フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

DAOA その後(アフターマス)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 今回でDAOA、Awakeningは一旦終了。あと少しだけオルタナティヴ(別主人公編)を書くかもですが、ひととおりエンディングまでは終わった。
 感想は次回。今日はもういいw。
 おつかれ、おやすみ!










続きを読む "DAOA その後(アフターマス)" »

DAOA エンドバトル(その10)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 "The Witcher 2"の記事をようやくまともに読んだ。あの画像の赤毛の女性は"The Witcher"にも登場したトリス・メリゴールドだという。ちょっと許せない。なんで、なんであんな不細工になったんだ?

975399_20100323_790screen001
 こんな画像、二回も張りたくないんだが。
 こんなん、トリスぢゃないやい!
 今後モデリングを改良することを切に期待する!

 いや、知りたかったのはそれではない。この画像からもわかるが、コンパニオン2名体制? ほとんどがソロ・バトルだった前作と異なり、パーティ・バトルになったのか、どうかということ。
 下のレビューの引用によれば、んー、微妙に中間的な位置づけ。

"The Witcher 2"で、コンパニオンは躊躇なくよくしゃべる。だが前作同様、プレイヤーの直接コントロールはできず、彼ら自身で状況を判断して戦い、またしゃべる"

 「バンター」、Originsで特に好評を博した(そしてAwakeningで生煮えのまま見せられて閉口した)、コンパニオン同士のおしゃべり、それを大々的に取り入れている。しかもOriginsでは常にコンパニオン一対一であったのに対し、複数間でのやり取りもあるという。
 
 コンバット方面では、"The Witcher"の(少なくとも私はキライだった)、画面に不意に表示されるアイコンを見てジャストのタイミングでマウスをクリックしないと、攻撃がスカったり、必殺技が出なかったりというシステムは(レヴュアーが観た初期版では)排除されたらしい。もっと自由な操作が可能になっているとか。それは嬉しい。あの仕様だけはいらないと思ったんだ。しかも必殺技のモーション中は入力ロックみたいになって、逆に周りの敵からボコられるとかイライラすることのほうが多かったから。
 それ以外には、敵のスタイルや状況によって、DEX系のすばしこい敵用、STR系の一発屋の敵用、周囲を包囲された場合用などのコンバット・スタンスを変更しつつ戦わないと、思い通りに攻撃が決まらない、という点はまだ未確認のよう。
 
 これ以上記事を読むと、初期のストーリーが全部わかっちゃうんで、ここら辺でやめておきます。
 問題は、完成がまだまだ先のようだということ。PC版のリリース予定は"early part of 2011"とは言っておりますけど。









続きを読む "DAOA エンドバトル(その10)" »

DAOA エンドバトル(その9)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 これは完璧、自分用メモ。

 4Gamerの紹介しているフィンランドのゲーム、「トライン ザ ロストレリック」が、興味をそそる。 
 無料体験版があるので、試してみようかな。
 日本語版はPS3版。もっともフィンランド語のPC版あっても遊べないけどw。ああ、英語版がすでに輸入されてたのか。

http://www.4gamer.net/games/107/G010794/20100331023/

 その記事のすぐ下の記事のゲームもそそるがw。










続きを読む "DAOA エンドバトル(その9)" »

DAOA エンドバトル(その8)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 ココログのヴァージョンアップなるものがはじまってるので、画面デザインをしばらく試行錯誤しております。レイアウト的に見にくいときがあるかもしれませんが、ご了承下さい。
 北米仕様にすると、アルファベットがダッサイ日本のフォントじゃなく、本場もんのフォントになってよい、また記事のスペースが広くなったような気がしてうれしいのですが、読むほうからみたら読みにくい可能性があるかもしれない。
 画像写真はもう少し大きくてもいけるか? 少し試してみます。

 ココログって有名人が多いから、だいぶ昔からやってるのかと思ったら、意外と発展途上だったのかな。
 こちらとしては、むしろ画像アップの手間を改良して欲しいんだが・・・。
 ツールバーの画像アップアイコンはいたるところにつけて欲しい。そうしないといちいち画面の一番上まで戻らなければならないので生産性がとても悪い。

 まあ通常ですと昼休みのラーメンの画像一枚アップぐらいが普通だろうから、こっちみたいに通算何千枚、もうすぐ一万枚とかアホなアップしてる奴の発言はキレイに無視だろうけどさ・・・。(そもそもブログでやるな? わかってるけど、他の方法、面倒なんだもんw)









続きを読む "DAOA エンドバトル(その8)" »

DAOA エンドバトル(その7)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 前記事に書いた"Drakensang: The River of Time"。本国独語版はすでにリリースされて、エキスパンションまで用意されているようだ。ところが英文ホームの説明を見ると、「リアルタイム・コンバット・システム」ではなく、「ターンベースト・コンバット・システム」になっているのですごい気になってきた。

 リアルタイムでなければダメなど言ってるのではないです。TRPGを再現するんだからターンベーストのほうが合理的かもしれないんだが、なぜわざわざ変える?という点。
(ターンベーストでD&D3.5を再現した奇作"The Temple of the Elemental Evil"は十分楽しかったが、開発元が財務的に破綻したらしく、ゲームストッピング・バグの訂正もしない状態のまま歴史の闇に消えていった・・・)
 
 気になってしょうがないのでドイツ語版で遊ぶという暴挙に出ようかと思ったが、私のドイツ語はおそらく幼稚園か小学生低学年程度w。プレイ画像かデモ版(独語)がどこかにあるとの噂もあるで、そのくらい遊ぶならバチは当たるまい。探すことにする。









続きを読む "DAOA エンドバトル(その7)" »

DAOA エンドバトル(その6)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 ここに書くネタに困るかと思ってましたが、ぜんぜん大丈夫だ。
 GameSpotに"Drakensang: The River of Time"の画像がアップされている。
 前作、"The Dark Eye: Drakensang"は、ちょうど一年前くらい、2009年2月に英語版が出回った(本国独語版はもっとずっと前からあったようだ)。洋物CRPGが枯渇していた時代であったので、八方手を尽くして入手し、あっという間に最後までプレイしてしまった。
 ドイツではD&Dがライセンス関係の問題(料金が高すぎる?)であまり普及していないため、この"The Dark Eye "、独語で"Das Schwarze Auge"というTRPGが、ダントツの大人気だそうです。
 "The Dark Eye: Drakensang"が、この"Das Schwarze Auge"のルールを忠実に再現しているという前提で話をすると、D&Dに比べて「キャラメイクの計算が複雑」、「魔法がえらい地味」という点が指摘できるが、キャラクター・クラスなどの発想はD&Dワールドとそれほど大差ない。
 ただしD&Dのハイパーインフレ装備、マジックに慣れた特に北米ゲーマーの目からは「おじんくさい」という酷評もあり、ジェネリックなCRPG、凡庸との評価を受けてしまったようだ。

 たしかに巷の評価のとおり、ルールを自分で把握しようとするなら複雑怪奇だし、マジックはエンドバトルまでしょぼいまま。つうか、エンドバトルがしょぼいw。
 でも全然ふつうに楽しく遊べました。わりと面白いエピソードもあるし、おねえちゃんたちはそこそこ可愛いし、パンチラもあるしw。
 一番重要なのが、"Dragon Age: Origins"や"Mass Effect"同様のパーティ・バトルなこと。今となっては和製RPGを除くと、MMO以外ではあまりお目にかかれなくなっちゃいました。
 このシリーズもBiowareの"Baldur's Gate"シリーズの後継を目指しているのは間違いない。

958188_20090217_790screen001
 この公表された画像。すごく気になるのは、この倉庫の舞台とか、キャラの様子が前作と完璧同じなこと。モンスだけは違うけど。まだ開発初期の段階の画像と信じたい。
(ドワが左利きだとか画像裏返しか?)










 

続きを読む "DAOA エンドバトル(その6)" »

2010年3月30日 (火)

DAOA エンドバトル(その5)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 またここを書くのを忘れてしまった。
 ゲーム終盤で入手できる最強の剣、Vigilance。
 どうやらグラフィックに不具合があって、DLCウォーデンズ・キープのStarfangのグラフィックが間違ってあてがわれることがあるようだ。
 私がそうだった。
 解決策は、ウォーデンズ・キープを一時ディスエイブルにする、というものだが、Originsも並行して遊んでる私としては、いちいちオンオフは煩わしい。
 しかも、一旦入手してしまうと、DLCを切ってももう画像が切り替わらないという説もある。

 コミュニティ・メンバーが、ユーザー・モッドを作ってくれた。

 http://www.dragonagenexus.com/downloads/file.php?id=874
 
 ここにある、"Vigilance-Starfang Graphic Fix v1"というファイル。
 マイドキュメントの中のオーヴァーライド・ファイルを探して突っ込むと修正される。
 Dragon Age Nexusは、ログインが必要かもしれない。

 ところが、せっかく撮ったロンソ、グレソの真正Vigilanceの画像をネットサーバに入れるの忘れた。
 後日追加予定。
Screenshot20100329223454630
 ロングソード。

Screenshot20100329224025381
 ロングソード。

Screenshot20100329224331036
 グレートソード。

Screenshot20100329224518977
 グレートソード。










 

続きを読む "DAOA エンドバトル(その5)" »

DAOA エンドバトル(その4)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 Bioware謎のカウントダウン、見事に期待を裏切られましたw。
 ただし私の予想は大方あたりです。みんな私を褒めなさいw。

1.懸賞プレゼントの「ギヴアウェイ」と考えて問題ないでしょ?
 投票ポイント(Token)はアカウントがあればもらるわけだから。

 そのほかのToken獲得方法は、DAO、ME2、DAOAのゲームをユーザー登録する、その3つのゲームのクイズに答えるなので、満額勝ち取れる自身はあるのだが。
 問題は、「有資格者がUS在住者」に限るという点ですが、こういう懸賞ものは国家間での租税条約等が面倒で厳しそうですからやむを得ない。
 特段欲しそうなものもないし。そりゃ新PCただでくれるなら欲しいけどw。

2.Tokenは「チャレンジ」に合格してももらえる。ツイッターの設問に、Biowareらしく「しゃれた回答」を書いて審査の上合格者を選ぶというものですから、シナリオ懸賞までいくとこじつけですが、かなり近い。というかほぼ同じことでしょ。いや、まさしくそのことを言っていたんだ、私は。
(・・・牽強付会ってコトバ知ってます?)

 参加できないイベントをいくら解説してもむなしいだけだ。

 冷たく突き放すと、ツイッターや、インターネット・オークションをツールとして導入しつつも、ようは「コアな顧客の台帳」を整備・拡張しようという、古くからのマーケティング手法そのものである。
 「ロイヤル層、リピーター層の拡充」ってやつね。すごく正しいけどすごくMBAチックで普通すぎ。
 そういう派手な空中戦はむしろパブリッシャーに任せて、ディヴェロッパーはコンテンツで戦って欲しいなあ・・・。(でもカウントダウンで日本を除く世界中の耳目が集まるってことはBiowareのネームヴァリューのほうが集客力あるんだね)









続きを読む "DAOA エンドバトル(その4)" »

2010年3月29日 (月)

DAOA エンドバトル(その3)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。
 そろそろ、ここに書くネタを考えるのに時間がかかり始めるという本末転倒なことになっていますが、そうねえ・・・。
 11月にOrigins、3月にAwakening、完全に四半期決算を見据えたリリースのタイミングなわけですが(EAは北米では珍しく会計年度4月スタート)、この先6月、9月にも出してくれないかな。次の12月にはME方面で何かありそうだとの話だし、翌2011年2月にはDA2が(予定どおりなら)リリースされるわけだから。
 6月はDLCかなあ。
 エキスパンション・キットの第二段が9月とかだとうれしいんだが、Awakeningのように40ドルも取ろうとしたら、レベル1からレベル35ー40くらいまでの全く新しい一気通貫のストーリーでないと誰も納得しないでしょうし。
 BG時代にはエキスパンションは一個が限度だったが、NwN時代は二個というのが定番になってる。NwNの場合、オリジナルと一個目がレベル1-20弱、二個目がレベル20弱スタートであった。一個目のエキスパンションにはオリジナルとのストーリーの関連性はないという設定。
 そこからのゲスなんですが、私の場合はいつもワイルド・ゲス、あてずっぽうですけどね。希望的観測ともいうがw。









続きを読む "DAOA エンドバトル(その3)" »

DAOA エンドバトル(その2)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 おっと、ここの記載を忘れていた。 NwN Vaultでもう一個、ずっと気になっていたのが、かの"Ravenloft"をベースにしたユーザ・モジュール、"Misery Stone"。
 ホラーはキライといってますが、ヴァンパイア・ストーリーは別。Ravenloftのテーブルトップ・ゲームはやったことは無いが、これもNwN、NwN2などのモジュールでいくつか体験して、非常に面白そうな設定だなあ、と感服していた。

 そういえば、Biowareが新しいIPを打ち出すって言うなら、ヴァンパイアものとかどうですかね?
 ファンタジー、SFにかぶる素材は選ばないと思うから、クトゥールあたりか、もしくはホラー。
 個人的な理想では「ドラキュラ伯爵」ではなく、「ヴァンピレラ」、女性ヴァンプものがいいのですがw。
 ま、ワイルド・ゲスですけどね。









続きを読む "DAOA エンドバトル(その2)" »

DAOA エンドバトル(その1)

【エンドゲームのネタバレ!】
 さて、これ以降は表題すらネタバレになります。
 「続きを読む」以降に書くことにしよう。
 ここのスペースがもったいないので、自分用のメモでも書こうか。

 NwN Vaultに投稿されている"Neverwinter Nights 2"(NwN2)のユーザ・モジュール、"Planescape: The Shaper of Dreams"がメチャクチャ面白そう。
 全六章、本当に完成するんだろうか。(→独語版ではすでに完成しているようだ)
 あとは英訳が必要なだけだ。お願いしますぜ、ボランティアの訳者の方々。
 どっちみち自分がプレイする時間はあと何ヶ月先まであるかどうかわからないw。
 ほんとーに面白くて、気が向いたら日本語にする、最低でも紹介するかもしれない。何年先かわからないw。
 "Dragon Age Origins"のユーザ・モジュールってのはまだ目ぼしいものないのかなあ。


続きを読む "DAOA エンドバトル(その1)" »

DAOA アマランティン襲撃

 まだ書き忘れてることがあるんじゃないか、などど逡巡して、だらだらと引き延ばしてるのもいい加減やめて、エンドバトルに突入することにします。

Screenshot20100324235128810
 三つのメインプロットを終えてキープに帰還すると、またもやノーブル連中が昼日中から集まってる。
 町内会のど暇なおやじおばんと同じで、他にすることねえのか、といいたくもなるな。


Screenshot20100324235133069
「ダークスポーンが、軍勢を広範囲に展開し始めたため、コマンダーがどのように守ってくれるのか聴きたいと」

 ここで「会議を召集せよ」を選んでしまうと、ポイント・オヴ・ノー・リターン。
 まだ遣り残したことがあるなら、「もうすこし戦略を練りたい」でOK。

Screenshot20100324235150764
 私の場合は、もう我慢できなくなってるので、召集します。

Screenshot20100324235154105
「もう待てん。はじめてくれ。到着が遅れてる者たちには後から話せばよい」
 重要な領主二人のうち生き残ったほう、農場を多く支配しているロード・エデルブレック。

Screenshot20100324235230198
「ロード・エデルブレック。これはコマンダーの召集した諮問会議。あなたの会議ではない」
「じゃあ、コマンダー、どうするおつもりだ? もう農地全部をダークスポーンの軍隊に奪われてるんだ、『軍隊』だぞ!」

Screenshot20100324235215553
「コマンダー! た、大変です!」

Screenshot20100324235219771
「アマランティン市街の近くにダークスポーンが!」

Screenshot20100324235223021
「メイカー、我らを救いたまえ・・・。街を攻撃する気か?」

Screenshot20100324235237744
「ヴィジルズ・キープの兵もいくらか配置してある。そう簡単にはおちない」

Screenshot20100324235300387
「もはや大部隊を動かしてる暇はありませんが、少人数の遊撃隊であれば・・・」
「結局コマンダーの仕事でしょ? RPGだもんね」
「ダークスポーンの流れを食い止めることが出来るのは、あなたしかおりません」


Screenshot20100324235305905
「わーい、そんな戦い、間違いなく死ねるよね! ぜったい連れてってー!」

 
まさに重箱の隅ネタですが、ここだけなぜか『キャプテン』とか呼んでるし。この場合守備隊長サー・ガレヴェルを指すことになってしまうんだが、人選はコマンダーの仕事でしょうよ。
(あるいは、リージョン・オヴ・ザ・デッドの隊長の呼称がキャプテンで、シグルーンの心はすでにリージョン時代に戻ってしまっているとか?)

Screenshot20100324235315042
「どなたをお連れしますか?」
 
 当然ながらこの時点で今後の展開も、事情もなにも知らないいたいけな私は、何も考えずに選びましたよ。

Screenshot20100324235323353
 一番、タンク、ジャスティス。「誰がワンちゃんじゃっ!」じゃなくて、
「もちろん。奴等にその重大な罪をとことん償わせてやろうではないか!」

Screenshot20100324235331164
 二番、メイジ、アンダース。
「なんだよ、巨乳美女の妻をもらって、近所の妙齢のご令嬢方といちゃつきながら片田舎で楽しく暮らそうと考えていたところなのに。ま、もう少し待つかあ」

 三番は、あれだけ言ってるんだからなんかあるんだろう、シーフ・シグルーン。

 続いてベンチの皆さん。

Screenshot20100324235340548
「ヴィジルズの酒蔵の補給はなんとしても守るぜ。少しは俺がかち割るダークスポーンのドタマ残しておいてくれよな」

Screenshot20100324235349629
「ハウ家が何代にもわたって築いた街だ。奴等の手に渡さないでくれよ」

Screenshot20100324235355400
「善き風があなたの背中を後押ししますように、コマンダー」

 なんも考えてなかったんだよなー、この頃の私。
 悲惨な結末など知る由もなかった。

Screenshot20100324235404548
「残りの者はここで踏みとどまります」

Screenshot20100324235410777
「メイカーのご加護とご慈愛を、コマンダー」

**********

Screenshot20100324235431480
 後からわかるが、キープから市街までだいたい一、二昼夜くらいかかるらしい。

Screenshot20100324235445379
 到着した頃にはもう戦いで街中が混乱している。


Screenshot20100324235452983
 装備もぜんぜん練らずに来ている。
 これちゃちゃっと済ませて、最終決戦前に吟味すればいいやと思っていたから。


Screenshot20100324235510851
 鎧袖一触、手前のダークスポーンを葬った後は、

Screenshot20100324235522998
 コマンダーのシャープシューテング、弓矢の狙い撃ち。

Screenshot20100324235528390
 この頃にはもう、ハートウッドの弓も使いこなしており、

Screenshot20100324235546287
 アーチャーもメチャクチャ強力になっている。


Screenshot20100324235548292
 レンジドで敵をスパスパなぎ倒して、とってもきもちいい。

Screenshot20100324235613518
「家族がまだ街の中に! グレイ・ウォーデン、お願いだ、た、助けてくれ!」

Screenshot20100324235617759
「落ち着け。本官がコマンダーと話す間、ちょっと待っていてくれないか」
 アマランティンの警察司法を担っていた、コンスタブル・アイダン。


Screenshot20100324235624443
「ウォーデン・コマンダー、援軍に感謝いたします。ただし、今となっては事態を打開する方策はないに等しいかと憂慮しております」

 二日前の夜、街の地下から身の毛もよだつような化け物の大群が現れ、疫病を撒き散らし、触れるもの全てを破壊しつくした。そして明け方になって、別のダークスポーンが襲撃をはじめた。
 その猛攻はすさまじく、最初の一日で少なくとも街の四分の一は喪われた。
 
Screenshot20100324235646233
「ウォーデン・コマンダー・・・、最早手遅れです。アマランティンは陥落いたしました。
確かに建物はまだ形をとどめているでしょうが、中で生き残っている住民は数えるほどではないかと・・・」

 
Screenshot20100324235704085
「コンスタブル! ダークスポーンが一匹だけでこっちにやってきます!」

Screenshot20100324235707627
「アーチャー! 撃て!」

Screenshot20100324235715494
「遣いの者だ! 撃たないでくれ! ジ・アーキテクトからグレイ・ウォーデンへの伝言を持ってきただけだ!」
「コンスタブル、撃たせるな! 話だけでも聴こう!」

Screenshot20100324235725709
「ザ・マザーの軍勢がヴィジルズ・キープに向かっている。襲撃する気だ! ジ・アーキテクトが、ウォーデンに警告するようにそれがしを遣わされた」

Screenshot20100324235734300
「グレイ・ウォーデンはヴィジルズ・キープを守護し、ザ・マザーをその巣窟で打倒せねばならない!」

 Screenshot20100324235835324
「グレイ・ウォーデンはジ・アーキテクトにとっても貴重な存在。ザ・マザーもそれに気がついている」

Screenshot20100324235746146
「今発てば、ヴィジルズ・キープを救うのにギリギリ間に合うかどうかですな」
「しかし、ここの街中のダークスポーンはいかがいたすおつもり?」

 え、疑いもしないのか?
 これがミスディレクション、コマンダーの判断を誤らせるための欺瞞であるとは?

Screenshot20100324235752847
「ここのダークスポーンもやがてヴィジルズキープに向かうはずだ。ザ・マザーはキープをそのカケラも残さず破壊しつくすつもりだから」

 Screenshot20100324235759467
「ぐう。このダークスポーンが言うことにも確かに一理あります。ここの軍勢が我らの後をキープまでずっと追従してくるのも許容しがたい。
 コンスタブルは、アマランティンは陥落したと言われた。破壊しつくしましょう。中にいるダークスポーンの奴等ともども、燃やし尽くしましょう!」

 うわ、きた! きましたよ。
 ふんふんふんと、ここまでだらけてやっていた私に、ポリバケツ一杯の冷や水、氷水を浴びせられたような展開。(二択だと思ったが三択だったので書き直しました) 

1.アマランティンはもはや喪われた。すぐさまヴィジルズ・キープに反転、帰還する。
 ただし、ここのダークスポーンがキープ攻略に合流しないよう、街ごと破壊し、燃やし尽くさなければならない。
 もちろん少数とはいえ街中で生き残っている住民も、まだ戦っている兵士も街と運命をともにすることになる。メイカー、我らをすくいたまえ!

2.アマランティンはもはや喪われた。すぐさまヴィジルズ・キープに反転、帰還する。
 街はこのまま放置する。アマランティンを破壊しつくしたダークスポーンもヴィジルズ・キープ襲撃に合流するかもしれない。

3.ウォーデン・コマンダーは、たとえ少数でも住民や兵士を見殺しになどはしない。
 アマランティンの市街に突入し、ダークスポーンを殲滅し、生き残っているかどうかも定かではない者たちを救い出す。
 果たしてヴィジルズ・キープはその間持ちこたえることができるのであろうか?


 んー。続きは封じ手にしとこうかw。
 ここから先、エンドゲームのネタバレになるので一旦おしまい。

2010年3月28日 (日)

DAOA バグもうひとつ、その他。

 このバグは危なかったー。

 例のところで例のあいつに、なにされるところ。

Screenshot20100328113646198
 何されてー。

Screenshot20100328113705146
 こーなってー。

Screenshot20100328113706998
 こーじゃないですか。

Screenshot20100328113729772
 でもって・・、あれ? ブラ?

Screenshot20100328113738053
 自キャラのヌードなどいつでも見れるのでサービスにもならんが。 

Screenshot20100322040700293
 前回はこうだった。


 おかしいよね。

 男女差とかじゃないはず。パーティ全員がこのボロ下着姿なはずなのに。
 さすがにピンと来て、苦しいときのWiki頼み。
 やはりバグだった。
 
 しかも、かなーり脱力しそうな悪質な奴。

 この後、主人公たちの装備は、一人づつまとめてある一人の敵が装備している。
 敵と言ってもあいつに捕獲・洗脳された実験用の捕虜なんすが。
 その敵にも当然スタッツがあって、装備の着用制限を満足しないと着用できずじまいなのだそうだ。

 恐ろしいことに、最低一人分(場合によっては複数?)の装備が永久に還ってこないことになる。

 それを見分ける手段が、上記のヌード状態。
 つまり、「主人公の装備をはぎとれ」、「それを捕虜に装備させよ」の命令が、そこで実行不可能になってストップ。おそらくその次に書いてある「主人公にボロ下着を着せよ」も日の目を見ずに実行されない。運がいいというか、なんというか。

 どの装備が捕虜にとって着用不可だったのか不明ですが、調べるほど酔狂でもないので、勘弁してください。

 解決策は非常に原始的。

Screenshot20100328114544129
 直前で全部脱いでしまおう。ちなみにこういう自然のなかであれってのは趣味じゃないですw。

Screenshot20100328114627644
 見事に成功。ボロ下着を着用していますよね。

 こうなると、捕虜はなにも着用していない状態で出てくる。
 主人公の装備は「未着用品」として、プレイした方ならご存知のあそこの場所にて、きちんと回収できる。
 逆に言えば全員全裸で突入だと後が楽?w。
 ただインヴェントリにも限りがあるので現実的ではないな。
 回避できない大バトルも途中あるので無茶はしないほうがいい。

 以前Originsのドワーフ・ノーブル編やコモナー編、ドレイケンタワー編など何箇所かで書きました。主人公たちの装備を剥ぎ取るのはRPGの常套手段だが、CRPGではバグや予期せぬ不具合の温床。ろくな目に会ったことはないのだ。
 今回も「ひとりづつ回収とは少しは趣向が凝ってるな」とか褒めたんだが、案の定これだ。

********** 

 予断ですがこの牢獄のすぐ先で、ちょっとしたパズル、レバーを操作してチェストの中身を取る作業。
 前回アーチャー主人公では忘れてやらずじまい(二度と戻れないはず)。
 今回取ってみたら!
 ドラゴンキラーの弓でやんの。
 アーチャー主人公で特級の弓を取らない。
 いかにも私らしいお茶目プレイというもんだよ。
 きしょー!くやしいw。
 もし将来このキャラで遊べるDLCでも来た日には、アイテムスポーンのチートコードで入手してやる!w

 いーえ、「すっぱいブドウ」のあれは使えません。
 だって、その弓まぢ使えるんだもん。

Screenshot20100328123056561
 今回唯一のアーチャー、ナサニエルに持たせたら、強ええのなんの。 

Screenshot20100328132404554
 ここではどうだったんだろ。属性「ドラゴン」なのかしらこいつ?
 それともアンデッド?

