フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その16) | トップページ | Dragon Age II  インフォーマー記事まとめの抜粋 »

2010年7月18日 (日)

Dragon Age II  the realm of negative conjecture

 DA2関連、かつてのBiowareのやり口のようにそろそろ情報的に凪が来るかと思ったが、コンスタントにフォーラムで開発やPRが答え続けている・・・。
 最初に(ちょっとした)花火を打ち上げて、あとはダンマリという世界とは方針が変わってるのかもしれない。

 ビデオゲームの商品開発コストに占める広告宣伝費の割合なんて、読んだり聴いたりしているとめまいがしますよね。ものによってはほとんど広告宣伝費で開発費がないじゃないかと!  

 開発がフォーラムで答える程度は固定費なので何も変わらないw。でもそれじゃ、フォーラムに出入りするコアファン以外には拡がらない。
 
 ネタバレにならない範囲で書くと、ゲームインフォーマーの記事でも、DA2は「オールドスクール」でも、「何かのゲームのスピリチュアル・サクセッサー(精神的後継者)」でも、ましてやただの「シークエル」などでもなく、Dragon Ageの世界を単独で切り開いていくゲームになると力説されている。DA:Oのとき、あれだけ"Baldur's Gate"や"Neverwinter Nights"のネームブランド、さらには直截に出せないとはいえDungeons & Dragonsのイメージに頼っていたのとは、随分態度が違う。
  
 ところが一方で「ルーツ、過去のつながりを打ち切ることはしない」と・・・。

 人格分裂してないか?! 多重人格か(って誰か個人ではなくグループで答えているんだから、それは正しいんだが)。

 やっぱ300万本売り上げじゃ許されないくらいお金使うんだろうなあ。そうねえ、例えば500万本とか狙ってるんでしょうねえ。そうするとオールド・スクール派やローヤルなファンだけでは決して達成できないから、そっちは逃がさないようにして、新しいファン層を掘り起こして・・・。
 なんだか大変そうだね。でもそうしないとDA3もDA4も出てこないのないなら、黙ってますw。





 昨日(なのか本日だったか、私は連休で暦の感覚を喪ってますがw)、インフォーマーの壁紙の記事で、銀髪の女性メイジの壁紙の名称がFlemethとなってる件書いたはずですが、フォーラムでも当然気にする人が多く、ガイダーご本人が答えています。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/141/index/3151715&lf=8

"そう、フレメスだ。注意深く観ないといけないかもしれないけど、そんなに若い顔じゃないはずだよ。そしてコンセプトアートの姿がアンダーウェア・モデル(訳:なにも身につけない裸状態のモデル)よりやせ細っているんだけど、ゲーム内のモデルはその点では多少現実的なレベルになってる。
 そのうちゲーム内の画像をお見せすることができれば、ご自分たちの目でごらんいただけるだろう。"

 ああ、やっぱフレメスだったか。コンファームされてしまった。
 Dragon Ageの物語全体としてはもちろん、超重要人物であるのですが。
 ・・・おばあちゃんだよ? おばあちゃんなんて呼べないくらいもう何世代、何世紀、どれだけ生きてきたかわからない荒野の魔女だよ?

Screenshot20100719034655618
 フレメス、笑ろてます・・・。私のイマジネーションが足りないのでしょうか。このばあちゃんが、あの銀髪のメイジとか、なかなか納得できないんです。

 さらにメアリー・カーヴィーさん(別のライター)がフレメスのことについて、OriginsのおさらいとDA2での役割について語る。

"彼女は千年もの間生き続ける異形(アボミネーション)、シェイプシフター。伝説と、そして主人公がモリガンに渡したグリモア(呪術書)によれば、数多くの娘を手に入れるため、生身の男性を誘惑する。彼女の娘たちは男たちを恐怖のあまりに殺すことができると噂されている。彼女はセダクトレス(妖婦)でありハグ(鬼婆)。ウォーデンに対するときはハグの役割を前面に出す。「ああ、気にしないでおくれよ、ちょっと頭のおかしな年寄りの蝙蝠だけど、お前さんを救い出したんだよ! とっとと旅にお行き。でも、うちのモリガンを連れて行くんだよ! 心配しなさんな、何も困ることなんて起きないんだから・・・」
 でもウォーデンが彼女をハグだとみなしているからと言って、彼女がそれだけの存在であるわけではない。
 フレメスと対面するときのためのアドバイス。何一つ、自信を持ってはダメ。"

 セダクトレス(seductress)、「誘惑する女」じゃまともな訳になってないし、なかなか難しいんですが、もちろん日本にだって沢山いた。「妖婦毒婦」ってのがぴったりでしょうね。舟虫、とか懐かしいな。
 ハグ(hag)は「山姥」のイメージがかなり近いですが、あちらの鬼婆は山の中じゃなくて海沿い、湿地帯などにいるのが多いイメージがある。調べるとシー・ハグ(sea-hag)、「ポパイ」に登場する敵役のイメージが普遍的になってるみたい。またアイリッシュのバンシー(banshee)の派生系にミスト・ハグというのもいるから、やっぱ海や水のイメージがついてるのかな。
 バンシーも知らないとなると・・・、RPGとかプレイする前に本でも読んだら?
(あわわ、ご新規さんにつっけんどんにすると、DA2が500万本売れなくてDA3製作打ち切りになっちゃうよw)

