個人的に違和感があるのも、こういうことが頭に入っちゃってるからなんですが。
 ちまちまスペル撃ってるのはそもそもウィザードじゃないしね。

 本当に強力なスペルキャスターなら涼しい顔をして単身どこでも(リアル世界に限らず)行けるんじゃないか。
 DiabloなどアクションRPGのスペルキャスターはそういうことでしょう。壁が必要ならファミリアでもなんでも召喚しちまえばいいと。 

 いやDnD世界でのウィザードはいくら生まれつきなんとかと紙一重くらい利口でも、頭が割れるほど勉強しないといけないので、基本は貧弱で病弱。肉体は実験で用いたスペル自体で蝕まれちゃったりもしてる。
 というところが、このDLCのフィン君と同様、大学の研究者のイメージそのものを借用してるわけですが、なんとなくリアリティがあるかな、ということで納得されていたわけですね。

 「天は二物を与えず」という凡人のすがる仮説(どう考えても真実であるわけがないですし、それをファンタジー世界に持ち込んじゃってるのもどうかと思うが)も根底にあるか。

 じゃあ学窓で研究を続けたりしていないスペル・キャスター、モリガンなどのウィッチ、ドルイド、ソーサラーはどうなのよ、ということですが、どう考えてもそこらへんがエクササイズとかシェイプアップとかしているわけがないでしょう。そもそも、魔法が使えるんだからメタボ管理とかそういうのが必要ないのだ。

 筋骨隆々で武装も扱えるスペルキャスターってのは、身も蓋もなくてどうなんかね?
 ハリポタに出てくる連中も、みな健康優良児すぎるしね(そうでもなくなってくるんだけど)。
 というのが、いわゆるオールド・スクール派がアクションRPGを小ばかにする理由でもあるんでしょうが。
 それいっちゃったら、ウルティマ最終章とか、モロウィンド、オブリビアンなど、ソロCRPG全否定になっちゃうけどねー。
 





Screenshot20100909214304608
 ガラスの破片はエルフの遺跡。

Screenshot20100909214314698
 アラーサンの光は、カダッシュ・タイグ。

 どちらを先にやってもかまわない。このDLC、バグのせいでもう3回もやってるんだ、信じろ。
 私はガラスの破片から。

Screenshot20100909212957911
 うっそうとしたブレシリアンの森の中を右往左往させてくれるのかと思ったら、あっさり遺跡についてしまう。

Screenshot20100909213118260
 いやな予感が的中する。ダンジョンはデーリッシュ・エルフのオリジン編とまったく同じつくりだ。

Screenshot20100909213158537
 一応戦闘があったという記録を残しておく。

Screenshot20100909213209746
 まさかフィンだけ、スペルの射程を特別延ばしたわけじゃないんだろうが、Origins/Awakeningのほかのメイジたちに比べると、いつも立ち位置があまりに遠いw。彼だけアルゴリズム触ったかな?

Screenshot20100909213228542
「このエルフたちは死ぬまで相当ひどい病気で苦しんでいたんだわ・・・。イル・アベラス、レサリン・・・」

Screenshot20100909213234410
「ま、まさか伝染ったりしないよね?!」

Screenshot20100909213358898
 アルファ・シュライクは珍しい。

 シュライクはエルフのブラッドマザーから生まれる。だがハーロック(ヒューマン)、ゲンロック(ドワーフ)とあまりにかけ離れた姿に、本当に「種」も一緒なのかとびびらざるをえない。
 エルフとエッチは可能なんですが、そういえばハーフエルフは登場していないかな?

Screenshot20100909213545614
 やはりフィンの位置は遠すぎますね。

Screenshot20100909213623431
 「アラーサンの嘆き」なるロングボウを拾っておきましょう。
 Origins/Awakeningで同名のロングボウがインヴェントリーにはいってるはずです。

Screenshot20100909214044168
 遺跡の最深部、見えてきました。

Screenshot20100909214055223
 ガラスの破片、シャードがいくつも落ちている。
 モリガンも同じことをやっているのだから、この世にひとつのものでは具合が悪いのです。

Screenshot20100909214106750_2
 これがかのエルヴィアンのひとつだなんて、まだ信じられない。壮大で、そして壊れている。んー、ほとんど壊れている。

Screenshot20100909214123821
 まだ、アラーサンの光が必要だ。カダッシュ・タイグに急ごう。

 うーん、占いのパーツを見つけるのがこんな簡単なので、後半はすごいクライマックスがあるのではと期待していたんだよね、この頃は。

 しかもデーリッシュ・エルフ・オリジンのくだりは全く本編で触れられない。
 トレイラーにはダンカンまで登場したのにねえ。

« DA:O ウィッチ・ハント(4) | トップページ | DA:O ウィッチ・ハント(6) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/36689860

この記事へのトラックバック一覧です: DA:O ウィッチ・ハント(5):

« DA:O ウィッチ・ハント(4) | トップページ | DA:O ウィッチ・ハント(6) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31