 お、やっぱドラゴンだ。みろ、使えるじゃんか!

**********

 あと、ついでに例の農民の叛乱ですが、インポート・キャラ編では、暴徒を無事に説得して家路につかせることができました。

 最初の兵力配備で、「農村部を守る」を選んだがよかったのか。
 もしくは暗殺計画を食い止めたから?

Screenshot20100325231926542
 情報屋に大枚払って、首謀者を調査させ、

Screenshot20100325233229695
 鹿ケ谷で密会中の、貴族どもを襲撃!
 「瓶子たはれ候らぬ」ではなく、コマンダーに発見されて「こまったー」・・・。
 やっぱ『平家物語』の格には勝てませんて。

Screenshot20100325233406455
 なまくら剣法でウォーデンに勝とうとか百年早い。

 こうなると、暗殺計画を探っていたサー・タムラの行動が発覚し非情にも敵方に殺されたとの話も出てこなくなる。

Screenshot20100328124341399
 抗議のため農民がキープにやってくるまでは一緒だが。

Screenshot20100328124349677
 誰が雇ったか知らないがアジテーター風情が暴徒の叛乱を煽ろうとしても、逐一穏健派らしい農民につっこまれて黙らされる。

Screenshot20100328124354163
 はいはい、解散、解散!

 では農村部を守るため、都市部の守備をあきらめたことによる、悪影響は?
 もしかしたらないのかもしれない?

謎のカウントダウン。

 Biowareの公式で謎のカウントダウンがはじまっていた。
 日本時間だと月曜日の深夜25時かな。実際にはもう火曜日ですけどね。
 こういいう設定だとまた翌日のお仕事に差し支えるんだがw。
 Biowareゲームのまったく売れない極東の片隅の島国にいるから、文句言っても無視されるってことなんだけど。
 今やアラブの仲間入りだからな。クロマグロの件ではありがとよ。

 "Epic Bioware Community Event"

 なにかのプレゼントのギヴアウェイかな?と軽く考えていたが、どうもおおごとであると観測されているようです。GameSpotの記事。

http://www.gamespot.com/pc/rpg/dragonage/news.html?sid=6254085&om_act=convert&om_clk=newsfeatures&tag=newsfeatures;title;1

 "Star Wars: The Old Republic"関連ではないそうな。ルーカスアーツが暴君のように支配してるダークフォースに満ちたかの地では、Biowareの公式ごときではそんなことは絶対させない(ここ私の意訳w)。
 すると残るのは、ずっと前から公式に項目があるものの、正体が明かされていない"New Next Gen Game"、新次世代ゲームに関するなにかではないか?というもの。

 次世代ゲームについては以前GameSpotでも触れられているが、正直なんだかわかんない。

http://www.gamespot.com/news/6212192.html

 2009年6月の記事で、EAのカナダ本拠地、モントリオール内に新組織が編成されたというもの、。
"an unannounced 'AAA' project" 未発表の特級プロジェクトが開始されていて、新IP(知的財産、すなわちブランド)を用いたもののようだ。
 
 あるいは、例の2011年2月1日の日付の記載されたチラシで日本だけを除く世界がどよめいた、"Dragon Age 2"に関する情報なのかもしれないとの事。

 フォーラムの民の声は、もちろん、DA3、ME3を筆頭に、BG3、NWN3、SWKOTOR3、など言いたい放題であるw。そりゃ、どれが来てもそっこーで予約しますけどね、こちとら。
 Jade Empireは誰も触れないな・・・。Biowareの孤児となってる。やっぱやってみるかな?

 ミランダとモリガンのあのセレブ・ビデオが流出! メイカー、我らをすくいたまえ!w

 タリ・ゾラ・ヴォン・オステガーw。
 
 Dragon Effectってw。

 DAやMEのMMOはないでしょー、というのが大勢。SWKORを仕上げるので手一杯ではないのかと。
 ルーカスアーツの支配のくびきから逃れるためにも、最初からMEのMMOでよかったと思うんだが・・・。SWKORの遅延は、ジョージ、じゃなくて宇宙皇帝の怒りを買っているのは間違いないもんね。

「皇帝陛下がここへ?」
「そのとおりだ、コマンダー。そしてこのデススター建設の遅延をこの上ないほど不快にお感じになられている」
「と、突貫作業で急がせます!」
「そのほうが身のためだぞ、コマンダー。陛下は私ほど慈悲深くはあらせられない」

 『エピソード6、ジェダイの復活』から、ダース・ヴェイダーと新デススター建設責任者モフ・ジャジャロッド。

 個人的な予想では、やっぱ豪華プレゼントのギヴアウェイかなあ。
 懸賞シナリオ、シナリオライター募集とかも昔よくやってたな。
 でも、カウントダウンする必要があるってんだから、やっぱIPの発表かなあ。
 ATARIが早いところD&Dのライセンスをてばなさねえから、こうなるんだよなあ。

 D&D4.0では新IPにならないので除外ですけどね。ダース・ヴェイダーだけじゃなく、カリフォルニアの悪の魔術師団(WotC、ウィザーズ・オヴ・ザ・コースト)とも付き合うつもりはないでしょうし。カリフォルニアには悪の軍団が多いな。

 ファンタジー、SF、あとなんだろう?
 エスピオナージはObsidianの"Alpha Protocol"に先を越されたし。
 クトゥールみたいなやつかな?
 ホラーきらいw。

**********

 "The Witcher 2"もニュースとトレイラーが出ていた。

975399_20100323_790screen001
 あーっ、ゲラルドが超イケメンになっている!
 でも女子がなんかダサクなってなくない?

975399_20100323_790screen017
 おめえら、この原画のままきちんと再現しろや、ゲーム上で。
 メチャクチャ好みじゃねえか!
 なんで上の画像みたくなるんだよ!


 "The Witcher"、初期版はどうにも波蘭語から英語への翻訳がめちゃくちゃで、動作もイマイチ安定せず、エンディング手前までいっていたのに、業務多忙になったこともあって途中でやる気をそがれちゃったんですが、Biowareオタクのポーリッシュが作っただけあって世界観はばっちり、ストーリーもベストセラー小説がベースなので問題なし、巨乳女子多数出演、三拍子そろった佳作であることに間違いない。
 
 全体が優れているので、私の感じたような欠点もえくぼ。
 日本だけを除く世界的に成功を収め、"Enhanced Edition"というもので翻訳と動作部分に改良を加えたのですが、今度はそれが私の当時のPCで動かんときたもんだ。
 今はこっちも新PCとなってさくさく動くことを確認できてますが、昨年後半からDAやら、MEやら、はてはFFやら、続々と期待作が続いていたため、ほかってある。

 ちなみに"Bioshock 2""Assassin's Creed 2"もほかってある。つうか、何ほかってあるかわからないくらい沢山のゲームがほかってある。悲しい。
 まるでD&Dパラディンのように、Biowareの神に忠誠を尽くしているのだ。

 NwNのBiowareオーロラエンジンを借用した前作と違って、今度は自力で作ったか。
 東欧ポーリッシュのモラル観、我々や北米とは違って、微妙にいい感じのテイストなんですよ。
 期待して待とう。遊ぶ暇あるかどうか知らないが。

DAOA アラマンティン市内(その3)

 やはりバグはかなりあるようだ。

 ジャスティスは、インポートキャラのプレイで一番最初に固有のメインプロットのクエストをクリアしたが、やっぱりジョイニングに呼ばれなかった。
 ヴェラナとシグルーンを先にリクルートし、固有クエストはやらずにジョイニングを済ませてしまった。そのせいかもしれない。特にプレイに支障はないようだが。
 バグなのか、仕様なのか。すでにクリストフは正式なグレイ・ウォーデンであったし、ジャスティスはスピリットだからダークスポーンの血を飲んで死ぬとも思えないし。

 ジャスティスについては、オリージャン・ウォーデンのプレイでいきなり好感度100%になってしまったのもバグだそうだ。インポート・ウォーデンでは50%あたりの通常の好感度からスタートしている。
 シグルーンでも条件が整えば同じことが起きるという。
 これも特段の問題があるわけではないが、興ざめではある。

 極めつけの痛いバグは次のシグルーンのパーソナル・クエスト。
 手なりでやっているとおそらく永久にお目にかかれない。
 あまり面白いクエストではないが、やはり「できない」となると文句を言いたくなる。

 アマランティンに到着して、例のコンステイブルからスマグラー討伐を依頼されるクエストを受けると、もうダメだそうです。コンステイブル以外にもこのスマグラー編をキックするキャラがいるのですが、そちらと接触しても、やはりダメ。クエストは最後まで起動しないようだ。

 オリージャン・ウォーデンでは見事に発現しなくなってしまった。

 インポート・ウォーデンでは、シグルーンを真っ先にリクルート。カルホロル要塞自体には入らず、一旦彼女のジョイニングを済ませ、アマランティンに戻ってクエストを探すということをやった。これだとクエストを受けるまではうまくいくみたい。 

Screenshot20100322220452861
 シグルーンは、とても若い女の子という設定らしい。
 ギフトも割りと子供っぽいものを与えると喜ぶし、アマランティンのマーケットでも、色々な品物に無邪気なまでに興味を持つ。

Screenshot20100322220455300
 手出すんじゃねえぞ、とか心無いことを言えばやはり好感度は下がる。
 好感度下がるっても、元々シーフなので盗みは得意なんだけどね。

Screenshot20100326000528148
 そうやってプラプラおのぼりさん状態で歩いているから、別のドワおばさんと正面衝突。
 ***ゴツン***
「あーら、ごめーんあさーせって、あんた、あの恩知らずの裏切り者じゃないか!」 

Screenshot20100326000541004
「どうかしたか、シグルーン?」
「あの、ちょっと、昔色々あって・・・」
「ミイシャってもんだけどさ、こいつのために商売をメチャメチャにされた女さ」

Screenshot20100326000547986
「こいつを使いパシリに使ってた頃、ちょっとした揉め事から助け出してやったんだ。良かれと思ってさ。
 ところがビモット家のパラゴンの金の彫像が無くなったっていう噂を聴いた翌日の朝、それがうちの店先に並んでるのが見つかったんだよ!」

Screenshot20100326000607623
「ビモット家にしてみりゃ、あたしを死刑にだってできたんだ! お前は正直にゲロすべきだったんだ、本当のことをね!」
「・・・そんなことしたらべラートに殺されちゃってたよ」


Screenshot20100326000621079
「あたしは今、リージョンにいるんだ。どっち道ディープロードで死ぬ運命なんだよ、ミイシャ」
「へ、あたしゃこの品物を皮屋に持ってく途中なんだ。こっちも生活かかってんだ。どきな、盗っ人が!」


 べラートとは、あのOriginsのドワーフ・コモナー編でスラム街ダスト・タウンを牛耳っていたカルタの黒幕。シグルーンは盗みの腕を買われてこき使われていたのでしょう。丁度ドワーフ・コモナーの主人公がそうであったように。
 ヴィジルズ・キープに一旦戻ると、事情が聴けます。

 Screenshot20100326001158471
「まさか、ミーシャと再会するなんて。あっちは追放の身。こっちはリージョン入りしてたのにね。きっと、ご先祖様はあたしが街中で怒鳴り散らされればいい気味だと思ったんだろうね」

 シグルーンがミーシャに救われたというのは、ナグのもも肉を盗んで捕まったときのこと。店主に告げ口すればシグルーンは一巻の終わりだったのに、ミーシャは逆に代金を肩代わりしてくれた。カーストレスが一度つかまればもう後は犯罪者の道を歩くしかない。ミーシャはそう思って小娘一人を救ってくれたのに、シグルーンは、カーストレスはやっぱりしょうもないクソであると自ら証明してしまったのだ。

 ミーシャもずいぶんひどい仕打ちをするのではないのかと慰めても、盗品を彼女の店に流したのもすべて事実だったようで、シグルーンは自分を責めるばかり。もちろん非は完全にシグルーンにあるのだから当然なのだが。
 だがリージョンに入れば人は変わる。そう信じるしかない。もう知り合いと呼べる人は全部死んでしまって今やミーシャしかいない。もう一度本当に謝ろう。

 ここでも、実はカットシーンがキックするのには条件があるようだ。
 カルホロル要塞に入る必要はないが、手前で瀕死の男性ジャッカの最期はみとらなければいけない。下に出てくる指輪というのが、ジャッカからもらったものだからだ。
(ただしその場面で彼の死の直前に形見としてもらうのではなく、ずっと前にもらった物であるらしいところがややこしい。もっとも形見の品をまたほいほい他人に譲り渡すというのも問題があるか)

 上記の条件を満たせばミーシャはアラマンティンの宿屋で見つかり、カットシーンがはじまるはず。条件が整わなければ宿屋に彼女がいても何も起きない。

Screenshot20100327005003031
「またあんたか? 今度はアマランティンから追放してくれるのかい?!」

Screenshot20100327005005947
「何を言っても、も、もうだめでしょうけど、これを受け取ってください」

Screenshot20100327005016316
「指輪? プロポーズかい? あっはっは! あんたはあたしのタイプじゃないよ!」


Screenshot20100327005019580
「地上で売ればかなりの金額になります。こ、ここの生活の足しにしてください」
「ヴォルネイ家の刻印じゃないかい? またノーブルのものを盗んだのかい?」

Screenshot20100327005029954
 ここで、コマンダーが介入しましょう。金はあるw。
 指輪をそのまま渡すなら、指輪の持ち主はリージョンの仲間で形見として譲り受けたと告げればいいし、指輪は貴重な形見なので、代わりに相応の金貨を払うと申し出てもいい。
 ただしドワ商人相手ですからちゃんと値切りましょう。言い値で払うのは逆に失礼だw。

Screenshot20100327005121321
「おや、シグルーン、やっと本当のお仲間を見つけたんじゃないか! もう裏切っちゃダメだよ。ほら、指輪は返すよ。あんたにとって大切そうだからね」

Screenshot20100327005126921
「そうなんです。あ、ありがとう、ミーシャ」
「ほんとに助かったよ、シグルーン。おかげであたしは、ここで新しい商売を始められるよ」

 うーん。金8先生ものですかw。それか松竹新喜劇、浪花商店街物語か?
 今書き起こしてみると、ええ話だったんだねえ。
 値切って金貨15枚はやっぱ市井では大金なんだな。小判15枚って感じか。 

 実は、このエピソードの最期に、ほら、Awakeningのエピソードは暗い話ばかりじゃないか!と批判めいたことを書こうとしていたのだが、案外そうでもないのかもしれない。
 感じ方は人それぞれでしょうが。

2010年3月27日 (土)

DAOA クイーン・オヴ・ザ・ブラックマーシュ

 さて、Awakeningのプレイスルーも佳境に入ってまいりました。
 重要なクエストをひとつやり残している。散々予告トレイラーで見せられたあれ。  

Screenshot20100322215520128
 これこれ。ドラゴンの頭蓋骨。ブラックマーシュ中に散らばるドラゴンの骨を回収して、はめていこう。

Screenshot20100322215624366

Screenshot20100322215626096
 唯一残ったヴェイルの亀裂がはじけて・・・。

Screenshot20100322215627524

Screenshot20100322215841315
 雄たけびと共に飛び去る何か。
(このシーン取るため、5回はやり直した。でも動画なんか手を出したら生活破綻しそうだから我慢だ・・・)

Screenshot20100324230243870

Screenshot20100324230248500

Screenshot20100324230250863
 スペクトラル・ドラゴン、幽霊ドラゴン。

Screenshot20100324230254212
 クイーン・オヴ・ザ・ブラックマーシュ。

Screenshot20100324230308300
 タンクも加入した。メンツは完璧!(リダのアーチャーは不安だが)
 よっしゃー、いてこませーっ!

Screenshot20100324230331776
 いきなりなんだ、ブレスか羽ばたきか?

Screenshot20100324230428018
 タンク・ジャスティス踏ん張れ。

Screenshot20100324230559454
 コマンダー、安全地帯からがんばれw。

Screenshot20100324230622694
 アンダース、ほおっておくと寄っていくのが怖い。

Screenshot20100324230630107
 ん?

Screenshot20100324230644934 
 うーん?

Screenshot20100324230715216
 あー、そういうことか!

 電撃のスピリット、チャージド・ウィスプってのがパワー補充源か?
 やっぱ、ただでは済まなかったか。これは面倒。
 多数のウィスプを速攻で倒さないと、クイーンはリジェネするんだな?
 クイーンのHPからみて閾値が4分の1あたりにあることが判明。
 これ入れて3回もこれに付き合うのか?
 長くてつらい戦いになりそうだなw。

Screenshot20100324230742820
 あーーーーっ! よりによって、こんな大事なところで、レイン・オヴ・アロウズとか、なに考えてんだ、コマンダー!


 ウィスプを倒す時間との勝負のときに、味方にダメージ与えてどうする!
 AIから切っとくべきだった、タクティクスから外しておくべきだったーーーっ!
 中の人なにしてんだーっ!

Screenshot20100324230759010
 ほえ?

 めっちゃ有効。つか、もうこれで決まりってくらい、実は必殺技。
 多数のウィスプがアロウの雨の中に次々と消えていく。
 惜しむらくは「狙ってましたよ?」といえないこと。
 全てタクティクス、簡易AIが勝手に判断してやったこと。
 すごい、タクティクス! 見直した! 感動した!

Screenshot20100324230808801
 ほとんどリジェネできずに、クイーン再登場。

Screenshot20100324230911596
 ガンガン叩け。

Screenshot20100324231101299
 やはり再度リジェネ形態に移行。しかもウィスプの初期位置がさっきより中心に近い!
 さらに時間の余裕が無い!

Screenshot20100324231118947
 待ってました。レイン・オヴ・アロウズ!
 これは中の人が手動でやりました!
(威張っても、もう遅い。AIの真似事してるとか、もう・・・)

Screenshot20100324231129121
 気持ちいいくらいあっさり終了。

Screenshot20100324231133875
 しかも再登場したクイーンにまでザスザスあたる。

Screenshot20100324231223892
 野郎ども! きめちまえっ!

Screenshot20100324231240771
 華麗なアーチャー、コマンダーと違って、土方仕事中のお二人。

Screenshot20100324231304633
 ジャスティスのヘイトの集め方はすごい。おかげでくわえられちゃった。

Screenshot20100324231308954
 さらに放り投げられる。タンクの鏡。痛みは友達、ペインキラー。

Screenshot20100324231340799
 計算では最後の変形タイムだが?

Screenshot20100324231420004
 肉体労働者、退避ーーーっ! 現場を空けろー!
 この変形タイムだけ妙に元気なコマンダーの命令がとどろく!

Screenshot20100324231424734
 苦節20時間ちょっと。このために、このひとときの栄光のために、失敗ビルドと揶揄され、冗長どころか危険、地雷キャラ、レンジャイは使えない子、要らない子と蔑まれ、LFMからもはじかれ(別ゲームの集団怨念まで回想してしまいましたが)、それでも耐え忍んだ甲斐があった!
 いけー、レイン・オヴ・アロウズ! 忌まわしい記憶と共に!

Screenshot20100324231437536
 ほんと、一瞬です。

Screenshot20100324231500799
 それ、ほとんどチートじゃないか!
 怒りたくったクイーンの最後のあがき。どっちがチートだよ、ほっといたらリジェネしやがるくせに。

Screenshot20100324231548302
 これなんですねー! RPGの醍醐味だ!

Screenshot20100324231603400
 オーグレン、お約束のキリングブロー出るか?

Screenshot20100324231605826
 うひゃ、最後までコマンダーがキルカウント持って行きやがった。

Screenshot20100324231626289
 さすがルートはなかなか。

Screenshot20100324231728494
 記念撮影。
 以後、アーチャーは使えない子とかいわないようにな!
(たまたま、上手くはまっただけじゃないすか・・・)

Screenshot20100324231839801
 キルカウントもあるけど?
 そういうのってMMOとかで嫌われるぞー。

 さて、クイーン編、お楽しみはこれで終わりではない。まだあります。

**********

 忘れずに現場から古えのドラゴンの骨なるものを拾ってマスター・ウェイドのところまで持ち帰る。

Screenshot20100324231933778
「ちょ、どこで見つけたの? すごいよこれ! 剣だね。誰も見たようなことのない剣ができるよ。おお、すごすぎる!」

Screenshot20100324231950913
 レシピも苦労しそうなものはない。さっさと揃えて持っていく。

Screenshot20100324233923622
「おお、あまりに重大な瞬間だ! 何が欲しい?
 ロンソ? グレソ?」

 ジャスティスのロングソードがいいかな?
 ウェイドからいろいろ要求仕様を聴かれますので、必要性またはお好みで選びましょう。

 手に入れた剣は、その名も「ヴィジランス」。ヴィジルズ・キープにちなんで、警戒を怠らない、ってことですかね。用心棒か。

 いくつか試してみましたが、Normalプレイの私にとってはどれでも強力そう。ジャスティス向けとして、ディフェンダーよりのものにした。

Screenshot20100324234047105

Screenshot20100324234509422_2

Screenshot20100324234754307

Screenshot20100324234616263_2

 さて、残ったコネタをラップアップして、クライマックスです。

DAOA ブラックマーシュ(その6)

   少しだけ最後を書きもらしてしまった。

Screenshot20100322211619886

Screenshot20100322211622356_2

Screenshot20100322211630490
「芳しい知らせかい? ザ・マザーにお伝えなさい」

Screenshot20100322211634806 
「ザ・ファースト、死亡。グレイ・ウォーデン、マーシュから脱出・・・」

Screenshot20100322211639806
「許すまじ、許すまじ、ウォーデン! ザ・ファーストを殺した。ザ・マザーの心を切り取った!(しくしく)」
 うそこけw。端から見捨ててただろうに!w

Screenshot20100322211650923
「あれ? でもザ・マザー、ザ・ファーストを殺すおつもりじゃなかったんで?」
 こいつなんで、まじめに聴くんだろう?w

Screenshot20100322211658385
「殺す? 違う違う、あっはっはっは!
 平穏! あやつには平穏を与えたかったのだ! あの唄を再び見つけるように。あの芳しい呼び声を聴くように」

Screenshot20100322211716789
「我らみな喪われしもの。だが静寂が止むとき、その日が来る。あたしにさえも」

Screenshot20100322211731652
 なんだかよくわかんねっすよ・・・

**********

 ヴィジルズ・キープに帰還。

Screenshot20100322211743685

Screenshot20100322211748735
「ああ、クリストフ! メイカー、感謝します!」

Screenshot20100322211751429
「申し訳ないが、お考え違いをしておられるようだ、モータル」

Screenshot20100322211754154
「クリストフ、なぜそんなことを? 一体どうしたの?」


Screenshot20100322211807158
「ご亭主は戦死された。今そのお体を拙者が借用しておる。仇はかならず取る。堅く誓う」

Screenshot20100322211813488
「仇って・・・。お前、彼の体を冒涜しているのね! なんてことを!」

Screenshot20100322211818273
「いや、望んでこうなったわけでは・・・」

Screenshot20100322211820624
「近寄らないで!」

Screenshot20100322211829420
「あの女性、オウラ。この体の記憶が覚えておる。まさか出会うとは思わなかった」

Screenshot20100322211840673
「なんとかこの状況を是正せねばなるまい。意図していたかどうかに関わらず、あの女性に大変な仕打ちをしたことになる」

 ジャスティスのパーソナル・クエストです。私のプレイスルーでは少し先なのですが、まとめてしまいましょう。

Screenshot20100324223147516
 ジャスティスはクリストフの記憶をたどって、メイカーとアンドラステ、もっと広い意味での「信仰」についても興味を持ち始めます。

 信仰には構造と信念が必要であるが、フェイドにはどちらもない。
 なぜデーモンがあれほどまでにヴェイルを通過してこちらの世界に来たがっているのか、わかった気がするという。
 信仰とはすなわち秩序、規範、契約。そしてデーモンが求めるのも・・・。善悪とは、表裏一体ですねえ。 

Screenshot20100324223412000

Screenshot20100324223414291
 クリストフの寡婦、オウラはチャントリー寺院で祈りを捧げている。


Screenshot20100324223422963
「拙者はスピリット、名はジャスティカー、ご亭主を貶めるつもりは一切なかった。できることなら、そなたの悲嘆を和らげたい」


Screenshot20100324223429589
「彼が旅立つときから、いずれこうなることはわかっていました。彼の父もグレイ・ウォーデンとして死んだのだそうです」

Screenshot20100324223436989
「拙者がお役に立てることがあれば何なりと」

Screenshot20100324223452416
「仇をとって、スピリット! 彼を殺めた仇を倒すためなら、遺灰を手にするのはもう少し先まで待てます」
「ダークスポーン・・・、諒解した」

Screenshot20100324223504367
「正しいことをしたのだろうか?」(「ジャスティス」が迷ってどうするw)
「あの女性のこの肉体の男に対する果てしない愛。そして男の彼女に対する愛。
 拙者、嫉妬の念を禁じえない」(こらこら、正義のスピリットが何をw)
「しばらく熟考してみたい。おぬしには同行の手間を取らせてしまった。感謝いたす」

 ジャスティス、かなーりモータル(常命)界に毒され始めてますよw。
 「逡巡」や「慎重」は悪徳とはいえないが「臆病」は?
 「嫉妬」はやばいんじゃ?
 免疫無いんでしょうね。

Screenshot20100322212048014_2
 ジャスティスはどんどんこの現実界が気に入っていくようだ。 

 デーモンこそ現実界に来たがるが、そのほかのスピリッツはむしろモータルを憐れみ、羨むことなど無かった。
 だが実際に目にした現実界はとても美しい。モータルは救うに値する存在である。
 とはいえ、フェイドへの郷愁は尽きない。フェイドに関係するものや、レリウムがジャスティスへのギフトに最適でしょう。
 でもジャスティスの好感度、最初から100%なんだよね?(どうやらバグらしいが)

 現実界で歴史が積みあがっていく様子を、ジャスティスが「指紋の上に指紋を重ねる」、日本語にすると「手垢が幾重にもついている?」というのも面白かった。
 フェイドでは何事もひとところにとどまらず変化が常態なため、奇妙に思えるのだろう。

**********

 ジャスティスのモータル界を気に入るノリが、あの「この星の若者は・・・」、BOSSのCFのトミー・リー・ジョーンズみたいになってますがw。
 ところで、グレイ・ウォーデンのクリストフの肉体に憑依したジャスティス。
 ジョイニングは必要なのか?

