フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 悪役ネタさらに。 | トップページ | 木星にでも行ってたんだろうか。 »

2010年8月 9日 (月)

東京から

 今年は国民読書年間だそうですが、読書の年間にいかなる意味があるかは良く知りませんけど。
 夏だから読書ということではなくて(むしろ日本の場合もっとも読書に向かない季節ですよねえw)、新聞・雑誌その他で「この夏は・・・」と大々的に取り上げるから、自然と目に入ると言い訳しておこう。

 書名は、

 「東京から 現代アメリカ映画談義 イーストウッド、スピルバーグ、タランティーノ」

 だそうで。
 ながっ!という以前に、どうも本当の書名らしい「東京から」が泣けますね。

 東京でどれだけ何をいくら日本語でほざいても、ハリウッドに一切関係ないわけですから。
 いや東京を貶めているわけではなく、ハリウッドは(なんとアメリカ合衆国内を含む)世界中の個別事情をすべて全部無視してるわけですからね。

 映画会社のロウヤーだけは気にして、内容も防衛的な意味で事前検閲するし、コメンタリーなどでは必ず「発言は作者・演者の個人的見解であり、会社として一切関知もしなければ法的な責任を取る気もない」という告知を出しますが。

 アメリカ合衆国内も無視(捨象)されている証拠のひとつに、注意して見ていると、どこでもいいような都市を描きたい場合、ワシントン州のシアトルである場合が異常に多い。
 サン・フランシスコじゃダメなんですね。あまりに特徴がありすぎるから。LAは論外(あんな都市は地上に一個しかない)。ハリウッドから一番近くて「あまり強烈な印象を有していない典型的な都会」ということでシアトルなんでしょう。
 もちろんニューヨークの話を描きたいならNYを使う、シカゴじゃなくちゃ成立しない話ならそこで撮るんだろうけど、むしろそういう話は全世界に売ろうとはあまり思ってないでしょうね。

 早速注文しよう。

 実は産経新聞の書評(自体は面白くない)で、この本の対談者たちがスピルバーグの「宇宙戦争」を名作としてあげていることに興味がわいたのです。"War of the Worlds"(2005)、なぜ世界が複数形かというとそれは「二つの世界」の間の戦争だからですよね。
 余談ですが"The World Is Not Enough"(1999)も素敵な題名だと思ってましたが(映画は別)、イギリス英語(小説)はこうやってシレッと超素敵な題名をつけたりしてくれますね。これ自体は原作者イアン・フレミングの命名ではないですが、フレミングが007小説のなかでボンド一族のモットーとして用いたラテン語のフレーズの英訳だそうです。
 フレミングに限れば、"You Live Only Twice"(1967)、"Live and Let Die"(1973)、"A View to a Kill"(1985)などはまるで俳句のような簡潔にして洒脱の妙がありますね。特に一個目などは芭蕉の俳句が元である事実をわかって言ってるわけだけど。
 
 いったい、あの映画のどこを褒めているのか、非常に気になる。
 いくら贔屓目に見ても・・・、ないなあ。

 あ、一箇所あった。
 映画後半、(ネタバレしてもいいよね。言っちゃ悪いが「宇宙戦争」の筋を知らない方が悪いんだから)、もう例の侵略マシン(トライポッズ)どもが機能不全に陥ってしばらくしてから。映画前半で奴等の防御シールドにまったく歯が立たず相手にならなかった州兵の生き残り分隊が、ジャベリン(注)数発をブチかまして見事に撃破するシーンですか。
 いや、もうあのマシンどもはいずれ機能停止するのわかってるんだから、(ジャベリンは目視しなければロックオンできないので)わざわざ危険を冒して攻撃などせず放置すればええやん、と思ったけどやっぱり撃破の瞬間には泣けたw。
 カタストロフィーってやつですかねえ。 

(注)FGM-148対戦車ミサイル 

 もうちょっとストライクゾーンを広めに取ると、デヴィッド・リンチやテレンス・マリックなら褒めやすいが、上の書名に出てくる三名がいかに褒めにくいかを語っているようなので、そこに注目ですかね。
 
 ぶっちゃけ「お子ちゃまにもわかりやすくて儲かる映画は相手にされない、ダメなんだよねー」という結論だったら怒るけどね。

 まあ、批評家の対談なんて読む時間あったら、お三方の映画でも見直したほうが有益かもしれませんね。夏こそは映画にぴったりな季節ですから。

« 悪役ネタさらに。 | トップページ | 木星にでも行ってたんだろうか。 »

ムービー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/36087850

この記事へのトラックバック一覧です: 東京から:

« 悪役ネタさらに。 | トップページ | 木星にでも行ってたんだろうか。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31