フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« DAO フィーストデイ・プランク・パック発表! | トップページ | 【ME2】リーパーIFF(その4) »

2010年4月 2日 (金)

【ME2】 新キャラクター&DLCパック発表!

 ユキオ - エラーズ・オヴ・オミッション "Errors of Omission"

Yukio
*画像は開発中のもの。

 サーベラスは、すでに隠居生活に入っていた著名な政治家ユキオと極秘裏に接触することに成功した。ユキオ、お世辞にも成功したとはいえないシタデルの政治家とは仮の姿で、その実態は他に例を見ない恐るべきバイオティック・パワーを駆使するコマンドーである。
 またユキオは自身ヒューマンであると主張しているが、その風貌のみならず、ときとして他者に理解不能な言動から、どうみてもサラリアンではないのかとの噂も耐えない。

 ユキオのローヤリティを得るために、シェパードは今までのミッションとは比べものにならないほど過酷な試練を受けなければならない。

 ヒューマンの殖民惑星群に対するアンノウン宇宙からの脅威を防衛するため、アライアンス海軍及び海兵隊がターミラス星系の惑星"Futemma"に建設し、長く稼動していたガーディアン・システム。
 その老朽化に伴う更新にあたり、イルーシヴ・マンがひそかに買占めを行っていた星系外の惑星に移設するよう、アライアンスを説得しなければならない。
 これによりイルーシヴ・マンは巨額の投機的利益を手にすることができ、新造艦「ノルマンディSR-3」の建造に着手することが出来るようになるという。
 (ミランダがサーべラスのネットワークに侵入し調査したところ、SR-3建造の計画は影も形もなく、別にターミラス星系の数多くの居住惑星の利権をイルーシヴ・マンが予約で買い漁っているとの情報を得た)
 ただし、アライアンスの司令部は、Futemma以外への移設は戦略的な誤りであるとの主張を譲らず、惑星Futemmaの居住者の感情も考慮しなければならないなど事態は予断を許さないほど悪化している。シェパードはユキオの政治的な経験をフルに活用し、この問題の解決を図らなければならない。

 新アビリティ
・ユキオは、以下のような全く新しい強力なバイオティックのアビリティを有する。
 また理系出身のPh.Dなのでエンジニアのアビリティもあると主張しているが、ドローン召還以外に目ぼしいアビリティを有していない。
 クラスはポリティシャン。
 
 フラタニティ(Fraternity)
 自分を攻撃している敵に友愛の情を沸き起こさせ、戦意を喪失させる。

 レス・エミッション(Less Emission)
 スコード全体のパワー使用量を25%減少させる。
 
 ミユキ・ドローン(Miyuki Drone)
 シェパードのスコードが圧倒的優位になると自動的に召還されるドローン。
 その派手なエフェクトにより、敵の注意をひきつける効果はコンバット・ドローンに似ているが、スコードのピンチには決して登場しない。またプレイヤーが任意に召還することもできない。

 ブラー(Blur)
 
ユキオの姿の輪郭がぼやけ、敵味方係わらずどこにいるか不明となる。
 なんらかのアクションを行うことで解除される。

 アンビギュイティ(Ambiguity)
 ユキオがローヤルになることでアンロックされる上級アビリティ。
 ブラーの上級ヴァージョンであり、もはやシェパード(プレイヤー)ですら、ユキオがマップのどこで何をやっているか不明になる。
 完全な隠密行動に適している。  


価格:
XBOX360: 560MS Pt.
PC: 560Bioware Pt.

今春リリース予定。

(追記)

 ヨーロッパの一部の地域でX360版が予期せずにリリースされ、内容が流出している。
 その不具合と思われる点について、仕様であるかバグであるかが議論されているが、本件に関するBiowareからの公式見解は今のところない。

新ミッション

・ユキオがスコードにいる限り、アライアンスがガーディアン移設の説得交渉で折れることは決してなく、ミッションがクリアできない。また、ユキオはこのミッション進行中、決してスコードから離脱できない。
・ミッションの途中でクニオというキャラクターがカットシーンつきで登場するが、以降クリックで会話を始めることができず、意味がわからない。(サイド・クエスト?)
・ユキオの会話のシナリオはネイティヴ・スピーカーが書いたとは思えないくらい冗長で意味が判別しにくい。
・アライアンスとの説得交渉の過程で、一旦ゲームをセーヴし終了。ゲームを再起動して続きをはじめようとすると、アライアンスに対して行った発言がすべて行ってなかったことにされ、以降の選択肢が以前のものと全て真逆になっているという不具合。
・ユキオのバンター(フィールドでのNPCの独り言)が次第に「トラスト・ミー」だけになる不具合。
・腹案はある。
・DLCをインストールすると、シェパードのスコードが保持していた核兵器アイテムがすべて消失するバグ。

新アビリティ

フラタニティ(Fraternity)

・すべての攻撃ダメージを通常通り受けてしまう。
・またスティム・パックなどの回復アイテムもこの間無効となる不具合。
・ユキオは「友愛精神でいきましょう!」と叫び続けていることから、自分だけが敵との友愛関係を築いてると信じているだけなのかもしれない。

レス・エミッション(Less Emission)
・使用パワーの減少率以上に、スコード全員の攻撃力や効果が激しく減退するため、バトル時の難易度が格段に上がってしまう不具合。

ミユキ・ドローン(Miyuki Drone)
・バトル以外の場面で頻繁に登場することから、バグではないかとの噂。
・スコードにユキオがいないにも係わらず、頻繁に召還されることから、バグの噂。
 (なお、ユキオがスコードにいないほうがシェパードが優位なのは間違いないため、
   バトル時の優位性のチェックは正確になされているとの指摘もある) 
・登場頻度があまりに多く、プログラムが不正停止する原因とも疑われている。
  ユーザーサイドで「オフ」にすることができる仕様変更を求める声が大きい。

ブラー(Blur)  
・移動も含めた、なんらかのアクションを起こすことで自動解除されるため、バトルをヒヨルときにしか使えない。

アンビギュイティ(Ambiguity)
・もはやシェパード(プレイヤー)ですら、ユキオがマップのどこで何をやっているか不明になるとともに、いらぬポイントでカットシーンなどをキックしてしまい、プレイ自体が困難で行き詰る可能性もあるとの指摘。ゲーム・ストッピング・バグの恐れ。
・ユキオDLCのミッションに隠密行動を必要とする場面がほとんど無いほか、このアビリティを発動中にまでミユキ・ドローンが召還され、それによりユキオがアクションを行ったと判断されてアンビギュイティ状態が解除となる。よってユキオはほとんど常に瀕死状態となっていることがゲームの難易度を不必要に上げているとの指摘。

« DAO フィーストデイ・プランク・パック発表! | トップページ | 【ME2】リーパーIFF(その4) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34040983

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】 新キャラクター&DLCパック発表!:

« DAO フィーストデイ・プランク・パック発表! | トップページ | 【ME2】リーパーIFF(その4) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31