フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その4) | トップページ | 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その6) »

2010年3月 2日 (火)

【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その5)

 ここも長いです。セリフの前に語り手の名前を記載するのは稚拙な手段だそうなので、あまり使いたくないが、やらないと結構わかり辛そうなので、ここではちょと活用します。

7772
メイロン「私が自分の意思でここに来ていることを理解するまでにどれだけかかるでしょうね、教授」
シェパード「お前の弟子は洗脳によって協力を強制させられているのではないのか?」
モルディン「低蓋然性。メイロン正常。ボディ・ランゲージから見て標準的代謝状態」
メイロン
「よしてくださいよ、教授。あなたはそれに関して論文を書いていますよね。 強制的な行動修正は精神的な劣化を招くと。リーパーの洗脳にしろ、薬物のにしろ、試験体は常に高度思考能力の喪失を招くと」

7777
「洗脳、条件づけ、いずれも当たらず。他の種類の強制方法」
「彼は拉致されたのではないな。ジェノフェイジを治療するため自らすすんでここにやってきたようだ」

7779
「偉大なる医師ソラスに異議を唱えることなどできましょうか? 私はあなたの学生でした。あなたを見て育ったんだ!」

7781
「ここで行われている実験、人体実験! 捕虜を利用! 拷問と処刑、お前の仕業か?」

7782
メイロン「この手にはすでに数百万のクローガンの血がこびりついてるんですよ、ドクター。大業を成すためあと少しだけ犠牲が必要なら、私は受け入れる」
シェパード「ここでお前が行っている実験を心から正当化できるんだな?」
メイロン「私たちはすでに文化的皆殺しを実行したんだ! これから何を行っても、もはや正当化などできはしないんだ!」

7785
メイロン「この実験は化け物じみたものですよ。なぜなら、私自身が化け物になるように教わってきたからだ」
シェパード「モルディン? 今までもこのような実験を行ったことがあるのか?」
モルディン「否。メイロン、我教えず」

7790
「は、ご自分の手は汚れていないと?! この地面が数百万のクローガンの血で塗りたくられているときに、そんなことはどうでもいいことだ。
 あなたは目的が手段を正当化すると教えてくれましたよね。私は過ちを元に戻そうとしてるんですよ、教授。自分の知っている唯一の方法で」

7793
「ジェノフェイジが治療され、それでクローガンがまた急激に増加したら? お前は結果に責任が取れるのか?」

7794
「クローガンの人口が回復し、大混乱と戦争が巻き起こる。私たちの残虐行為を正当化する理由がそれだった。
 だが銀河を見て下さい! トラヴァースでバタリアンが非道の限りを尽くし、ゲスはシタデルに侵攻した。どこら辺がより平和な銀河になったとお考えでしょう?

 ヒューマンの殖民地であるエデン・プライムの惨劇も、クローガンを治療していれば起きなかったかもしれない。誰にもわからないのです」

7797
「お前は虐殺の話をしているが、ジェノフェイジは死に至らしめる手段ではない。不妊率を変更するだけだ」

 んー、ここら辺がこのエピソードに最後まですんなり入り込めない理由ですかねえ。シェパードの性格が分裂してるように感じられる。性格ではなく立場かな。
 モルディンと話すときには「ジェノフェイジは殺人だ」といい、メイリンと話すときには「殺人ではない」という。
 選択肢によっては、もしかしたら一貫してどちらかの立場を維持できる道があったのかもしれないです。よく考えずに選んでると私のような第三者的な「お上のお裁き」みたいな態度になっちゃってますよね。どっちつかず、現実に身近にいたら最低の奴ですよね、H山みたいに。すごく当たり前にそこら辺にいそうですけどねー。

7798
「クローガンは出産可能なメスを争奪するようになる。傭兵や海賊になるのは彼らにはそれしか生きる道がないからだ。
 今頃クローガンは、文化的ルネッサンスで繁栄していたかもしれないんですよ。彼らにはこの現実がふさわしいのだと私たちが余計な掣肘を加えていなければ!」

7800
「不正確。人口増加の帰結は戦争。シミュレーションは明瞭!」

 ウェイルロック族は、必要な資源と、実行する意志の両方を兼ね備えていた唯一の部族であった。メイリンが協力する気になったのもそのためだった。
 またメイリンはジェノフェイジ修正プロジェクト時代のアクセス権を利用していた。彼もまた祖国(母星?)の英雄であり、望むものは何でも与えられるのだ。

7805 
「メイロンは、どう考えても救助を必要としていないな。どうする、教授?」
「終結、必至」

7856
「結局、事実と向き合えないわけですね?! あなたの優れた知性が、このような残虐行為をもたらしたという事実と!」

7863
 特殊部隊出身ですから、メイロンのガンを難なく取り上げ、逆に突きつけるモルディン。
「実験許容外、目標許容外、改心不可能、選択肢限定、殺す以外なし」

7810
 はいはい、パラゴン・チェックですね。傍観者兼介入者ゲームですもんねー、よっこらしょと。

7812
「モルディン、よせ、お前は殺人者ではないはずだ」

 長くなってきたーw。5回では終わらなかった・・・。6回目に続く。

« 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その4) | トップページ | 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その6) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33595996

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その5):

« 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その4) | トップページ | 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その6) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31