フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】エンドゲーム(その3) | トップページ | 【ME2】エンドゲーム(その5) »

2010年4月 6日 (火)

【ME2】エンドゲーム(その4)

 だめだ、ハングしまくりw。
 さらに、なんとスクショがTGAなんで、JPG変換用フリーウェアが必要で・・という、面倒くささ。
 だめな子ほど可愛いといいますけどね。
 2度目の挑戦でも見事にボコられたw。
 やっぱ、じっくり作戦を練ろう。

Grab_2010_04_05_15_08_47_712
 いけー、パンテル! そう簡単に装甲抜かれないだろ!

Grab_2010_04_05_15_12_19_882
 あかん、ボコボコに撃たれてるが敵が目視できんw。

Grab_2010_04_05_15_13_10_962
 た、退避!w
 




12020
 所在なさげなジョーカー。

12021
「みんな?! あんた、みんな連れ去られたの?」

12022
「しかも、危うく船まで奪われそうになったって?!」
 ミランダさんw。ぜったい「善」、グッドなキャラにはみなしたくないw。

12023
「ああ、そうだよ! いいかい? 俺はずっとここにいたから、そんなこと言われなくても知ってるんだ!」

12024
「ミランダ、ジョーカーを責めてもしょうがない。誰も気がつかなかったんだ」

12027
「ミスター・テイラーの言われるとおりです。コレクターズ・ドライヴの危険なデータは、私が受け取ったリーパーズの『ブラックボックス』ヴィールスより、はるかに洗練されたものでした」

12028
「大変だったようだな。気分は大丈夫か?」

12029
「座席がみんな空席になっちまった」

12031
「私たちでできるだけのことはしました、ジェフ」

12032
「ああ、そうだな、ありがとう、マム」
「もう船は安全なのか? 二度目は無いと思っていいのか」

12034
「EDIと一緒にシステムをパージしましたよ。リーパーIFFは作動してます。オメガ4リレーにいつでも突入可能です」

12035
「もう私に、こんなAIなんかに束縛されたくないなんて言えないわねえ?」
 ミランダ、ほんとイヤな女w。

12036
「俺だけでコレクターズ相手に何が出来たと? 殴ったって腕でも折るのが関の山だ。EDIが敵を殲滅した。よくやったよ」
EDI「私は未だにプログラムのプロトコルに縛られています。例えそうでなくても、あなたは私のクルーメイトです」

12039
「EDIが俺たちを殺すチャンスなんて山ほどあっただろう。手に入る助けはすべて使おう」

12040
「クルーのみんなを救う準備は整ったってことですかね?」

12041
「やるだけのことはしたわ。コレクターズのところに向かう潮時ね」

12042
「ジョーカー、ブリッジに戻れ。他の皆、位置に着け」

12044
「アイアイ、艦長。準備できたら銀河マップを押してください」

**********

 今までやっていなかったので、ここで、ちょっとジョーカーの話を詳しくやっておきましょう。 

12047
「艦長、クルーについては済みませんでした・・・、って、いや違う、なんで俺が謝るんだ? コレクターズが俺たちに好き勝手やってる間、どうしてここにいなかったんですか?!」

12048
「俺はもうやめさせてもらいます。次の港で船を降りる」

12049
「そんなつもりはないですよね、ジェフ?」

12051
「うん、いや、ただ・・・、そのほうがいいかなと思っただけだ。済みませんでした、艦長。もう大丈夫です。いっちょやってやりますよ」

12065
「相当危険な状態だったことはわかる。もし時間が要るならそう言ってくれ」

12058
「いや、そんなつもりじゃないです。俺は運が良かった。そんな、腫れ物に触るような扱いはやめてくださいよ」

12062
「シェパードが心配なさるのももっともです、ジェフ。何箇所も破砕骨折しているかもしれないですし」
「そのために薬をもらってるんだよ、EDI。ここのところ彼女、話し方が母親みたいになっちゃってんすよ」

12070
「ついにEDIを彼女と呼び始めたな」

12058_2
「ふーん、そういえば気がつきませんでしたね。EDI、気がつくべきだったかな?」

12059
「いいえ、ジェフ、そんなのぜんぜん意味ないです」
「だそうですよ、艦長。俺たち何も気がつかない同志みたいだね」

12062_2
「まるで、いちゃついてるみたいに聞こえるな。君たちのマン・マシーン・インターフェイスはちょっと度を越しちゃいないかい?」
「いいや、ただちょっと艦長をからかってるだけですよ。キモイとか言わんでください」
「ジェフと私の関係は、ホルモン衝動による求愛行動というよりは、プラトニックな共生関係と言えるでしょう」
「EDI、やめてくれ、それこそ、ちょっとキモイよ」

12066_2
「拉致されたクルーの仕事はEDIが代替する。お前の分も代替される心配はしないのか、ジョーカー?」
「ああ、彼女はたしかにすごいですよ。ただ、彼女のノルマンディ操船には常軌を逸したところがありましてね。ちょいとしたシミュレーションをしたところ一緒に舵を取ったほうがいいという結論が出ました」
「最適な行動を計算するのは単純です。もし二つのAI兵装が対峙したなら、優越的なハードウェアを有するほうが常に勝利します」

12068
「ヒューマンの判断の誤りが、この予測モデルを無効化します」

12069
「ぶち壊しの権利ですね、艦長。船から直接教わっちゃいましたね」

12070_2
「他に必要なものがあったら言ってくれ」

12071   
「ありがとうございます。でもEDIがなんとかしてくれるでしょう」

 ジョーカーがEDIをキライまくってた部分、今までほとんど触れなかったのが悔やまれますが、このとおり仲良しになってしまいました。
 ジョーカーとEDIに忠誠度ミッションはなかったですが、ここの部分がその役割を果たしていたんでしょうね。

 MEではジョーカーの英語が一番辛いですw。あちらの若者コトバなんすかね。
 まあ、だからあちらのファンから一番人気がありそうなんですけどねー。

« 【ME2】エンドゲーム(その3) | トップページ | 【ME2】エンドゲーム(その5) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34098013

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】エンドゲーム(その4):

« 【ME2】エンドゲーム(その3) | トップページ | 【ME2】エンドゲーム(その5) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31