フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その2) | トップページ | 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その4) »

2010年3月10日 (水)

【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その3)

 モリンスが相当ヤバイ相手であることは間違いないのですが、その手口を淡々と話すサマラもかなり怖い。 

 それと、画像忘れてますが、ネフの部屋を一通り捜索してVIPルームのパスワードを入手しておく必要があります。

9798
「モリンスのコミュニケーションは様々なレベルのものを駆使します。肉体は、想像を絶するエクスタシーを、香りは、長い間隠されていた感情の発露を、眼は、人に求めることが憚られていた欲望への答えを、声は、話し終わってからも脳裏に囁き続ける」

9803
「遺伝子異常というよりも、高度に進化した殺人者という感じですね」
「アサリが焚き火を囲んでいた遠い古代から存在していたもの。欠陥などではなく、共生のための機能なのかもしれません」

9805
「モリンスの棲家を急襲するのは誤りです。百通りもの脱出方法を用意していることでしょう。そして50年近くもどこかに潜って行方をくらます。実は今回が最も接近できたことになります」

9807
「つまり、誘き出せと?」

9808
「その通り! シェパード、私の心を読みましたね?!」
 いや、そない驚かれてもw。ふつうわかるじゃんね?

 アフターライフのVIPルームが、モリンスの最良の狩場となっているようだ。シェパードは単身、かつ丸腰でそこに向かう。
 モリンスはサマラの姿を見かけた瞬間に逃げてしまうが、戦場のアーチスト、あふれんばかりの才能を秘めたシェパードの魅力には勝てないだろう。
 シェパードがモリンスを連れ出すことができる。
 まさに「善は急げ」。VIPルームに向かおう。

9818
 「丸腰」というのは、着用装備も艦内時のものになるという意味でした。
 ソルジャーのシェパードにとっては、マーシャル・アーツを除けば、ふつうの人並の戦闘力しかなくなったことになる。これで最凶最悪のバイオティックであるモリンスと出会えと。

9819

9820
 シェパードは一人で行くしかない。プレデターが全てそうであるように、モリンスは非常に注意深い。シェパードはできるだけ目立つ行動をして、モリンスが興味を持ち近づいてくるようにしなければならない。

9822
 二人きりになったら、モリンスのアパートメントに向かうよう、うまく誘い出す。サマラは密かにふたりを尾行し、しかるべきときに罠を発動させる。
 サマラが到着するまで、シェパードは大変危険な状態におかれる。恐怖を植えつけようとするだろう。迂闊なことをしたらモリンスの手の内に堕ちる。

9825
 話もしていない時点で彼女の興味を惹くなど、可能なのだろうか?


 勇気や蛮勇はモリンスを惹きつける。身を守るため誰かを倒すと彼女は興奮する。ただ自分から戦いを買って出ると、彼女は退屈する。
 ナイトクラブの中を如才なく渡り歩くような手腕があれば、それにも興味を持つ。
 モリンスは、シェパードをひと目見た瞬間から手に入れたいと思うだろう。あとは彼女の警戒心をどうやって取り除くかの問題。 

9830
 モリンスは、力、直情的、精力的なことを愛する。優しさ、騎士道、従順さを嫌う。
 暴力で興奮する。シェパードは殺しに長けている。彼女が愛するだろう。
 ネフの部屋からわかったことでは、ハレックスというドラッグを服用して踊るのが好き、ヴァエニアのヴィドが好き。

9840
「シェパード、チャンスはこの一回しかありません。些細なミスを犯せば、モリンスは逃げてしまう。もしなにか心配になったら、ここに来て下さい。私はここで待っています」

9841
「そして感謝します。このような重荷をともに背負っていただきたい者など他にはおりません。シェパード、あなただけがそれをお願いしたい唯一の存在です」

9843
 エクスペル・テンのコンサートチケットどこで手に入るかしらねえか? あのすげえアサリが欲しがってるって聞いてよ。あのアサリのためなら何でもしてやりてえんだ。


9853 
「誰かをぶん殴りたい気持ちだが、ちょうどいいところにお前が立ってるな?」
「わ、わかった、他をあたるよ!」
 エクスペル・テンが好き。メモメモw。


9854
 心配しなくても、VIPルームにネタはたくさん転がっているようです。


9855
「あのー、誰にお願いしていいかわからないのですが・・・。ヒューマンで、ドラッグ漬けのようにも見えないお方、手伝っていただけませんか?」


 友人の女性が、地元で最悪のギャング仲間と一緒にいるため救い出したい。
 女性は潜入レポーターで、ギャング世界の内幕をレポートするため接触をはじめたのだそうだ。
 どうやらギャングは彼女の素性をかぎつけたらしく、彼女が間もなく大変な目にあう。
 彼女のところに行って、符合がわりに「ターミナル」と「エターニティ」という言葉を伝えれば、彼女は状況を理解してここから逃げ出すという。
 ところがこの男は、ギャングを前にして自分でそんなことをやろうとしたら、パンツびしょ濡れになるくらい漏らしてしまうので、困っていた。

9875
9879
その二つの単語を組み合わせて、よくわからない意味の文章を告げると。

9880

9882
「おしっこ行ってくるわ」

9883
「あんだと?ちぇ、早くしろよ。すぐここを出るぜ」

9884
 これはモリンスを誘い出す役目を果たすのだろうか?
 如才なく渡り歩くってのに該当するにしても、当事者以外、誰も知らないんだよね。

9887
 トゥーリアンがカツアゲがうまく行った話を吹聴している。目障りな場所に立っていると。

9888
「おい! ガン飛ばしてんのか? 何をジロジロみてやがんだ?!」

9889
「けちなウンコたれ二人が、自分たちは大物だと勘違いしてるが、実はそうじゃないことをこれから教えられる様子かな」

9890
「誰が教えてくれるんだ? お前か? ヒューマンは皆タフガイと勘違いしてやがる

9893
「お前よりはタフだぜ!」


9897
 わかりづらいが、ふたりともノックアウトしてます。


 バーテンにもなにかちょっかいを出せと。

9900
「お客は気のいい連中が多いようだが、皆飽きてるようだぜ。稼ぎを上げたけりゃ差し水がいるぞ」
「そうかな?そうだよな!」


9905 
「へい! 今日もみんな来てくれてありがとよ! 店からのプレゼントだ! 全員一杯づつおごりだ!」
 これも如才なく世間を渡るってことになるのかな・・・。

9907
「モリンスというわ。あなたここらじゃ一番面白そうな人ね。
 裏に暗くて静かなブースがあるわ。来て見ない?」

 お、上のどれが利いたのかはぜんぜん不明だが、釣れましたw。
 他にも色々ありそうなので、試してみました。

9948
 アサリに絡んでいるテューリアンを追い出して、代わりにそのアサリとダンスを踊るとか。

9951
 絡んでくるクローガンに、ガン飛ばしてへこませるとか。


 結局全部が有効なのでしょうかね。

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その2) | トップページ | 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その4) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33712482

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その3):

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その2) | トップページ | 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その4) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31