 バンシーつながりでいえば、モリガン自体がアイリッシュの神話、伝承に由来するので、少しWikipediaを見てみましょう。

 "the Morrigan"とは、"phantom queen"、"great queen"などを意味し、アイリッシュの伝承によれば元は女神であった存在。しばしば烏の姿をとり、またウナギ、狼、牛などの姿で出没したことも伝えられる。一般にはジャーマンのヴァルキリー(ゲルマン神話のワールキューレ)に相当する戦争の女神と目されているが、牛の姿がコノートするように肥沃、富、土地の女神とも考えられる。物語には三柱の女神として現れることが多い。
 三柱の女神なのか、その三つの組み合わせで女神一柱と数えるのか知りませんが、例えば有名な「運命の三柱の女神」などは西欧の神話・伝承では普遍的な存在になっていますね。

 伝承では、ハグがモリガンのシェイプシフター、シェイプチェンジャーとしての能力を受けたとされているようですが、ゲーム内であまりその能力を使わないできた私などはバチがあたるかもしれない・・・。

**********

 リードデザイナー、マイク・レイドラー氏が、ゲームデータ・インポートについて語る。

"私たちの狙いは、OriginsとAwakeningの両方のプレイヤーの決断と情報をDA2に取り込もうというものだ。(中略) ゲームインフォーマーの記事がOriginsにしか触れていないから、君たちはAwakeningのすべての決断を一まとめにして、ゴミ捨てシューターに投げ捨てられ、ネガティヴ・コンジェクチュア(根暗な憶測)の国に永久に葬り去られると考えるわけだ。事実はそうではなく、私たちはAwakening、Leliana’s SongなどについてもOriginsを含むより大きな世界の一部分だと考えている。"

 Awakeningのデータもインポートするといっても、コーデックスの記載とか、セリフが多少変わる程度だと思いますけど・・・。それはそれで作るほうは大変でしょうけどね。
 例えば、本当にウォーデンズ・キープが破壊しつくされたのか、それとも最後まで防衛しきったのか、DA2のお話に直接重要な役割を与えるとは考えにくいんですよね。

 入り口で「ウォーデンの物語は終わった。ホークの物語が今始まる」と宣言しているのは、こうしたBiowareの「売り」であったデータ・インポートが逆に足かせとなって、破滅的な広がりを持たないようにする方便でもあるでしょうからね。

 しかし、ライター諸氏のみならずリードデザイナーまで出てくるとは。
 ゲームインフォーマーの記事がさぞミスリーディングだったということもあるのかw。

 あるいは方針として露出を増やそうということなんでしょうか。

 (the) realm of negative conjecture、ネガティヴ・コンジェクチュアの国とか、オールド・スクール、オールド・タイマーのこちらからするとバカ受けですが、こういうのが口開けてシューターの「主流派」から見ると「かっこつけやがって腹立つ」ともなるんでしょうけどね。あ、そういう連中はそもそも意味わかんないかw。

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その16) | トップページ | Dragon Age II  インフォーマー記事まとめの抜粋 »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

>ゴミ捨てシューターに投げ捨てられ、ネガティヴ・コンジェクチュア(根暗な憶測)の国に永久に葬り去られると考えるわけだ
多分ですがこの部分はシューターを持ち出しているわけではないと思います

むしろフォーラムで2の情報に否定的な反応をする事に終始している、以前からのDAOファンの人たちの事じゃないかと

「言ってもいない事まで含めて、何でもかんでも悲観的に見て楽しいの?変更点を後出しにしたらしたで文句言うんでしょ?」
というような内容ですね

 あ、すみません、わかりにくかったですね、意味はまったくおっしゃるとおりです。別段誤解はしてないんですが、ここを読んでいただく人がずっとこのBlogを続けて読んでいただいて、楽屋ネタを共有していただいていると勝手に前提を置いたのは間違いでした。

 「口開けてシューター」云々は、(このBlogでは)わざわざDA:Oのページに「お前たちは嫌いだ」と言いに来る人たちで、ちょうどこのときもGameSpotでDA:Oに1.0をつけている読者レヴューにたまたま私が腹を立てていたので唐突に出てしまいましたw。
 
 申し訳ないです。確かにぞんざいな書き方でした、シューター全部がどうのじゃないです。ただ、シューターをやるときは、だいたいいつも口開けて(よしなさいっ!)

 

 あー、そうか「シューター」であれですね、今読み返して気がつきました。
 「ゴミ捨てシューター」というのは原文は"the trash falls"(ゴミ捨て用の穴?)でした。超訳してしまった。しかも原文リンクも貼ってないという・・・。ちょっと反省中。

 http://social.bioware.com/forum/1/topic/141/index/3153797&lf=8

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/35798351

この記事へのトラックバック一覧です: Dragon Age II  the realm of negative conjecture:

« 【DA:O】レリアナズ・ソング(その16) | トップページ | Dragon Age II  インフォーマー記事まとめの抜粋 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31