フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« Turbineよさらば? | トップページ | DAO タワーメイジ:オリジン再(その2) »

2010年4月21日 (水)

DAO タワーメイジ:オリジン再(その1)

 お前のは日常会話で使えんのばかりだ、元記事の趣旨とぜんぜん違ってるだろ!とお怒りの向きもあるでしょうが、確かに。でも続く。

 コメントいただいて"Matrix"「マトリックス」のことを思い出したのですが、いや2と3は中身を思い出せないことを思い出したのですが、これ、あんましセリフに頼る映画じゃないね。いわゆるクリプティック、謎めいたセリフが多いし。
 1作目で皆知ってる陳腐なのをいくつか。役名のカタカナは映画字幕に倣う。

 トリニティー "Dodge this."

 モーフィアス "Welcome to the real world" 

 タンク  "So what do you need? Besides a miracle. "
 ネオ  "Guns. Lots of guns. "

 トリニティー "Neo... nobody has ever done this before. "
  ネオ "That's why it's going to work."

 エージェント・スミス "Never send a human to do a machine's job. "

 2作目、3作目はなー。主要キャラ以外は正直モニカ・ベルッチ様(パーセフォニー)しか覚えとらんのですよ。双子はなんか弱いし。あとミフネ(3作目)。あれは何だろね? チャンバラ映画崇拝なんだろうねw。最初観たときに失笑してしまった記憶はある。

 ちなみにパーセフォニーは女神ペルセポネのことですかね。パトロン?のメロビンジアンはフランク王朝メロヴィング朝の信奉者ってことかな。ま、この映画は頭おかしい人しか出てきませんね。

メロビンジアン "Oh my god Persephone, how could you do this? You betrayed me. "
パーセフォニー "Cause and Effect, my love. "




 懸案のオリジンストーリーやり直し。認めたくないものだな、若さゆえの(略
 最初の方に書いたものは、ほんとに赤面するくらい中身を飛ばしすぎている。
 とくにタワーメイジ編は、後のフェイド編に密接に関連する内容であったのに、本人がわけわかんないもんだから、必要以上に謎めいたものになってる。反省。
 ヒューマン・ノーブルもひどいね。これは新キャラで撮り直そうかと思ってます。
 ただしファイル容量制限怖いので、画像はできるだけ少ない数でまとめちゃいます。

 過去版がいかにひどいか笑いたいドSの方は、ブログ右上にリンクのある、Dragon AgeのWeb Pageから見てください。

 そしてすっかり冒頭タワーでのシーンを撮り忘れてるので後日追加予定。(追加しました)

**********

 今回の主人公はヒューマン・メイジ・男。しかもわけあってローフル・イーヴィル、「秩序にして悪」の設定。

Screenshot20100421201645131
 カレンハード湖の暗い水面を崖の上から睥睨するのは、サークル・オヴ・メジャイの本拠地である要塞タワー。フェラルデンの国内で魔法研究が許されているのはここ限り。

Screenshot20100421201650051
 この高い石壁の中で、サークルのメイジたちは魔法の研究のほか、見習いメイジがその力を適切に行使できるようにするための訓練を実施している。
 だが、サークル・タワーは、メイジの避難場所でもあり、また監獄でもある。決して警戒を怠らないチャントリーのテンプラーがすべてのメイジを監視下に置き、堕落や腐敗の兆候を常時厳しく見咎めている。

Screenshot20100421201721174
 主人公の君が知る世界は、この満ち足りてはいるが窮屈な檻の中だけ。若くして魔法の素養を見出された君は、家族から引き離され、見習いとしてここに移り住まわされた。

Screenshot20100421201734964_2
 そして見習い期間もまもなく終わる。メイジとして独り立ちするための最後の試練、ハロウイングを残すのみだ。

Screenshot20100421201742447
 サークルの統治責任者、テンプラーの騎士隊長グレゴー。番犬側。
「魔法は世のため人のため使うもの。人を支配することがあってはならない!
 預言者アンドラステは、メイジが支配し、世界を廃墟の手前まで導いたテヴィンター帝国を打ち破った際にそう言われた。
 お前の魔法は天賦の才であり、同時に呪いでもある。夢の世界フェイドのデーモンどもがお前に引き寄せられ、お前をこの世界への通過門に利用しようとするからだ。

Screenshot20100421201813790
 サークル・メイジの代表者、ファースト・エンチャンター、アーヴィング。かごの鳥側。
「ゆえにハロウイングが必要となる。儀式はお前をフェイドに送り込む。そこでお前は自らの意志の力のみ用いてデーモンと対峙しなければならない」
 もし失敗したら?

