フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その5) | トップページ | 【DA:O】レリアナズ・ソング(その6) »

2010年7月 8日 (木)

Good News, Bad News

 Kotakuの記事によって、DA2がいよいよ正式発表か?!という話題で全世界のコアかつニッチなRPGファンが盛り上がっているところですが、IGNも追い記事を載せていた。
 Kotakuの記事自体をリファーしてることから、中身はあまり変わらない。

http://pc.ign.com/articles/110/1104626p1.html

"EA Confirms Dragon Age 2"

 いよいよ明日、何かがおきると思ってよいのかも!

 だが、好事魔多し(いや、あなた、そのことわざは使い方違ってると思うよ?)。

 その記事の関連記事リストにある、これを私はスポットしてしまった・・・。

 http://pc.ign.com/articles/110/1104002p1.html

"Low Sales Kill Alpha Protocol Sequel"

Alpha Protocol is one and done.

 だろうなあ。
 SEGAの偉い人のコメント。

「純粋に商売上の話をしよう。期待通りの売り上げを上げられなかった。故にシークエルはない」

「コンセプトは素晴らしかった。だがメタクリティックで70後半から80前半がないと(成功とは呼べない)・・・、いや、RPGに限れば80後半はないといけないんだ」
 
 まだマーケティングとかよくわからない良い子のために申し添えますと、彼は「RPGのセグメントが比較的狭い」ということをおっしゃってるのです。アクションやシューターなら潜在顧客層(セグメント)が比較的広いのでスコア70台でも、セグメントの一部の人が買ってくれれば数ははけ、売り上げがたつ。

(前提条件は、メタスコアの点数と、誘引されて購買する顧客の数に正の相関がある、ということね。当然SEGAの偉い人ですから経験則的に統計値を持って吟味してるんでしょう。だってあっちはプロだもん)

(良く考えるとこれは循環論法じゃないのか、という疑問もわいたりするが、少し冷静なときに考えよう。ここではメタスコアと売り上げにコーズ・エフェクトがある、ということで)

 だが元々顧客層の狭いRPGは、そのセグメントの大多数のみんなが買わないと商売が成立しない(乱暴に言ってますけど、シューターなどのように取りこぼしが計算できないという意味)。そのためには80台後半くらいないと商売にならんのでしょう。

 (そういう目算でシューター並に開発費をかけちゃった、あなたたちが読みが甘いのでは、とかはじまると鶏卵論争になっちゃうけど、文句言ってもしょうがない。今はそういう世の中みたい)

 あるいはRPGで勝負すべき相手であるBiowareやBethesdaがハードルを無闇にあげちゃったというのも(80台後半がノルマという真意の裏に)あるでしょうね。ただし、それも潜在顧客の期待値に含まれますから、上段のセグメントの規模に基づく理屈の中に取り込めますけどね。

 さすがにリプレイする気も失せたなあ。PS3とPCと両方勝って売り上げに貢献したのに(苦笑)。
 
 マイケル・ソートン、安らかに眠れ。合掌。

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その5) | トップページ | 【DA:O】レリアナズ・ソング(その6) »

Alpha Protocol」カテゴリの記事

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/35682661

この記事へのトラックバック一覧です: Good News, Bad News:

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その5) | トップページ | 【DA:O】レリアナズ・ソング(その6) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31