フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« Dragon Age II  タイムライン(2) | トップページ | Dragon Age II アフタング! »

2010年7月15日 (木)

Dragon Age II  タイムライン(3)

 実は「年表」って、しごく日本的なものだという感じがします。
 日本の歴史書に必ず掲載されているような見やすい年表は、あちら(自信のある北米に限りましょう)ではあまりお目にかかれないと思う。理由はまったく、皆目わかりません。
 日本人は年表好きだと思うのは、何か事件があれば新聞にも年表(時系列でまとめた事件の関連イヴェントなど)が載らないことはないから、もあります。
 DA2のタイムラインも、年表というよりは出来事の記述の羅列であります。これですら、「伝統的」RPGの関係以外、あんまし見たことないんですよ・・・。





 

 

 オーレイの記述が多くなると、フランス語の発音が不確かな場合が多いので、カタカナ表記は暫定となります。耳で聴けたらいいんだけど。

**********

8:24 ブレスト・エイジ: 長く続いた退廃の時代を経て、オーレイの狂気の皇帝レヴィーレ(Reville) がフェラルデンに侵攻を開始し、ロザリングの戦いで支配権を獲得した。簒奪者メグレンがフェラルデンの王位に就き、正統な王の孫娘は、悪名高き「叛乱軍の女王」として抵抗活動に明け暮れていた。オリージャン帝国はこの侵攻によっていよいよ権勢を誇ったはずなのだが、それはレヴィーレの手によってあっという間に尽く浪費されてしまった。

8:99 ブレスト・エイジ: 悪名高きネヴァラのドラゴン・ハンターの手によって、ドラゴンは約三世紀前に絶滅したと考えられていたのだが、ハイ・ドラゴンがフロストバック山脈にて捕食のため暴れ回っているとの目撃が伝えられた。学者たちは恐るべき凶兆であると主張したが、チャントリーはオリージャン帝国の栄華を示す吉兆であると宣言し、次の年代をドラゴン・エイジと名付けることを決定した。一方、フェラルデンの叛乱軍は、これを自国の再起を顕すものであるとみなし、その三年後には、実際にオリージャンから支配権を奪還することに成功する。

9:21 ドラゴン・エイジ: テンプラー騎士団の手によって「大義のために」処刑された暴君ペリン・スレンホルド(Perrin Threnhold)の後任として、マーロウ・デュマー卿(Lord Marlowe Dumar)がカークウォールの新しい領主に任命される。だが多くの者にとって、スレンホルドの虐待と称されるものは、彼がテンプラー騎士団を排除しようとした試みへの逆襲のための方便であることは明らかであった。デュマーはテンプラーの容認を得て権力を手にしたといわれており、事実彼の統治下の時代において、カークウォールのテンプラーは過剰なまでの権勢を誇ったと見られている。彼らはセダス東部におけるチャントリーの中心となり、統治下のサークル・オヴ・メジャイは血も涙もない厳格な管理下におかれた。

9:30 ドラゴン・エイジ: アーチデーモン・アーサミエル(Urthemiel)が覚醒し、第五のブライトがフェラルデン南部で始まった。当初大惨事を招くと見られていた事態は、衝撃的な勝利で幕を閉じる。グレイ・ウォーデンの生き残りが、ダークスポーンを迎え撃つため王国中の結束を固め、デネリムの戦いでアーチデーモンを打ち破り、フェラルデンの英雄として賞賛された。第五のブライトは真に始まる前に食い止められ、セダス中が歓喜に包まれた。

**********

 DA2の物語の端緒は、この一番最後の"9:30 ドラゴン・エイジ"の時代あたりであるとのことです。

 ちなみに言い忘れましたが、9:30は、第九番目の年代(エイジ)の30年目という意味です。エイジはきっちり100年で終わるようですので、チャントリー暦830年目ということでしょうか。(1:01から始まったんで、830年目で合ってるかな?)

 カークウォールの物語では、直前の"9:21 ドラゴン・エイジ"のテンプラーの横暴ぶりが、DA2に直接関連してきそうですね。
 テンプラー騎士団は本来の仇敵であるはずのデーモンにはからきし弱いくせに、相変わらず弱い者いじめと権力闘争には余念がないようで、Origins同様ダメ騎士団ぶり丸出しです。

 インクィジター・カッサンドラという登場人物の名前が以前出ていましたが、このダメ・テンプラーの一員なんでしょうけど、盲目的にテンプラーの正義を信じているのだろうか。ホークの姉妹(まだどちらか不明)のメイジのべスとも面倒な絡みがありそうw。

 また、少し前の記述にはカークウォールが「奴隷商売の中継地」であったと書かれている。これもストーリーに絡んできそうですね。
 今のところエルフの登場人物は明らかになっていませんけど、コンパニオンには必ずいるでしょうから。
 DAのテンプラーはメイジ虐めは大好きだが、奴隷商売などは無関心。DnDパラディンのように奴隷商売と聴いただけで殴りこんで行って暴れまわる、ってことはないみたいです・・・。残念w。

 

« Dragon Age II  タイムライン(2) | トップページ | Dragon Age II アフタング! »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/35758579

この記事へのトラックバック一覧です: Dragon Age II  タイムライン(3):

« Dragon Age II  タイムライン(2) | トップページ | Dragon Age II アフタング! »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31