 残念ながら私のプレイスルーでは未確認。
 3つのメインプロットで集まるコンパニオン、私はシグルーン、ヴェラナ、ジャスティスの順番で来た訳ですが、三人目ブラックマーシュのクリア後ではジョイニングを受けるチャンスがもらえんかった。
 いきなりクライマックスに突入しちゃうんです。少なくとも選択肢がもらえなかった。
 Wikiによると先のふたりも、順番によっては同じ状況になってジョイニングのチャンスが訪れないとなっている。
 
 でも「ジャスティスのジョイニング」というクエスト自体ないんだよ? 

 今、インポート・キャラでブラックマーシュを一発目にクリアする、しかもシグルーンとヴェラナはすでにジョイニングを済ませている版をプレイしているのでそのうち結果が判明するであろう。

 好感度の件といい、バグまみれですが(ロールプレイヤーとしては文句はあるが)、ゲーム・ストッピング、プロット・キリング、致命的なものではないのが救いである。

 でもバグは多いですねえ・・・。やっぱやっつけ仕事だったのかな?

**********

 豆知識ですが、Originsでウィンに憑依したスピリット。
 ジャスティスのように自発的に積極的に喋ることはありませんが、ウィンさんとの会話を通じて、フェイス(faith)、「信仰」のスピリットだったことがわかりました。わざわざやり直したのではない、Originsの画像をながめていたら見つけたのだ。

2010年3月26日 (金)

DAOA インポート時のアトリビュート・スタッツ

 調べました。

Screenshot20100326233550280
 こちらOriginsのキャンプ。インポート直前。他のコンパニオンは全員素っ裸w。

Screenshot20100326233923628
 こちらAwakeningのしょっぱな。

 アトリビュート・スタッツはイグザクトリィに一緒でございました。
 よって、トゥームも、フェイドでのエッセンスによるアトリビュート・スタッツアップも有効でございました。
 ただし、Originsからインポートするときに、例のインポート不可アイテムを一切装備していない。
 なにやらその手の装備をつけたままインポートすると、アイテムはないのにファティーグ(疲労)だけ増えるとか不具合があるそうですが、そんなの試すまではしませんけど。

Screenshot20100326235316144
 Originsインポート直前。

Screenshot20100326235403187
 Awakeningしょっぱな。 
 あれ、違う!

 あはは、こっちは万が一と思ってファイナルリーズンと、DLCのネクを持ち込んでみたのだった。
 結果消えてしまったけど。
 比べるのはこちらでした。

Screenshot20100327000624498
 Origins、装備修正後。

 スタッツはそろったけど、うう、ダメージとスペルパワーが微妙に違うなあ。
 あれですか、消えちゃった装備のスタッツが微妙に残ってるってバグ?
 こういうの調べはじめるとキリがないんだよね・・・。
 カジュアルには荷が重い。

 ちなみに、どちらも手なり育成ビルドで、なんの参考にもなりませんよ。
 アルケイン・ウォーリアーなんて完璧無駄になってるしね。
 Awakeningのリスペックで遊ぶ余地があると考えてください。

DAOA ブラックマーシュ(その5)

Screenshot20100322203526393
 ザ・ファーストと出会った空き地。

Screenshot20100322203530129
 しっかし、気絶シーンのやたら多いエキスパンション・パックだな・・・。

Screenshot20100322203535134
 クリストフの遺体。

Screenshot20100322203538503
 スピリットが憑依。

Screenshot20100322203541658
 蘇生?

Screenshot20100322203547044
 まぢかよ。

Screenshot20100322203554126
 ここは・・・どこだ? 何が起きた?

Screenshot20100322203605716 
「なんと! ここはモータルの地。ヴェイルの向こう側。しかもこれはモータルの肉体!」

Screenshot20100322203615629
「閉じ込められたのか?!」

Screenshot20100322203627040
「あの魔女が拙速にもヴェイルに穴を開けたようだ。おかげでみんなこっち側に飛ばされた」

Screenshot20100322203638802
「あやつもこちら側に来ている。おぬし感じないか。すぐそばにおる」
「さっき倒したんじゃなかったっけ?」

Screenshot20100322203647860
「考え違いをしておるな。バロネスは、あの地ではおぬしや他の者たちと同じようにモータルではなかった。かつてはそうであったろうが、今やプライド・デーモン。はるか昔に、連れ去った者どもの魂を喰らってそうなりおった」

Screenshot20100322203700996
「だがここ、おぬしらの世界では、また異なる存在に変容しておろう」

Screenshot20100322203721181
「拙者、好きでこの体に憑依したのではない。それは確かだ。理由はわからぬ。
 だが、ヴェイルの亀裂が開放されている限り、デーモンの侵入を食い止めることはできん。
 おぬしらの武器をしばし細工して、フェイドの魔法を押し戻すことは可能だ。だがバロネスと対峙せねばならんとしたら、急がれたほうがいい」

Screenshot20100322203739206
 なにかの祝福をもらいました。

Screenshot20100322203743016
 とりあえずこれでコンパニオン揃いました。


Screenshot20100322204931533
 不気味なものが沸いています。

Screenshot20100322204957382
 フェイド・ポータル。フェイドから侵攻するデーモンの橋頭堡。

Screenshot20100322205056465
 レヴナントまで出てきた。

Screenshot20100322205504932
 レヴナントと二対一とか壮絶なことになっている。

Screenshot20100322205512509
 タンク強し。

Screenshot20100322210128199
 このコマンダー編では初タンクなので喜んで遊んでおります。

Screenshot20100322210320827
 バロネスはこっちだ。

Screenshot20100322210341510
「ほほう、これがモータルの地。でも退屈そう。変化がまるでない」

Screenshot20100322210346818
「でも私は来た!ヴェイルを越えて! スピリットども、嫉妬とともに刮目するがいい、この世界のモータルどもが私に膝まづく様を!」

Screenshot20100322210357705
「そうはさせんぞ、デーモン!」

Screenshot20100322210400255
「おやおや、私だけではなかったようだね。これは面倒な」

Screenshot20100322210411343
「一度倒すのも二度倒すのも一緒だ、デーモン!」

ではなく、「『この世界のモータルどもが私に膝まづく様を』ってどんな意味ですか?」を選んだバカな私w。

Screenshot20100322210415188
「噛み砕いて言ってあげようか?
 なぜかわからないが私はこのモータルの世界にやってきた。当然のように、私がこの世界の女王になるのは時間の問題。そしてお前ら・・・、お前らが最初のしもべとなるのだ!」

Screenshot20100322210437467

Screenshot20100322210441047

Screenshot20100322210447450 

Screenshot20100322210453766 

Screenshot20100322210457619
 プライド・デーモン、久々のご入場。

Screenshot20100322210507298
 デーモン界の序列最上位。プライド「も」ある横綱とでも呼ぼうか。
 エキスパンションパックだけに、Originsよりはかなりパワーアップしてるか?!

Screenshot20100322210634651
 またレイン・オヴ・アロウズを撃ってるのかと思ってギョッとしたが、雨が降っているでした。パラライズも効いちゃうし、楽勝ムード。

Screenshot20100322210706473
 やはりただでは済みませんでした。ポータルを召還して手下を呼ぶ気配。

Screenshot20100322210823352
 ところが、出てくるデーモンも片っ端から倒してしまって拍子抜け。

Screenshot20100322210851888
 どこに逃げようとしてるんだ? わざわざ扉を開けてくれたのか。

Screenshot20100322210903909
 HPも残り少ないのに良く喋る。しかもせりふも「それでプライドがあるつもりか! 何も変えられなかったくせに!」と陳腐。

Screenshot20100322210921765
 つべこべ言ってないで、


Screenshot20100322210942920
 フェイドに還れ!

Screenshot20100322210946145
 ど楽勝でしたな。
 まあゲームも終盤、メインプロットもこれで最後ですからパーティも十分強い。


Screenshot20100322210955712
「助太刀感謝いたす。誓いは果たせた。いずこに消えたか存ぜぬが、あの狂女の犠牲者たちも安らかに眠れることであろう」

Screenshot20100322211012213
だが拙者はもはやフェイドに戻れぬ身。そして捕らわれているこの肉体は・・・、グレイ・ウォーデン?

Screenshot20100322211023187
「この哀れな男の記憶の残滓。覗くのは難しいが、だがグレイ・ウォーデン? あのザ・ファーストなる化け物、ダークスポーンの手にかかったのか?
 そしておぬしらは奴の策略でフェイドに飛ばされたのか。なるほど腑に落ちた」

Screenshot20100322211107769
「この地では右も左もわからぬ。このグレイ・ウォーデンの記憶から得られる知識も乏しい。だが死にたくも無い。どうすればいい? おぬし善なる者のようだ。助言をいただけるか?」

 もはや目的も目標も喪ったこのスピリット。丁度タンクもいなかったから、そのままウォーデンになっちゃえば?

Screenshot20100322211144601
「この肉体の持ち主の命を奪ったダークスポーンは下劣極まりない輩であった。そして、まだその親玉がいる。この死の復讐を果たす。なるほど、それは立派な目的だ」

Screenshot20100322211203614
「よかろう、グレイ・ウォーデンとして働こう。おぬしが認めればだが」
「ああ、OK、OK、ぜんぜんOK。ただ、呼び名は? クリストフ?」

Screenshot20100322211212030
「それは拙者の名ではない。そもそも名を持たぬ身。ただ求める美徳のみ有する。
 必要とあらばその名で呼んでいただこう。名はジャスティス。よろしく頼む」

Screenshot20100322211221801
 ほい、アチーブメント。

 いいねえ。"Pride before the Fall"、転落の直前まで傲慢を貫く。
 いや、傲慢こそが転落の第一歩。「プライド」は「悪徳」です。おのおの方、ゆめ、考え違いなさらぬよう。

(蛇足) よく日本人は「誇り」を口にしますが、「名誉」と混同してる気がする。
 ネットでざっと検索しても、ちょっと違うと思うのがいっぱい。

 「名誉」は人から与えられるもの。「名誉を受ける」。一般に美徳。
 「名誉」を損なって死ぬのはもっぱら自分。切腹とか。辞職とか。

 「誇り」は自ら抱くもの。「名誉に感じること」、一般に悪徳。
 「誇り」を傷つけられると死ぬのはもっぱら他人。決闘とか。無差別のあれとか。

 難しいし、これが正しいかどうかもわかりませんが、そのくらい戒めないと、ほんとーに怖いんですよ? 

DAOA ブラックマーシュ(その4)

 バロネス。男爵夫人。この場合、女性男爵。
 フェラルデンの爵位は、バンとかアールとかだったのに、ここにきて急にバロネスとは?
 さきほど村人の魂がコマンダーを見て「バロネスの手先、オリージャンめ!」と叫んでいた通り、このバロネスもオリージャン。
 ブラックマーシュが村ごとフェイドにすっ飛ばされたのはオーレイ統治下のアマランテインのお話だったのです。
 書き忘れましたが、ナサニエルが父レンドンからブラックマーシュの邪悪な魔術の話を聞いたときも、フェラルダン(フェラルデン人)がマリック王を担いでオーレイの支配から逃れるため起こした叛乱戦争の前のことだった、と言っておりました。
 よって、村人たち(の魂)はまだフェラルデンがオーレイの統治下にあると思っている。 

Screenshot20100322202949771
「バロネスさま、お待たせしました、ようやく出番です。ちなみにおしてます」
「勘弁してよね。化粧大丈夫かしら?」 

Screenshot20100322202958427
「これは、これは。外でお騒ぎあそばせた後は、皆で殴りこみですか? ご招待などした覚えもございませんことよ」

Screenshot20100322203008392
「邪まな呪術師め! この者たちを解き放ち、正義の裁きを甘んじて受けよ!」

Screenshot20100322203015680
「正義? これが正義と申されるか? その者どもの罪は問わないとでも? わが邸宅を私が居ながらにして焼き討ちしたその者どもの罪は?」


Screenshot20100322203023102
「俺たちの子供を盗んだ! 貴様の虚栄心のためにその血を使った!」

Screenshot20100322203027880
「当然の権利を行使して何が悪い?! お前たちは私の土地に住み、私は正統な領主だ。お前たちの血も、その命同様、すべてわがもの!」


Screenshot20100322203038630
「あのー、すみませーん、ここからヴェイルを通って帰れる方法ご存じないですか?」
 この選択肢2.はかなりマヌケだな。やっぱ3.でしょう。
「もはやお前のものではないぞ!」

Screenshot20100322203046393
「誰? 哀れなバカどもめ、またしょーもないシンパをかき集めてきたね?」

Screenshot20100322203051765
「今シーズン期待の助っ人ガイジンだ! もう連覇は諦めたほうがいいぞ!」 

Screenshot20100322203056907
「ジャイア・・・、もとい、私を舐めるでないよ、たまたまこちらも助っ人ガイジンとたった今契約したばかりさ。丁度いい、お披露目だよ」

Screenshot20100322203059189
「ザ・ファーストです。いや、守備位置にはこだわらないです。ファーストと外野くらいしかできんけども」

Screenshot20100322203114747
「俺様がヴェイルを通過して戻るための道は、お前とその新しいお仲間を打ち砕く道だ。ザ・マザーにはその後ゆっくり裏切りの報復を味あわせてやる!」
「ペット選びは慎重にしたほうがいいぜ、バロネス」

Screenshot20100322203119754
「おやおや、お前を選ぶべきだったと、モータル?」

Screenshot20100322203122955
「ここでケリをつけるぞ! グレイ・ウォーデンはあんたが思ってる以上に危険な存在だ!」

Screenshot20100322203131838
「おやそうなの? ではお好きなように、化け物。そいつらを倒したなら望みの報酬を差し上げましょうぞ」

Screenshot20100322203137807
「ええい、四の五のうるさい! 戦いだ!」

Screenshot20100322203143488

Screenshot20100322203148107
 ザ・チルドレン以外のダークスポーンの皆さんもやはり飛ばされてきてたみたい。

Screenshot20100322203235696
 どうせみんなすぐ死んじゃいますけど。

Screenshot20100322203242490
 ジャスティスとバロネスは奥のほうで絡んでいる。こちら手出しできなさそうなので、ザ・ファーストを狙い撃ち。

Screenshot20100322203407553
 こんな感じ。

Screenshot20100322203421964
 もう、ボッコボコです。


Screenshot20100322203434799
「こら! なんで負けてんの?!」

Screenshot20100322203438271
「強すぎた・・・。ヴェイルから早く俺様を逃がしてくれ! 手遅れにならないうちに!」

Screenshot20100322203447487
「なるほど。それじゃあ、ヴェイルに穴を開けて、こいつら全部送り返してやるわ。
 ただし!」

Screenshot20100322203454795
「そのエネルギーはお前の命からもらう!」

Screenshot20100322203456991
「そんな殺生な・・・」

Screenshot20100322203503447
「勘弁・・・」

Screenshot20100322203505381
「してくれ・・・」

Screenshot20100322203507096
 またかよ!

Screenshot20100322203523986
 ・・・。

DAOA ブラックマーシュ(その3)

Screenshot20100322200545321
「あなた方、ここの魂とは違うようですね・・・。一体どうやってここへ?」 

Screenshot20100322200553353
「無理矢理連れてこられた? それはまた面妖な・・・。
 ここは祖父の遺灰を埋葬した場所です。祖父はブラックマーシュに最後まで住んでいた。彼が亡くなってから、村には過去のことを覚えてる人はもう誰もいないはず・・・」

 
んじゃ、君は誰だよ? 辻褄がちと会わんぞ?

Screenshot20100322200609981
「ああ、奴等がまたやってくる! 早く! 納骨堂の中へ!」

Screenshot20100322200705692
 今度はアンデッド・ウォーリアー。

Screenshot20100322200807798
 納骨堂への入り口ってこれ?

Screenshot20100322200911689
 アンデッド、アンデッド。


Screenshot20100322201116558
 これでもかってくらい、アンデッド。


Screenshot20100322201404640
 先に進むと。

Screenshot20100322201414766
 さっきの女性。いや、これはおかしいでしょ?
 どうやってここまでたどり着けたの?

Screenshot20100322201417697
「わたしのささやかな罠にようこそ」

Screenshot20100322201430636 
「なんて素敵な生き物、モータル(常命)ども。思い焦がれて飢えに苦しむ」
 もうこれは、あきらかにハンガー・デーモンの言い草。
 なのに、なぜかインティミデイトを使ってしまった。
「まさか俺たちに勝てるなどと思っていないだろうな?」

Screenshot20100322201440269
「まあ、確かにね。お相手はバロネスにお任せするわ。その後、残飯でも漁りましょう」

(インポートキャラでプレイしたときは、正体を暴きました。この記事の最後に追記)

Screenshot20100322201933240
 ついでにアンデッドも連れて行って欲しかった。


Screenshot20100322202319551
「止まれ! ブラックマーシュに何用だ?」
「ここから出るため手助けが欲しいんだが?」

Screenshot20100322202336950
「手助けして欲しいといわれても、こっちが助けて欲しいくらいだし・・・。
 一体どのくらいここにいたかもわからないくらいだ。
 我々を助けてくれるというスピリットが来ているから会ってはどうか」


Screenshot20100322202417183
 村人は数多くいるが・・・、

Screenshot20100322202433889
 話のできる相手はほとんどいない。

Screenshot20100322202503940
 ブラックマーシュは暮らすにはひどいところだが、それを我慢すれば泥炭集めで富が築けたらしい。

Screenshot20100322202510514
 村人が集まって何かの集会?


Screenshot20100322202521632
 中心にいるのは、スピリット・オヴ・ジャスティス。「正義のスピリット」。

Screenshot20100322202656588

Screenshot20100322202703639
「お前なぞ、もう恐れはしないぞ!
 魔女が出てこないなら、扉をぶち破れ!」

Screenshot20100322202710591
「迂闊なことをするでないぞ、皆の衆。バロネスは屋敷の中では手ごわい。無闇に突入すれば身を滅ぼすことになるぞ」


Screenshot20100322202721737
「そしておぬしらは何者だ? バロネスの手の者か? それともあやつに苛まれている迷える魂か?」

Screenshot20100322202740183
「オリージャンだ! バロネスの手先だ! 俺たちを葬りにきたんだ!」

Screenshot20100322202745353
「待て待て、みなの衆。このオリージャンについてまだ何もわかっておらん。そう結論を急ぐでない」
 さすが、ジャスティスの名に恥じない公平ぶりw。

Screenshot20100322202755180
「わが名はジャスティス。この地をつぶさに見て、いたいけな魂らが悪に苛まれていることにはらわた煮えくり返り、今救いの手を差し伸べんとしているところだ」

Screenshot20100322202804237
「現実世界ではバロネスが私たちを支配しておりました。私たちの子らを取り上げ、その血を暗く邪悪な魔法に用いていました。 
 私たちがあの女の邸宅を火の海にしてやったとき、最後の呪文で私たちみな、ここに飛ばされてしまったのです。それ以来、ここから抜け出すこともできず、今だあの女の支配から逃れられません」

Screenshot20100322202821524
「このスピリットはフェイドに詳しいはずだ。手助けすれば俺たちもここから救い出せんじゃないか?」

Screenshot20100322202826129
「バロネスが人々をここに封じ込めた張本人。さすれば抜け出すための一番の手掛かりもその女」

Screenshot20100322202842721
「おぬしら、正義の使命を果たす気はないか? バロネスと手下どもは強力だが、おぬしらはかなり腕が立つと見た。助太刀歓迎いたすぞ」
 なぜ時代劇調なのか、私にもわからんw。

Screenshot20100322202857574
「助太刀いただけるか。忝い。これであの女と真っ向から渡り合えようぞ」

Screenshot20100322202901830
「おう、真っ向から渡り合うね、気に入った。お喋りはうんざりだ! ぶっ殺せ!」

Screenshot20100322202914018 
「邪悪で強力なウィッチ! 本当に敵対する気?」
「そいつを打ち負かして、ここから脱出するための魔法を要求するのさ」
「なるほどね・・・」
 ほんとに、説得が簡単にいきすぎますよ・・・。文脈に関係ないが、このセリフの浮遊感、あえて入れときます。

Screenshot20100322202924509
「正面から割って入る。各々がた、手はずに抜かりはないか?!」
「おうよ!」(なぜ時代劇?w)

Screenshot20100322202932792
「あやつの罪は長きにわたり咎められずに来た! みなの衆、今こそ自由を勝ち取るときぞ!」

Screenshot20100322202944261
「おーっ!」

Screenshot20100327213642390
 討ち入りじゃーっ! ガッコーン!

Screenshot20100322202947547
「どけどけい!」


Screenshot20100322202953861
 もー、前口上長すぎるわねー。出待ちであくびが出るわ・・・。って両脇のはアッシュ・レイス、元々こういう顔(つか、姿)よ。

 長いのはこのエピソード面白いと信じているから。ご勘弁を。

**********

 ハンガー・デーモンが出現する分岐の場合。Awakeningではここにしか出ないから画像は張っておこう。プライド、ディザイア、デーモン序列ではその次にくるハンガー。飢餓とか貪欲とかでしょうか。

Screenshot20100327043959214

Screenshot20100327044003526

Screenshot20100327044006893

Screenshot20100327044008819

Screenshot20100327044052062

DAOA ブラックマーシュ(その2)

 風景がいけてるんで、ついつい画像が増えてしまう。
 いい加減ストーリー進んでくれよと思っていると。

Screenshot20100322173428246
 あ、ザ・チルドレン!

Screenshot20100322173545080
 ダークスポーンがようやく現れた。


Screenshot20100322174206405
 ということはその奥に、ああ、やっぱりな。


Screenshot20100322174219420
 薄々わかっていたとはいえ、無残な姿を曝している同士ウォーデン、クリストフ。

Screenshot20100322174223109
 もう何日も転がっていたみたいだ。

Screenshot20100322174230195
 む、怪しい気配。
 こういうシーンのたびに突っ込むのやめにしたいですが、ウォーデンはダークスポーンの気配をいち早く察知するのではなかったのか?
 それとも奴等気配を消すような進化を遂げた?

Screenshot20100322174233864
 また別のディサイプル登場。


Screenshot20100322174241047
「そう、そいつは貴様の手下だ、グレイ・ウォーデン。
 ザ・マザーのいうとおりだった。こいつを囮としてここで殺しておけば貴様が現れると」


Screenshot20100322174250823
「ザ・マザーは正しい! 常に正しい!」

 Screenshot20100322174306938
「このザ・ファーストが、貴様に言づけを持ってきてやった」

Screenshot20100322174321414
「ザ・マザーは、奴の計画に貴様がこれ以上付き合うのを我慢ならんとおっしゃっている。
 貴様が知っているかどうかにかかわらずな」

Screenshot20100322174328918
「だから、こうしてギフトをお贈りなさった!」

Screenshot20100322174330848
 ちょっ?!

Screenshot20100322174332865
 自爆テロ?!
 
Screenshot20100322174334919
 ・・・。


Screenshot20100322174354742
 なんだなんだ?


Screenshot20100322174401225
 おめ、なにしやがんの?!

