フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« DAO タワーメイジ:オリジン再(その3) | トップページ | DAO タワーメイジ:オリジン再(その5) »

2010年4月22日 (木)

DAO タワーメイジ:オリジン再(その4)

 ニーアなんとか、重要登場人物ぽいおねたまに惹かれて遅ればせながらまじめにチェックしたら、やっぱふたつの中身はほぼ一緒なんですか。

Wikipedia。

"The games will be based in the same world and will only be different in regards to Nier's appearance and his relationship with the girl Yonah."

 その脚注ではファミ通の記事の引用があり、

"... on September 15, 2009 Famitsu unveiled Nier Replicant which would be a PlayStation 3 exclusive version of the game and that it would be different from Nier Gestalt only aesthetically."

 最後の部分は「審美的な違いしかない・・・」。

 いや、まじあせったのは、自分はX360持っていない人なので、このふたつを遊ばないとニーアの真の世界には浸れない!とかだと、えー、またゲーム機買うのかよ・・・、そらないわなあ、じゃあPS3版もやめとこ、となっちゃうから。

 だってお客さん、例えばドラマの前編をブルーレイでしか出さなくて、残りは互換性のない別のなにかでしか見れないとか、ありえないでしょう。

 もっというと、海外SFの三部作のうち、最初の二作は日本語で出版してくれて、いよいよ三作目がクライマックスだ!と待ってても一向に出ない、キム・スタンリー・ロビンソンの『レッド・マーズ』三部作のことを言ってるんじゃないけどな、ハヤカワ!
 いや、ほんまどうなってんすか? 英語で読めと? あれを? あの長さの小説を?
 殺生ですよ。もう最初の話だいたい忘れちゃって・・・、いや忘れない。あれは、あの話はインパクトがものすごい強烈だから。でも謎の日本人ヒロコのその後とか、知りたい。
 つべこべ言わず原書で読めってか・・・。眠くなるんだよな、英語の長文読んでるとw。

 逆に言うと、もしストーリーやドラマが全く違うものをふたつのプラットフォームでやるとしたら、蛮勇だなああ、というか、正直暴挙?と思ったから。
 さすがにそれはないんですね。
 でも、ニーア・・・、PS3はどっちだ、ゲシュタルトじゃないほう、気が向いたらやってみたい。こういうときは大抵買うんですがw。
 審美的?にもPS3のほうがずっとよさそうだし(ファンボーイ出たw)。

 さすがに北米では"NIER"一本で出すそうです。中身はゲシュタルトのほうかな。ちゃらい若者の主人公はあちらのガイジンに受けないそうで。

 つか和物は、基本見た目というか審美的な部分で選んじゃってますからね。良くも悪くも中身でそんな驚くことはないから・・・。ニーアは違うのか? 
 
 本当の恐怖は、ME3などにPC版がなくて、X360版でしか出ないとかなんだよねw。このときはもうX360を買うしかないのだ。
 
 そういえばFF13のPSP版とか、PS3の裏版なんだっけ、ヴァーサス?とかの話、最近聴かないのは、ここのところ私が和物情報にとんと疎くなったからかな?
 PSPを手に入れたのも、FF13の・・・アギト?とやらが出るときいたのもひとつの要素だったのに。







 

Screenshot20100327094859750
 いよいよ、主人公を狩ろうというデーモンさんにご対面。

Screenshot20100327094908703
「ようやく来たか。お前の目を通して生身が住む世界を見るのも間近だ。心も体もこの私がいただく」

Screenshot20100327094925637
「こっちなんてここにいるクマさん入れてふたりだ。2対1でほんとに勝てると思ってるのか?」
「笑える・・・。私たちの間の約束は話してないんだな、マウス?」

 なんだって?

Screenshot20100327094935481
「約束なんてもう無意味だ!」
「ほう、もうご馳走をシェアする必要もないのか? ネズミが突然ゲームのルールを変えよったと」

Screenshot20100327094955856
「僕はもうネズミじゃない! もうすぐ隠れることもいらなくなる! お前と取引する必要なんてない!」
 ありゃ。悪の主人公なのに、マウス君のモチベーションあげちゃったりしたのかw。

Screenshot20100327094958788
「ほんとかねえ」

Screenshot20100327095013195
 デーモンとはいえ、オリジン・ストーリーですから。

Screenshot20100327095151725
クマさんいたらド楽勝。

Screenshot20100327095202933
「やったね! 君本当にやったんだね!
 君が来たとき、もしや・・・とは思ったけど・・・。ただ、まさかできるとは思っていなかった」

Screenshot20100327095216793
「君は僕に信じることを教えてくれた。真のメイジだ。ごく限られた存在だ。
 他の連中は皆テンプラーにはめられて始末された。君だってそうなるはずだった。
 だが君はデーモンを倒して試練を乗り越えた。時を経れば、いずれ比類なきマスター・エンチャンターにでもなれるんだ。
 そして忘れ去られたちっぽけな・・・、僕みたいな存在にも希望を与えてくれる。助けてくれるよね」

