フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« Dragon Age II  the realm of negative conjecture | トップページ | Dragon Age II  マップ・オヴ・セダス »

2010年7月19日 (月)

Dragon Age II  インフォーマー記事まとめの抜粋

 先の記事に関連して、有志の方がゲーム・インフォーマーの記事のまとめを公式に掲載してくれている。
 すでに既知となっている情報が多く、全部訳すのはリダンダントだし、疲れるので、気になる新し目のものだけ訳出。「続きを読む」の下。




 公式の記事はここ。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/141/index/3153437

"第一作でウォーデン主人公がなした決断は、シークエル(DA2)の物語に反映される。
 例えばフェラルデンを統治しているのは誰か、アーチデーモンを葬り去ったのは誰か。"

"プラットフォームの間でも決断を持ち込めるように考えている。第一作目をPC版、DA2をコンソール版で遊ぶとしても可能なように。"

"もしプレイヤーが前作をプレイしていなければ、DA2には(Originsの物語の)「正典」を用意する。"


 これらは、"Mass Effect 2"のプレイヤーなら皆さん体験済み。

 ME1の決断は、たしかに反映されているが、それ自体でME2の物語が大きく歪むことも激しく分岐することもない。例えばレックスがME2に出てこなくなっても、プレイスホルダー(不在の者の地位を代替する者)が登場し、多少カラフルな横道や変化はありますが、メインの物語は着々と進行する。

 プラットフォームの間での持ち込みも実はME2で解決されている。シェパード艦長が記憶喪失の状態でないことをテストするための質問をされるが、その答え自体がセーヴデータがない場合のME1の物語として引き継がれているはず。これも簡単にDA2で実装できますね。

 そして第一作目をプレイしてなければ、当然Biowareが考える正典を持ち込むでしょう。それが「闇の儀式」なのか「究極の犠牲」エンディングであるかどうか見ものではあるが。

"OriginsのキャラクターはDA2に登場するのか?"という問いに対し、"モリガンの物語があれで終わったわけじゃない。それだけはいえる"

 これもなあ・・・。モリガン本人出さなくても、フレメス出せば「関係あるでしょ」と抗弁つか強弁できちゃうしなあ。本人でなくちゃやだーっ!

"ストーリーのタイムスパンはホークの人生のうち10年間に及ぶ。今作の新しいフォーマットによって前作の物語構造とは違う世界が可能となる。イントロをプレイし、互いに関連しない複数の地域でクエストを完了し、最後のミッションに向かう、という構造である必要は、もうない。"

 これは(私を含む)多くの人が不満に感じていた点。ロザリングまでのイントロを終わたあと、4つの同盟探しの旅だけでは、物語を繰り返してプレイしているとどうしても単調になる。DLCで少しは味付けも可能だし、スッピンでやると勝てそうにないクエストに向かう前に十分なレベルアップもできるのだが、DLCはあくまでオマケなので判断に入れないほうがいい。
 構造的に親切でわかり易いつくりだけに、不意打ちの驚きや、変則プレイの余地は少なかった。
 (もちろん世の凡百のRPGなどと比べているのではなく、Biowareもうちょっとがんばれという意味で)

"ストーリーは、基本的にはヴァリックと呼ばれる男性ドワーフとチャントリーの女性シーカーの間の会話で形作られる。シーカーは、ホークの行動を理解することで、足下一触即発状態の戦争を回避できるのではないかと考えている。ヴァリックは気乗りしない様子で語り始める"

 うう、シーカーがカッサンドラだとすると(ほぼ既知)、彼女はホークのコンパニオンにはならない? ここでいう「ストーリーが会話で進むスキーム」が物語の前半、あるいはクライマックスの手前まで使われ、そこでヴァリック・カッサンドラの時間軸とホークについての回想の時間軸が一致して、カッサンドラもホークと共に戦う・・・。
 はいはい、牽強付会ってやつよね! わかってるって。でもフレメスがパーティーに参加するのに(未確認)、カッサンドラが参加しないなんて・・・あるかなあ。

 でもね、Biowareの過去の作品では何度かあるんすよ。
 "Neverwinter Nights"のパラディン、アリベス(女性エルフ)は当初狂言回しのような役割で、主人公たちとパーティーを組むことはない。そのエキスパンションである"Shadow of Undrentide"でも、冒頭登場して、どう考えてもパーティに参加する(ヘンチメンになる)と思ってたパラディン(女性ヒューマン)のミシュカ(Mishca)も・・・、そうならないんです。

 カッサンドラはチャントリーのインクィジターなので、いわば(オーラのない)パラディン。
 同じ役回りなんかなあ。そうだとすると残念だなあ。
 
 そんな、パラディン・フリークのお前しか気にしないちっちゃい話をいつまでもするんじゃない、先へ進め!

