フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« DAOA ブラックマーシュ(その2) | トップページ | DAOA ブラックマーシュ(その4) »

2010年3月26日 (金)

DAOA ブラックマーシュ(その3)

Screenshot20100322200545321
「あなた方、ここの魂とは違うようですね・・・。一体どうやってここへ?」 

Screenshot20100322200553353
「無理矢理連れてこられた? それはまた面妖な・・・。
 ここは祖父の遺灰を埋葬した場所です。祖父はブラックマーシュに最後まで住んでいた。彼が亡くなってから、村には過去のことを覚えてる人はもう誰もいないはず・・・」

 
んじゃ、君は誰だよ? 辻褄がちと会わんぞ?

Screenshot20100322200609981
「ああ、奴等がまたやってくる! 早く! 納骨堂の中へ!」

Screenshot20100322200705692
 今度はアンデッド・ウォーリアー。

Screenshot20100322200807798
 納骨堂への入り口ってこれ?

Screenshot20100322200911689
 アンデッド、アンデッド。


Screenshot20100322201116558
 これでもかってくらい、アンデッド。


Screenshot20100322201404640
 先に進むと。

Screenshot20100322201414766
 さっきの女性。いや、これはおかしいでしょ?
 どうやってここまでたどり着けたの?

Screenshot20100322201417697
「わたしのささやかな罠にようこそ」

Screenshot20100322201430636 
「なんて素敵な生き物、モータル(常命)ども。思い焦がれて飢えに苦しむ」
 もうこれは、あきらかにハンガー・デーモンの言い草。
 なのに、なぜかインティミデイトを使ってしまった。
「まさか俺たちに勝てるなどと思っていないだろうな?」

Screenshot20100322201440269
「まあ、確かにね。お相手はバロネスにお任せするわ。その後、残飯でも漁りましょう」

(インポートキャラでプレイしたときは、正体を暴きました。この記事の最後に追記)

Screenshot20100322201933240
 ついでにアンデッドも連れて行って欲しかった。


Screenshot20100322202319551
「止まれ! ブラックマーシュに何用だ?」
「ここから出るため手助けが欲しいんだが?」

Screenshot20100322202336950
「手助けして欲しいといわれても、こっちが助けて欲しいくらいだし・・・。
 一体どのくらいここにいたかもわからないくらいだ。
 我々を助けてくれるというスピリットが来ているから会ってはどうか」


Screenshot20100322202417183
 村人は数多くいるが・・・、

Screenshot20100322202433889
 話のできる相手はほとんどいない。

Screenshot20100322202503940
 ブラックマーシュは暮らすにはひどいところだが、それを我慢すれば泥炭集めで富が築けたらしい。

Screenshot20100322202510514
 村人が集まって何かの集会?


Screenshot20100322202521632
 中心にいるのは、スピリット・オヴ・ジャスティス。「正義のスピリット」。

Screenshot20100322202656588

Screenshot20100322202703639
「お前なぞ、もう恐れはしないぞ!
 魔女が出てこないなら、扉をぶち破れ!」

Screenshot20100322202710591
「迂闊なことをするでないぞ、皆の衆。バロネスは屋敷の中では手ごわい。無闇に突入すれば身を滅ぼすことになるぞ」


Screenshot20100322202721737
「そしておぬしらは何者だ? バロネスの手の者か? それともあやつに苛まれている迷える魂か?」

Screenshot20100322202740183
「オリージャンだ! バロネスの手先だ! 俺たちを葬りにきたんだ!」

Screenshot20100322202745353
「待て待て、みなの衆。このオリージャンについてまだ何もわかっておらん。そう結論を急ぐでない」
 さすが、ジャスティスの名に恥じない公平ぶりw。

Screenshot20100322202755180
「わが名はジャスティス。この地をつぶさに見て、いたいけな魂らが悪に苛まれていることにはらわた煮えくり返り、今救いの手を差し伸べんとしているところだ」

Screenshot20100322202804237
「現実世界ではバロネスが私たちを支配しておりました。私たちの子らを取り上げ、その血を暗く邪悪な魔法に用いていました。 
 私たちがあの女の邸宅を火の海にしてやったとき、最後の呪文で私たちみな、ここに飛ばされてしまったのです。それ以来、ここから抜け出すこともできず、今だあの女の支配から逃れられません」

Screenshot20100322202821524
「このスピリットはフェイドに詳しいはずだ。手助けすれば俺たちもここから救い出せんじゃないか?」

Screenshot20100322202826129
「バロネスが人々をここに封じ込めた張本人。さすれば抜け出すための一番の手掛かりもその女」

Screenshot20100322202842721
「おぬしら、正義の使命を果たす気はないか? バロネスと手下どもは強力だが、おぬしらはかなり腕が立つと見た。助太刀歓迎いたすぞ」
 なぜ時代劇調なのか、私にもわからんw。

Screenshot20100322202857574
「助太刀いただけるか。忝い。これであの女と真っ向から渡り合えようぞ」

Screenshot20100322202901830
「おう、真っ向から渡り合うね、気に入った。お喋りはうんざりだ! ぶっ殺せ!」

Screenshot20100322202914018 
「邪悪で強力なウィッチ! 本当に敵対する気?」
「そいつを打ち負かして、ここから脱出するための魔法を要求するのさ」
「なるほどね・・・」
 ほんとに、説得が簡単にいきすぎますよ・・・。文脈に関係ないが、このセリフの浮遊感、あえて入れときます。

Screenshot20100322202924509
「正面から割って入る。各々がた、手はずに抜かりはないか?!」
「おうよ!」(なぜ時代劇?w)

Screenshot20100322202932792
「あやつの罪は長きにわたり咎められずに来た! みなの衆、今こそ自由を勝ち取るときぞ!」

Screenshot20100322202944261
「おーっ!」

Screenshot20100327213642390
 討ち入りじゃーっ! ガッコーン!

Screenshot20100322202947547
「どけどけい!」


Screenshot20100322202953861
 もー、前口上長すぎるわねー。出待ちであくびが出るわ・・・。って両脇のはアッシュ・レイス、元々こういう顔(つか、姿)よ。

 長いのはこのエピソード面白いと信じているから。ご勘弁を。

**********

 ハンガー・デーモンが出現する分岐の場合。Awakeningではここにしか出ないから画像は張っておこう。プライド、ディザイア、デーモン序列ではその次にくるハンガー。飢餓とか貪欲とかでしょうか。

Screenshot20100327043959214

Screenshot20100327044003526

Screenshot20100327044006893

Screenshot20100327044008819

Screenshot20100327044052062

« DAOA ブラックマーシュ(その2) | トップページ | DAOA ブラックマーシュ(その4) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33943533

この記事へのトラックバック一覧です: DAOA ブラックマーシュ(その3):

« DAOA ブラックマーシュ(その2) | トップページ | DAOA ブラックマーシュ(その4) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31