フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その5) | トップページ | 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その6) »

2010年5月22日 (土)

【ME2】ケーシー・ハドソン・インタヴュー

"Mass Effect 2"リード・プロデューサー、Casey Hudson のインタヴュー。

http://www.videogamer.com/news/retrospective_reflecting_en_masse.html

 いちばん最後に、"Mass Effect 2"と"Mass Effect 3"の間を埋めるための、"a continued stream of DLC"を現在開発中との発言があります。

 6月リリースが発表されている"Overlord"がそれにあたるかどうかは不明ですが(たぶんあたらない?)、大方の予想では、マス・エフェクトのコミック("Redemption")でもその発端が取り上げられているリアラ対シャドウブローカーの暗闘編です。
 なにしろME2の自殺ミッションのスキームがあんなんで、クルーメンバー再登場はいたとしてもミランダ、ジェイコブになるのではないかと・・・。あとジョーカー、EDI。

 "Mass Effect 2"、Videogamers.comのレヴューでは10点満点だったそうです。
 だがどんなゲームも完璧というわけではない。ME2で狙い通りうまくいったこと、そうでもなかったことを語るというのが趣旨。

 このBlogでは、毎回言っててしつこいですけど、抄訳・超訳ありですのでご留意。
 とくにケーシーの喋りはくだけちゃてって、私には完訳は無理だw。

 ケーシーの好きなキャラがジャックには笑ってしまった。
 やっぱこういう人たちは普通の発想ではダメなんですよね。

 ME2のネタバレも入ってるでしょうから、「続きを読む」以降に。




Q:ME2の評価は素晴らしかったね。10点満点もいくつかあったようだし。開発チームはそれだけの評価を期待していた?

Casey Hudson(CH):メタスコアランキングのオールタイム2位タイじゃなかった?

Q:そこまで行けると思った?それについて感想は?

CH:事前にレヴューの評価なんてわかりっこないんだけど、手ごたえあったね。"Mass Effect"もとても高い評価を受けた。二作目はそれよりずっといいと思っていたから。僕らにできる最良のことは、とにかくフィードバックや自分たちの希望に従って気がついたところの改良を重ねることだからね。

Q:どこか、さらに良くなる可能性がある部分もあったの?

CH:うーん、リリース時にはねえ・・・、全部についてハッピーに思わなければ僕らはリリースしないからね。完璧になるまで待つってことではなく、満足するって意味だけど。でも100万人以上の人がプレイすると、また違う見方のコンセンサスが生まれる。新鮮な目から見るとどれだけ違って見えるか、本当にそこから学ぶことは多いよ。フィードバックと後知恵のおかげから改良すべき点がわかり、次のゲームのデザインに一部取り込めることになる。

Q:具体例を教えてもらえる?

CH:そうだね。ほんとに沢山の素晴らしいポジティヴなフィードバックをもらった。だけどマイニングのミニゲームについてもらったコメントには、その類のものに僕らがどのくらい比重を持たせたるべきかについて将来の参考になると思う。インターフェイスとインヴェントリーに関する変更の決断は本当に好感してもらえたが、ME2がアクションRPG?でも何でもいいけど、そうじゃなくてRPGだと思ってる人たちは、インヴェントリーなんかにはもうちょっと選択の余地が欲しいようだ。これも間違いなく将来参考にできる点だね。僕らがこれでいいと自信を持てるところでバランスを取ることしかできないけど。

Q:万人は満足させられないよね? "Mass Effect"がさらにカヴァーベースのシューターになったら、ハードコアのRPGファンはブーブー言うでしょう。でもそうしなければもう一方が別のことに不平不満を持つ。みんなの希望をなんとかしようという頭はあるの?

CH:フィードバックをどう解釈するか真剣に考えなくちゃならないということだよね。一見相反するフィードバック同志、真剣に考えるとどちらも正しい、そして双方満足させられる解決策があることも良くある話。インヴェントリーの話を例にすれば、インターフェイスやなんやの変更が良くないと文句をいってる人はいないと思う。より良いインターフェイスを持つ方が常に良いに決まっている、とかそういう別の話なんだ。でもさらに別の問題はそれにどれだけ深みを持たせせればいいのかということ。今十分深みを持たせているけど、それ以上さらに多くのことができるわけだから。

Q:マイニングミニゲームは、どれだけ長くかかっても、奇妙にも癒しが感じられて、むしろほとんど麻薬的だと思うんだけど。

CH:リリース前のフィードバックはまさにそのとおり。癒し系。でも世の中には別の人種もいるんだ。つまり全銀河を掘削しつくさないと気がすまない人たち。8時間もミニゲームやってみなよ、それはもう・・・、やりすぎだよ。まさかそんな遊び方をされるとは思ってもいなかった。ちょっと掘って、資源を集めてアップグレードをして、そしたらもうミニゲームを離れゲームに戻ると思ってたね。

Q:すると三作目ではまた捨てちゃうの?

