フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その6) | トップページ | DA:OA アップデート »

2010年3月11日 (木)

【ME2】ポイント・オヴ・ノー・リターン

 さて判明しているコンパニオンのプライベート・ミッションはすべて終わりました。
 私の計画では、これでようやく、リーパーIFFを探しにいけるわけです。

 もちろん、プライベート・ミッションなんて無視していきなりIFFミッションに向かってもかまいません。そのほうがレネゲイドっぽいともいえます。ゲームの難しさは上昇しそうですけど。

 ここでプライベート・ミッションを振り返ってみます。  

 やたらと家族関係の話が多かったんじゃないかとお気づきの方もいるでしょう。

コンパニオン名、主要登場人物、ミッション目的、場所、主な敵

ミランダ、妹(父)、リロケーション、イリウム、エクリプス
ジェイコブ、父、救出、外宇宙、ハンター・メカ兵など
ギャレス、元部下、復讐、シタデル、ブルー・サンズ
ジャック、なし、破壊、外宇宙、ブラッド・パック
グラント、族長、アリーナ、トゥチャンカ、原生動物・ライバル
モルディン、元教え子、救出、トゥチャンカ、ブラッド・パック 
タリ、父、無実の証明、移民船団、ゲス
テイン、息子、暗殺阻止、シタデル、戦闘なし 
ザイード、元相棒、復讐、外宇宙、ブルー・サンズ
サマラ、娘、抹殺、オメガ、戦闘なし

 目的は途中で変質してしまうものもありますので(ジェイコブ、モルディンなど)、結構多彩ではあります。アリーナもの、裁判ものを入れるのはBiowareの定番ですね。開発はBiowareではありませんが、"Neverwinter Nights 2"では中盤の山場が裁判とアリーナでした。

 でもやっぱ家族関係ものが多いですねー。10人の半分5人がそう。グラント編はオキーアを父とみなすとか、一族を家族とみなすとかしてもいいのかもしれないけどやめときました。そこまでやるとジャック編もあの施設がジャックを育てたということだから入ってしまうので、こじつけ臭いし。
 ついで元同僚部下が3人か。やはり、ドラマ性を追求するとどうしてもそういった人間関係ものが多くなるのでしょう。

 ジャック編には、あの頭のおかしくなってしまった元実験台の男を入れないのか?
 ちょっと違うと思いますね。しいていえばあの実験施設そのものがミッションの重要な対象なんですね。そこが異彩を放っていると思いますので。目的も彼女だけは「破壊」です。何もかも吹き飛んでしまえ! 非常にわかりやすい。

 ザイードはギャレスとかぶりますね。意図的なのかネタ切れだったのかどうか知りませんが比較も面白いかもしれない。ザイードはアンタイ・シェパード、シェパードがダメな奴だったとしたらどうなる?、というモデルとして出したと私は思っていますので、シェパード信奉者のギャレスとの対比の意図もあったのかもしれません。

 書いていて気がついたのですが、テイン編、サマラ編ともシェパードがバトルをするシーンがなかったと思います。カットシーンでは戦闘に近いものはありますが、これは意外でした。
 無駄に戦闘を織り交ぜなくてもストーリーをひっぱっていくぜ、みたいな書き手の自信の表れなんでしょうかね。

 ただここは、ポイント・オヴ・ノー・リターン。バトルなしで済ませられるような相手はこの先はもう出てこないんではないのでしょうか。

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その6) | トップページ | DA:OA アップデート »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33718543

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ポイント・オヴ・ノー・リターン:

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その6) | トップページ | DA:OA アップデート »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31