フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【DO:A】Leliana's Song 【コンパニオンその1】 | トップページ | これはほんとーにお願いします。 »

2010年7月 2日 (金)

ぐーぐー、あ、ごめん、それであなた誰でしたっけ?

 FFXIVとか、まずプレイする暇さえないだろうけど、ベータだけは申し込んでしまいましょう。当たらないでしょうけどねー。

 (↑ あほだった。とっくの昔に登録していたようだ・・・。)

 ゲーム本体の話ではなく、このビデオのコメントが面白かった。

http://e3.gamespot.com/video/6267526/

 相変わらず音を出せる環境にはなく、しかも今回はイヤホンもはばかられるのだがやっぱり聞いちゃった(聞くなよw)、タナカさんが英語スピーチで内容紹介をしていることが、色々言われている。タナカさんが原稿を読んでいる前提での話し。真実かどうか知らないけど。残り1分は本人が英語でお話になっているのでしょう。

 日本人の英語は日本人には非常にわかりやすいというのはどうやら真実で、もっというとノンネイティヴの英語はノンネイティヴには割とわかりやすい。母国語が似ていればさらにその確率は高く、例えば日本人には韓国人の英語はあらかた通じちゃったりすることが多い。ヴァイスヴァーサ。以前照会したNewsweekの記事にも、日本で極東向けビジネスを担当していたIBMかどこかの偉い人が同様のことを言っていると書いていた。
 ところがネイティヴ、しかもアメリカンにはこれは通じない。

 英語で直接話しかけたことを、「チャレンジング?だ、お前ら日本語で原稿読め言われたらどうする?」と好感するか、「書き物読んでるわりには、何言ってるかぜんぜんわからん」と思うか。
 「彼は(FFXIVには)字幕つきで出るのか?」とか、ベタなアメリカンジョークはおいておいて、

 「笑わない? ヒゲもそらない? 新聞紙の寝床から引きずり出したのか? ソニーなにやってんだ」
 「今まで見たことない最悪の広報だな」
 「この広報の人、(髪型と目つきから)昨日は相当エピックな夜を過ごした見たいんだよ?」
 「ヌーブどもうるさいだまれ。彼は広報じゃねえ、開発者本人だっ!」

 とか、受けるw。いくら日本の会社でも英語広報にこれはないよw。

 タナカさんは、過去にもFFXIVの紹介ビデオに何度か出ていたのですが(そのときは日本語で話していました)、どうせ日本人の顔なんて見分けつかんだろうし、大抵の人はコジマとミヤモトくらいしか知らんのでしょう。

 開発責任者がベータリリース前にすっきりした顔してたら、それは開発責任者じゃない。そこまで言えないだろうけど、これは妙に受けました。

 ゲーム内容的には、私なんかより皆さんのほうがよっぽどご存知でしょう。英語のビデオ観て国産ゲームを日本語で論じるなど、愚の骨頂みたいなことはいたしません。

« 【DO:A】Leliana's Song 【コンパニオンその1】 | トップページ | これはほんとーにお願いします。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/35611381

この記事へのトラックバック一覧です: ぐーぐー、あ、ごめん、それであなた誰でしたっけ?:

« 【DO:A】Leliana's Song 【コンパニオンその1】 | トップページ | これはほんとーにお願いします。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31