Screenshot20100327095306700
「僕も一緒にここから抜け出す道があるかもしれない。外の世界と出入りできる足場を築けるかもしれない・・・。もし君の中にほんの少しだけ入り込ませてくれたら・・・」

 うーむ。そう来たか。
 本当の試練はここからか・・・。

 ちゃんと「ここから外に出してやる」も選択肢にあったんだねえ。でも、これ選んでも結果同じみたい。
 「もうデーモンは始末した。もう一匹相手にするつもりはない!」とか選んだかな。悪のキャラなのにw。

Screenshot20100327095317166
「おい、助けた借りは返せよ! 僕はテンプラーに殺されたんだ。君だって僕みたいな目に合う。今も自分の首筋に剣を突きつけられてるのに気がつかないのか。奴等にとって魔法は全て悪、フェイドは全て悪。ひとたびここに入ったお前も奴等に恐怖を与えるだけだ!」

Screenshot20100327095346548
「『僕みたいな目に』? そもそも、お前は本当に見習いメイジだったのか?」 
「何?! 当たり前だろ、つまり、そうだったはずだ。それで十分だろ? お前には十分だろ?!」

Screenshot20100327095349916
「くっ・・・、連中の見立ては正しかったということか・・・。
 ただの殺しは戦士風情の仕事。フェイドの本当の危険は、先入観、盲信、そして・・・」

Screenshot20100327095358977
「プライド・・・」

Screenshot20100327095409260
「常に注意を怠るなよ、メイジ」

Screenshot20100327095413723
「真の試練は永久に続くぞ」

**********

 ハッキリとは姿を現しませんでしたが、マウス君ことクマさんは・・・、きっとフェイドの序列最上位、プライド・デーモンだったのでしょう。
 下位のレイジ・デーモンをボスに見立てて倒させてみせ、あんたは偉いと持ち上げて(プライドをくすぐって)、まんまとフェイドからリアルワールドへ連れ出させようとしたのでしょう。
 逆に言えばハロウイングの儀式でフェイドに侵入するサークルの見習いメイジは、プライド・デーモンに目を付けられ、格好の餌場・狩場になってるということではないのか。
 あの試練、ハードルをメチャクチャ高くされてるんですね。
 
 後のメインストーリー、フェイド編で登場するようなキャラクターが顔を揃える、なかなか含蓄にとんだオリジン・ストーリーの開幕なのでした(と、今頃気がついたのですが)。

« DAO タワーメイジ:オリジン再(その3) | トップページ | DAO タワーメイジ:オリジン再(その5) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

MEやME2は、もともと「箱」用に開発されているので、グラフィックは「箱」の方がきれいだそうですよ。
「箱」も安くなっているので、いつかはお試しあれ。
大画面のTVも生きますしね。

ただ私の場合、もともとコンピュータでシューター・ゲームをやっていたので、いまだに,コントローラーのスティックでのエイムが苦手です。
というか、スティックでヘッドショットを決められる人の指の構造が理解できません(苦笑)。
そこで、有線でコンバーターをつないで、キーボードとマウスで戦闘を行っています。
ところが、スキルを発動しようとすると、「箱」なのでサークルが表示され、サークルはキーボードでは操作しきれません。
なので、コンバーターにはコントローラーもつないであり,急いでコントローラーに持ち替えてスキルを発動しています。
こんな苦労をするよりスティック操作を修業した方がいいのかもしれませんが,マウスによるエイムがやはり最高だと思うんですよね。

 あー、同じかもしれない。MMOでWASD+マウスに慣れちゃったせいか、PS3のスティック移動も相当きついですw。エイムは、あったらオートエイム入れちゃう。ME2にはなさげだから辛そうw。
 MMOといっても口開けてクリックゲーではなく、クラスによっては全部でショトカ20-30個くらい駆使するニッチなMMOで、パーティメンバーの罵倒を浴びながら相当鍛えられたんですが、コントローラだと修行も一からやり直しですねw。
 
 X360向けがメイン、てのは洋ゲーは多いですね。 今のところX360のみというケースは少ないので躊躇している次第。
 楽だからついでにPC版も出してやっか、というメーカーのお恵みをいただけてるんでしょう。PS3は作り手には敷居が高いそうで。
 同じくWii専用ゲームとか指くわえてみてるだけです。
 PS3ファンボーイではないですから、誤解なきようw。
(ニーアはX360よりPS3のほうが主人公キャラの見た目が好きというだけです)

 ちなみにK製MMO(即やめた)のため購入したベルケンの左手。当初はどーかなーと思ってましたがPCゲーやるときは、もう手放せません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34335335

この記事へのトラックバック一覧です: DAO タワーメイジ:オリジン再(その4):

« DAO タワーメイジ:オリジン再(その3) | トップページ | DAO タワーメイジ:オリジン再(その5) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31