CH:いや、ここでもフィードバックを見れば、みんながそれを好きなこと、目的どおり機能していることがわかるんで、それ自体問題があるとは思えない。みんなミニゲーム大事だと思って頼りすぎ、そして僕らもちょっとストーリーの面でこれに頼りすぎたんだね。それとスピードの問題もあるしね。 

Q:スキャンのスピードアップのアップグレードを受けたとき、ゲーム中で最高のアップグレードだと感じた記憶があるよ。かなり時間短縮になる。
 別の話だけど、話に最悪のボス、悪い奴が出てこないよね。コレクターズの指導者はいるが、一作目のサレンのようにも思えない。最終ボスもどこからか突然出てきた気がする。そんなフィードバックはなかった?

CH:(ME1とは)構造的に別の話だから、僕らは出来に満足してるよ。自殺ミッションのストーリーだからメインプロットの一部としてキャラクター・ストーリーを作ることができた。ローヤリティ・ミッションがたとえコンバット重視じゃなくても最終的な結末に影響を与える。最終ミッションに謎が渦巻いてることこそストーリーの構造全体の礎になっている。でも謎はずっと隠し通しておかなくちゃならないというリスクがある。多くの人はエンディングを好きになってくれた。プレーヤー・タイプ、人格タイプによって違う意見もある。どうしてキャラクターのキャストを大人数の集合体にしたかというと、みんな見る目が違うから。僕らは誰が一番人気があるかすら知らない。もっと重要なことは、異なる人格の人たちが、ゲーム内の異なる人格に見えるキャラの中から、最も好きな仲間を見つけることができること。

Q:パーティメンバーで、誰が最良で、誰が最低?

CH:僕にとってはみんなの嫌いなジャックが最高。そして多くの人が言うのと真逆な理由。みんな最悪のことを考えたがり、「マーケティングのための飾りだろ?」という。とんでもない、彼女が一番れっきとしたキャラだ。僕自身、彼女みたいな人たちを知ってる。自分の内部にあることを恐れるあまり壁を作る。その壁の中に入れば、君が傷つけたくなくなる繊細な面を見せてくれる。正真正銘現実的だし、とても面白い変化だと思うよ。

Q:それは面白いね。

CH:もちろんミランダにほれ込んでいる人たちもいる。言わせてもらえば単純なキャラだけど、多くの人に受け入れられたようだ。異なるキャラに対する人々の反応には本当に驚かされる。ファンアートで最も好んで再現されてるのが女性シェパードとギャレスのロマンスの結末だ。愛のシーンですらない。抱き合って額を寄せ合う。何百もの絵があるということは、多くの人にとって意味がある瞬間ということだね。

Q:将来の話を。もうすぐDLCが出るね("Overlord")。ME2のDLCはいつまで出し続けるの? ME3が出る前のどのくらいの時点でそれが終わり、ME3に注目するようになるの?ギリギリまでME2のコンテンツが出続けるの?

CH:難しい質問だね。今も開発中の多くのコンテンツがあるよ( "We have a bunch of packs that are in the works right now.")。だからしばらくの間はいくつかのDLCが引き続きみんなの手元に届けられる("So, for the time being there's going to be a continued stream of DLC for people.")。これからME2とME3の間をつなぐ内容のDLC("packs")を出すつもりだ。だがその後のことは、みんながそれらをどう受け止め、どう反応するのを見てからにしたいね。

Q: ME3について話が出来るのはいつかわかる? だいぶ先か、1と2の間は2と3の間と同じくらいなのかとか?

CH:ME3について話せるようになるまでに、まだしばらくかかるだろうね。
("It probably won't be for quite a few months that we talk about Mass Effect 3.")

(6月開催のE3での発表はなし、ということらしい)

« 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その5) | トップページ | 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その6) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

おお、翻訳ありがとうございます
惑星探査の掘削 これ私です
さすがに全銀河というわけには行きませんが
訪れた惑星はRich→Depleteにしないと気が済まんのですよw

1の惑星探査は別にやらなくても大丈夫でしたが、2は惑星探査を
しなきゃアップグレード出来ないし、船のアップグレードは仲間の生死に関わるので、ほぼ必須なのがキツかったなあ
2週目 3週目やる時にモチベーションがあがらんかったですw
今はパッチが来てだいぶマシになったらしいですね

 私もME2一回目はかなり掘りましたw。8時間まではいかないけど、何日か続けてやってた記憶が。
 ME1の2人目以降はもうWikiとかガイド見てごまかしちゃいますね。探査車両MAKOで険しい山に入るとイライラしてやめたくなりますからw。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34812783

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ケーシー・ハドソン・インタヴュー:

« 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その5) | トップページ | 【DA:O】ダークスポーン・クロニクルズ(その6) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31