フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« DAO ドワーフノーブル主人公編(その7、Awakening) | トップページ | 【ME2】ストールン・メモリー、カスミ(その1) »

2010年4月13日 (火)

チョイ休み。

 ガイダー・インタビュー、最後。
 もうあまり興味あるところが残ってない、かつ、小説とかAwakeningのネタバレが含まれている。
 こっちなんて、おかげでまだ読んでいない二冊目の小説のネタバレされちゃったよ・・・。
 なかなか読まないのが悪いんだが、ようやく一冊目がもうじき終わるんだ。

**********

 Awakening で担当したのはジャスティス、ナサニエル、アンダース。
 NPCではジャスティスが一番好き。これはもっと拡げられると思った。古典的ピノキオ・キャラだね。彼が現実社会のことを学ぶように、こちらもフェイドのスピリットのことを学べる。これがなければスピリットは存在感のない、せいぜいカートゥーンに出てくる程度のものになってしまったろう。

**********

 ちょっとだけネタばれすると、結局、みんなD&Dパラディンが好きなんだよね!(我田引水か!) 
 そりゃそうだろ、日本だって『鬼平犯科帳』は根強い人気だぞ?(あれ、長谷川平蔵は典型的ローフル・グッド、秩序にして善キャラです)
 水戸黄門とかせいぜいニュートラル・グッド(中立にして善)だぞ? 銭形平次なんてローグだし(笑)。ちなみにケイオティック・グッド(混沌にして善)の個人的一押しは眠狂四郎なんだが。椿三十郎はメチャクチャ強いけどあれグッドじゃないからな。ん、眠狂四郎もグッドじゃないって? いや、結局最後はグッドなんです。本当のニヒリズム、アナーキーであんな何度も映画になるもんかい。ただいつも結末が彼の思い通りにいかないだけだ。
 黒澤映画は意外とグッド・キャラ少ないっす。大変なイーヴィル(悪)キャラはちょくちょく出る。やっぱ元はシェークスピアなんすかね?

 そりゃ、ジャスティスでしょうよ。ジャスティス編が一番面白かったというのもあるし。
 しかし彼が三人も担当していて、オーグレンは前作から引き続きのライターだとして、やっぱイマイチ絡みが面白くなかったのはライター・サイドのせいじゃなかったのかな・・・。
 担当したのはプライベート・クエストの部分だけなのかも。ナサニエル編とかも泣けたことは泣けたし。アンダース編はあまりにひどかったのできっとカットされたんだろう。
 んー、EAの悪口ももう飽きられてるだろうしなあ・・・。でも言いたいけどな。

**********

 Awakeningの重要なネタバレの部分を飛ばして、最後に今後の展望・・・は、さすがに回答なしですねw。

**********

 greywardens.comのネタバレにもほとほと愛想が尽きますが(お前が言うな)、Dragon Age コミックなー。

 くっ、おもしろそうやなー。
 オースン・スコット・カードだもんなあ。

 テンプラーが・・・、またボコられてるのか?
 相変わらず弱いなw。  

 iPodを買うか(ファイルはもうあるw)、PSN北米に潜るか?(PSPはもうある)
 究極の選択だな!(どこが?)
 iPadまで待てねえ(どっちにしろ高いよ・・・)
 誰かネタバレ記事書いてないかなあ、画像ありで(いないだろうな・・・探してます・・・・・・探してます・・・・・・何も見つからなかった)
 しゃあない、紙版買うか(全12巻だよ? 運賃合計できっとiPodよか高くなるぞ?) 
 ほんと、しゃれじゃなくそうなるな。
 しかも11月に6巻でエクストラコンテンツ付きが発売だと?

 うーんw。
 

« DAO ドワーフノーブル主人公編(その7、Awakening) | トップページ | 【ME2】ストールン・メモリー、カスミ(その1) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34204386

この記事へのトラックバック一覧です: チョイ休み。:

« DAO ドワーフノーブル主人公編(その7、Awakening) | トップページ | 【ME2】ストールン・メモリー、カスミ(その1) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31