フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« Tron 2010 | トップページ | 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その1) »

2010年5月18日 (火)

Halo RPG?

 コンソール・ファンボーイでも何でもないのですが、FFXIIIをやりたいがために、PS3(スリム版)を始めて入手した。一つのゲームだけではもったいないので、面白そうなものを見繕って遊んでいる程度。
 XBOX360に別に恨みはないが、X360のゲームはPCでも発売されることが多いので、まあいいかなと思っていた。
 よってX360のフラッグシップ・ゲームとも言える"Halo"シリーズはやったことがない。PC版もある昔のヴァージョンのデモを見たことがある程度(しかも、それは真正の"Halo"ではないらしい)。
 
 その"Halo"がRPGに進出か?というのが、今回のネタ。

 http://www.gamespot.com/news/6260947.html

 私はこれを恐れていたのだよ! 二重の意味で。
 
1.X360専用のRPGが出て、「これやらない奴はRPGを語る資格なし」となってしまうとすると、イヤでもX360を手に入れないといけなくなる。"Fable 3"だけならまだしも、"Halo"RPGまで出て、面白かったらどうしよう。いや、きっと面白いはずだ。そうに違いない。

 ところがこの記事をよく読んでいくと、ついに"Halo"(というか次のフランチャイズでは)X360専用をやめるようだ。

However, the studio has made it clear that the game will be available on "all platforms," meaning the developer is abandoning the Xbox exclusivity it has maintained since 2001. (The PC ports of Halo and Halo 2 were handled by other developers.)  The last game Bungie developed for a PlayStation platform was 2000's Oni.

 まずプラットフォーム問題については一安心。

2.記事によれば、進出を目指すジャンルはオリジナルの"Deus Ex"や"Mass Effect 2"の線、アクションRPGではないかとの憶測。

The fact Bungie's next title will have a branching plot indicates it could be an action role-playing game along the lines of Mass Effect 2 or the original Deus Ex.

 主筆(リードライター)を雇い、分岐するノンリニアな物語の体験"branching or nonlinear narrative experience." を特に意識して新しいゲーム世界"next game universe" を創造しはじめている。
 やべえ、さすが成功者。打つ手は間違わないわけですね・・・。
 先にご紹介したIGNのエッセイ、「ストーリーがあってこそゲーム云々」とも見事に同期しているこのメジャー開発者の動き。やはり間違いではないのか?

 面白いRPGがさらに生まれるなら、何を恐れることがあろうか。
 いや、少し前に「Biowareの強みは堅牢で、他社が簡単には脅かせない」と書いてしまったので、少しびびってるのであったw。それだけです。

 ただし、Biowareの強みで一つ言い忘れていたので、ここで修正させてもらいます。

 Biowareの「売り」、ユニーク・セリング・プロポジションは、
 ・分厚いシナリオ(エッチシーンと乾いた笑い含む)
 ・コテコテのロールプレイングとそれに必要な濃いキャラ
 ・悩ましいエシカル・ジレンマ
 ・オーソドックスだが「直感的な」コンバットシステム

 ここまでは前回書いたとおりですが、ひとつ書き忘れていた。

 ・今どき貴重な「パーティ制」 

 JRPGの世界では、FFXIIIをあげるまでもなく、「パーティ制」はごくごく普通に続いていますので、この場合は除外。洋物RPGでは、実は稀なものになりつつある。

 "Fallout 3"にはフォロワーというNPCは存在しましたが、基本は主人公のソロプレイといってよいでしょう。
 "Dragon Age: Origins"や"Mass Effect"シリーズは、主人公とNPCによる3,4人の「パーティ制」を守っている。
 "Fallout: New Vegas"では、ここら辺どうだったか書いてあったかどうかも失念してしまったが、きっとObsidianは「パーティ制」を持ち込むのではないか、と期待しているのです。(持ち込むけどまたしても実装がイマイチという不安も当然抱いているw)

 パーティ制にこだわるのは、D&D由来のゲームを懐かしむ、オールドスクール派のノスタルジィかもしれない。パーティ制の戦闘では小難しいAIが必要になるが、それが見事に決まる場合は稀なため、いちいち指示を出さないと使えない、ただのでく人形を連れて歩いてるだけじゃないか、という批判もあるでしょう。 

 それでもいいんです。やっぱパーティ制は欲しい。そのほうがなんとなく賑やかじゃないですか?
 "Halo"がその「パーティ制の」世界に行くとは思えないので、Biowareのこの面のユニークさは、まだ続くと予想します。
 でも、ちょっと寂しい気もしますね・・・。

« Tron 2010 | トップページ | 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その1) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34755487

この記事へのトラックバック一覧です: Halo RPG?:

« Tron 2010 | トップページ | 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その1) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31