フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 雑記 | トップページ | 【ME2】ザ・プライス・オヴ・リヴェンジ、ザイード(その2) »

2010年3月 8日 (月)

【ME2】ザ・プライス・オヴ・リヴェンジ、ザイード(その1)

  DLCで本編NPCを追加というのは、Bioware(つか、きっとゼニ儲け命のEA)の発明だろうがあんまし好きじゃない。

 Biowareの以前の作品のエキスパンションに出てくるNPCは本編では動けない。
 "The Elder Scrolls III: Morrowind"のエキスパンション"Tribuna"に出てくるNPCなど発想は今のものに近いが、限定地域しか連れまわせない、戦闘をヘルプするただのフォロワーに近くてインタラクティヴ性はほぼない、つまりフルのコンパニオン、ヘンチマンではなかった。

 好きじゃない理由は単純明快。味噌っかすだから。
 どうしても本体との融合がうまくいってない気がするし。
 最悪なくても間に合うってことだし。
 なにが不満って、NPCに何が起きてもME3に引き継がれるとは思えないし。
 Originsのシェイルは、元々はオリジナルコンテンツ入りを予定されていたそうなので、他の部分と遊離しているような気になる点は相当少なかったけど、ME2のザイードは本当に、いてもいなくてもどうでもいいかな、って感じだ。
 特に一人目主人公シェパードがソルジャーの私の場合、役割かぶります。

 融合がうまくいかないことを避けてる証拠ナンバーワンは、リクルートできるのがいちばん最初だということに端的に現れています。他のコンテンツに干渉しないようにって意味だよね。

 色々言い訳してますが、要するに一人目主人公でリクルートシーンの画像撮り忘れたんだ、すまん!

 そこだけ二人目主人公の画像でやります。連続性の問題は見逃してくだされ。

13153
 ザイードはオメガにドッキングしてすぐに発見できる。逃亡者バタリアンを取り押さえているところのようだ。

13154
 わかりやすく蹴りとかいれてます。

13156
「助けて・・・」といわれても助ける選択肢は出ないので無視。

13158
「ザイード・マサニ?」

13160
「シェパード艦長か。これから銀河を救うらしいな。
宿題は済ませてるぜ。サーベラスが全部教えてくれた」
これでヒューマン40歳とか、何かが間違ってると思う。

13165
「二人組とは聴いてなかったけど?」
「こいつは借金踏み倒しのバタリアンだ。どっかの大金持ちがマジぎれしたらしく、ザイード様の『生きたまま連れ帰る』割増ボーナスまで払ってくれる」

13167
「ほんとにやってないんだ!」
「黙れって!」

13168
「銀河中にニセの足跡残したつもりだろうが甘いな。この手の連中は決まってオメガに集まるんだ」
「そのバタリアンはどうなるの?」(あんまり興味ないけど)
「さあな。賞金もらったら後は知らん」

 あれ、なぜか他のコンパニオンみたいに丁寧にやってるなw。はしょろう。 

13173
 自殺任務に志願する傭兵は余りいないのではないか、と訊くと、確かにアンパイの仕事じゃないが、とにかくサーベラスの払いが半端ないそうだ。そんだけ。ハイリスク・ハイリターン。

 ただ契約するにあたり、ひとつだけイルーシヴ・マンに条件をつけたという。
 ヴィド・サンチャゴ。ブルー・サンズの全組織を束ねる首領が、先ごろ惑星ゾーリャのエルドフェル・アシュランド精錬所を占拠し、従業員を奴隷代わりに使役しているという。精錬所の所有企業は排除を要望している。
 プライベート・ミッションまでいきなり最初から提示されてしまった。

13203
「いいわよ、ってかやるしかないんっしょ? ダメだって断る選択肢出なかったし」
「結構。そっちに早いところケリをつけて、銀河を救う英雄仕事に勤しもうぜ」
 とか話してる端から逃げ出すバタリアン。まるでそれを待ってたかのようにガンを撃つザイード。

13196
 命中。

13198
「腐臭がしはじめる前に届けとくか。そっちが殺しの仕事はじめるまでにはバッチリ準備整えとくぜ、シェパード」

 ・・・。
 ステロタイプすぎる。

***********

 いちばん最初にプライベート・ミッションを教わるが、実際にやるのは後ろから数えて何番目w。

9212
 館内ではゴミ処理場のそばの倉庫にいる。他のコンパニオンと異なり、まったく訪ねなくても問題ないはず。しかもカットシーンすらなく、会話は全部通常画面で表現される。DLCだからか。

 回りにおいてある戦利品の自慢話と武勇伝がちょっとだけ面白いかな。大昔に使っていたライフルとそれにまつわるエピソード(ジェシーという女性の名前をつけているあたりがヤバイってことか)。クローガン・ウォーロードのヘルメット(ザイードがたまたま乗り合わせた宇宙船をハイジャックしようとした運の悪い奴)。テューリアンの宇宙船の模型と実機を数名チームでサボタージュした話(チームで自分だけ生き残った)。それらのトロフィーをこれ見よがしに飾っているのも相当のナルシストだって意味ですね。 
 サーベラスのエージェントも沢山殺しており、50名で数えるのをやめたそうだ。

**********

8917_2

8918_2
 惑星ゾーリャ。ブルー・サンズ全組織のホームベースとなっているようだ。
 潤沢な鉱物資源がほとんど手付かずであるので、自給自足可能な好立地ということか。
 ブルー・サンズは鉱山企業などの保安契約を独占しているが、それを利用して惑星全体の実質的な支配者にもなっている。


8920_2

8923
 シェパード艦長がたしかヒューマン30代後半という設定です。ラザレス・プロジェクトの「再構築後」に加齢があるかどうかしらないし、死んでる間の二年間年齢カウントするのかどうかもしらないが。
 しかしこのザイードが40歳?
 ミランダ35歳独身が完全射程距離?