Screenshot20100322174407877
「バカな! なぜ俺様までフェイドに飛ばされねばならん?!
 ちきしょーっ! ザ・マザーが俺様をたばかった? はめられたのか!」

Screenshot20100322174422155
「母親なんぞ、ぜってー信用しちゃなんねえってことよ」
 てか、せんせ、そのバフのエフェクト、なんとかなりませんか?w

Screenshot20100322174425159
「あーっ、貴様と一緒にフェイドに閉じ込められるとは! 俺様がバカだった!」

Screenshot20100322174432368
「まー、こうなったのも何かの縁。旅は道づれ世は情け、渡る世間にダークスポーン。一緒に脱出方法でも探しませんか? そのあとザ・マザーとやらをけちょんけちょんに・・・」


 そんな選択肢もありますが、選んでもムダでしょう(未確認)。
 そういうので話が分岐して広がったら、呉越同舟、前にも背中にも注意みたいな、ものすごーく面白い話になったと思うのだが、開発負荷が半端ないもんねー。

 普通に、いやみったらしく、「どうやら、誰かさんが使い捨てだったみたいだな?」を選ぶ。
  
Screenshot20100322174437726
「俺様はザ・ファースト! 使い捨てなどではない! グレイ・ウォーデンにもザ・マザーにも思い知らせてやる!」

Screenshot20100322174450050
「だが今のところはザ・チルドレンを使い捨てにして貴様の相手をさせてやる!
 俺様は自力でここを脱出し、ザ・マザーに目にもの見せてくれようぞ!」

Screenshot20100322174605695
 あれだけいたダークスポーンのうち、ザ・チルドレンだけがどうしてフェイドにやってきたのか不明ですが、軽く叩く。

Screenshot20100322194215440
「待てよ? フェイド? ヒューマンの夢の世界か。ドワーフには縁のない世界。俺たちは夢を見ない。石のように眠る」

 オーグレンが色々ケチをつけますが、こちらもケチつけたい。
 まずOriginsでオーグレンがフェイドに行ってる可能性ゼロじゃないでしょう? 順番次第だがサークル・タワー、スロス・デーモンとの対決の前にオーザマーで彼をリクルートすることは可能だ。まるで初体験みたいに言うのはどうなのか。
 インポートキャラが主人公で、かつオーグレンがOriginsでフェイド経験してると違う反応なのか? そこまで細やかなつくりではないと、すでにあきらめてますけどね・・・。

Screenshot20100322194248241
「もしかしてあっちの世界で、俺の体の大事なところに誰かがあんなことやこんなことをしてるんじゃないかと思うと・・・。
がっくし・・・」
 こっちも結構がっくしなのよ。

Screenshot20100322194300230
 今度のフェイドは、Originsのものより、さらにシュールレアリズムらしさを増している。オーグレンにとっては酔っ払った時に見ている光景とあまり変わらないかもしれないが。

Screenshot20100322194404051
 フェイドですので、当然デーモン連中がお相手。

Screenshot20100322194412766
 奥に見えている祭壇らしきものが重要そうだ。

Screenshot20100322194541396
 リアルワールドのヴェイルの亀裂に関連するようだ。

Screenshot20100322195352178
 いくつかあって、それぞれディザイア・デーモンがトリオで守っているのだが。

Screenshot20100322195357520
 Originsではピンで主役を張っていたディザイアさんも、このレベルの主人公相手では三体束になっても即ノックアウトだ。哀れ。

Screenshot20100322195445298
 パズルです。


Screenshot20100322195619918
 パズル大好きなんですが、違うキャラを連れてくるたびに同じものを何度もやらされるのは辛いな。


Screenshot20100322195653179
 デーモン衆が出現して。


Screenshot20100322195841424
 倒すと、ルーニック・ペデスタル。なにか貴重なアイテムでもあったんだろうか(もう忘れているが、高級ルーンかな)。

Screenshot20100322195910530
 Originsのフェイドでもおなじみだった、このアトリビュート・スタッツを永久に1ポイントづつあげてくれるエッセンス。ここにもあちこちに散らばっています。
 

 ちなみに、Originsのフェイドで獲得したこの永久スタッツ上昇。
 キャラクタ・インポートのときに剥がれ落ちてしまうそうだ。
 自分では確認していないのだが、新キャラとの差が広がりすぎてしまうからだろうか。
 アトリビュートスタッツの装備制限値(例えばDEX44以上とか)をキツキツで狙ってると一時的に装備不可になってることもあるのかしら。タレント、スペルも使えなくなっちゃうのかしら?
 それともOriginsでも元々、そういったボーナスを加算しない真正(ジェニュインな)スタッツで計算されてたのかしら。
 ほんとカジュアル・ゲーマーなものですみませんね。
 そういうこと自分で調べるだけの興味もございませんのよ!
 Originsでもらえた数まで正確に把握していないが、インポートキャラの場合は、このフェイドのくだりで(一部は)取り返してるってことになる。

(追記)
 そうはいってもまじめに調べたさ。でもWikiの下の一文じゃ"New Wardens"が誰を指すのかわからんねー。確認しときます。

"New Wardens do not benefit from the stat or talent gains garnered from Lost in Dreams or increases from tomes."

 ↓調べた。結果的に、Originsのスタッツアップは引き継がれているようだ。

 http://vanitie.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-b5fe.html

Screenshot20100322195303257
 これも。

Screenshot20100322200129807
 これもですね、以下省略。

Screenshot20100322200053731
 ディザイア・デーモン、哀れ(くどいか)。

Screenshot20100322200221068 
 村人らしき格好の女性は意識がありますね。「レディさま!お許しを!」などとうなされています。

Screenshot20100322200445961
 シュールな岸辺。何かのコピーみたいだな。

Screenshot20100322200357765
 デーモンをなぎ倒して村の建物に近づくと。


Screenshot20100322200536692
 やっと、まともにお話の聞けそうな村人・・・、の魂?

続きを読む "DAOA ブラックマーシュ(その2)" »

DAOA ブラックマーシュ(その1)

   正直、バトルは確かに面白いです。工夫がいろいろあるし、新スペル、タレントも豪快なものが多くて、ついつい多用してマナとかスタミナ切らしちゃうw。
 D&D3.5では、レベル10から15あたりが旬、一番美味しいレベル帯であると聞いたことがある。それ以下だとまだ未熟なキャラがポンポン死ぬし(D&Dの正統ルールでは、低レベルだと基本キャラ死んだらおわり)、それ以上の高レベル帯は、もう神がかった戦いになって大味だとか。

 Dragon Ageでは、結構バランスを確保しているようで、最後まで簡単すぎる、難しすぎるはなかった気がします。もっともNormalセッティングですけどね。
 Easyセッティングはフレンドリー・ファイアがないから、ちょっと物足りないと感じる。

 逆にストーリー的には、全般的にちょっとなあ、おざなり?というものが多かったが、次のクエストは結構面白かったかもしれない。ただしやはり短く生煮えなのが惜しい。もう少し膨らませればそれだけで一本、興味深い話が出来そうだったのに。

**********

 アマランティンの街中で手がかりを探さなければならないのですが、そうだ、シルヴァライト・マインで死んだオリージャン・ウォーデンの形見の品を夫人に届けなければならなかった。

Screenshot20100322155617897
 ところが、夫人はすでに別の男性と・・・。

Screenshot20100322155715429
「彼は自ら望んで犠牲になりました。でもそのことについて、一度も私の気持ちを確かめたことなどなかったのです」


 オーグレンの話にしろ、この手のエピソード重ねてくるのはどうなのか。
 グレイ・ウォーデンたる者、家族と過ごす暇はない。そのモチーフ、そんなにしつこく持ち出さなくてもいいんだと思うんだが。
 実はそれには理由があるのですが。

 ヴィジルズ・キープのセネシャルから、クリストフというオリージャン・ウォーデンがダークスポーンの怪しげな挙動について、極秘裏に調査をしているという話を聴いていました。
 彼は身分を隠してアマランディンの宿屋に逗留している。そこからスタート。 

Screenshot20100320155201390
 宿の女性に聞き込み。その人のことは覚えてはいるけど、詳しくは宿屋の主人に聴いてくれという。

Screenshot20100320160248364
 宿屋の主人。
「どちら様? おお、コマンダー、ようこそ!
 あー、あの方ね。クリストフさん。一週間くらい帰ってきてないね。どこ行ったか聴いてませんし。部屋代は月末までもらってますから、そろそろ戻ってくるんじゃ?」

 クリストフの部屋の鍵を借り受けよう。
 部屋の手がかりから、ブラックマーシュと呼ばれる湿原地帯に向かったことがわかります。

Screenshot20100322165057472
 ブラックマーシュ。アマランティン海から吹き寄せる風のため、ぞっとする寒さ。かつて集落があったところは誰も住まわない。周辺一体が呪われているという噂。 

Screenshot20100322165114151

Screenshot20100322165118745
 死骸を漁っているのは野犬? いや狼。それもブライトに感染しているようだ。

Screenshot20100322165225748

Screenshot20100322165409286
 先のブラックマーシュの説明から、そしてこの風景から、ヴァンパイア・ストーリーを期待していた私。

Screenshot20100322165445050
 狼しか出てこないけどね・・・。

Screenshot20100322165548092
 街中は文字通りの廃墟。

Screenshot20100322165704340
 このドラゴンの頭蓋骨は、場所だけチェックしておこう。

Screenshot20100322165754528
 ヴェイルの裂け目? ただし生身では通過できない。

Screenshot20100322165828704
 周辺にはクリストフを探す手がかりはない。集落の中央部にある大邸宅に向かおう。


Screenshot20100322165833390
 ダークスポーンの亡骸。何日も前のものだ。ただ、間違いなくここにダークスポーンがいたことだけは確かだ。クリストフよいずこ?

Screenshot20100322165902772
 出てくるモブも、ついにウェアウルフに昇格した。

Screenshot20100322170513814
 私自身も不明だが、なぜかこの画像がこの次に撮影されていた。

 ブラックマーシュでなにか最後の素材を発見したのかしら?
 今となってはまったくわからないので、当てにしないで欲しいですが、アーチャー主人公には嬉しい最強の弓。
 主人公がアーチャーでなければ、ナサニエルに渡せばいい。
 ただ残念なことに、弓にはエンチャントメントのスロットがない。そこだけが難点。

Screenshot20100322171650045
 ナサニエルといえば、彼はここに思いいれが深いので、いっぺん連れてくるといいと思います。

 小さい頃、父からブラックマーシュの話は良く聴かされた。悪の魔術で住民全員が殺されたそうだ。大きくなったらブラックマーシュにきて悪を糾すと子供心に無邪気に夢想していたそうだ。まあ、男の子ってみんなそうですね・・・。そのまま大きくなると、いい年してこんなゲームを必死に、って、文句あるか?

 しかし彼は、どんどん「いい奴」化していく。中の人的には、彼が最後に死ぬとかだとちょっと耐えられないレベルになってきてます。

Screenshot20100322171853100
 弓は特注で新調したのだが、効果のほどは・・・。

Screenshot20100322171912472
 あー、コマンダー、その態勢は、また勝手にレイン・オヴ・アロウズを撃ってるw。
 みんな退避じゃ、退避ーw。

Screenshot20100322171929248
 あ、違った。ちゃんと遠距離に沸いた敵をあっという間に三体も殲滅してる!
 おそるべし、レイン・オヴ・アロウズ!
 使い勝手の悪さも半端ないがw。
 タクティクスで自動で戦わせていると、結構どきどきします。

Screenshot20100322172108919
 弓ネタどこまで引っ張るんじゃ、と怒られそうなので邸宅に向かう。

Screenshot20100322172118920
 張り紙。塵を払うとこう読めた。「この村は放棄された。メイカー、哀れな魂に安らぎを」

Screenshot20100322172153344
 手がかりやーい。

Screenshot20100322172222611
 ここにもヴェイルの亀裂。

Screenshot20100322172352784
 実はギフトに使えるこどものおもちゃですが、何気なく置いてあるとこわいですよね。
 ホラー映画の常套手段。

Screenshot20100322172704033
 ウェアウルフが襲ってきたキャンプ地。

Screenshot20100322172807349
 クリストフのキャンプ跡のようだが、何日も戻ってきた形跡がない。

Screenshot20100322172837447
 なかなか趣のある眺め。

Screenshot20100322172924320
 バロネス・・・。男爵夫人?

Screenshot20100322172946771
 いつも月が正面てのも不思議だ。
 ところでこのセダス大陸のある惑星には月はひとつだったろうか?

Screenshot20100322173048676
 マスパラとレイン・オヴ・アロウズはなかなかのコンビネーションとやっと気がついた。

Screenshot20100322173152311
 それはいいのだが、手がかりがさっぱり・・・。

DAOA ヴィジルズ・キープ(その9)

 えー、とりあえずクリアしました。しましたがっ!
 どうなんだろうね、これ。ほんとハック・アンド・スラッシュ・パックと考えたほうがいいのかな。
 公式フォーラムで一部のあちらの方々マジぎれされていましたが、いまその理由が少しわかったかもしれない。
 いや、ハック・アンド・スラッシュ・パックならそれはそれで、実はもうちょっと考えようがあったのではないかと。
 まあ、それは今のところはおいておきまして。

 オリージャン・ウォーデンでだいぶダメ進行がわかったので、インポートキャラで優等生プレイを続けていくことにします。

**********

 すっかり忘れておりましたが、オーグレンの家庭事情。

 Originsで、オーグレンの好感度がある程度あると、ブランカのくだりが終わったころに出てくるパーソナル・クエスト。
 元愛人?恋人?フォルシとの再開という話。
 オーグレンがブランカと訣別したことがわかって、少し縒りが戻ったような話で終わっていたのですが。

 今回はオーグレンの妻として登場。すでに一子をもうけている。

 Originsでオーグレンの好感度があがらなかったうちの長女(インポート・キャラひとりめ)は、フェルシを見つけずクリアしてしまった。
 まだこの場面試していないが、きっと関係なく出てくるんでしょうね。

Screenshot20100320231122117
「隠れていたってあたしはここを動きやしないよ! あんたの汚いケツここに持ってきな!」

Screenshot20100320231132153
「まあまあ、落ち着けよ。なんだ、家族の職場訪問かい? 偉大なオーグレンとたまにはちょちょくり会いたくなったか?」

Screenshot20100320231135090
「あたしに触るんじゃないよ! あんた、今まで散々でたらめやらかしてきたけど、あろうことかグレイ・ウォーデンに入ったって?!」

Screenshot20100320231140252
「へっへっ、やっぱ、ぐっとくるかい?」

Screenshot20100320231145490
「やっぱ、ただの家族ごっこだったんだね!」
(ここの訳、きっついなあ。role-playing、もっとヤバイ意味もありそうだし・・・)

Screenshot20100320231203012
「でたらめでグレイ・ウォーデンに入ったんじゃねえぜ、だってお前が俺を追い出したんだろうよ!」
 
 本来、長々と訳すべき話ではないです。つか、この二人の会話、訳すのきつすぎるw。
 妻子と一緒に暮らすと約束していながら、実はオーグレンは再婚間もなく、ネヴァラの傭兵に入ってしまった。しばらくしてそこも叩き出されていた。
 今度はグレイ・ウォーデンなどに加入し、また戦いに明け暮れ家に戻らない毎日のオーグレン。愛想をつかし、子どもを連れて実家に帰らしていただきますという話だ。
 オーグレンが折れればまだ望みはあったが・・・。まあ、彼の場合はダメだろうね。

 Screenshot20100320231236599 
「俺にうまくできることは、たった一つしかねえんだ。敵をぶっ殺すことよ。
 フェルシ、俺はようやく本当におったつ気分になれたんだ。俺の居場所はここしかねえんだ」(ここ、もろにその意味なんだよ。この程度の表現で許してw)
 

Screenshot20100320231240902
「わかった。オーグレン。そういうことね。赤ん坊と私だけで生きていくわ」

 こりゃひどいなあ。ちょっと救いがないよね。
 オーグレンは表面上、平静を装いながらも、ますます酒に溺れて行く流れ。
 これも、どうにもとめられず、結局「お前は家族持ちなんて向いていなかったんだよなあ」と納得して終わるということなのかな。

 話としてはわかるのですが、ステロタイプ的でどうにも後味が悪すぎる、というか、なさ過ぎる。
 家に帰って来いと最後までしつこく責め立てる話にしたほうが面白かったと思うが、そうできなかったのにも理由があるようです。

**********
 
 メインプロットをひとつクリアするたびに、このクエストは進めておこうと考えていた、ヴィジルズ・キープ内部のダンジョン。
 先日、巨大なドワーフの三重扉で封印しましたので、地下からの侵略はしばらくは食い止められるようだ。
 問題は、残った「鍵」の謎。

Screenshot20100322152333586
 放置していたあの鍵穴だらけのホール。
 地下道をくまなく歩いたおかげで、鍵は全部揃ったかな?
 

Screenshot20100322152336570
 おお、揃ってたみたいですね。カチャリ、とついに開かずの扉が開く。

Screenshot20100322152347726
 あーーーっ!w


 ここは、本気で爆笑。受けましたねー。
 あの面倒なダーク・シーアージ。ようやく討ち取ったばかりのオーガ・コマンダーの死体に乗り移ってパーティを脱力させた、こいつ。
 またどこかに向かってまっしぐらに飛んで行った・・・。

 めんどくせーw。

Screenshot20100322152400235
 意外と狭い室内。どうやら玄室ですね。棺がいくつか置いてある。

Screenshot20100322152445868
 それぞれの棺からアンデッドの鎧戦士。案の定過ぎる展開。

Screenshot20100322152451144
 ダーク・シーアージ、どれかに乗り移ってるんだろうな。HPバーの一番長い奴に。

Screenshot20100322152547675
 この頃、このキーパー系スペルお気に入りで、多用しておりましたw。

Screenshot20100322152834565
 油断したヴェラナが、画面端っこでやられております。
 ああいうスペルで無闇にヘイト取ったからです。反省。
 やり直すの面倒だからしばらく倒れててもらう。

Screenshot20100322152840827
 ヴェラナの仇!w

Screenshot20100322152944325
 あとは取り囲んで一斉攻撃。

Screenshot20100322153151228
 アンデッドだからあまり意味はないが、クビすっ飛ばして終了。
 キリングブローの映像に気絶してるヴェラナがしっかり映ってるので誤魔化しようもありませんなw。

Screenshot20100322153156261
 あーっ、えらい目にあったわw。
 強い敵相手にAoEスペルはほどほどにですねえ・・・。

 ここで、とてもいい良品が拾えたはずですが、ダーク・シーアージのたちの悪さが不覚にもツボにはまってしまって、画像忘れましたw。

 でも、こういうしつこい展開、昔のゲームで見たことあるんよね・・・。なんだったかなあ。

2010年3月25日 (木)

DAOA ヴィジルズ・キープ(その8)

 一難さってまた一難ではないですが、さらにダメ領主に追い討ちをかけるようにトラブルが。

Screenshot20100322060226571
「バン・エズミレル、急な用件とはなにごとだね?」


Screenshot20100322060230078
「ここに来たのは、良き領主のため。ウォーデンが殺めたハウ卿のため」

Screenshot20100322060234913
「なんと、まだハウ卿に忠誠を誓っておるというのか?!」

Screenshot20100322060237904
「ランドン・ハウは民にとっても、我にとっても良き領主だった」

Screenshot20100322060241468
「ようやく今、その復讐を果たすときが来た!」

Screenshot20100322060243801
「コマンダー、危ない!」


Screenshot20100322060246980
 アンティヴァン・クロウの暗殺者集団です。


Screenshot20100322060253654  

Screenshot20100322060348198
 キーパー系のスペル。いつ見てもなかなか壮絶なグラフィック。

Screenshot20100322060551086
 一匹だけやけに固いクロウがいますが、周りから丁寧に倒していけば敵ではないでしょう。

Screenshot20100322060610851
「最初は暴徒、今度はこれか・・・。くそっ!」

Screenshot20100322060617486
「ヴァレルは身代わりに撃たれたが、命に別状はないようだ」

Screenshot20100322060638666
「オーレイじゃこの手の話はしょっちょうだそうで。彼女もあなたを見くびっていたのが幸いでしたな」
 いや、完全に意表をつかれたといったほうが正しいんだが。

**********

 兵士で手厚く守っていたはずの都市部の領主は反逆者で、逆に農村部の住民は暴徒と化す。
 意図せず、絵に描いたようなワースト・シナリオになりました。
 
 このコマンダーは、一番最初、ヴィジルズ・キープに到着したときに、何人か兵士を救出しそこなっている。そういうのも後の兵隊の配置に関係あるのかもしれない。
 もちろん暗殺のほうは、計画の噂を無視していたので、内通者のサー・タムラも殺され、情報屋まで殺してしまった。こっちは自業自得。
 農民の暴動のほうも、農村の救出クエストを後回しにして、農家全員をダークスポーンから救えなかったことも影響しているのか。
 
 こんな大騒ぎをしてると、すっかり忘れてしまいますが、ヴェラナのジョイニングがまだでした。いくらルーチンワークでもサボるのはよろしくないですね。

Screenshot20100322151554551
「これより先、ヴェラナ、汝グレイ・ウォーデンなり」

Screenshot20100322151559354
「なるようになれだ」
(セリフまでシグルーンと一緒だよ・・・)


Screenshot20100322151611664
うううん。***バタン***

Screenshot20100322151616043
「当然無事です。しかしコマンダー、ここまで来ると繰り返しギャグにもなりませんが。
 最初のマイリはなんだったんでしょう・・・」
「ほんとだよな・・・」

Screenshot20100322151802187
 興味深かったのは、ヴェラナへのギフト。
 何も書いていないジャーナル。「自分だけの日記」とかいうやつです。


Screenshot20100322151805290
「何も書いていない本? どうしてこのような役にたたないものを私に?」

 ヒューマンにはたくさんの伝説、英雄物語があるのに、エルフのそれは大方喪われてしまった。エルフの子供が喜んで聴けるような物語はほとんど散逸してしまった。
 ならばこれから自分の手で創り出していけばいいではないか、とかそういうお話になったようです。なかなか洒落た話ではありました。

 

DAOA ヴィジルズ・キープ(その7)

 プレイのほうはエンディング近くまで進んでいるのですが・・・。
 このゲームはどうにもこうにも・・・。
 これ、ハック・アンド・スラッシュ・ゲームとして楽しもうね、うん、そうしよう。

 正直、いちいち訳す必要があるほどの英語など、ほとんどない気がしてますし、めんどくさそうな政治や駆け引きのところだけちょっと気合をいれて、あとははしょりますね。
 本当にOriginsと同じシナリオ・ライターたちが書いたんだろうか? 監修はしたけど弟子かなんかに書かせたんじゃないのかな?
 
Screenshot20100322054809249
 例えば、このヴェラナの元一族であるデーリッシュとの偶然の出会いも、なにかに関連するわけでもなく、世界観の深みが増すわけでもなく・・・。 省略します。

Screenshot20100322055916283
 ヴィジルズ・キープに戻ると、農民が大挙して押しかけてきている。一揆ってやつですか。

Screenshot20100322055923068
 なにしろ、兵士をアマランティン市内に集中配備してますから、農地の守りはなきに等しい。ダークスポーンが跋扈しているのも必然。


Screenshot20100322055925297
「メイカー、感謝いたします。お戻りになられてよかった。手が付けられん事態になってます」

Screenshot20100322055928876 
「ダークスポーンがそこらじゅうにいるぞ! 城の壁から見てみろ!」

Screenshot20100322055932329
「だが、コマンダーはこれ以上兵を割くわけにはいかんのだ!」


Screenshot20100322055936135
「これはあなたへの陰謀に関連してるのではないですかな?」


Screenshot20100322055940284_2
「もし平民たちが自ら立ち上がったのだとしたら、あたしはブーツを食ってみせますよ!」

Screenshot20100322055943730
「何か一言、話されたほうがいいのでは? 落ち着かせるような、理を悟らせるような」

Screenshot20100322055948897
「ヴァレル、暴徒を甘やかしちゃだめだ。鎮圧せねば。命令をくれ」


Screenshot20100322060001501
「コマンダーの話を聞こうじゃないか!」
「いや、キープをのっとらなけりゃ、俺たちに安全はないぞ!」


Screenshot20100322060006321
「静かにしろ!」


 さて、どの選択肢を選んだか不確かですが、たぶん1.です。
 「キープが陥落したら、街も同じ運命をたどる」ってやつ。

Screenshot20100322060018632
「兵隊はどの道、おれたち農民を助けてくれない!
兵隊はアマランティンから石ころ投げれば届く距離より遠くに出て来やしねえ!」

Screenshot20100322060022742
「キープを奪うんだ! 俺たちの身を守るにはそれしかねえ!」

Screenshot20100322060119696
 本シリーズ初となる、一般市民とのガチバトルw。
 中の人、わりかし喜んでファイアーボールをぶっ放していた節がありますw。
 厳密にはOriginsエイリアネイジなどで、小規模のものはありましたが。

Screenshot20100322060129086
 本当に皆殺し、鎮圧してしまった。 

 いいかんじで、失政のツケがまわってきております。悪循環が進行しておりますなあ。
 こんなプレイは二度とやりたくないので、初回オリージャン・ウォーデンのときにに全部済ませてしまおうw。

Screenshot20100322060134930
「農奴の叛乱は止みませんよ」
「他に手段があったはずだが」

Screenshot20100322060141089
「暴徒に媚びたら、暴徒に支配されます。ご存知でしょう?」
「ふーっ、そうだな、お前は正しいよ」

Screenshot20100322060149025
「この後始末はしておきます。それよりノーブルが謁見を求めておりました。中でお待ちです」

 

2010年3月24日 (水)

DAOA シルヴァライト・マイン(その2)

 Originsの脱獄もので、すぐに装備が見つかるご都合主義を批判していましたが、どうやらみんなそう感じていたのかな?
 今回はひとりづつ装備を取りかえす趣向で、それ自体過去にもありましたから目新しくはないですが、まあちょっとは改善したということでw。

Screenshot20100322044219424
 この時点で、ヴェラナの分も回収している。

Screenshot20100322044653010
 さっきのウォーデンが言っていたモールを振り回すダークスポーン。
 ここに来るまでには全員分の装備は回収されている。
 非装備品やポーションなどの共有品がまだですね。

Screenshot20100322044722647
 飼育係らしく、ドレイクも連れてくる。


Screenshot20100322044947471

Screenshot20100322045004157

Screenshot20100322045026403
 しね、くそが。

Screenshot20100322045044883
ついでにお前も。

Screenshot20100322045327237
 どんどん進もう。このメイジの新スペルは一定インターバルで周囲の敵を弾き飛ばすというもの。相当便利。

Screenshot20100322045353076
しっかし、ようけドレイク出てくるなあ。

Screenshot20100322045901742
と無邪気に思っていたあの頃の私。

Screenshot20100322050410369_2
 このクナリのおっさんは誰?
 どうやら商人らしい。ダークスポーンと結託してるとか。なぜダークスポーンに食われない?


