フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その18) | トップページ | Dungeon Siege 3 クリックの覇者復権なるか。 »

2010年7月25日 (日)

SDCC オール・スターとホール・オヴ・フェイム

 SDCCはあくまでコミックコンなんで、アメコミにあまり(いや正直に言いましょう、ほとんど)興味のない私にとっては、ゲーム関係のニュースの発掘がちょっと大変。

http://corp.ign.com/articles/110/1107676p1.html

 映画"The Expendables"、「使い捨て兵士たち」という題名とは180度裏腹に、殺しても死なないような役者ばかりが出るのはどうなのw。
 スタローンはもう好きでやってるんだろうから、こっちも微笑みしか浮かばない。iTuneなどのプレヴューで観るとちょい役が皆オールスター級のものすごいメンツなのだけど、きっとほとんどギャラ払ってない。OB会というか、シニアクラブみたいなもんでしょうね。
 この人は業界でもてるんだろうなあ。

 IGNはどういうつもりでスタローンを初代アクションヒーロー名誉殿堂入り(ホール・オヴ・フェイム、HoF)に選んだのか知らないけど、個人的には「クリフハンガー」あたりで完全に(アクションで何が悪い?)と吹っ切れた感じの彼はよかったなあ。初代かどうか知らないがHoFであることは文句なし。州知事とか市長とかになってないのも評価のポイントかなw。あっちのふたりこそ真っ先に入ると思うんだが。

http://pc.ign.com/articles/110/1107985p1.html

Kingdomofamalurreckoning_pc_boxte_2 

 実はこの記事はビッグネームそろい踏みという共通点が隠しテーマだったりもしますが、(まさにそれに当てはまる)"Street Fighter X Tekken"、"Marvel Vs. Capcom 3"とかは(すみません興味ないんで)ちょっとパスして、本命のネタはこちら。

 このチームはなんかすごい。いわゆる「勝利の方程式、勝ちパターン」、「王道RPGのオールスター・ゲーム」、「読売ジャイアンツ方式」ってやつです。

 R.A. Salvatoreは知る人ぞ知る、DnDの・・・、んーまあ、著名なノヴェライズ作家。
 Todd McFarlaneはカナダ人の人気コミック作家で"Spawn"が特に著名。
 さらに"The Elder Scroll:Morrowind"、その続編"Oblivion"の開発者Ken Rolston(ここまではこの人が表面に出ることはなかったので無名でしたが)
 そしてあのBig Huge Games (なぜかIGNのページではBig Head Gamesになってるんだが・・・)。
 最後にCurt Schilling という方は・・・、HoF。いや、ほんとに正真正銘の。大リーグの。2001のワールド・シリーズのMVP(アリゾナ・バックス時代)だ。ボソックス時代にも2004、2007と二度チャンピオンになっている。(注:HoFは正確には2013年選出まで資格がないが、成績からワールドシリーズの出場回数などから間違いないでしょう)

 この人は大リーグの有名ピッチャーなのに、あの不朽の名作ウォーゲーム"Advanced Squad Leader"などのマニアであることはその筋では有名。趣味が高じて引退後はゲーミング産業に参加したいと、MMORPGなどを開発する会社に支援をしたりしてるはず。

 このゲーム、"Kingdoms of Amalur: Reckoning"のリリースは2011年の後半といいますが、勝ちゲームは確定なのでしょうか?!

 まさにオールスター級を揃えたところで、非常にやばい香りはしますよね。
 パブリッシャーも、あのEAだし。
 みな自分の得意分野に限らず、人の領域まで色々口出ししたいんだそうだ。
 RPG分野がにぎやかになるのはありがたいですが。

 多額な開発投資で壮大な失敗とかされるとジャンルの死期早まるんですが!
 デモ・ムービーは、ご覧になればお分かりのように劣化したBiowareトレーラーだ。
 まだこれからなんでしょうね・・・。期待しないで待ってます。

**********

 あと、個人的にはこれは書いておかないとっ。

 ケイト・ベッキンゼールの「アンダーワールド」4作目?!
 つかあの監督と結婚しちゃったんじゃないの。でもって3作目夫婦で(監督と主演)サボったじゃん。

http://movies.ign.com/articles/110/1108237p1.html

 4作目にやる気満々かあ。ケイトさん、だいぶ露出してたから、実はお金に困ってたのでしょうか。だんだんキム・ベイシンジャーみたいになっちゃうんじゃないでしょうね。
 あの歩き方とか俳優とは思えないくらい最悪で、どう考えても大根なんだが(もちろんケイトさんのほう)、なんか観ちゃうんだよね。不思議な魅力があるのかもしれない。

 (追加)

http://movies.ign.com/articles/110/1108330p1.html

 デル・トロさんも"The Hobbit"の監督を追い出されたのか嫌気が指したのかしりませんが、だいぶ元気になったみたいでよかった。
 Imdbの彼の企画一覧を見てると、賑やか過ぎて、むしろこっちを早くやってくれ見たいなのが多い。ここで省略したものも、世界の終末をただ見守る子供の話とか・・・、英国TVシリーズのリメイクのエスパーものとか、まあ彼らしいというものばかり。

 ヴァン・ヘルシング
 フランケンシュタイン
 ジキル&ハイド
 ザ・ウィッチズ
 ピノッキオ 
 ドルード(あの「ハイペリオン」のダン・シモンズ原作で、ディケンズの遺筆の謎を解く内容だそうです。邦訳はまだない?)
 ジ・オーファネイジ(孤児院、2007作品の自己プロデュースのリメイク??)

 このほか、ヴォネガットの「スローターハウス5」のリメイクってのもあるはずです。

 って、よく見たら、この最初の3つがひとつの映画になったのがあのケイト・ベッキンゼールさん大活躍(笑)の「ヴァン・ヘルシング」(2004)なんすけどね! このリスト、あっちの監督のソマーズに喧嘩売ってるみたいになってるなあw。

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その18) | トップページ | Dungeon Siege 3 クリックの覇者復権なるか。 »

ゲーム」カテゴリの記事

ムービー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/35894430

この記事へのトラックバック一覧です: SDCC オール・スターとホール・オヴ・フェイム:

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その18) | トップページ | Dungeon Siege 3 クリックの覇者復権なるか。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31