"Originsでは、パーティメンバーが主人公に嫌気したら立ち去ってしまい、ゲームとして一番有益なキャラクターがその後使えないという事態が発生する。この「メタ・ゲーム」的な問題はDA2には持ち込まれない。キャラクターが主人公の選択に賛同できなければ、異議を唱える。だがDA2では主人公はそのパーティ・メンバーをあからさまに非難することが可能となるだけではなく、前作では「好感度」があがらない限り獲得できなかったコンパニオンのコンバット・ボーナスを、(好感されていなくても)獲得することができる。"

 これは人それぞれ。今のところOriginsで極悪プレイをしていない、今後も一度したらいやになりそうな私にとっては、どうでもいいお話。Normalセッティングでやる限り、コンバットボーナスはほとんどゲームに関係ない。ある種、「ぼくはあくのきゃらくたーじゃないといやだ」とかいうDnDフリーク仕様、マッチョゲーマー仕様ですね。中二病仕様とまとめときましょう。

"Originsのアート・スタイルは、少しゴチャゴチャしていて、懲りすぎで、その割にはたぶんにジェネリック(特徴に欠けている)であったと反省している"

 このほかにもアート系の反省点は多く、「Originsの風変わりなスタイルは、厳粛な世界観にマッチしてなかった」などとある。

 これが、ポップアート系にシフトしてるかのようなコンセプトアートに反映されているのだろうか。"Mass Effect"はアート的にはあの世界観を表現するのにはかなり成功したと個人的に思いますし、そう目されている。過去のDnD系のBiowareゲームもポップ・アートで心地よかった。それが「主流」ゲーマーに受けるかどうかしらないが、一部アメコミ風味を取り込もうとしているのかもしれない。

"ウォーリアー、メイジ、ローグがアーキタイプであるのには意味があるが、Originsできちんと表現できていたのかどうかといわれるとわからない。ローグは単に軽い鎧を着た二刀流ウォーリアーでしかなかったかもしれない。今度はハッキリと役割を分けていきたい。(先の3クラスはそれぞれ)、手の付けられない重戦車(ジャガーノート)、しなやかな動きのスーパーニンジャ、そして野砲だ。"

 これも人それぞれだなあ。ただクラスに関していえることは、「主流」ゲーマーはMMOの世界じゃないが、もはや簡単に区別できるものじゃないと受け入れないだろうということ。ジャガーノート、スーパーニンジャ、フィールド・アーティレリィなんて、MMO用語のタンク、DPS、大砲のまんまじゃん。
 これは個人的には「悪」、「改悪」だと思ってますが、流れはもう変えられないでしょう。
 Originsのクラスはもうちょっと境界が曖昧でもよかったんじゃないか、マルチクラス的趣向があってもよかったのでは、というのがオールドスクールの意見ですが、一点豪華主義でないとキャラクターとして完成しないしそれがシステムとして奨励されている、例えばスペルソードがやりたければアーケイン・ウォーリアーしかない、とかビルド周りはかなり制限がきつい。
 「必要悪」だと納得するのは、コンソール機のコントローラーであまりに複雑なスキル(タレント)システムは難しいということ。マルタイ・プラットフォームで500万本売れないとDA3が出ないかもしれない(未確認)とすれば、甘受しますw。

"全体としてアビリティの数は減らすが、カスタマイズの余地を増やす"

 前半はコンソール機フレンドリーにするってことでしょうね。でも後半は?

"プレイヤーにもっと細かい選択の余地を与えたいと考えている。ファイヤーボールが本当に好きな人には、ファイヤーボールそのものをカスタマイズ・強化するようにさせたい。エンドゲームでは本当に使いたいスペルのようになってるようにね"

 「ファイヤーボールが本当に好きな人」
 はいはいはいっ! 私です!w 
 しかもメイジ二人でツインでぶっ放すのが大好きです!
 これはうれしいかもしれませぬw。

"PC版はOrigins同様、ストラテジックな趣を残すが、コンソール版はもっとPS3とX360の強みを生かしたものになるだろう。コンソール版はもっと早くてレスポンスがよいものになる。位置どりでモタモタして、動作が発動するまで待たなければならないようなことはもうない"  

 コンバットに関していえば、PC版もお世辞にも優れているわけではないんですが、コンソール版はプレイしていないのでわからない。
 今度は、コンバット周りだけで言えば異なる2種類(3種類)のゲームを作ると宣言しているわけですね。
 そういえば、X360では英語版もパッチやDLCは英語版入手できるのかな?
 PS3は英語でのDLCの入手は面倒すぎるのですが、X360で可能ならPC版と両方やってみようかと、お金の工面もしていないのにちょっと妄想。
 PC版にまた変なセキュリティを入れて日本でプレイできないとかなったら、エドモントンまで直接文句を言いに行きますw。エドモントンに住んだほうが早いとか、言わないで。

  

« Dragon Age II  the realm of negative conjecture | トップページ | Dragon Age II  マップ・オヴ・セダス »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/35800471

この記事へのトラックバック一覧です: Dragon Age II  インフォーマー記事まとめの抜粋:

« Dragon Age II  the realm of negative conjecture | トップページ | Dragon Age II  マップ・オヴ・セダス »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31