 その理由はすごく理解不能だが、このそばに回収していない残りの所持品があるので、マインの中で拾ったアイテムを売りさばかないと全部持ちきれないのだ。つまり便利キャラ?
 さらに彼を説得してヴィジルズ・キープに連れ帰ったほうが良いみたい。売買が終了したら説得してみるか。

Screenshot20100322050626204
 出口は目の前ですが、素直には出してくれんやろうなあ。

Screenshot20100322050628079

Screenshot20100322050633310
 意味深な目線。

Screenshot20100322050635491
 あー、気がつくべきだった!


Screenshot20100322050637904
 ドレイクあるところ、ドラゴンあり!

Screenshot20100322050640388
 しかも二頭ですか?!

Screenshot20100322052357220
 タンクがいないので、作戦は一頭無視でいってみたんですが。

Screenshot20100322052419953
 なかなかうまくはまらず。

Screenshot20100322052517611
 それまでの間は、何度かやり直し。

Screenshot20100322052711327
 炎を吐かれ。

Screenshot20100322053014482
 吹き飛ばされ。


Screenshot20100322053546549
 ようやく一頭取り囲んで。

Screenshot20100322053608302
 ぼこ殴り。

Screenshot20100322053614084
 一頭撃沈。

Screenshot20100322053621753
 あとはもう何も考えず。

Screenshot20100322053908595
 メイジへのヘイトがきついw。


Screenshot20100322053917073
 二頭めは良くわからないうちに討伐。
 こんなあっさり書いてますが、色々試行錯誤を繰り返した結果です。

Screenshot20100322053924220

Screenshot20100322053926001

Screenshot20100322053927789

Screenshot20100322053929863

Screenshot20100322053934200

Screenshot20100322053936357

Screenshot20100322053938884

Screenshot20100322053941262

Screenshot20100322053943583

Screenshot20100322053945367

Screenshot20100322053950723

Screenshot20100322053952879

 バトルシーンの画像よりカットシーンの画像が多いとか。
 ファイナル・ファンタジーかってところですが。

Screenshot20100322054001903
「どうして! 妹はなぜあんな化け物と?! 取り返さなければ!」

 いや、知りませんよこっちだって。でも、いずれ見つけましょう、とでもいっておこう。

Screenshot20100322054022576 
「ウォーデンは地中深く潜むダークスポーンも察知できるときいてるわ。私もウォーデンにして! 地の果てまでも追ってやる」
「いや、そのウォーデンになれずに死ぬ人もいるんで、中には」

Screenshot20100322054032048
「死など恐れません!」
 んじゃ、お好きにどーぞ。

Screenshot20100322054052606
 おっと、アチーブメントは、このヴェラナ編をクリアしたらもらえるのかな。

**********

Screenshot20100322054631798
「残念だな」

Screenshot20100322054637308

Screenshot20100322054639576
「いや、もう我々に手出しできん。戻っても無駄だ、ウーサ。
 お前の元同僚たちは素晴らしい。説得するのは難しそうだ」

Screenshot20100322054654126
「心配するな、ウーサ。約束は果たす。何もかもが喪われたわけではない」

Screenshot20100322054705437
「来るのだ、戦いに備えねばならん」

DAOA シルヴァライト・マイン(その1)

Screenshot20100322040600057

Screenshot20100322040602049

Screenshot20100322040605345
「なるほど、君がグレイ・ウォーデンのコマンダーか・・・」

Screenshot20100322040607623
「怯えるな。怪我は手当てしてある」

Screenshot20100322040614572
「すまない、私もやむをえないのだ。君を敵に回すのは本意ではない」


Screenshot20100322040624963
「だが今はその話をすべきときではない。休むがいい」

Screenshot20100324195008205

Screenshot20100324195011549

Screenshot20100324195017755

Screenshot20100324195021488 

Screenshot20100324195025974
「セラニ! ああ主よ、あいつらいったいあなたに何を?!」

Screenshot20100324195032366
「何もされていない。私は大丈夫。ヴェラナ、私じゃないのよ彼が望んでいるのは」

Screenshot20100324195034285
「何かいやなことが起きる前にここからみんなを逃がさないと。私以外誰も傷つけたくない」

Screenshot20100324195038423
「そうね! ここから出してちょうだい。そして一緒に家に帰りましょう!」

Screenshot20100324195047584
「ダークスポーンがあなたたちの持ち物を持っていってしまった。うまくやれば全部手元に戻るはず」

Screenshot20100322040723148
「なんでもいい、知ってることを教えてくれ!」
「わたしは何も知らない! でもこの鍵を。エミッサリの部屋の鍵です。なにかそこでわかるかも!」
「ちょっと待て! この鍵はどうやって手に入れたんだ?」

「み、見つけたの・・・」

Screenshot20100324195050281
「ああ、奴ら調べに戻ってくる! 早くして!」

Screenshot20100324195101563
「セラニ、待って! ここにあなたを残していけない!」

Screenshot20100322040752933
 あーまた脱走ものですかー。

Screenshot20100322040858585
 面白くないんですよね、少し行けば装備全部還ってくるんでしょ?

Screenshot20100322040907741
 およ?


Screenshot20100322041040784
 装備がどこにもない。

Screenshot20100322041312548
 ジ・アーキテクトのノート。

 
訳すの忘れてました。

-古えの神が死んだら何が起きる? 歌も共に死に絶えるのか?
 
-血が鍵だ。血が常に鍵だ。

-女エルフは協調的だ。私の実験に血を差し出した。おそらく協力すれば最後に解放されるとでも思っているのか?

-ディサイプルの報告によれば、別のエルフが我らが彼女の同族にした仕打ちの復讐として、ヒューマンらを殺し、森中で暴れているようだ。ザ・シーカーの策略に気がつきもせずに。セラニには知らせないでおこう。怒り出して協力をやめるかもしれない。 

-おそらく、あれが寝ている間に殺してしまうべきだったかもしれない。

Screenshot20100322041355238 

Screenshot20100322041721140
 オーグレンが「バリスタ? オカマの武器だ」とまではいってませんが。弱虫と老婆の武器だそうですw。「ガチンコで戦うのが男の子!」

Screenshot20100322041727563
 いや、あの数は無理でしょう。まだみんなふつうの下着のままだ。

Screenshot20100322041730835
 ガスーンと。


Screenshot20100322041734179
 一撃でほぼ全滅。

Screenshot20100322041813435
 一匹だけ残った奴を始末。

Screenshot20100322042050940 

Screenshot20100322042345879
 アンダースには持たせてなかったので、

Screenshot20100322042355156
 久々のファイアーボール!


Screenshot20100322042552538 

Screenshot20100322042556794
 お?

Screenshot20100322042558766
 あー!

Screenshot20100322042600778
「おい! おれの装備だ! あいつ、こ汚いべとべとの手でおれの大事なキャン玉、オーグレンのガラクタをいじくり倒してる!」 

Screenshot20100322042650627 
 おう、こうやって装備を取り戻すのか。
 少しはやりがいがありそう。

Screenshot20100322043023349
 オーグレンだけ立派な装備に復活。

Screenshot20100322043116504
 どなたか倒れております。

Screenshot20100322043127560
 オーレイから派遣されたグレイ・ウォーデンの生き残りらしい。ヴィジルがダークスポーンの急襲を受けたとき連れてこられたのか? 他の者はみな死んだか、さらにひどい目にあったそうだ。

Screenshot20100322043211381
 でかいモールを振り回しているダークスポーンに結婚指輪を取られた。仇を討ってその指輪を取り返し、妻のところまで持っていって欲しいと、最後の望み。

Screenshot20100322043658597
 キーパー系のスペル。

Screenshot20100322043750586
 画像にもグラボにもやさしくなさそうです。

Screenshot20100322043819299 
 D&D
ドルイド系に少し似てますかね。

Screenshot20100322044019226
 スパイグラス。望遠鏡ですね。なんとシグルーンへのギフトです。
 事前に彼女からヴィジルズ・キープでそれらしい話を聞いてました。

Screenshot20100322044027523
 使い道はちょっと誤解しているようだけど、すごい喜んでいる。

DAOA ウェンディング・ウッド(その2)

 この男、 仲間と一緒にエルフのキャンプを略奪・・・、排除するためやってきたらしい。

Screenshot20100322003358653
 だがダークスポーンがすぐに襲ってきた。

Screenshot20100322003420498
 あっという間に皆やられ、気がついたら死体だらけの真ん中に寝かされていた。なんとかひとりでここまで逃げてきたという。

Screenshot20100322003437221
 エルフが襲ったのではない、ダークスポーンが襲撃し、武器を奪ってエルフのキャンプにこれ見よがしに置き去りにしたのだ。


 ダークスポーンがヒューマンもエルフも策略に掛けた。あのエルフがヒューマンを目の敵にしてるのもうなずける。

Screenshot20100322003501333
「なんと、みな誤解のために死んだ? メイカー! 彼女を止めなきゃ!」
「キャンプに戻ってるかもしらんな、一度訪ねてみよう」

Screenshot20100322003515844
「ダークスポーンはあんたも気にしているぞ、ウォーデン・コマンダー」

Screenshot20100322003520804
「彼女だけじゃなく、あんたも見張っている。感じないか?」

Screenshot20100322003531275
 妹・・・。いや、知らん。俺たちが連れて行ってなどいない。死んだか、食われたか?

Screenshot20100322003607495
「俺を助ける暇なんてないぞ、逃げろ!」

Screenshot20100322003615411 

Screenshot20100322003702828


Screenshot20100322004351802
 キャンプに急ぐコマンダーたちの前にまた彼女。

Screenshot20100322004357096
「まだいるのかい? 邪魔をするでないといったはずだ! 警告した!
 ここはお前たちのいるべき場所ではない!」

Screenshot20100322004407353
「ヒューマンは妹さんを拉致したりしていない!」
「ヒューマンの仕業だ、見ればわかる。何度も見てきた」

Screenshot20100322004411552 

Screenshot20100322004418012

Screenshot20100322004419429 

Screenshot20100322004421004

Screenshot20100322004503279

Screenshot20100322004905654

Screenshot20100322004911317

Screenshot20100322004916702
「私が生きてお前たちにつかまることなどない。お前たちの・・・シェムレン・マジストレイトにひれ伏すことなどしない」

Screenshot20100322004940688
「すべてはダークスポーンの仕業だ。ヒューマンもエルフも騙されたんだ」

Screenshot20100322004953574
「うそ、知性のないダークスポーンがそんなことできるわけがない!
 でも・・・、誰がこの武器を置きっぱなしにしたのかは、たしかに気になっていた・・・。それがダークスポーンですって?」

Screenshot20100322005004325
「つまり仲間を殺し、妹を奪ったのはダークスポーン?!」

 え! もう納得したん? はやいなあー。
 だが次の選択肢では、「理解するまでこんなにかかるとは驚いた」という邪悪なやつがあるなw。こういうところのセンスも悪いですね、今回。
 こっちはもちろん、途中で拾った妹さんのものらしいペンダントを渡す。

Screenshot20100322005010917
「これはセラニのもの。母の形見で、決して自分から手放さなかったもの。

Screenshot20100322005022901 
「ダークスポーンはなぜこんなことを?」
「さあ、知らん。だがこれから見つけ出す」

Screenshot20100322005028494
「あたしを信用する理由なんてないのはわかってるわ、でも一緒に連れて行って!」
「え! こんだけの数を殺しておいて? しかも俺たちを散々攻撃したのに?」

Screenshot20100322005032645
「ダークスポーンの策略に陥って、人を殺めた。それは事実。間違いだと気がついたわ」

Screenshot20100322005038818
「セラニが戻ったら、ここから永遠に立ち去ると誓うわ!」

Screenshot20100322005043385
 もう、リーズニングも何もぜんぜん、まったくなってないけど、あと「殺す」って選択肢しかないから、一緒にくればー?

Screenshot20100322005051675
「名前はヴェラナ。あんたがそういうものを気にするかどうかしらないけど」

Screenshot20100322005104489
 ダークスポーンの居場所は大抵トンネルの中だというと、放棄された鉱山が近くにあるという。なんていう急展開w。

Screenshot20100322040106715
 ちょ、ヴェラナのスペルセットも確認せずにいきなりバトル!

Screenshot20100322040148114
 おう、どっちかってとDD系、ダメージ系もあるのね、安心した。

Screenshot20100322040320002
 ダンジョン大好き、マイン大好きw。

Screenshot20100322040524800
 ん、なんでカットシーン?

Screenshot20100322040528127

Screenshot20100322040530743

Screenshot20100322040533921
 眠れ・・・。

Screenshot20100322040537238

Screenshot20100322040539535
 

Screenshot20100322040542124

Screenshot20100322040544156

Screenshot20100322040546665

Screenshot20100322040548634_2

 この展開、大キライです。

DAOA ウェンディング・ウッド(その1)

    サー・タムラが殺されてしまったのも、回避できたのかどうかわからない。
 ついでにこのウォーデンはダメさ加減爆発という設定で、情報屋も倒してしまった。

Screenshot20100321154415862
 やたらと高い情報料を吹っかけてくるし、元々手がねもなかったので・・・。

Screenshot20100321154442161
 頭来て倒しちゃったことにする。これでコマンダー暗殺の手がかりは全部消えた。

 ついでに、ミカにアミュレットを返しておこう。

Screenshot20100321153451175
 彼にとっては幸運をもたらすおまじないの品で、これがないと怖くて二度と狩りに出ることができなかった そうな。

*********

 ふたつめのプロットクエストは、ウェンディング・ウッドと呼ばれる森林地帯。
 首都デネリムへと続く巡礼者街道で、キャラバンが次々と襲撃されている。

Screenshot20100320172718888
 元々巡礼者街道では最も危険な地域だった。盗賊やそれよりもたちの悪いなにかが潜んでいるという。

Screenshot20100321161600572 

Screenshot20100321161604360

Screenshot20100321161609543

Screenshot20100321161611709

Screenshot20100321161615103

Screenshot20100321161619886

Screenshot20100321161933056
 ただの盗賊征伐かと思いきや。


Screenshot20100321162215062
 例の動く樹(シルヴァン)が盗賊と戦っているようであるし。

Screenshot20100321162534381
 主人公たちにとっては動く樹も敵対してるようだ。

Screenshot20100321162859356
 こみいった状態らしい。

Screenshot20100321223729687
 とりあえずあの建物が目的地?

Screenshot20100321223855240
 遠くに人影がみえる。あれはウィンさんが探していた植物学者。後回しでよいか。

Screenshot20100321223904100
 相変わらず景色の見せ方は上手。彫像はお遣いクエストの対象ですね。


Screenshot20100321224028166
 橋です。こんどこそなんかあるよな。

Screenshot20100321224033859
 盗賊らしき男が逃げてくる。
 自分はただの残骸漁りなのだが、樹木に命を与えているエルフに追いかけられているという。

Screenshot20100321224056633
「ああ、もうここまで来ている、メイカー、ご慈悲を、助けてくれーっ!」

Screenshot20100321224100880
 ここにいる?

Screenshot20100321224103060 

Screenshot20100321224824154 

Screenshot20100321224105351

Screenshot20100321224108413

Screenshot20100321224111142
「他人の不幸を食い物にする漁り屋がまた来たか?
 いや、その装備からみて、あたしを追ってるね?」

Screenshot20100321224118192
「この森から追い出そう何て無理だよ。シェム(ヒューマン)にも、ダークスポーンにも無理だったんだ。お前たちに何ができる?!」
 すみません、さっぱり意味がわからないんですが?

Screenshot20100321224130585
「シェムの商人が妹を連れ去ったのさ! これはその報復だよ!
 キャラバンはほんの手始め。セラニを返すまで、もっと・・・、もっと多くが死ぬよ!
 そう伝えな!」


Screenshot20100321224142704
「これは警告だよ!」

Screenshot20100321224901321

Screenshot20100321224146628

Screenshot20100321224904030

Screenshot20100321224906750
 なんだったんでしょう?

 当然NPCコンパニオンになるお方だと思うんだが、妹?
 まずそれを探せと?

Screenshot20100321225018088
 森の中だとアーチャーは結構使えますね。

Screenshot20100321225445864
 こんな場所に出た。手前にはフェラルダン(フェラルデン人)の剣が刺さっている。 

Screenshot20100321225523771
 人影はない。

Screenshot20100321225526567
「デーリッシュはもっと大キャラバンで移動するよな? こんなちっちゃなキャンプってのは珍しいんじゃないか?
 しかも武器はあるが死体がない。これは匂うぞ。ぷんぷんする。俺じゃなくてな」

Screenshot20100321225653297
 小さな急ごしらえのお墓だ。まだ新しい。

Screenshot20100321225708791
 散乱している武器。

Screenshot20100321225803623
 この死んだ学者もヒント?

Screenshot20100321225817046
 いや別クエストの手がかりらしい。

Screenshot20100321230041235
 どうやらこれは、手がかりを見つけるため、

Screenshot20100321230139023
 マップをくまなく探さないといけないようだ。

そうすると細かいサイドクエストがたくさん出てきますが、そちらはほとんど省略。

Screenshot20100321230459644
 これとかもサイドクエスト。

Screenshot20100321235441208
 ウィンのいっていた植物学者です。これもサイドクエストだが。

Screenshot20100321235539224
 意外にもウィンのことはこころよく思っていないらしい。
「金ぴかの栄光まみれのウィンをキライになる奴がいるなんて、驚きでしょ?」
 まあ、君の出番もこれ一回でおわりだろうけどね。

Screenshot20100322002346121

Screenshot20100322002712451

Screenshot20100322002741505
 死体の集積場所だ。おびただしい数が死んでいる。が、誰が集めてるんだろう?

Screenshot20100322003349075
 おお、やっと。

Screenshot20100322003351758
 生き残りらしい男に出会えた。 

DAOA ヴィジルズ・キープ(その6)

 たぶんこれだけは後回しにしてはいけないと思っていたのが、このキープ内のダンジョン。

Screenshot20100321140852486
 さきほど、彼女から進行に邪魔な岩石が除去されたときいている。

Screenshot20100321141213094
 うは。

Screenshot20100321141220693
 石工の話では、ディープロードに繋がっているのは間違いないそうだ。

Screenshot20100321141225992
 グッドラック・・・。

Screenshot20100321141557655

Screenshot20100321141613526

Screenshot20100321141659314
 レリアムの砂ってこういうやつか。

Screenshot20100321141720748
 隠し戸。

Screenshot20100321141728543
 途中で放棄したあの鍵穴だらけのホールの謎はこれから先に解く方法が見つかるのであった。 かぎ一個みっけ。

Screenshot20100321141809361

Screenshot20100321141855199
 まー、なんてたくさんの宝石!

Screenshot20100321141940086
 ただの待ち伏せスポットだったともいう。
 沸きのパターンは多種多彩で飽きさせません。


Screenshot20100321142144294
 ポートカリス、落とし格子というのだそうだ。 

Screenshot20100321142214799
 奥に見える祭壇のような場所。どうみても待ち伏せありだな。なにかヒントが書いてないか。

Screenshot20100321142236089
 ま、普通こうでしょうな。

Screenshot20100321142257797
 完全に勝ってるはずなのに、味方のHPがみるみる減っていく。
 なにかの罠か?!



Screenshot20100321142314894
 あああ!
 これ、レイン・オヴ・アロウズじゃないか?
 コマンダー、だめっすよ、フレンドリーファイアー出まくりっすよ!

 敵に与えたダメージよか、味方の受けたダメージのほうが多いw。
 知らない間にタクティクスの一番上にはいっていたのだ。
 敵がたくさん固まると発動するようになっている。味方の存在お構いなしなのね。
 まあ、面白いからそのままにしとこう。
(つまりビックリするほど効果が高いわけでもないのだ)

 お世辞抜きで、ダンジョンのつくりには趣向があっていい感じ。
 Originsではいかに平面的なダンジョンが多かったか逆にハッキリわかりますね。

Screenshot20100321142541142
 ダンジョンの新展開には期待しまくりです。
 お、こんどは橋かな。なにかあるかな?

Screenshot20100321142545073
 こういうときだけローグのお仕事w。

Screenshot20100321142556160
 なにもないようだねえ。

Screenshot20100321142607824
 お、なんだなんだ、あれはオーラリ、宇宙儀ってやつだな。
 魔法使いがいたってことだろうね。


Screenshot20100321142613535
 まだいたみたいw。
 "The Dark Theurge"、闇の術士?
 ダーク・シーアージとやらが現れる。


Screenshot20100321142640802
 一体だから楽勝だべ?と思っていると。 

Screenshot20100321142831802_2
 色々小細工を使ってきて、ここのバトルは非常に楽しいんです。


Screenshot20100321143349597
 コマンダー、それは切っておきましょうよ、レイン・オヴ・アロウズw。
 密集戦になるといつのまにか発動しているのだw。

Screenshot20100321143440952
 さて、ダーク・シーアージとやら、だいぶ楽しめたがそろそろ年貢の納め時だ・・・。

Screenshot20100321143504706
 と思ってると、なぜか引きこもっちゃうの。

Screenshot20100321143540546
 バグかな?


Screenshot20100321143746187
 もう関係ありそうなのがこの中央の宇宙儀だけなので、触るしか・・・、うわ、びっくりした!

Screenshot20100321143747730
 せんせ、奴が引きこもってたところ。扉開いてまっせ。

Screenshot20100321143752088 
 ううむ、逃げ道を作ってやっちゃったのかな? もしかしてこれ全体が罠?

Screenshot20100321143821534
 完全にやられたみたいですな。

「レイスを見つけて破壊せよ」クエストが出ている。
 君は古代の監獄からレイスを解き放ってしまった。奴はさっさと姿を消し、君たちが食い止めるまで、いずれまた騒動を巻き起こすであろう」

 えー。 
 これ、このシークエンスでは必須クエストじゃねえの?
 なにこの「君たち失敗したから」みたいなトーンの書き方?

 まあいい、今開いた扉から先に進む。
 ダークスポーンの大部隊、本隊みたいなのに接触した!

Screenshot20100321144800999
 画像ではじめてわかった、レイン・オヴ・アロウズを非常に有効に使ってますねw。

Screenshot20100321144831594
 体力のあるオーガ以外は敵のレンジドがみな消えていますw。

Screenshot20100321144853590
 接近戦チームも勝った。あとはオーガ一匹。

Screenshot20100321144934365
 アンダースが見事にヘイト取って何気なくノックアウトされてますが、オーガ・コマンダーも一巻の終わり。

Screenshot20100321144940382
 オーグレンのキリングブロー。

Screenshot20100321144948320
 オーグレン、わかったから手短にお願いするよ。

 やれやれ、これでこの章クリアですかね?

Screenshot20100321145656297
 あれ、あれは?

Screenshot20100321145657725
 さっきの?

Screenshot20100321145245043
 ダーク・シーアージ?

Screenshot20100321145249592
 中の人、爆笑しつつ、脱力でマウスが握れないw。

Screenshot20100321145416771
 なんとか画像だけは撮った。ポゼスト・オーグ・コマンダー。
 ダーク・シーアージは、死体に乗り移ることができるのだそうだ。それもできるだけ強かったものを選ぶとか・・・。面倒なやつめ。

Screenshot20100321145830786
 二回も戦わされた。そしてあのレイスはまたどこかに消えたのか?

