フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« Dragon Age II キャラクターモデリング | トップページ | 【DA:O】 新DLC"The Golems of Amgarrak"MMORPG記事 »

2010年7月29日 (木)

【DA:O】 新DLC"The Golems of Amgarrak"発表!

 どこが夏枯れなんだよ。ずっとネタ満載じゃないか。
 といってもDA2のほうは収束気味で、こちらDA:Oのネタ。

 DA:O新DLCに関する情報。
 題名は"The Golems of Amgarrak"「アムガーラックのゴーレム」?(発音はまたPodcastsでも聴いてから確認しますね)→トレイラーで聴きました。アムグラークに聞こえました。

 当然ながらディープロードが舞台のダンジョンクロウルもののようです。
 内容はもしかしたら本編のネタバレあるかもなので「続きを読む」の下に。

**********

 BiowareがDA:Oリリース当初宣言していたように、今後本当に「リリース(2009/11)から2年間はDA:Oフランチャイズをフォローしていくつもり」というなら、DA2のリリース(2011/1Q)以降も引き続きDLCなどをリリースすることになるのですが?

 ちょっとここで、過去のDLCのリリース日をメモ代わりに整理しておきます。

2009/10 "Dragon Age: Origins Character Creator"(第一作のキャラクター作成用、ボーナスアイテムあり)2009/11 "Dragon Age: Origins"(第一作本編、主人公はウォーデン)
2009/11 "Stone Prisoner"(DLC、主人公はウォーデン、第一作本編と同梱。2010/4まで無料、未使用なら現在でも無料使用可能)
2009/11 "Warden's Keep"(DLC、主人公はウォーデン、第一作と同時発売)
2009/11 "Blood Dragon Armor"(DLC、アーマー、"Mass Effect 2"購入者に対しギヴアウェイ(無料))
2010/1 "Return to Ostagar" (DLC、主人公はウォーデン、当初発売予定は2009/12)
2010/3 "Dragon Age: Origins - Awakening"(第一作のエキスパンション・パック、主人公はウォーデン、Originsからキャラクターインポート可能、新規作成可能)
2010/4 "Feastday gifts and Pranks" (DLC、エイプリールフール・アイテム)
2010/5 "Darkspawn Chronicles" (DLC、主人公はダークスポーン・ヴァンガード)
2010/7 "Leliana's Song" (DLC、主人公は第一作NPCのレリアナ)
2010/8 "The Golems of Amgarrak" (DLC、主人公はウォーデン、Origins/Awakeningからキャラクターインポート可能、新規作成可能)

 振り返れば、DLC一作一作のリリース前には「いったい、いつになったら出すんじゃい! こちとら待ちきれないんじゃい!」と叫んでいた記憶がありますが、まがりなりにも物語があるもの(上記リストで太字のもの)は、ほぼ2ヶ月に一回程度出していることになります。
 仮にこのペースで、DA:Oリリースから2年間保証となると、2011/11までにあと6乃至7本のDLCを出すということなんだろうか。まぢか? 
 それだったら一本くらいAwakeningに次ぐ第二のエキスパンション・パックがあってもバチあたらんべよ(限りないもの、それはファンの欲望)。

 でも、DA2のリリース後までDA:Oのおもりも続けてもらえるのはありがたいが、DA:OとDA2でフランチャイズ・ブランドのコンタミ(混同)(注1)の問題起きないの? カニバリズム(注2)はないの?
 これもまたEAのマーケ専攻MBAお得意の実験でしょかね?

(注1)ライフサイクルの問題

 ブランドのコンタミを恐れるよりも、むしろ製品世代間のライフスパン・マネジメントを細かくやろうとしてるのではないかしら?

 E3でソニーの偉い人が言ってましたが、まだまだ世界中ではPS3よりもPS2のほうが遊び続けられていて、プレイ時間の統計も長いそうだ。

*これ、さらっと書いてますけど、結構悲しくてきついテーマなんですよ。このBlogの賢明なる読者諸氏には釈迦に説法かもしらんけど、まだまだPS3(いいよ、X360でも、Wiiでも、PSPでも)を平気で買える層というのは、世界の中で多くを占めていない。BOP(ベース・オヴ・ピラミッド)っていうのが最近のマーケティングの流行言葉だそうだ。裕福・貧困のピラミッドの底辺がゲームをするわけはないが、私を含めたゲームなんていう(任天堂の山内さん曰く)「世界の発展にまったく意味のない」ものに勤しんでいる人は、いっちゃ悪いがピラミッドの上のほうだ。
*もちろん「違うだろー、PS2の膨大なライブラリを後方互換しなかったソニーの失策だ」とか「PS3に面白いソフトがない」とか、色々言うでしょうね、ファンボーイは。しかし3万円(イオンだと2万円?)の商品の購買を自由に選べる瞬間にもう立脚点間違ってるからね。だったらX360(でもWiiでもいいけど)が世界中で普通にPS2を凌駕していなければならない。
  