Screenshot20100421201823612
「負ければ、デーモンがお前をアボミネーション、異形に変えてしまうだろう。テンプラーはお前を即座に斬り殺さざるを得ない」

Screenshot20100421201838032
「これはレリウムと呼ばれる魔法のエッセンス。そしてお前がフェイドに入るための扉。ハロウイングはやむを得ず行わなければならん秘密の儀式だ、わが子よ。
 すべてのメイジはこの試練を乗り越えねばならん。私らもうまくいった。お前も大丈夫じゃ。
 常に周囲に注意を怠らず、そしてフェイドは夢の世界ということを忘れるな。そこはスピリットが支配してるかもしらんが、お前の意志こそ現実のものだ」

Screenshot20100421201857203
「ファースト・エンチャンター、いい加減にしろ、見習いは一人で試練を受けるのだぞ」

Screenshot20100421201908198
 儀式を始めよう。

Screenshot20100421201913485

Screenshot20100421201915187

Screenshot20100421201917325
 意識が遠のく・・・。

**********
 
Screenshot20100327092215087_2
 フェイドに侵入した。   

Screenshot20100327092255337_2
「また誰かオオカミの餌食になりに来たの? いつもどおり無知で無防備なままで」

Screenshot20100327092257133
「悪いのはテンプラーどもさ。君にも、僕にも、他の誰にもこんなことしちゃいけない。
 はぁ、ずっと同じことの繰り返し・・・。でも君のせいじゃない。僕と同じ船に乗せられただけだもんね」

Screenshot20100327092328779
「フェイドにようこそ。僕のことは、そうね、マウス(ネズミ)と呼んでもらっていいよ」
 どうやらネズミに変身していたのもフェイドに送り込まれたメイジのようです。
 名前がマウスとか、まんまですけどね。

 彼は自分の過去を覚えていない。ここに長く居続けるとテンプラーはハロウイングに失敗したとみなして元の世界の肉体を処刑してしまう。メイジが媒介となって、フェイドからデーモンが侵入してくることを恐れているから。

Screenshot20100327092354523
「たぶん、僕はそういう目にあったんだと思う。もう戻る肉体がないもの。君も同じ運命に陥らないようにするなら、あまり時間が残されていないよ・・・。
 悠長にお喋りしてる場合じゃない、こんなふうになりたくないだろ?」

Screenshot20100327092403946
「ここには君のような見習いメイジにお誂え向きの何かがある・・・。君は化け物やデーモンに対峙して、その力に抵抗しなくちゃならない。
 ここから出るにはそれしか方法がない。化け物にとっても君に勝つのがここから出る方法。テンプラーが君を処刑しなければ、化け物が代わりに出て行ってしまう。君には試練だが、ファイドの化け物連中にとってはお遊びだ」

Screenshot20100327092438185
「出会ったもの全部と戦おうなんて思うのは愚かだ。連中は強く、そして狡猾だから。
 ここには他のスピリッツもいて、僕なんかよりももっと別の話が聴け、もしかしたら手助けを受けられるかもしれない。見た物をそのまま君が受け入れられればね」

Screenshot20100327092448992
「差し支えなければ僕も付いていくよ。僕のチャンスはずっと前に潰えたけど、君はうまくいくかもしれない」

 悪のキャラなんで、早速「付いてくるな!」を選びたかったが、なんか勝手についてきちゃった。

Screenshot20100327092502914
 ま、「人様の好意をとことん利用する」ってのも「悪」ですから、利用できるものは使っちゃえ。一応こうやって進むと敵が居るとか、色々情報はくれる奴ですから。

« Turbineよさらば? | トップページ | DAO タワーメイジ:オリジン再(その2) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

ムービー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34309788

この記事へのトラックバック一覧です: DAO タワーメイジ:オリジン再(その1):

« Turbineよさらば? | トップページ | DAO タワーメイジ:オリジン再(その2) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31