Screenshot20100321145849089
 もう、ここいいや、さっさと封鎖して還ろうよ。

 ここにあるのは、未完成のドワーヴン・バリア・ドアだそうだ。
 ドワーフの石工に完成させてもらって閉めちゃいましょう。
 これがもう少し早く完成していたら、カロハロルも、オーザマー同様生き残ったんでしょうね・・・。

Screenshot20100321145918631
 さがってください。

Screenshot20100321145921336
 ガシャン。

Screenshot20100321145922808
 ガシャン。

Screenshot20100321145924560
 ガシャン。

Screenshot20100321150005589
 あとは取りはぐれたルートとったら撤収です。

DAOA ヴィジルズ・キープ(その5)

 おそらく、3つあるメインプロットのひとつクリアするたびに、ヴィジルズ・キープでイベントやら騒動やら持ちあがるって仕組みでしょう。
 色々発生してわけわからなくなってますが、後の検証のためにフォローしておく。

Screenshot20100321111522904
 石工ヴォルドリクは城壁のアップグレードのためグラナイトの鉱石を欲している。見つけたら渡そう。

Screenshot20100321111659469
「ちょ、ちょ、ウォーデン、こっちこっち」
 ウェイドが、こっそりウォーデンを呼び止める。


Screenshot20100321111706320
「ヘレンのやつ、軍隊全部の装備を作るなんて、とんでもない契約を結びやがって、芸術について何もわかっちゃいないんだ」

Screenshot20100321111720571
「だがあんたは、ぜんぜん普通のお方じゃない」
「いい装備ならいつでも歓迎だが?」


Screenshot20100321111723844
「まさにそのとおり! ホント、ドワーフの職人がびっくらこくような素晴らしいものを作りたいんだわ。珍しい素材見つけたら絶対わしに見せてくれ!」

Screenshot20100321111736556
「ウェイド! どうかしたん?」
「いあ、なんでもない、なんでもない!」

 早速、インフェルノ・ゴーレムの残骸を渡そう。

Screenshot20100321111804269
「こ、これは、何か作らんといかんでしょー! ユニークで、かつレア。
 ブレストプレイトだな! 素材のリストを渡すから揃えてくれ」

Screenshot20100321111822340
 うーん、またややこしそうなお仕事だなあ。

Screenshot20100321111844708
 すっかり忘れていましたが、道中ダークスポーンに襲われている商人を救うと、こうやってキープにやってくる。これもアップグレードの一種らしい。

Screenshot20100321111905034
 ヘレンには一般兵の装備用の素材を見つけたら教えよう。

Screenshot20100321112131352
 おっさんは、ドウォーキン・グラヴォナク、爆弾用にレリウムの砂、レリウム・サンドを欲している。

Screenshot20100321112252264
 石工ヴォルドリクとは兄弟らしい。
「ウォーデン、そいつに、ダークスポーンじゃなくて自分を吹き飛ばさないよう注意しろと言ってくれよ」

Screenshot20100321155506591
 ところが、シグルーンが持ち帰ろうといったあの石版を見せると、兄弟そろって感心した様子。オーザマーに届けなければならないと意見が一致。
 カーストレスが英雄だったんだね、と感慨深げである。
 ところがこのシーンでシグルーンがなにも言わないんだ。なんとかしてよ、もう・・・。

Screenshot20100321112402084
 軍曹からは、地下道の先に進めるようになったと報告を受ける。
 これはキープの用事が済んだら忘れずやっておくべきでしょう、と記憶にとどめておく。

Screenshot20100321112418610
 セネシャルがお呼びです!
 あー、やっぱ来たか。キープの中に入りましょう。

**********

Screenshot20100321112501199
 オーグレンの悩みは、グレイ・ウォーデンのように悪夢をみはじめたというもの。

 ただし、その夢の内容はちょっと変。最初はブランカとヘスピスが登場して不気味な話が展開するんだが、ダークスポーンが「紅茶にはレモンを入れていいか?」と聴くとか、ダークスポーンにオーグレンが読み書きを教えているとか、「赤ん坊はどこだ?」と叫び続けるやつがいるとか・・・。
 それってただの酔っ払いの夢とごっちゃになってるよね、とか指摘すると彼の気に障るようだから、適当にあしらいましょう。

Screenshot20100321112911668
 アンダースの話も聴いておこう。テンプラーに追われる身からグレイ・ウォーデンになることは、フライパンから火の中に飛び込むことと一緒だと思っていたが、全然ましだったよ!とかなんとか。

Screenshot20100321113010439
 皆の者、面をあげい。ウォーデン・コマンダーにしてアマランティンの支配者のおなりである。

 個人的に一番苦手な執政もの。ものすごくはしょりたい。

Screenshot20100321113015498
「しょーもないネタはこちらでできるだけ食い止めますが、最後の裁きはあなたの権限なのです。いくつかは直接裁定を下していただかないといけない」

Screenshot20100321113031811
 穀物を二袋分盗んだとかどうとか、どうでもええやん!
「羊がダークスポーンに殺され、家族が路頭に迷っております・・・」
 はいはい、無罪無罪。ああ鞭打ちね。それで勘弁したれ。

Screenshot20100321113207657
「次は民事紛争です・・・。レディ・リザがテインズ・ダウンの正統な所有者なのですが・・・

Screenshot20100321113213814
「ランドン・ハウ卿おん自ら約束いただきました。書状もいただいております。南の端の通行料徴集は私の権限であると」

Screenshot20100321113222007
「そのような配慮を受けたとは、ハウ卿の陰謀にいかほど加担したのか、リザ?」

Screenshot20100321113231852
「元はといえば私サー・デレンの土地。そしてローゲインに反抗したが故に取り上げられた」

Screenshot20100321113238856
「コマンダー、サー・デレンはオリージャン・ウォーデンの数少ない協力者です。ただし、ノーブルを味方につけるには、公平な裁きが重要です」


 って、どないせいゆうん?! 矛盾してるやん。
 ああ、これか・・・。トラスト・ミーかw。下の3番名の回答。

Screenshot20100321113306839
「法的にはリザのものだ、デレン。だがいずれ君に悪いようにはしない、信じてくれ」

Screenshot20100321113310121
「父が建造した橋なんですよ! でも、わかりました。あなたを信じましょう」

Screenshot20100321113320266
「次、サー・テメルリー・ザ・オックスをここへ」 

Screenshot20100321113327030 
「この男、最も恥ずべき殺人の罪で告訴されました」


Screenshot20100321113331780_2
「お前とお前の仲間は、深夜サー・タムラを待ち伏せした」

Screenshot20100321113337836
「俺様は貴族だ。なんでお前ごときの告発を受けねばならん?」

Screenshot20100321113345699
「あなたは殺人罪で告訴されているんだ、サー!
 私の部下が、逃げ出そうとするお前たちを捕まえた。サー・タマラの血がまだ暖かいうちにだ」

Screenshot20100321113354250
「あそこらへん夜も人通りがあって危なくてな。安全な場所に早く行きたかっただけさ」

Screenshot20100321113425594
「殺されたサー・タムラはあなたに暗殺の陰謀があると忠告した女性です覚えていますか?」
「そんなことより、この顔がもろ有罪でしょ? 死刑でいいやん?」


 そうか、陰謀説のプロットをほおっておいたから、殺されちゃったのか彼女。
 気の毒なことをしましたねえ。まあ、それでもこっちサイドの展開が見れたのは彼女の死は無駄ではなかった。
 ただ仇を取るにもなにも、証拠が全然ないそうで。

Screenshot20100321113518938
 ずっと閉じ込めて拷問しろw。拘留期限の制約とかこの時代にはないべ。逆用する。

Screenshot20100321113526888
「そんなこと許されねえよ!」

Screenshot20100321113530578
「いや、めちゃくちゃ許されるよ。コマンダーだし」


Screenshot20100321113534177
「はい、今日はこれでお開きお開き!」

Screenshot20100321113538281
「ふーむ、次回はもう少しやさしいものがいいですなあ・・・」

 いや、次回は全部代わりにやってくんない? 私これもういいやw。

DAOA カルホロル(その5)

Screenshot20100321105822457
 こっちが強くなったのか、あちらが弱くなったのか、このたこ足、倒すのにOriginsほどの苦労はいらない。

Screenshot20100321105913970
「なんじゃい、今の?」 知らないアンダース君は幸せ者。


Screenshot20100321105947080
 またか!

Screenshot20100321110018557
 これしばらく続きそうですね・・・。

Screenshot20100321110109793
 うひゃw。

Screenshot20100321110126687
 こんなバトルの画像まで。

Screenshot20100321110145915
 まじめに撮る必要あるんでしょうか。

Screenshot20100321110224061
 やっと一息ついて周りを見渡す。

Screenshot20100321110238431
 この鎖がいじれるみたいだ。部屋の中にある中空部分の四隅にあるな。何に使うんだろう?

Screenshot20100321110343002
 うひゃあ、そういうことか。この中空部の真下にブリーディング・ルーム。
 ブラッドマザー「たち」が、巣くってます。 

Screenshot20100321110302756
「自分の知り合いだった人かもしれないから、とてもまじまじと見ていられない」とシグルーン。いや、知り合いだろうがなかろうが、とてもまじまじとは見ていられんよ!

Screenshot20100321110402459
 つまりこの鎖を、

Screenshot20100321110404795
 こうやって断ち切れと。

Screenshot20100321110408417
あ、頭上のシャンデリアようのものがゆれている!

Screenshot20100321110421986
 連中、事態に気がついてないな。気がついても手遅れだろうが。

Screenshot20100321110509685
 もう一個壊してみよう。

Screenshot20100321110526713
 石の鎖を断ち切ると。

Screenshot20100321110530537
 もう支えきれないのか、落下をはじめた。

Screenshot20100321110532590
 ふがーっ! 気がついてももう遅い。
 哀れマザー「たち」一網打尽です。

Screenshot20100321110542991
「やったね。リージョンの仲間たちが生きていたら・・・、きっと、きっとあなたの名誉を何らかの方法で報ったことだと思う」


 シグルーンの周りのエフェクトは、彼女が亡霊だったわけではなくて、ローグ系シャドウの新しいエフェクトです。会話シーンくらい消して欲しいですね。

Screenshot20100321110554295
「以前はずっと他人から遠ざかっていたいと思ってた。今一人ぼっちになって、仲間が戻ってこないかな、なんて考えてる。バカみたいだよね?」

 ダークスポーンは元々同士討ちするのがあたりまえだが、組織だった二つの派閥どうしが争うってのは新しい。

 ディープロードに戻って行こうとする彼女、放置するのも自由ですが、グレイ・ウォーデンにスカウトしてしまおう。

Screenshot20100321110701767
「グレイ・ウォーデン? リージョンと掛け持ちできるの?
 グレイ・ウォーデンになれれば、ダークスポーン狩りがもっと上手になれるんだよね?
 断る理由なんて無いよね?」

Screenshot20100321110946720
 主人公、ようやくアーチャー系最後のタレント、レイン・オヴ・アロウズをゲットしました。

 使えるんだろうなー。頼むから使えてくれよなー。

**********

Screenshot20100321111255142
 いずことも知れないディープロードの奥底。

Screenshot20100321111257052
「カルホロルが喪われた(ロスト)! ザ・ロストが死んだ(ロスト)!」

Screenshot20100321111303817
「ロストロストロストロスト!」

Screenshot20100321111306336
「マザー、お気を確かに、落ち着いて・・・」

Screenshot20100321111311258
「落ち着いて? そう、私はかつて落ち着いていた」

Screenshot20100321111314978
「かつてマザーは美しい呼び声を聞き、心も体も洗われ、そして落ち着いていた」

Screenshot20100321111327015
「今や落ち着いてなどいない。ザ・ファザーがそれを奪い去った。今カルホロルまで奪い去った」


Screenshot20100321111339065
「カルホロルの可愛そうなペットたち・・・。ザ・ファザーは私がペットたちをあいつに差し向けると知っていた。だから恐れたのさ!
あっはっは!」

Screenshot20100321111352598
「カルホロルがなくても、ザ・マザーにはまだまだ仕掛けがあるよ、たくさん、たくさんの仕掛けが」

Screenshot20100321111409416
「これでいいかい? 私は笑う、あはははっ」

Screenshot20100321111411714
「そして待つ」

Screenshot20100321111413924
(・・・いや、それでいいかいって言われても・・・。何言っても殺されそうだし)

**********

 ひとつメインプロットのクエストをクリアすると、色んなイベントが一気に発生してわけわからない状態になります。そういうのは、次の記事にまとめることにして、シグルーンのジョイニングの儀式。

Screenshot20100321113607056
「これより先、シグルーン、汝グレイ・ウォーデンなり」

Screenshot20100321113612208
「どうにでもなれだ」

Screenshot20100321113622882
「うううん」
***どてっ!***

Screenshot20100321113628228
「ふむ、正しい人選でしたな。すぐ目を覚ますでしょう」
「つか、これより先、ジョイニングは自動完了じゃねえの? なんか雰囲気ぶちこわし?」
「まあ、Biowareもそこまで考えてなかったようで。ちょっと、浅はかでしたな」

DAOA カルホロル(その4)

Screenshot20100321102749609

Screenshot20100321102146434
 地獄ゴーレムが宙吊りにしているのは、話してる奴と敵対する部族のダークスポーンらしい。

Screenshot20100321102148604
「ジ・アーキテクトの奴め、手下は数多く送り込むが自ら姿を現さんな。臆病者め!」

Screenshot20100321102156245
「お前を殺す。そうすれば奴にも手下どもがザ・ロストの始末に失敗したと伝わるだろう。
 そして奴もそのうちザ・マザーに八つ裂きにされると知るだろう!」

Screenshot20100321102206308
 代わりにまっぷたつに裂かれる手下。

Screenshot20100321102208462

Screenshot20100321102212273
「今度は誰だ? 存在は感じるがダークスポーンではない。また別の策略か?」

Screenshot20100321102219029
 うちらのこと?

Screenshot20100321102225460
「死ね、ジ・アーキテクトに従う者は悉く死ね!」

Screenshot20100321102232457 
「それがザ・マザーの思し召しだ!」

Screenshot20100321102240003
 「ザ・ロスト」とは、このディサイプルそのものであった。インフェルノ・ゴーレムと二体の変則タッグマッチ。

 一回途中でやり直しています。漫然と戦ってると尻つぼみで勝てないことが確認できたので。
 下は、このパーティではこれしかないだろうという作戦。オーグレンがひとりでゴレを相手してる間に、残りで先にザ・ロストを始末。

Screenshot20100321102850155
 オーグレンがマン・トゥー・マン。

Screenshot20100321102853599
 ザ・ロストを取り囲むように。

Screenshot20100321104221633
 これでシグルーンが接近できれば完成形。

Screenshot20100321104227036

Screenshot20100321104258508
 見事ザ・ロスト撃沈!

Screenshot20100321104312261
 そのときのHP。シグルーンは計算していたからいいが、オーグレンはぼちぼちヤバイ。

Screenshot20100321104321536
 知る人ぞ知る、このエフェクト。アンダースがザ・ロストの死骸にアニメイト・デッドを使った瞬間。
 なんとザ・ロストをアンデッドとして召還できましたw。
 もっとも、ふつうのアンデッド・ウォーリアーとしてだろうけどね。

Screenshot20100321104446049
 このガイコツがザ・ロストの成れの果てw。
 ネームドはこういうことできないようにしておいたほうがいいよ、Biowareさん。
 どんな不具合起きるかわからんから。


Screenshot20100321104339048

 コマンダーの弓どんだけ効いているのかw。

Screenshot20100321104528459
 もうちょいだ。

Screenshot20100321104540689
 撃沈。

Screenshot20100321104556618
 シグルーンいわく、ザ・ロストはブラッドマザーたちを守っていたのだという。
 ダークスポーンたちにどんな企みがあるにせよ、今度はブラッドマザーたちを倒す番だ。

 何気なく、シグルーンが一回やられているのがバレてますが、カットシーンじゃないせりふはインターフェイスと同じレイヤーにあるのか、隠すと映らない。

Screenshot20100321104615384
 ブラッドマザー「たち」ね・・・。あの扉の向こうだろうか?


Screenshot20100321104620436
 インフェルノ・ゴーレムのルート、こんだけ。

Screenshot20100321104348121
 ザ・ロスト。杖はかなり強力。

Screenshot20100321105657879
 ザ・ロストのアンデッドも交えて記念撮影。やっぱアニメイト・デッドはかなーり悪い、悪のスペルだと思う。

Screenshot20100321104744411
 先ほどの扉から長い回廊が続く。

Screenshot20100321104823639
「カルホロルの時代にゃ、長い回廊ってのがステータス・シンボルだったんだろうな。
長けりゃ長いほどいいってな、へっへっへ」

Screenshot20100321105753114
 回廊のつきあたりで。

Screenshot20100321105808449
 うわ、でた。

 あの、Originsディープロード編での忌まわしい記憶がw。

続きを読む "DAOA カルホロル(その4)" »

2010年3月23日 (火)

DAOA カルホロル(その3)

  バトルが続くところですが、下のように並べると、私がいかにメイジに頼り切りかがわかります。タクティクス(簡易AI)を吟味するのをサボってデフォルトお勧めでやってるから、かゆいところにぜんぜん手が届かないのです。

Screenshot20100320225123605

Screenshot20100320225208015

Screenshot20100320225318141

Screenshot20100320225338420

Screenshot20100320225408595

Screenshot20100320225838278
 石版のある部屋に来ました。オーガの亡霊が、石版を彫っている人を撲殺している様子。

 殺されてしまった男は、この要塞でダークスポーンと戦うことになったカーストレスを含めた全ての者の名前を掘り込んでいた。誰だったか失念したのであとで調べる。
 先ほどカーストレスたちを煽動・鼓舞していたデイランという戦士であった。

Screenshot20100320225857733
 自身カーストレスであるシグルーンは、深く感動し、しかるべき方法でこの記録をオーザマーのシェイパーに渡したいという。

Screenshot20100320235129850
 ザ・フォージ。要塞の最重要施設である、鍛冶場。

Screenshot20100320235325398
 レリウムの粉でしょうか? アンダースはチャントリーがいかにしてレリウムの流通を独占しているかに怒りを吐き出します。


 アンダースの思いが色々聞けます。ウォーデンはダークスポーンが消えた後はどうするのか?とか。自分は編み物でもするそうだ。テンプラーの隊長にスカーフでも送るかと。

Screenshot20100321000219782
 さすがに弓も少しは役に立ち始めた。ただスタミナがすぐ切れちゃうのが難点。

Screenshot20100321000249809
 このヒューマンは?


Screenshot20100321000258894
 例のハンター二人組みの話を盗み聞きして、一攫千金を狙ってやって来たが、ダークスポーンにつかまってしまった。

 シグルーンは、ドワーフの財産を盗むのは許さないと怒りだす。怒るだけですが。
 こんなもの逃がすしかないでしょう。高価そうなものを見つけたというので全部差し出させちゃおう。

Screenshot20100321000523380
 今度はアンヴィル、鉄砧を見て、オーグレンがブランカのことを思い出す。

 コマンダーはあのディープロード探索に参加していないオリージャンなので、誰の話だ?とふってみると、あの虚空の鉄砧の話をし出すのですが、彼の話では死んだことになっている。インポート・キャラだと選択したブランカの運命によって違うせりふになるのかな。
(検証するのも大変だし、なんか期待薄なんで、ずっと後でよいや)

 会話の内容は取るに足りないものを私がはしょってるのだが、正直、細かい会話は説明口調で、何のひねりも無いものが多いし、ジョークも面白くないし、全体的に単調で暗いのだ。
 Originsのほうが絶望的な戦いだったはずなんだが、よっぽど明るかったよねえ。

Screenshot20100321000724332
 あー、嫌な予感のするカットシーン。

Screenshot20100321000727660
 共食いありのカニバリズムなのね。ダークスポーンの遺体ををむさぼっている。


Screenshot20100321000731857
 しかし、これで知性があったら手がつけられんな。どうなんだろ?

Screenshot20100321000734970
 もっと新鮮なお肉の存在に気がついたようだ。


Screenshot20100321000751165
 チャイルダー・ハッチリング。さっき出くわした奴よりもこっちのほうが生まれたてなのか?

Screenshot20100321000824572
 どうなんだろ、手ごたえ的にはさほど苦労しなかった気がするが。
 あまり詳しく知って専門家になりたくないなw。

Screenshot20100321000935755
 パズルです。実はAwakeningのほうがパズルは非常に充実しております。なかなか面白い。


Screenshot20100321001507963
 再び、ザ・チルドレン。このマスパラ頼みが効かなくなったら私お手上げですよ・・・。


Screenshot20100321001555693
 それにしても次々と沸いてくる。 


Screenshot20100321001650813
 ここが孵化室だったのか。


Screenshot20100321001815157
 たまにはご褒美もないとね。あめとむちですから。財宝室です。ちょっとしたものが拾えます。


Screenshot20100321002214092
 またか!


Screenshot20100321002257123
 きりがないですねえ。

Screenshot20100321002357861
 これがずっと続いていたんだろうか。

Screenshot20100321002724398
 とても就寝前に見る画像じゃないな。


Screenshot20100321002740156
 夢に出そうだ。

Screenshot20100321102146434
 おお、ようやく意味のあるシーンにたどりついたw。
 うわさの地獄ゴーレム。吊り上げてるのはディサイプルのようだが、もう一体、手前にもいる。敵対部族同士なんだろうか?

 次は本編のクライマックス。気合入れてやらないといけないので明日に。
 寝ます。ザ・チルドレンの夢でも見ながらw。 

2010年3月22日 (月)

DAOA カルホロル(その2)

 絶対不気味ザ・チルドレンが気持ち悪くて読むのをやめた人とかいるんでしょうねw。
 まあ、見慣れてくれば可愛いもんですよ(ウソだけど)。

Screenshot20100320213943246
 なかなかいい感じで風景に見とれることもしばしば。

Screenshot20100320213848649
 シグルーンは裏口とやらを見つけたらしい。

Screenshot20100320213901367
 ここが隠し扉?

Screenshot20100320213913122
 要塞内部に入ったようです。

Screenshot20100320214137786
 これが裏口か。
 

Screenshot20100320214306926
 ザ・チルドレンに遭遇したあとだと、ゴーレムが可愛く見えますw。

Screenshot20100320214649807
 ゴーレムを操っていたゴーレム・マスターというダークスポーンが落としたコントロール・ロッド。こちらもゴーレムを操れるのか?


Screenshot20100320214701232
 この正面奥が、さきほどの正門です。たくさんの待ち伏せがいることがわかる。
 試しに戦ったら、あまりにしんどくて画像が全然撮れなかった。
 しかもここ、罠だらけ。シグルーンではまだ解除無理な高レベル。後にナサニエルが残骸漁りに来た時には解除可能だった。


Screenshot20100320215241542
 途中にいたゴーレムがコントロールロッドで操作できた。戦闘に参加している。

Screenshot20100320215251095
 ただし、ある地点以降は進めないらしい。さっきの正門ホールでの戦いに使えるならそっちが賢かったかな。ここはゴーレムの手助けもあまりいらない。

Screenshot20100320215507070
 この要塞には亡霊が多数いて、コマンダーたちにも見えています。

Screenshot20100320215524547
「ストーンの記憶は永遠だっていうけど、こういう意味だったのかしら?」
 シグルーンが落ち着かなさげだ。


Screenshot20100320215803543
 ダークスポーンとの最終決戦に向け、出陣の檄を飛ばしている。

Screenshot20100320215909729
 ここに留まっていても死ぬしかない、と一緒に脱出するよう夫が妻を説得している。

Screenshot20100320220324356
 クモ。 ザ・チルドレンでなければなんでもいい。

Screenshot20100320220610492
 そんなこと言ってると、敵がグレードアップしてディサイプルズが出始めた。

Screenshot20100320222013296
 ここが一番しんどかったかな。
 ダークスポーンのエース級が勢ぞろい。うまく引き寄せて各個撃破しないと辛かった。
 こういう風にダンゴだと大抵誰かやられちゃう。そういうときは頭にくるのでリロードする。

Screenshot20100320222222647
 これは2匹だけ引き寄せてたパターンですかね。

Screenshot20100320222407088
 残った2匹を追い詰めて倒す。
 

Screenshot20100320222716241
 ここは、カーストレスのドワーフから戦いに参加する者を募っている様子。
 ついに賎民の手を借りなければならないほど、事態は逼迫していたのだ。
 だがカーストレスたちは、自分たちが戦っている間にお前たちは逃げるつもりだろうと被害者根性丸出しで攻め立てる。


Screenshot20100320223546723
 カルハロルはパラゴン・ハロルが創設した。彼の発明であるゴーレムの復元力とパワー改良、また弟子たちの発明した精製レリウムの保存方法などがここで生まれた。商業的にもかなり繁栄したという。


 パラゴン・ハロルについては後ほど説明が出てくると思うのでここでは省略。

Screenshot20100320223719510
 この先は大きなホールになっている。

Screenshot20100320224014780
 ダークスポーン同士が殺し合い? どっちの顔が汚いかとかで? 
 こっちには個体差はまったくわからんが、ちゃんと区別できてるんだろうか。


Screenshot20100320224018716
「攻め立てろ、押し切れ!」

Screenshot20100320224021364
「喪われしもの、ザ・ロストを我手に!」

Screenshot20100320224025033
 コマンダーたちを完璧無視して、あるいは気がつかずに、奥へと進軍する。   
 例の大穴に落ちたハンターたちと一緒の扱い?
 グレイ・ウォーデンなのに?

 喪われしもの(The Lost)って、The Witheredみたいなディサイプルのことなのか、それとも別の何かか。

Screenshot20100320224814145
 ゴーレム三体が守護していたのは、


Screenshot20100320224918425
 パラゴン・ハロルそのお方の霊安室。

Screenshot20100320224958660
 パラゴン・ハロル。風変わりな天才。


 彼は元戦士の出なのだが、自分はカースト制度の外に生まれたと信じ、戦士、鍛冶屋、貴族のどれにでも望めばなれると考えていた。
 彼は死ぬまで戦闘、冶金、そして政治の研究を続け、それらすべてをマスターした。
 エキセントリックで、もしかしたら気が狂っていたかもしれない。プルーヴィングの決闘で頭を打ちすぎたとか揶揄されることもあったが、その戦闘と鍛冶の両分野における業績は誰も否定できず、アセンブリもパラゴンとして推挙せざるを得なかった。
 ハロル家の創設である。

 文武両道ってやつですね。ただ前作、本作、出てくるパラゴンがみな鍛冶屋なんで、オーザマーにはノーベル鍛冶屋賞しかないのかと思ってしまいますが。
 スミス(smith)は、ここでは「科学全般」という意味なんでしょうか。 

DAOA カルホロル(その1)

Screenshot20100320180425566
 シュライク。

Screenshot20100320181210026
 あれが要塞のようです。

Screenshot20100320181439627
 ダークスポーン。

Screenshot20100320181659775
 地底の滝。鍛冶場だけに、水は大量にいるってことですよね。

Screenshot20100320181725441
 黙々とバトル。

 次の画像を眺めていて、あれ、何でここにこんなシーンが?と思ったのだが、思い出した。
 実はヴィジルズ・キープで拾った子猫。
 きっとこのシグルーンが飼うのだよね、だって女の子だもん、と思って温存してた。
 そんなん、いらないという。 

 え、じゃ誰だ? 最も相応しくないのはオーグレン。ナサニエルはハウの弓あげたでしょー? まだ登場していないNPCかなあー?

