フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】ア・ハウス・ディヴァイデド、リージョン(その4) | トップページ | 【ME2】エンドゲーム(その1) »

2010年4月 4日 (日)

【ME2】ア・ハウス・ディヴァイデド、リージョン(その5)

 不覚にも、これを見落としていたとは・・・。
 ME2にはエイプリル・フールのネタが無いのかと残念がって、自らしょうもないものをアップして完全シカトされてしまいましたが、本家版がちゃんとあったんだ。

http://www.gamespot.com/pc/rpg/dragonage/video/6254498/mass-effect-2-video-preview-april-fools-day-2010-

 馬鹿すぎるw。

Fool1
 Biowareの名作RPGが合体!

Fool2
 Mass Effect 2: グレイ・ウォーデンの試練

Fool3
 サーベラス・ネットワークを使って、DA:Oのキャラクターをシームレスにインポート!

Fool4
 新しい舞台は惑星フェラルデンだ!

Fool5
 インポート・キャラの例は、ドワーフのジムリ。

Fool6
 シェパードが負傷して行方不明中に、主人公の座を譲り受けることができるぞ!

Fool7
 もちろん、ファンの期待を裏切らないよう、ドワーフ用のアーマーも開発中だ。

Fool8

 ブラッド・ドラゴン・アーマーは当然グレイ・ウォーデンの標準装備になる。

Fool9 
 使い慣れたグレイ・ウォーデン・アーマーをそのまま着用も可能だ。

 はあw。

 もうこのブログで何度も言い続けてきたが、あえて言おう!
 Biowareのドワ専め!

 しかし、こんな作る暇あったならさ、できればDAOAのエンディングをもう少し・・・
 おいちゃん、それをいっちゃあ、おしまいだよ!w

 でも個人的には、どうせやるならDAのモリガンとME2のミランダおふたりの豪華キャット・ファイトか、もしくはセレブ・レズ(略・・・

11769
ジョーカー「コマンダー、タリとリージョンが『おしゃべり中』みたいですよー? 急いでAIコアに行ってみたほうがいいのではないかと」

11771
「ミランダ&ジャックが終わったと思ったら、またかよ!」

11773

11775
「シェパード! 良いところへ! リージョンがあたしのオムニ・ツールをスキャンしてたところを押さえたのよ! 移送船団のデータをゲスに送るところだったの!」

11777
「創造種族は武器の性能テストを行い、我らへの攻撃を企図している。我らに警告を発する必要があると認める」

 創造種族とはクォリアン、タリの種族です。かつてゲスを創造した云々は、このブログのタリ編かどこかに書いてあったはず。

11779
「あたしたちは、リーパーズを崇拝する一派のデータを書き換えて、ゲスをさらに強力にしてしまった! ゲスに情報を渡して、今以上に船団を危機にさらすわけにはいかない!」

11781
「創造種族タリ・ゾラはその民のため忠誠を尽くす。自ら追放の身となることも辞さなかった。我らも同じこと。創造種族の脅威からゲスを守らなければならない」

11784
「シェパード、お願い! こんなことやめさせて! あなたを信じてゲスが乗艦することに我慢してきたけど、これはもう度を越してる!」

 んなもん、メンバー誰一人喪うつもりがないから、ここまでリーパー船のエピソードをひっぱったわけで、私には選択肢なんて、もうこのひとつしかないやん。

「君たちのどちらかが間違ってるなどとは思っていないなんてことはないとは言っていない」

 H山か!

11786
「タリ、君の父上は残酷な実験を繰り返していた。もし実験台がヒューマンだったなら、俺もアライアンスに報告せねばならなかったろう」

11787
「わかってるわよ。でも、船団がゲスに見つかったら!」

11789
「もちろんゲスが先制攻撃をするだろう。クォリアンとゲスが交戦状態になっている間にリーパーズが出現したら、お互い無防備な状態におかれるぞ? それが望みではあるまい、リージョン?」

11790
「この情報は伝達の必要があると認められた」

11791
「遅かれ早かれ、君らは争いをやめなければならん。このまま続けていれば、誰一人得はしない」

11792
 演算中w。いや、ゲス・ネットワークで意見交換中かw。この間がw。

11793
「ユニット内の相互結束関係を維持するため、データの送信は中止する」
(つまり「チーム優先で」ということっす、ヒューマンのコトバだと)

11794
「あ、ありがとう、リージョン・・・。お前の目的が何かはわかる。機密じゃない情報ならあげていいよ?」

11796 
「感謝する」

(いや、機密情報じゃなきゃ全然いらんだろうが、まあ女の子のプレゼント断るなど無粋もいいとこだろうしw)

 ME3では、どうなるんすかねえ。クォリアンとゲスとの関係に、新たな進展があるのか。
 以前タリは、居住惑星を見つけるのに何十年も待てない、と言っていましたが、三部作の最後で、解決されるのかどうか。
 三部作かどうかもわかんないけどね、EAだからw。売れたら次はME4だよw。