8928_2
 もうひとりのコンパニオンはゴタゴタ、揉め事全部オーライのジャックに決まってます。

8929
 ブルー・サンズの通信を傍受するとか、元傭兵らしく小技を駆使するザイード。

8931
 傍受成功。噂のヴィドって奴が、不審なシャトル(シェパードたちのもの)が着陸したので警戒しろと命じてる。しかしザイードにしろ、ヴィドって奴にしろ、悪党はみんな自分で仕事したがるんだな。部下も仲間も結局は他人、信用できないと大変ですねw。

8934
「後ろから撃ち殺して死体は腐るに任せる。ヴィドのやり口だ」というザイード。自分のほうがましだともいいたいようだが、結局五十歩百歩の気がする。

8940_2
 ブルー・サンズの本拠地ですから、いつもにもまして警戒厳重。


8942
 ザイードにスナイパーライフル使えといってもなかなか撃たないので、シェパード自ら活躍。自分で仕事してるとか、悪党とあんまり変わらんな!

8951
「侵入者が生きてるうちに退却した奴は、俺がこの手で撃ち殺す!」と無線のヴィド。
 ヴィドは昔からまったく変わっていないな、とザイードがつぶやく。
 ザイードは昔からヴィドを知ってるんだろうが、こっちはそんなことはどうでもいい。2人とも昔からただのステロタイプの悪党だってことだ。 

8954
 話は違いますが、この連絡
橋はなかなか洒落た趣向でした。風光明媚なとこやねえ。
 私もジャックみたいに景色しか興味がないふりでもしたいんだが・・・。




« 雑記 | トップページ | 【ME2】ザ・プライス・オヴ・リヴェンジ、ザイード(その2) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

ザイードは,本当に,いてもいなくてもいいオッサンですよね。
特に私のシェパの場合,基本的にソルジャーなので,専門が完全にかぶり,Zorya以外には連れて行けるところがありません。
(アデプトなどの場合はそこそこ使えるかもしれません)
ただ,ザイードのお助けミッションを行うと武器のアップグレードが行え,確か,ここでヘヴィーウェポンのアップを見つけておかないと,ヘヴィーのアップはコンプできないような気がします。
ザイードとジャックを組み合わせると,瞬間沸騰の最凶コンビという感じで,レネゲイドにぴったりですが。
あと,ザイードをさっさとリクルートすると,「コレクター・シップ」の強制ミッションが早めに始まってしまうそうです。
「コレクター・シップ」は中盤でもっともきついミッションなので(プレトリアンとハスクのコンビ攻撃が最悪),アップグレードが少しでも進んでからになるように,できれば後に延ばしたいものです。
というわけで,私は,2周目にはザイードはずっとほっておきました。
用があってオメガを訪れるたびに,所在なげにザイードがぽつねんと立ち尽くしているのが笑えました。
DLCであと儲けというのは,どこのメーカーでもやってますが,私も好きではありません。DLCなど,本来は「アフターサービス」として無料にするべきところです。
ですがまぁ,本編にほとんど関わらない今回のようなケースは,スルーも可能ですから,むしろ「良心的」ではないでしょうか。
本来本編に組み込むべき要素をあえて欠落させて,DLCで売り込むというゲームもありますからね。

シェパードは,2154年の生まれで
ME1の事件が起ったのは2183年。
ですから,ME1の頃のシェパードは29歳で,2では31歳。見事にアラサーです。
10歳も老けさせては,特に女シェパの場合,失礼ですよ(笑)。
ゲームでは,以下のようなシーンがあります。
シェパードが宇宙出身の場合,ME1のシタデルで,元大尉のザパレータに呼びかけられるアサインメントが生じますが
(ザパレータはシェパードの母親の知り合いだったが,バタリアンが地球人植民地を襲った際の悲惨な光景が元でPTSDに苦しみ,軍を離れて,今はホームレス同然の身)
「前に会った頃おまえはハイスクールだっただろ,覚えてないか」
というようなことを言っています。
そして,「バタリアンによる襲撃が起ったのは13年前だ」と
シェパードの母親が通信で語っています。
ここからも,シェパードがゲームの時点でアラサーだということがわかります。

 ザイードを見捨てるケースは、レネゲイドでは出ないようなのでw、私は次のパラゴン主人公でやるしかないですね。
 そもそも本編のアチーブメント・コンプをDLC任せってのが事実ならやっぱ商魂たくましいと言わざるをえませんねw。個人的にはアチーブメントは後からついてくるものなんで余り気にしませんが。
 
 シェパードよりミランダが年上なんですか・・・。そのわりには何てガキっぽい(好きだけどw)。
 ラザレス・プロジェクトの後、これから先、シェパードは普通に年を取るのかどうかが気になるところですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33676432

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ザ・プライス・オヴ・リヴェンジ、ザイード(その1):

« 雑記 | トップページ | 【ME2】ザ・プライス・オヴ・リヴェンジ、ザイード(その2) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31