 何の気なしにアンダースに見せたら!

Screenshot20100320181827242
「わー、何て可愛い子猫たん!」

 まぢかw。どうやらサークスに幽閉されているときも猫を飼っていた、猫好きメイジだったようだ。その猫は死んでしまった。
 でもバトルに連れ歩けないよね、と逡巡している。どうするん、というとしばらく連れ歩いて安全な場所を探すそうだ。
 パウンスロット。Pounce-a-lotと名づける。アーサー王伝説のランスロット卿のもじりでもあり、パウンス、爪がいっぱい、という意味でもあり。センスは良くわかりません。
 アンダースはこの子猫をほんとーに、猫かわいがりします、普通か。

Screenshot20100320181917225
 好感度+17とか。

Screenshot20100320182002963
 こっちのおっさんは、

Screenshot20100320182011082
とにかくアルコール(酒精)分の入った危険物をばんばん回しとけばご満悦だ。

Screenshot20100320182401383

Screenshot20100320182428888

Screenshot20100320182514028
 高低差を活かした趣のあるマップだ。

Screenshot20100320182520390
 どの方角も見られることを意識してデザインされているようだ。

Screenshot20100320182523833
 会話もこのくらい練って欲しかった。

Screenshot20100320182736298
 さて観光はそろそろ切り上げて、いよいよ要塞内部に・・・。
 シグルーンが呼び止める。


Screenshot20100320182745084
 リージョンは迂闊にも正面から入ったから、大惨事に見舞われた。待ち伏せを受けたのだ。敵は古代の防衛装置を作動させたという。

 なにかアイデアは? というと、ドワーフの要塞には大抵裏に隠し扉があるので、そっちを探そうと。
 実は正面の扉は、鍵もかかっていないので入ろうと思えばそのまま入れる。試す手もあるだろうが、初回プレイでそれはないわ。
 そうしましょう、そうしましょう。シグルーンの言うとおりにしましょう。 

Screenshot20100320213245680
 でも、せんせー、さっきからちらちら何か動いてますが?
 スクショのタイムラグで画面には捉え切れてないが、ここに来る間でも確かに何かがサッと遠くのほうを通り過ぎたりしていた。

Screenshot20100320213255949
 出たーーーーっ。

Screenshot20100320213307075
 いや、これはまぢキモい。
「ブライトでもないのに、新種のダークスポーン?!」

Screenshot20100320213337680
 なんつー数だ。ディープストーカー並みの集団。

Screenshot20100320213356150
 しかも、なかなか減らない。

Screenshot20100320213359859
 オーグレン、乗られてる、乗られてる!w
 

Screenshot20100320213413715
 正直、これ終わるのかと思うくらい、減らない。

Screenshot20100320213458019
 アンダースのマスパラ頼み。まあ、いつものことですが。
 彼はヒーラー、バッファー、デバッファー特化なのでニューク系、DD(ダメージディーラー)系のスペルはあまりないのだ。でもそんなんでこれだけの数のヘイトとったら瞬殺されそうですけど。


Screenshot20100320213547614

Screenshot20100320213558334
 跳びます、跳びます! とにもう、気色悪いったらないな!

Screenshot20100320213626723
 多少はマネジャブルな数になってきたか?
 今度はコマンダーが乗りかかられてますが、ウォーデンはHPもアーマーも十分あるので放置w。


Screenshot20100320213636350
 うわ、シグルーン、今度は三体に乗られそう。

Screenshot20100320213658067
 アンダース救出に。

Screenshot20100320213705327
 ぎゃー、乙女の操が!とか言う元気も無くなるような画像です。

Screenshot20100320213709516
 ほんとに仰向けに倒されちゃうんです。この画像でおわかりかと。  

Screenshot20100320213731720
 やっと駆除完了・・・。
 ねえ、この後、こんなのずっと続くんだろうか?


Screenshot20100320213419491
 ザ・チルドレン。ダークスポーンのハーロック、ゲンロックのみならず、オーガですら怯えて逃げ出すらしいぞ。今出てきたグラブ(幼虫)、成長過程の中で一番弱い形態だそうだ。

 そうか、今のうちに笑っておこう。そのうち笑えなくなりそうだから。

DAOA ノットウッド・ヒルズ

  会話モードは期待しない。でもバトルモードは期待できそう。
 まだ触れていませんが、仕掛けも面白いものがある。

 メインクエストライン、どこから行くか悩みましたが、さきほどクエストの場所を聴いたディープロード行って見ます。いつものとおり、初回プレイの順番は後から考えると間違いだったようですがw。 

 クエストは「ラスト・オヴ・ザ・リージョン」。

Screenshot20100320172722811
 ノットウッド・ヒルズ。ハンター以外、足を踏み入れる者の稀な未開の森林。

Screenshot20100320172933906
 いきなりこんなのいるんじゃ、誰も足を踏み入れないって。

Screenshot20100320173050816
 Awakening、風景はかなりいけてますよ。マップもなかなかいい。あの橋の下が、ディープロードが地表に露出しているところかな。

Screenshot20100320173108205
 リンチか追いはぎか。すさんだ土地柄のようです。

Screenshot20100320173236400
 後で首吊り死体を見ると、不倫の罪によりリンチされた男のようだ。

Screenshot20100320173312499
 先ほどの橋、ちゃんと渡れます。

Screenshot20100320173323384
 見間違えようのない、ディープロード。

Screenshot20100320173326823
 うーん、いい感じw。雰囲気は前作よりかなり向上。

Screenshot20100320173602517
 先ほど見えた木造階段も降りることができる。この見せ方はうまい。

Screenshot20100320173631444
 お出迎えはディープストーカーの一群。ひとつもうれしくない歓迎パーティだ。

Screenshot20100320173820169
 あの二人組みハンターのエルフのほう、ミカのアミュレット。
 まさしくここが落ちた場所でした。後で忘れずに返しましょう。実はすぱ-んとすっかり忘れてましたがw。

Screenshot20100320173844994
 しばらく見納めになりそうなお天道様を拝んでおこう。

Screenshot20100320174445259
 お?

Screenshot20100320174447017
 ディ-プロードの奥に連れ去られそうなドワ女子兵士。
 すでに予告トレイラーで見たシーンだ。


Screenshot20100320174451532 

Screenshot20100320174453677 

Screenshot20100320174456749

Screenshot20100320174534963
 とりあえず救出。

Screenshot20100320174613772
「ふー、危なかった。"ほんと"にリージョン・オヴ・ザ・デッドに入っちゃうところだったよ」

 肋骨が折れ、ボコボコにされ、連れ去られるとことだった。
 ダークスポーンはブラッドマザーに変えるため、女性を探して連れ去るようだ。

Screenshot20100320174650348  
「んー、でもあまりお話してる暇ないわ、アホみたいに聞こえるでしょうけど、戻らないと・・・。カルホロル要塞の廃墟に。何かできることがあるかもしれないから」 

 Kal'Hirol、実際には「カルホロル」に聞こえるんで、表記はカルホロルにしとく。

 そこでダークスポーンはブラッドマザーを使って、大軍を生み出そうとしてる。
 リージョン・オヴ・ザ・デッドが偵察に向かったが、手に負えない事態を招いてしまった。リージョンは全滅し、おそらく彼女が最後の生き残りだ。

Screenshot20100320174717546
「仲間や友達が次々やられているのを見て・・・、怖くなって逃げてきちゃった・・・」

 彼女も、ダークスポーンが変化して、今や知性を有していると気がついている。
 奴らが軍隊を生み出そうとしているのなら、自分はここで手をこまねいているわけにはいかない。 

Screenshot20100320174749607
 姉ちゃん、いい体してるな。グレイ・ウォーデンに入らないか?
「うん、数が多いほうが頼もしいしね。カルホロルまで道案内するよ」


 軽いノリではいっちゃったよw。だいぶ勧誘方法に問題があると思うんだけど。
 そういえば、このお姉ちゃん、最後まで自分の名前を名乗らなかったな。時間も無いのに検証のためこのシーン何度かやりなおしたが、やっぱり名乗ってない。勘弁してよー。
 それとも彼女はカーストレス・ドワーフ、しかもリージョンなので、エルフ同様名前に重きを置かないという意図的なものか?
 彼女の名はSigrun、聞こえ方はシグランより、シグルーン。今後はシグルーンにしとこう。過去の紹介記事は気が向いたら直す。

 ちなみに、カルホロルはかつては鍛冶職人の聖地、育成場所だったんだそうな。どのようにして廃墟となったかは不明。
 リージョン・オヴ・ザ・デッドについては過去書いた気がする。これだ、コピペして多少更新。
 Legion、「レギオン」とここだけ英語読みじゃなかったんだ。「リージョン」も同じ意味です。

**********

 リージョン・オブ・ザ・デッド(Legion of the Dead)

 名家の一員が世間の顰蹙を買った場合、その家系全体の社会的存在を毀損する結果になることもしばしばである。自分自身と家系の汚名を雪ぐために、「儀式的な死」とも呼べる禊を行う者もいる。
 彼らは、ドワーフの居住地である地下都市オーザマーから、ディープロードと呼ばれる地下世界にはいり、リージョン・オブ・ザ・デッド(死の軍団)として、死に至るまで、ダークスポーンと戦いを繰り広げる。戦死者は石の中に埋葬され、ようやく安息を得たとして、リージョンのメンバーから祝福を受けるのだ。(先代のマリック王は、フェラルデンの王位奪還の際、このリージョンから支援を受けた云々は省略。そのくだりは小説"The Stolen Throne"に詳述されているのでしょう。きっと、まちがい。小説"The Calling"に詳述)

**********

Screenshot20100320175918445
 こんなところを降りていくんですね。

Screenshot20100320180107691
 カルホロル、シグルーンも多くを知らないが、リージョンの仲間たちが言っていたことには鍛冶屋カーストの修練場の中心地として重要だったそうだ。そこが喪われたとき、多くの鍛冶屋もその知識も一緒に喪われた。

Screenshot20100320180134563

Screenshot20100320180143102
 うめき声。

Screenshot20100320180145509
 ドワが倒れている。

Screenshot20100320180150617
 ジャッカ! ひどい怪我!なんとかしないと。

 ジェッカは毒に侵されており手当ては無駄だという。とにかく黙って話を聴けと。
 ダークスポーンはやはりブラッドマザーたちを使って、大軍を生み出そうとしている。阻止しないと大変なことになる。
 「ブラッドマザーたち」ですから。「たち」、複数形ですから。

Screenshot20100320180236629
「だがザ・チルドレンには気をつけろ、ダークスポーンの中でもとんでもない異形だ」

 そういい残してジャッカは事切れた。

 ザ・チルドレンですから。複数形ですから(うるさい!w)

Screenshot20100320180305438
 リージョンがやろうとしたことを成就しないと。ブラッドマザーたちを叩き潰そう!

 「たち」ってところがものすごくイヤなんですが、いくしかないべ。

DAOA アマランティン市内(その2)

 前回のチェイスバトルのお話もそのあとまだあるんですが、オチは平凡です。
 サイドクエストまでやっていたらいつまでたっても終わらない。
 ちょっと面白いものもあるが暇ができたときに取っておいて、今回はアマランティンでもらえるクエストひとつか、ふたつだけ。

Screenshot20100320151003355
 チャントリー寺院前に立つお方。あわててスペルをじっくり確認。
 タモリならぬ、タモソとかクリリンならぬ(略)じゃイヤですからねw。

 間違いない、ウィンさんです。
 オリージャン・コマンダーはもちろん面識はないです。

Screenshot20100320151025737
 サークル・オヴ・メジャイのウィンと申します。ひととき、 フェラルデンの英雄と称されるお方と行動を共にしたことがございますが、そちらは?

 「フェラルデンの英雄」はOrigins主人公のことで、アリスターかアノーラの命名だったが、ウィンさんが一番気に入ってたみたいですw。
 もらえるクエスト自体は軽いものなので省略。
 もう一度ウォーデンを手助け願えないかと持ちかけても、ウィンはこのあとナヴァラ国のカンバーランドに開設されるカレッジ・オヴ・メジャイに招聘されていると丁重に断られる。
(それもずいぶん変な話で、ウィンさんは学窓に閉じこもるより、フィールドで悪と戦うほうに生きがいを見出す女性だったのだ。いい加減お年で野外活動が応えるようになったんですか、とか言ったら殺されますしねw)

Screenshot20100320151146109
 コマンダーは初対面だから余所余所しくていいんだが、ここでもシカトされるオーグラン。

 んー、やっぱこういうところがいかんね。ここでこそ一言オーグレンに会話させればいいじゃないか?
 場合わけだって大した数じゃないだろ、オーグレンがいる、いないだけで十分。
 ガイジンが公式フォーラムでキレて騒いでいそうなことは読まなくてもわかるし、プレイと記事で時間がなくてとても読んでる暇がない。

 時間が無いんだが、とても我慢できるものではないのでインポートキャラで試してみた。 

Screenshot20100321024705540
「まあっ! またお会いできて本当にうれしいわ、わが友! ヴィジルにお訪ねしようかどうしようか熟考していたところですが、こちらもあいにく多忙になってきて・・・」

 違いはこれだけですけどね。しかも一パターンしかないようですし。 

Screenshot20100321024754710
 サークルがらみのネタなのでアンダースまでせりふがあるのに、オーグレンここでもシカト。

 こうなったらサークル・オヴ・メジャイの同窓、メイジ主人公でも試すしかない。時間が無いのにw。

Screenshot20100322105504821
 やっぱり同じ。この主人公のエンディングでは、ウィンはシェイルを連れてテヴィンターに旅立ったのに。もうフェラルデンに帰ってきたのか?
 しかもエンディングではサークル・メイジに自治を与えたはずなのに、状況はあんまし変わらないみたい。もちろんオーグレンはここでもまるで存在しないかのよう。

  
 あのですね、こんな程度なら、なつかしキャラなんて最初から出さなければいいと思うよ。オタクの同人以下というか、そっちでこそこういう扱いは絶対許されないはずだ。 
 ほんとに開発のとき何やってんだろね? こんな体たらく、誰も指摘しなかったのか?

 なお、Originsではウィンを最初から仲間にしない、あるいは死んでしまうというケースもあったのだが、きっとそういうケース分けも全部無視されているのだろう。もっともウィンには何度でも蘇る、理由はあるのですが。   

 重箱の隅つつきが過ぎました。

Screenshot20100320144419169
 ナサニエルの姉も実にあっさり見つかる。一応カットシーンがあるので手間隙は掛けているが。

Screenshot20100320144423577
 姉は、泣く泣く庶民の家に嫁いだのではなかった。今の夫を愛すればこそだったし、さらに父親ハウ卿の悪行に耐え切れず、一刻も早く家を出たいと感じていたためでもあった。

 ナサニエルは、姉の口から父が悪人だったと聴かされても納得がいかない。しばらくふたりにしよう。

Screenshot20100320144517800
 戻ってきたナサニエルは珍しくはしゃいでいる。
「姉貴、来春には赤ん坊が生まれるんだ! この仕事が終わったらだんなさんにも一度会いに来て欲しいと言われた」

 ナサニエルが打ち解けるスピードがちと早い気もしますが、根は素直ないい子なんでしょうね。

Screenshot20100320151655566
 チャントリーの前にアンドラステの彫像がある。アンダース関連のカットシーンが始まるのかなと思ったら、意外にもナサニエルのものだった。

 ここには、以前別の彫像があったという。バイロン・ハウ、ナサニエルの大叔父、オーレイへの叛乱軍に参加したため命を落とした。マリック王の玉座奪還に貢献した英雄。
(この間丁度、小説版のその部分を読んだので間違いないです。ここにつながるとは思なんだ)
 きっと父が撤去させたのだ。オーレイのみならずマリック王に関わるものまで悉く排除しようとしていたのだろうか。もはやナサニエルの父に対する思いは、愛想を尽かすまでになった。

 ナサニエルのエピソードは濃厚だ。全部が全部そういうのならいいんだが・・・。

 あー、オタク同人レベルのエピソードありました。次のこれ。

Screenshot20100320151943528
 ナマヤというこの女性。アンダースの情報屋のような存在で、タワーからの脱走の手助けもしていた。ここで彼の現れるのをずっと現れるのを待っていたという。

Screenshot20100320151954599
 おお、例のもののありか、見つけてくれたのか?! 

 アポステイト、サークルから脱走したはぐれメイジは、必ず追っ手のテンプラーに居所を知られてしまう。
 サークルに入ったときに抜かれた血液がフラクタリと呼ばれる器に入れられて、サークル・タワーの地下に保管されているのだ。
 その血液を用いれば、メイジの居場所がたちどころにわかってしまう魔法がある。GPSみたいなものだ。

 ブライト戦の頃、テンプラーはタワーが襲撃されるのを恐れ、フラクタリを密かにアラマンティンに避難させた。ナマラはその場所を見つけたようだ。

Screenshot20100320152102841
 グレイ・ウォーデンの一員に対してでも、テンプラーは何をするかわかったものではない。奴らの手から逃れるためには、自分のフラクタリを必ず破壊しなければならない。

Screenshot20100320162205914
 ほんまかいなと思いつつ、その場所に向かう。

Screenshot20100320162623466
「ああ、悪名高きアンダースが餌に飛びつかないんじゃないかと心配していたところだよ」
 罠です。冒頭アリスター/アノーラとともにヴィジルズ・キープにやってきたあのテンプラー女史が待ち伏せている。

Screenshot20100320162627707
「ああ、そうだよな、おかしいと気がつかなきゃいけなかった」

 テンプラーの待ち伏せくったことよりも、信頼していたナマラに裏切られた、そのほうが大きなショックだ。
 こうなったらグレイ・ウォーデンの権威で黙らすしかないのか。

Screenshot20100320162659847
「本件に関してチャントリーの権限は王権を上回ります。グレイ・ウォーデンの肩書きに隠れても無駄です」
 あれ? そうだったっけ?

 ならばなぜ、こんなセコい罠が要る? そもそもライト・オヴ・コンコンスクリプションを行使したとき、アリスター王の前で打ち消せばよかったではないか?

Screenshot20100320162736032_2
 こんなしょーもないエピソードいらんわー、と思ってやってたせいか、バトルになってしまったw。なんとかすれば回避できたかもしれないが、もう手遅れ。

Screenshot20100320162823727
 テンプラー女史の首チョンパまでついて、終了。

 バトルしか抜け出す方法がないとしたら、考えられない稚拙さです。
 しかもこんな騒ぎになっても、アンダースの好感度が上がる以外、今後なんの影響も及ぼさないだろう。会話の選択肢なんてお飾りで、何の意味もないのだ。
 もう開いた口がふさがらない。
 あのOriginsの狂気に侵されたテンプラーの話を幼稚につき進めるとこうなるという感じ。
 練りに練らないなら、後日談とか続編とか、いっそやらないほうがましという格好の例だ。

 とてもOriginsと同じライターが書いたとは思えない。どうしちゃったんだろうねえ。
 意図せず批判コーナーになってしまった。

 前菜はイマイチだった。
 メインディッシュはどうなんだ。

 そろそろそちらに行きましょうね。

DAOA アマランティン市内(その1)

 インポートキャラとは違った展開に大きく分岐するのか、と期待に胸を膨らませて表題にオリージャンとつけてきましたが、どうやら意味がなさそうなので、過去分も含め消しました。
 インポートキャラのほうで面白い違いがあるときのみ、そう表記します。めったになさげだが。
 ま、無理ってもんだよねえ。エクスパンション・パックって言っても、開発予算は本編のおそらくフラクション(何分の一)。しかもOriginsであそこまで分岐しまくって、それをフォローするってのも至難の業でしょう。先に書いたとおり、イントロの分で精一杯だと思う。

 前作の設定を引き継いだ続編、一番おそれていたのが「オタクの作った同人オマージュ」みたいになること。一般市民の知らない、気にしない重箱の隅をつつくような、どーでもいい細かい設定をこれ見よがしに膨らませて、でも新展開などなくただ単になぞるだけ。

 今のところ、そこまでひどいことにはなってないと思います。ただあのOriginsのこってりしたフルコースのキャラ同士の絡みは期待できず、Awakeningでは、会話ではなくて、風景や仕掛けのほうで見所を用意してくれるようだ。 

**********

Screenshot20100320144326537
 ヴィジルズ・キープから・・・、
 

Screenshot20100320144317490
 アマランティンの城下町へ。つか地図見ると城下町じゃないみたいですね、失礼。
 貿易が活況を呈していた頃は、港は船で満ちていたが、今や難民の群れで一杯である。 

Screenshot20100320103502919
 入り口にいて、いきなり「グレイ・ウォーデンに話があるぜ、ついてきな」という男。
 私の場合、こういう安易なのは一回目は必ずシカトw。カットシーンにするとか、少しは手間隙掛けろや!w

Screenshot20100320103511936
 「怪しげな人物」とか看板つけて、路地裏に消えていけば誰でも追いかけていくと思ったら、大間違いだぜw。

Screenshot20100320103809638
 こちらの二人は、メインプロットに欠かせないクエストの関連。
 警備隊長が言っていたハンターたちで、ディープロードが地表に露出しているところで大穴に落ち、ダークスポーンに出くわしたという。地図で場所を教えてくれる。

 
警備隊長が「ハンターのひとりはコルバードという男、もうひとりは・・・誰だっけ?」と言っていたのは、このようにエルフだからだったのね。二級市民であるエルフの名前など覚える必要がないとみなされているからでしょう。ちなみにこのエルフ、ミカという。
 って、一般市民が気にしないどーでもいい重箱の隅つついているのは、お前だろ!

 ダークスポーンに遭遇して、よく無事で生還できたな、というと、奴ら何かに心を奪われたように必死に探し物をしてたようで、見つからなかったとか。

Screenshot20100320103942352
「何かに心を奪われて・・・、大穴に落ちて怪我をして悲鳴を上げている二人を見逃したんですか? そいつはただ事じゃないな」

Screenshot20100320104045595
 手紙を手渡してくれる女兵士。サー・ウルフ。ダーク・ウルフという情報屋の変名か?
 あれ、暗殺計画は無視してほおっておこう、って言ったのに?
 しかし兵士はみんな子供みたいですね・・・。

Screenshot20100320104157067
 市街地に入る全員の持ち物検査をしろ、といわれて、ウォーデン・コマンダーの分も調べようとする衛兵。おい、よしなさい!と隊長につっこまれる。

Screenshot20100320104200939
 だ、だって、全員の分って言ったじゃないすか!
 ファミレス、コンビニの店員とか、今どきこんなのいっぱいいるんで、笑えないってか、腹立ってきたw。

 
 ブライト戦で勝利したとはいえ、フェラルデンは多大な損害をこうむった。ここアマランティンも例外ではない。兵士たちがみな子供みたいな顔をしているのは、補充で若年層まで借り出されてるから、そんな隠しネタも見え隠れ・・・、あ、これも重箱の隅ですか・・・。

Screenshot20100320104259530
 コンスタブル・アイダン。コンスタブルは警察に対応する警察署長のようなお方です。
 密輸人、スマグラーが大手をふるっていて頭が痛い。難民や貧民たちの生活に必要な物資もすべて闇市場に流れてしまうから、なんとしても食い止めたいと。
 マーケットを見張ってみよう。
 つか、これもほんとにコマンダーが自分でやる仕事ですかねw。

Screenshot20100320144121829
 これもいきなり「疑わしき人物」w。芸が無いけど、職質するしかしょうがないね。 

Screenshot20100320144135518
「余計なことにクビつっこまねえようにしねえと、痛い目に会うぜ!」
捨て台詞と共に逃げ出す男。

Screenshot20100320144147202
 ごろつきが多数妨害に出てきます。これにヘタにかまけてると、男が逃げちゃうのかな。 

Screenshot20100320144717085 
 コマンダーは単身、男を追撃。ごろつきどもは残りの3人でなんとかしてくれ。

Screenshot20100320144720689
 おっ、おー・・・。

Screenshot20100320144743877
 おーい、みんな早く来てくれ・・・。死んじゃう。

Screenshot20100320144805414
 なこと、言われても。

Screenshot20100320144808653
 こっちはこっちで、

Screenshot20100320144812777 
 手一杯なんすから。

Screenshot20100320144859333
 これはたまらん、メンバーのほうに一時退却w。

Screenshot20100320144936847
 ちょー! コマンダーなにつれて来てんすか!

Screenshot20100320145028928 
 す、すまん、誰かあの男を追ってくれ! いなくなっちゃう!

Screenshot20100320145055430
 誰かって、誰っすか! 指名してください!

Screenshot20100320145205081
 し、指示待ち世代め! んじゃあ自分で行くよ!

Screenshot20100320145750338 
 まだ手下がいるのか!