**********

11798
EDI「IFFは間も無くインストールが完了します、シェパード。ただしノルマンディに対する影響を事前にテストで検証しなければなりません」

 もうリーパーIFFの試運転開始まで時間が残されていないので、星間航行は危険だと思いましてね。
 きっとこの後ジェットローラー・コースターに乗ることになるので、各メンバーと最後におしゃべりをするのが吉と出ましたが、ブログで全部やってると大変なことになる。
 ご自分でぜひw。
 モルディンのカラオケ(アカペラかw)の歌とか、ブログでやってもしょうがないしねw。
 ただリージョンのN7(シェパードが所属していたアライアンスの特殊部隊の略称)の肩章は気になりますね。

11827
「リージョン。お前の装甲に付けられているN7のエンブレムのことだが、 どこで入手したんだ?」

11828
「これはお前のものだ、シェパード」

 ノルマンディSR-1がコレクター船に撃沈され、シェパードが行方不明となったとき、ゲスはその捜索隊を派遣した。
 リージョンは、シェパードが一番初めに『異端者』と遭遇した場所から捜索をはじめた。

11830
「エデン・プライム?!」
「オールド・マシーン(リーパーズ)の攻撃の後、強固な防衛体制がひかれており、我らは発見された」

11832
「そしてライフルで撃たれた」

 リージョンは、ゲスが派遣した小規模のプラットフォームの一部として、シェパードを二年間捜索し続けた。最後にノルマンディの墜落現場に訪れた。そのとき、シェパードの肉体はなかった。ゲスはシェパードが死亡したという情報を伝える通信を傍受した。

 シェパードの遺体があった場所に、宇宙スーツの残骸だけが残されており、リージョンはそれを拾った。

 だがなぜ、それを身に着ける? 「個体」という発想がないゲスに、なぜ「身」という発想があるのか?

11856
「お前は、異端者の『神』を葬り去った。他に誰も成功していないことに、お前だけが成功しした。故に、お前のプログラム・コードは他に優越している」
「だからといって、俺の装甲を身に纏っている説明にはなっていないぞ?」

11858
「ここに穴が開いていた」
「いや、撃たれたんだからそうだろうが、なぜもっと早く修理しない? なぜ俺の装甲を見つけるまで待った?」
「説明データなし」 

 ゲスは有機生命体の行動パターンをひそかに研究していた。デマを飛ばしその伝播を観察するなどの方法で。クォリアンをはじめとした有機生命体との戦争に勝つためなのか、あるいはそれを回避し、クォリアンとの戦争状態を終息させ、やがて和解を目指すためなのか。

 リージョン、あるいはこの個体を包含しているプラットフォームは、ゲスのヴァージョン・アップ版のようです。ソフトウェアのみで成立していたゲスが、ハードウェアとセットで自律的に動作するように進化した。
 他のゲス(の端末個体)が動物並みの知性しか有さないのに対し、リージョンのヴァージョンは、上位のネットワークと接続されているとはいえ、単体でもより高度な知性を再現でき、音声会話ができるように仕立てられている。
 
 つまりゲスは、有機生命体との長く続いた紛争を「快く思っておらず」、事態を打開するため「歩みより」を希望しているということになります。

 込み入ってるのでまとめます。  

 シェパードがこれまでずっと戦い続けてきた「ゲス」は、すべてリーパーズ、あの「ソブリン」の意のままに操られていた「異端者」でした。
 リージョン、つまりヴェイルと呼ばれる既知宇宙の辺境のその奥に姿を消した「ゲス」とシェパード自身は、実は一度も戦っていない。
(リージョンのプラットフォームがエデン・プライムでアライアンスに発見されたと言っていましたので、おそらくヒューマンとの間の最初の交戦だったのでしょう。そしてリージョンが最初の負傷兵となるんでしょう)

 そのヴェイルの奥に姿を消した(異端者ではない主流の)ゲスが戦ったのは、かつての創造種族であったクォリアン。
 「心」を持ってしまったゲスが、「自立」を目指し、不幸にもクォリアンとの間で壮絶な独立戦争を繰り広げた。
 ゲスはその歴史を「後悔」し、まあ、ゲスのコトバでいうと継続する紛争の「非効率性を確認」し、なんとか寄りを戻したいと「考えている」。
 そのためリージョンのような、有機生命体と「対話がしやすい」ヴァージョンを生み出した。
 そして意図したかどうかに関わらず、今リージョンは、ゲスと有機生命体の間の架け橋になりうる存在となっている。

 リージョン・ゲスは気がついていないのですが、N7のエンブレムを装甲に着けること。
 これは「尊敬」と「名誉」のしるしですね。「憧れ」というものでもある。
 
 有機生命体にしか理解できないと思っていた概念。
 もっと重要なことにそれはシェパード「個人」へのものなのです。
 ゲスの端末に「個性」まで目覚めそうなんでしょうか。
 こっちも浪花節に弱いんですがw。

« 【ME2】ア・ハウス・ディヴァイデド、リージョン(その4) | トップページ | 【ME2】エンドゲーム(その1) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34072541

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ア・ハウス・ディヴァイデド、リージョン(その5):

« 【ME2】ア・ハウス・ディヴァイデド、リージョン(その4) | トップページ | 【ME2】エンドゲーム(その1) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31