フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その1) | トップページ | 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その3) »

2010年3月10日 (水)

【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その2)

 三度再びオメガへ。アリアのいるアフターライフに向かう。
 よくよく考えたら、「大都市」と呼べそうなところはオメガ、ノス・アストロ、そしてシタデルの一部分しか登場しないのであった。クォリアン船団のラーヤも居住場所には違いないが買い物もできなかったし、トゥチャンカはキャンプ地って感じだし。
 開発負荷の問題があったのでしょうが、ちょっと寂しい気がします。ME1でも都市機能はほぼシタデルのみでした。

9721
 アフターライフ。

9722

9723
「今度は何の用事だ?」
この表情だと、表面上の美しさと裏腹な強欲な悪党という感じが良く出てる。 

9724
「アサリの逃亡者を探している。アルダット・ヤクシ。オメガにいるはずだ」

9725
「なるほど・・・、アルダット・ヤクシだったか! であれば、あそこまで遺体に何も残っていなかったのもうなずける」

9727
「あなたは彼女を消そうとはしていないの?」

9728
「なんで? まだ私を誘ってもいないよ」
 アリアてば、ジャスティカーを目の前にしてることに気がついていないのかw。あるいは悪党としての度胸が半端じゃないってことか。

9730
「一番最後の犠牲者はわりと綺麗な若い女だ。このすぐそばの貸しアパートに住んでいた。あたしだったらそこから探すかねえ」

9736
「見つけられればいいけどね、捕まえるのはもっと大変だろうね」

9738
 闇の都市オメガでもさらに暗部と言える地域。
 プロフェッサーをリクルートするため向かった地区もこの奥にある。


 余談ですが、この「狂った預言者」というネタは、Biowareの"Star Wars: The Knights of the Old Republic"に登場する預言者の自己パロディですね。
 あちらでは主人公がわけのわからないことを言い続ける預言者をコテンパンにするって選択肢があったんですが、こちらではただ話を聞くことしか出来なかったのかな。
 ま、狂った預言者ネタは他にもBGII、NwN、どこにでも登場するんですけどね。

9739
 ガイシャの母親。ダイアナ。
 娘のネフが一週間前に殺されたのに、なんの捜査もはじまってないという。

 法外の地、オメガにはC-SECのような捜査機関なんて存在しないのでしょうが、傭兵組織のセキュリティすら動いていない。死因は脳溢血、つまり自然死だとされたためのようだ。
 だが母親は殺人に違いないという。

9743
「我々も殺人と考えている。犯人を探している」
「ああ、ありがとうございます! 一人ぼっちになってしまった今、誰も私を信じてくれないのは余りに辛すぎます。でも・・・あなた方はアリアの差し金?」
「いや、誰の差し金かはこの際関係ないでしょう」

9746
「この地獄のような街では娘の死に誰一人見向きもしなかった。なにかしていただけるなら、私もできるだけのお手伝いをします」

9768
 娘は、あまり友人の多い子ではなかった。彫刻づくりが好きで、部屋に長い間閉じこもって創作していることが多く、外で大勢で騒ぐタイプではなかった。

 内向的な性格だが内部に火を秘めた、クリエイティヴな子であったという。

9769
「クリエイティヴ? どのように?」
 サマラが食いついた。何かの手がかりか?
「彫刻家だったんです。彼女の作品は新鮮だったようで、芸術ギャラリーがいくつか興味を持っていました」

9751
 だが、ここ数週間で大きく変わった。モリンスという新しい友達のことを話はじめた。
 ダイアナは、モリンスがキライであった。毎晩娘をナイトクラブに連れ出すし、娘にドラッグを教えたに違いないから。
 ダイアナ自身はモリンスに会ったことはないが、娘の話し振りはまるで「女王様」に対するようだったという。娘がモリンスの話をするとき、世の中には他に誰も存在してないと考えているようにすら思えた。


9755
「馴染みのある話だね。サマラ、モリンスは娘さんをドラックでコントロールしていた?」
「いや、彼女は純粋に意志の力でコントロールします。ドラッグはただのライフスタイルでしょう。ナイトクラブが好きで、ベースのサウンドが好き。快楽主義者」

 娘は、オメガのアフターライフのVIPルームによく出入りしていたらしい。
 入るのにはパスワードかなにかが必要だと言っていたが、娘の部屋を探せばパスワードの手がかりが見つかるかもしれない。

9759
「やっぱりこのモリンスが娘を手にかけたんですか?!」

9760
「私が犯人に対して正義を履行します」

9761
「娘さんはもうすぐ安らかに眠れますよ。誓います。
 娘さんの部屋で手がかりを探してもよろしいですか?」

9774
「娘が残したそのままにしています・・・。なにも動かしたくない。娘はもういない。もう戻らない・・・」 パラゴン・チェックは優しく抱きしめるですね。

9777
「すみません、本当に娘がいなくなったことが辛くて・・・」

9779
「気にしないで下さい。誰にとっても辛い」
「娘を喪う辛さは、痛いほどよく知っています。かならず復讐を果たします」
「ありがとう。殺人者を捕まえるために必要であれば、娘の部屋をお探しになってください」

 ネフの日記を読む。

9786
「ジャルートの名前を言ったら、アフターライフのVIPルームにいれてくれたわ! みんなが私のことを見てる!
 一番美しいアサリが近づいてきて、一緒にダンスを踊ったわ! トランス状態ってこういうことなのね! また明日も行かなくちゃ!」

9790
「私ってヘンタイ? モリンスは女の子、しかもヒューマンじゃないのに・・・。
 ダンスしている間にモリンスが私を見つめる目。飢えて、待ち望んでいる目・・・。
 あんな目で見つめられたことは今までなかった。今晩、モリンスとキスをした」


9794
「今晩モリンスのアパートメントに誘われたわ。何が起きてもずっと彼女のそばにいたい。
 私の彫刻を売ればいい。そしてどこか、モリンスの好きなヴィド、『ウィメン・イン・ヴァエニア』に出てくるような豪華絢爛な場所に住むの。
 あぁ、どうして私のような子にこんな幸せが? オメガの掃き溜めから生まれたゴミのような女に?」

9797
 モリンスの仕業。アーチストやクリエイターに魅せられる。才能があって、仲間の群れからは少し距離を置く者。
 洗練された振る舞いとセックスアピールで獲物をとりこにする。そして攻撃。彼女にとっては、そうした狩りの過程も、征服することと同じくらい楽しい。

9800
「400年ものあいだ、知性ある獲物を狩り続け、しかも捕まってもいない。我々には相当の注意が必要ってことでしょう」
 

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その1) | トップページ | 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その3) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33696709

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その2):

« 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その1) | トップページ | 【ME2】ジ・アルダット・ヤクシ、サマラ、(その3) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31