 ご承知のように、新作ゲームの売り上げは足元まったく振るわない。
 ところが、マルチプレイのFPSなど、ずいぶん前にリリースされた作品が未だにプレイ時間では上位を占めていたりする。
 購買者のほうがゲームに対する出費を控えてるという理由もあって、ゲームのライフスパンはどうも長くなっている傾向がある。ひとつのゲームを以前よりは比較的長く遊び続けるようだ、といわれています。
 MMOが(遊び手にとっては)まさにそういう動機で流行しているというのもあるでしょう。

 もちろん、「すべてのゲームで」ではないようで"Red Dead Redemption"などは高評価、高セールスなのになぜかあまり振るわない。このRDRはマルチプレイ(ありますけど)に軸足はさほど置いておらず、本質は「RPG要素満載」(苦笑)のシューターですから、コンテンツの枯渇は持続力を損なうのかもしれない。当然のようにDLCを引き続き出すようです。
 「伝統的RPG」(苦笑)の"Dragon Age: Origins"がその線を狙ってうまく行くかどうかもわからない。が、コンテンツはずっと増やしていかなければ、最初から成立しないですね。

 ブランドのコンタミとライフスパンについては、Atariの痛い教訓があります。前にも書いたかもしれませんが"Neverwinter Nights"がリリース後5年近く経過してもまだまだコミュニティMODやパーシステント・ワールド(PW)のマルチプレイで遊び続けられていたにも係わらず、パブリッシャーのAtariは"Neverwinter Nights 2"のリリースが近いからと、サポートからDLCの販売からバッサリ打ち切ってしまった。結果的にNwN2のリリースは(Obsidianですから!)遅れ、かつ初期版はバグが多くて使えないものであり、NwNコミュニティの怨嗟ばかりが残って、優れたモッダーや人気PWが、当初ほとんどNwN2に移行しなかったという事態を招いた。
 例えばこのように結構難しい話なんでしょうね。

(注2)カニバリズム

 カニバリズム。そのまんま「共食い」、マーケティングの場合自社製品同志の共食い。ブランドのコンタミが起きるとカニバリズムが起きるといわれてました。マクドナルド(McDonald's)が満を持して投入した新製品がバカ売れで皆で喜んでいたら、なんのこたない、マック(マクドのほうね、ややこしいなw)既存の類似商品の売り上げが同じだけ減っていたとか、伝説的なネタでいうとそういうやつ。
 「iPadの発売によって、Macの自社コンピュータとカニバリズムが起きるのではないか?」
 MacファンもアンタイMacも気にしてたようですが、今のところはMacの売り上げはむしろ上昇傾向で「カニバリズムはない」、「互いに類似していない」と認知されているということになります。

 あと、なぜかアクセスがやたら増えてるようなんだけど、夏休みでたまたま来ただけのお子ちゃまたち、勉強しといたほうがいいぞーw。ゲームは大人になってから好きなだけやればいいよ。
 今はゲームやネットは1日8時間にしなさい。やればできる!




 公式ページのほうでは、これだけの情報。

 http://dragonage.bioware.com/addon/

 まずリリース日は8月10日のようです(PC/PS3/X360)。Macは待ってねw。

**********

 おぞましいコンストラクトを創造しうる古代の秘密。その秘密を探索中に行方不明となったドワーフ探検家を救出するため、地下世界に踏み込め。

 君のウォーデンにもう一度、冒険に旅立ってもらおう。新しい土地で新しいキャラクターと出会い、今だかつて見たこともない化け者を倒せ。君の心をつかんで話さない新しいストーリーライン、チャレンジングなパズル、このDLCは見逃すべきじゃない!

・Origins/Awakeningの主人公をインポートしてもよし、または全く新しい高レベルのヒーローを生み出すこともできるぞっ!
・全く新しいおぞましい化け物たちと対決っ!
・メチャ強力なご褒美をもらえっ! もちろんOrigins/Awakeningにももち肝可能だっ!
・超ヴェテランの冒険者たちにとっても、手に汗握るような厳しい試練っ!

**********

 Joysiqの記事リンクも載せておきます。煽り文の翻訳で疲れたので訳は勘弁w。

 http://www.joystiq.com/2010/07/27/preview-dragon-age-golems-of-amgarrak-dlc/

« Dragon Age II キャラクターモデリング | トップページ | 【DA:O】 新DLC"The Golems of Amgarrak"MMORPG記事 »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/35930190

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA:O】 新DLC"The Golems of Amgarrak"発表!:

« Dragon Age II キャラクターモデリング | トップページ | 【DA:O】 新DLC"The Golems of Amgarrak"MMORPG記事 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31