Screenshot20100320145819788
 これ、わかりにくいですけど、街中ほぼ一周することになります。

Screenshot20100320145839593
 まだ逃げるか!w
 中の人、この頃にはもう、楽しくて楽しくて仕方がありあませんw。

Screenshot20100320145955262
 また手下が新たに出た!

Screenshot20100320150003285
 二週目いくつもりか!w 付き合う気満々です。

Screenshot20100320150032147
 さすがに市街地から離れて逃げ続ける男。単身追撃するコマンダー。

Screenshot20100320150037389
 待てー、ってまた手下がいる・・・。


Screenshot20100320150056485
 後続はまだここ・・・。早くー。

Screenshot20100320150134399
 う、行き止まりで開き直ったのか、逆に迎え撃つ体制。
「この、役立たずの能無しども! いつまで付きまとわせるんだ! いい加減に始末しろ!」 檄をとばす「疑わしき男」w。

Screenshot20100320150217519
 ところが後続は、まだ曲がり角の手前。戦線が延びきっとるw。

Screenshot20100320150220113
 結局先行してたナサニエルもひとりで対処できずに戻ってきたw。 

Screenshot20100320150245399
 よっしゃ! あと一息! 

Screenshot20100320150254737
 やばい、人影がない!

Screenshot20100320150317701
 最後のひとりを始末。でも「疑わしき人物」がいない。

Screenshot20100320150429468
 逃げられた・・・。この先、何があるかわからんが中に入れない。
 一旦コンスタブルのところに戻れと?

Screenshot20100320150443015
 コマンダー、ひとりで先行しすぎっすよ。
 なんだと? 諸君らこそ電撃戦のABCを理解していない!

 いや、これは、こんなふうに時間に追われてあせらず追いかけなくとも、結局こうなるみたい。

 でもすげえ面白かったw。
 途中関係ないカットシーンがキックされるとか、バンター(コンパニオン同士の会話)が戦闘中なのに割り込むとか、コーディング的にはかなり不具合ぽい動きが多いのがわかったが、きっとQAのテストでも私のようなジェット・ローラー・コースター的に遊んだ人がいなかったんだろうね。

 ここは、ノンストップ・アクション的に遊ぶのが個人的には面白いと思います。インポートキャラでやったときも、まだ楽しめたから。
 
 本筋とまったく関係ないサイドクエストなのに長々とやってしまった。

2010年3月21日 (日)

DAOA ヴィジルズ・キープ(その4)

   城下町に下りる前に、やることがもう少し残っていました。
 プレイするのに特に順番があるわけではないですが、記事の関係上まとめてしまおう。
 ナサニエル編を少しだけ続けます。 

Screenshot20100320094712957
 すべて奪われたのに、肖像画だけが残っていると苦笑するナサニエル。
 君の母親だね、というと家族関係を話し出す。

Screenshot20100320094729430
 ノーブル・スポイルド・チャイルドのくだらない昔話でしかないので、リアルでは普通なら完全シカトだが、クエストのヒントになるのかとも思ってまじめに聞いてしまう。

 裕福な家の出の母のことを父は相当嫌っていたという。母方の祖母がやって来ない限り、この肖像画が倉庫から出されることもなかった。母方の家からは、自分は悪い吹き出物のように扱われた。
 母親はまるで新兵の装備点検のように自分のことを小うるさく躾けようとした。それがおわると今度は父の番だ。お仕置き用の杖で厳しく折檻された。

 両家の都合で一緒になった両親の間に愛もなく、自分はただただ貴族として厳しく躾けられた。憂いを帯びた幼少時代。

Screenshot20100320112051860
 外に出たナサニエルは用地の世話役、グラウンドキーパーのサミュエルを呼び止める。
 「こりゃたまげだ、おちびのネイト坊やじゃないすか!」
 ナサニエルが勘違いをしていたらしく、兄は戦死していたが姉デライラは生きている。
 だが城下町の平民の店主と結婚したらしい。 

Screenshot20100320112130757
「よかった! 姉貴が生きてる! 母の最期は知っているし、兄も死んでしまったときいたから、てっきり姉貴もと思ってたが・・・」


 ま、城下町に出たら訪ねることにしましょう。今はここでまだやることがある。
 実際のプレイでは一回城下町の様子をながめてからやりましたが、ここでは省略。

Screenshot20100320112610693
 ヴィジルズ・キープの地下にダークスポーンが生き埋めになってる件、やはり気になるので、調査する。

Screenshot20100320112624414
 ヴィジルの地下道は相当深いところまで続いている。
 かつて、オーレイ統治時代の叛乱軍の根城であったことも関係あるのか。
 太古の昔にはヒューマンがまだ分裂した蛮族時代の砦でもあったので、その時代の名残なのか。

Screenshot20100320112745995

Screenshot20100320112753515
 ダークスポーンの残骸がごろごろ。

Screenshot20100320112837423
 瀕死のマバリ犬がいる。誰一人サバイバル・スキルをとってないので、治療できない。情けない。
 アドレイアという女性の手紙を首輪につけている。下層に捕らわれているので助けてほしいと。

Screenshot20100320112901395
「母親代わりだった女性だ! 助けないと!」
 ナサニエルの乳母ですかね。ただ一体どのくらい前に書かれた手紙だろう・・・。 

 
Screenshot20100320113158904
 狭い通路、接敵がほぼゼロ距離の地下施設内バトル。
 コマンダーとナサニエル、アーチャー2名は戦術的ミスマッチでしょうw。

Screenshot20100320113303849
 でもごり押し。

Screenshot20100320114027944
 どんどんごり押し。

Screenshot20100320114406056
 お宝もある。

Screenshot20100320114733415
 アンデッドもいる。 

Screenshot20100320114839824
 気にせず倒す。

Screenshot20100320115339449
 お約束の人命救助。 

Screenshot20100320115506133
 なにやら重要そうな場所に出た。

Screenshot20100320115555027
「くそっ! 案の定、待ち伏せかw」
 お約束過ぎるアンブッシュシーン。人間、たとえ最悪の事がらでも期待どおりに起きてくれないとイライラで死にそうになるそうだw。

Screenshot20100320115718945
 しかしアーチャーふたりは・・・。冗長すぎるだけでなく、なんかパーティーにとって危険だなw。

Screenshot20100320115822477
 おかげさまでアンダース大車輪。

Screenshot20100320120101899
「ねえ・・・、僕ひとりだけ妙にしんどくないすか?」
 中の人、メイジ頼みの悪い癖w。

 本作Originsと大きく異なり、バトルシーンは、舞台の高低差、時間差攻撃、長距離移動戦闘などもあって、非常に多彩。
 このブログではアーチャーふたりとか、結果的にあまり意味の無いマゾプレイをやってるからあまり伝わらないかもしれませんが、Originsの戦闘が淡白だったという批判を気にしたのか、今回は相当練りこまれてます。

 ただアーチャーは将来化けるかもしれん。ギリギリまで引っ張っちゃおう。

Screenshot20100320120122728
 「ハウの弓」というギフト(贈り物)。誰に渡そうかなー、とかべたに悩んでも仕方ない。

Screenshot20100320120129575
「正真正銘の刻印だ。じいさんの弓・・・。いやこの弓を最後に使ったのがじいさんだったと言うべきか。こんなところにあったのか。」

 エグザルテド・マーチ、「聖なる行軍」の時代からの家伝の弓。
 ナサニエルの父だけがその伝統を忌避してこんな地下に隠していた。ナサニエルは、父のことだからてっきり捨てたのではないかと思っていたという。
 ただのギフトではなく、前作でもあったステンの剣、ゼブランの装備のように、ナサニエル専用の本当の弓になります。まだDEX足りないから使えないけどw。

Screenshot20100320120302748
 この部屋の謎は・・・。今すぐには解けないようだ。たくさんの鍵がいる。

Screenshot20100320120504240
 こんな鍵。

Screenshot20100320120611242
 名前がすでにアドレイア・ザ・グール(屍喰らい)とか、芸がないなあ・・・。

Screenshot20100320120617419
 多数のグールもまわりにいる。

Screenshot20100320120625917
 ああ、何とか救えないのか、アドレイア!」

Screenshot20100320120629995
 おごーーーっ!

Screenshot20100320120734213
 アンダース頼み。いつか破綻しそうw。

Screenshot20100320120839066
 倒してもナサニエルとの間に何のやり取りもなし。無残。

Screenshot20100320121008674
 まるで悪鬼のようにダークスポーンを片っ端からなぎ倒して・・・。お噂は聞き及んでおりましたが、直に目撃したのははじめてです、と感心する軍曹。他のウォーデンとは全然違うのだそうだ。コマンダーだし、主人公だもんね。

 ここがどうやら落盤の場所。行き止まりだ。これ以上進むには、ドワ石工ヴォルドリックの手を借りないといけない。

Screenshot20100320121051123
「ヒューマンの仕事っぷりはひどいもんだな。こんな石細工じゃ何世紀も持つわけないぜ」

 この先、ディープロードにつながっているようだ。
 進路を塞いでいる岩石を排除するのに少し時間がかかるようなので、一旦地上に戻ることにする。

Screenshot20100320121532762
 地下で拾った鉱石を見せると、ヘレンは優れた装備を作れそうだという。
 ウェイドは、マスターである自分に城塞全部の一般兵の鎧を作らせるなど言語道断と怒っているが、コマンダーの命令だと押し切るヘレン。

Screenshot20100320122022310
 家伝の弓を見つけてあげたためか、ナサニエルは打ち解けてくる。

 実はハウ家出身のウォーデンは自分が最初ではない。じいさん、パドリック・ハウがそうだった。
 ただし、パドリックがグレイ・ウォーデンに入るため家族を残して旅立った後、一切音信不通となった。ウォーデンにはなんて非情な掟があるのだ、と家族も憤慨したことでしょう。

 だが違った。今やナサニエルはジョイニングの儀式の意味を知っている。
 パドリックは、不幸にもジョイニングの儀式を通過できなかったのだろう。

 事情を知る由も無い父ランドン(Originsのハウ卿)は、家族を見捨てた自分の父パドリックを憎み、ウォーデンを憎み、同じ思いを持つローゲインに加担した。
 誰もジョイニングの本当の意味は知らなかった。
 そういうことだったんでしょうかね。
 
 Awakeningで扱われているジョイニングは確かにカジュアル化してるかもしれないが、この裏話はなかなか含蓄があると思いました。 

DAOA ヴィジルズ・キープ(その3)

 ココログブログでは、ネタに困ってる人のため、共有できるネタというものがあります。もちろん使ったためしは無い。それどころじゃない。プロジェクト3つも抱えてんだよこっちはw。
 ネタに困るどころか、全然時間が足りないw。書いている間プレイしてるわけないんで、もう気もそぞろ。誤訳だけは注意してるが誤字脱字は結構あるかも。後から直すから許して。
 そもそもこれって、ブログでやる話じゃないんだよね。プレイスルーは画像付きツイッターに近いし、後日参照用ならウェブサイト作るべきだし。
 でも、そんなこと考える暇すら惜しいのだ。

**********

  ストロングホールドもの、なにがイヤかというと、こちらの気合、テンションが高くて、「よっしゃ、次いくぞ!」とのりのりで出かけようとすると、「殿、事件です、お仕事です」とか「至急ご決裁を仰ぎたい事態が」とか、肘をつかまれること。
 ここでも勇んで城下町に出発しようとしたら、その前に・・・。

 アマランティンの諸侯らが、コマンダーとグレイ・ウォーデンに忠誠を誓うため、謁見を求めているようだ。かつてハウ卿の所領だったアマランティンだが、諸侯の中には表面だけを取り繕っていた者も、あからさまに反抗していた者もいる。ただし、ハウ卿に忠誠を尽くした者、いまだにシンパもいるはずなので注意は怠るべきではない。
 ましてやこのコマンダーはオリージャンだ。

Screenshot20100320093424832
「接遇には、くれぐれもお気をつけください、コマンダー」

Screenshot20100320093433037
「諸侯各位、このお方がフェラルデンのウォーデン・コマンダーにして、アマランティン卿である」

Screenshot20100320093435558
 深々と会釈する諸侯に対し、権威を示して「面を上げい」なのか、(説得)「われらみな相違も多いが、目的はひとつだ」と演説ぶつか、「とっととやろうぜ」と投げやりかw。
 こんなの、なんか後から関係するのかね? 捨て選択肢くさいわあ。


 セネシャルによると、いざ事あるとき、頼りになるのは次のたったの二人であるという。アマランティンの慣例に従い順番に誓約を行う。

Screenshot20100320093448906
「臣、バン・エズメレル、生命、五体、そして不束ながら名誉にかけて、領主様に忠誠を尽くします。領主様そしてそのお世継ぎに対し、金輪際矛を向けることがない事をメイカーに誓います」
 彼女は都市部、特に城下町を領有するここでは最も裕福な家のもの。人気はないが、無視することはできない存在。

 テイン(Teyrn/Teyrna)は公爵、アール(Arl/Arlessa)、は伯爵、バン(Bann)は男爵、サー(Ser)は士爵・勲爵位みたいなものだということは容易に想像がつきますが、中世欧州ときちんと対応していないし、貴族をさす使い勝手のいい「卿」という称号は自分には使いませんので難しい。さらにロード(これこそ「卿」)というのが出てくるし、ここではそのまま表記します。

Screenshot20100320093507881
「臣、ロード・エデルブレック、以下同じ・・・」
 彼はフェラヴェル平原の農地の多くを領有するため、財力もあり、かつ領民も数多く支持している。

(中略) いや私じゃなくて、本編自体がここ全部割愛。

Screenshot20100320093505419
「式典は恙無く執り行われた。引き続き宴会となりますので、会場の準備ができますまで、しばらくお待ちいただきたい」

Screenshot20100320093507881_2
「ウォーデン・コマンダー万歳!」

 やれやれ終わったか、あとは飲むだけかと思ったら、諸侯の話を聴いたほうがいいそうだ・・・。領主もつらいなw。

Screenshot20100320093710285
 おじさんおばさんたちは後回しにして、さっきから気になるこの女性の話を聴いてみよう。彼女はサー・タムラという。
「オリージャンである前にグレイ・ウォーデンなのですね」


 コマンダーの演説に心動かされたそうなので、やっぱさっきの(説得)には意味があったのか? どうなんだろ?
 そしてコマンダーに対しよからぬ企み、最悪では暗殺による支配転覆を狙う貴族がいるらしいと教えてくれる。
 彼女は書状を手に入れたが、ひとつでは証拠にならない暗号のようなもので、いくつかを集めなければ尻尾はつかめない。

Screenshot20100320093801778
「数日時間をいただければ、文書を入手できるかもしれません。そのときまでお待ちください」

 危険そうなので丁重に断るべきだったかもしれないが、熱意に動かされてお願いすることにした。

 まだこういう世界を知らない大学生とか、こういうの面白いのかもしらんが、こっちはぶっちゃけリアルワールドを思い出していやな気持ちになってくるw。たとえて言うなら「京浜家族」を地で行ってるお父さんが、子供がそれを見て大笑いしてるとキレそうになる感じ?w

Screenshot20100320093840530
 酔っ払ってオリージャン・ウォーデンに喧嘩を売る奴も当然いる。父はオリージャン統治時代にシェヴァリエ(オーレイの騎士)に反抗して殺されたそうだ。「敵からまず許そう」とか説得するか、「同じ目に会いたいか」と脅すかして、適当にあしらおう。

Screenshot20100320093904125_2
「見事にあしらいましたな。ただオーレイの百年にわたる統治時代の痛みはまだ癒えてません。彼には温情をお願いします」

Screenshot20100320094046053
 メイン・イベントはこれです。
 先の重要人物ふたりが言い争うのは、農業地帯の警備を増やすか、城下町を中心に守護するかということ。パトロールや警備の負担上、両方を守ることはできない。それぞれ自分に有利なように利益誘導を狙う。
 政治はいやだなw。

 この主人公は城下町を守ることにした。オーレイから来てまだ事情が飲み込めないという設定w。オーレイ=フランスだそうなんで、バカなアントワネットが言いそうなことを考えたのです。もちろん、フランスが当時世界一の大農業国だと知ってますよ。だからこそアントワネットはすごすぎるのだが。
 インポート・ウォーデンのほうは、クースランズの名君の子ですから、領民優先で農地の警護を手厚くすることで、ヘッジした。
 いや、ヘッジになってないからw。
 この判断が後でどう影響するのか楽しみである。

Screenshot20100320094146939
「これこそ俺の世界よ。ねえちゃん、酒、音楽。ドワねえちゃんをお持ち帰り用に一人くらいまわしてくれねえかな? ふたりでもいいぜ」

 オーグレンたちコンパニオンらも、この宴会をはじっこで見守っている。つか、オーグレンは飲みまくっているw。ドワ娘はアマランティンにそんないないだろうよ。 

Screenshot20100320094222408
「いい加減貴族たちを追い出したくなったら、いや、あー、宴会をお開きにするときは、おっしゃってくださいね」

 総務部長もつらいねえ。株主か地元住民か知らんが、まあ面倒じゃないわけがないですから。しかも中には酔っ払ってるのもいるしね。はあ・・・。

 これじゃ冒険ぜんぜんできないじゃないか。とっとと終わりにしましょう。

Screenshot20100320094422334
 ただし、セネシャルには、コマンダー暗殺計画、自分自身を亡き者にしようとする陰謀の噂を聴いたと伝えておきましょうね。
 いくつか、対処手段を教えてくれます。


 貴族の家族を「ゲスト」として、監禁する、ってのがオーレイ流だそうだ。戦国時代の武将か、あるいはイラクのフセイン大統領か。陰謀(があるとして)に加担していない貴族の評判がた落ち、かなり過激な手段なのでイヴィル・ウォーデンのときにとっておこう。
 「腕利きの情報屋を探す」ってのが本当はいいんだろうけど、「ほおっておきましょう」を試してみた。「情報屋ダークウルフを探す」はインポート・ウォーデンに選ばせることでヘッジしよう。
 だからヘッジになってないからw。

Screenshot20100320094601420
「諸侯各位! 宴たけなわではございますが、そろそろお時間と・・・」

 バック・トゥー・ザ・ビジネス、本当の仕事に戻ろう。

DAOA ヴィジルズ・キープ(その2)

 スペシャリゼーションはあとから誰かNPCから教えてもらえる可能性もありますが、主人公の中にはすぐ欲しいものもある。買えるうちに買ってしまおう。アカウントで共通ですしね。

Screenshot20100320082514194
 「ガーディアン」は、普通に考えればタンク向けのスペシャリゼーション。
 なお、ヘレンのところですぐに買えるキャラクタ・リスペック用の本は6つしか売っていない。NPC全員に行き渡らないねえ。どこかで余分に拾えるかな?

(追記:新キャラのオリージャン・ウォーデンでのぞくと、売ってないんです。やっぱここで帰るのはインポート・キャラだけ。オリージャンはどこかよそで入手だろうか)

 間違い。99個売ってる(常に補充されるという意味)、すなわち常時買えるし、オリージャンでも買える。陳謝。

 ヴィジルズ・キープのその他のポイント。

Screenshot20100320030848025
 ドワーフの石工いわく、セネシャルから受け取った予算といまいちの作業員では、ヴィジルの城壁をドワーフ流に仕上げるのは無理。アップグレードしたければ腕利きの石工を呼び寄せるため金貨80枚必要だそうだ。
 
 金貨80は、このゲームでは結構大金。インポート・ウォーデンは即金で払えるくらいお金を持ってましたが。
 アップグレード完成のアチーブメントだけなら、この新ウォーデンでやる必要ないんだが・・・、またダークスポーンが攻めてくるんじゃないの?
 一流武装購入を一つあきらめるつもりで、貯金に励むことにします。

Screenshot20100320031158900
 アンドラステって、こんな美人だったんでしたっけ? と彫刻を見上げるアンダース。
 答えによってアンダースの好感度が変わるらしい。

Screenshot20100320031032186
 女性軍曹の話によれば、あのダークスポーンを爆弾で吹き飛ばしていたドワーフ親父がやりすぎたらしく、城塞の地下道に落盤が発生し、一部のダークスポーンが内部に取り残されているという。処置しないといずれ穴を掘ってまた襲撃に来るかもしれない。もぐって退治して来いってことかな。

Screenshot20100320031344552
 ストーン・プリズナーのディザイア・デーモンを思い出したが、これは普通の猫?
 野良猫らしいので拾っちゃいましたが。わりと面白い展開になりました。

 他にもいくつかあったかもしれませんが、色々な手がかりがあるというアラマンティンの城下町に向かう前に、少し重要な場所に行ってみましょう。

***********

Screenshot20100320083314558
 あの可愛い二等兵が言っていた、盗賊が監禁されているダンジョン。

 もう事前の公開情報から薄々わかっているんだが・・・。
 だからこの、インポート・ヒューマン・ノーブル・キャラで訪れた画像を使うのだが。

Screenshot20100320083324034
 看守役によると、3日前からここに入っていたこの盗賊の男。ウォーデン4人がかりでようやく取り押さえることができたくらい腕が立つ要注意人物だとのこと。
 ダークスポーンの襲撃時に、善人は外にいて犠牲になり、悪人はここで安全に隠れていたことに、看守役は憤慨する。
 名は名乗っていないそうだ。セネシャルがウォーデンの判断に処置を委ねると命じたため、処刑はされていない。

Screenshot20100320083356106
 結局、ここではただの窃盗の罪しか犯していないのだが、他でどんなことをやらかしてるかはわからないという看守役に、直接話したい、といいましょう。看守役はセネシャルを呼びにその場を離れます。


Screenshot20100320083449453
 フェラルデンの英雄、ブライト討伐の殊勲者、思ったよりも普通じゃないか、と馴れ馴れしい。

Screenshot20100320083505483
「俺の父を殺した奴はもう少し・・・、印象深い奴かと思っていた・・・」

Screenshot20100320083510054
「俺の名はナサニエル・ハウ。お前が現れるまで、この土地の領主であった家の者だ。俺の父のことなど、すでに忘れたのじゃないか?」
 

 Originsの毒蛇ハウ卿の息子です。長兄ではないようで、しばらく北方の異国にいて、ブライト戦前後にはフェラルデンにはいなかった。
 Originsと同じように、主人公の父クースランズ卿がオーレイと通じていた国賊だったたとかどうとか、また一通り両者で罪の擦り付け合いがある。

 このウォーデンにとって父のハウ卿はまさに両親、兄嫁甥、家臣らも含め皆の仇。
 唯一ダークスポーン討伐に出陣していた兄だけが難を逃れた(後に戦闘中行方不明となるが生還)。
 両者お互いに親の仇同士ということになります。さらにナサ二エルにとっては、ウォーデンに一家の領土まで奪われたことになる。
 (クースランズ領は、主人公の兄ファーガス卿が今頃ハウ卿亡き後の統治を復活させているはず)

Screenshot20100320083534795
「自分では、お前を殺すつもりでここに忍び込んだと思っていた。だがいざ来てみると、家族の形見を取り戻したいだけだったことに気がついた」

Screenshot20100320083610146
「父は結局のところ家族全員をひどい目にあわせた。今や残された俺たちはつまはじき者さ。それも全部お前のおかげだ。そして今、俺の運命もお前の手に委ねられてる。皮肉なことにな」

 色々話していると、予想と違って全然イヴィル・キャラじゃない、むしろ家族を重んじる男のようだ。そしてローグの中でもハンター、アーチャー系の技に長けているという。
 オリージャン・ウォーデン危うしw。パーティーにアーチャーふたりも要らないよね・・・。

Screenshot20100320083811083
 どうです、ご決断はなさりましたか?
 そうこうしてるうちに、セネシャルが到着。彼も当然、ハウ卿の息子であるとは知らなかった。
 選択肢にまたもや、ライト・オヴ・コンスクリプションが出ているな・・・。しかもコンパニオンにするには、それしか選べない。確かに扱いが軽いな。


Screenshot20100320083845549
「コマンダー、本気ですか?!」
「ちょっと待ってくれ! まず絞首刑にしてくれ!」

 抵抗はしたものの、「信頼の証なのか、懲罰なのかわからんが」、ナサニエルはウォーデンに参加することを決心する。  

Screenshot20100320083907415
「では一緒にまいられい、ジョイニングの儀式だ」

Screenshot20100320083914802
「これより先、ナサニエル・ハウ、汝グレイ・ウォーデンなり」

Screenshot20100320092810737
「真実のときってやつかよ・・・」

Screenshot20100320092822169
・・・。

Screenshot20100320092823196
バタン。

Screenshot20100320083939808
「ハウ家の奴は思ったよりしぶといな。幸か不幸か、彼は生き残りましたよ」

 今頃気がつきましたが、公式のペニアケ(ペニー・アーケード)のコミック。あのエピソード、こいつのことだったんすね・・・。

 実はこの後も、この男のキャラが、一番細かく丁寧に書き込まれてるかもしれません。
 裏の主役と思ってよいのでしょう。
 ただ・・・。
 そういう重要人物になると最後まで生き残るのかどうか、また心配になるんだが。
(書いている時点で誓って結末は知りませんので、みんなで不安な気持ちになって悩みましょうw) 

2010年3月20日 (土)

DAOA ヴィジルズ・キープ(その1)

 このブログ主にとっての、"Awakening"のクライマックス部分はおそらく、これまで書いたところ、イントロでだいたい終わったのだと思いますw。
 Origins並のNPCとの濃密な会話も期待できないようなので、あとはメイン・クエストがどれだけ充実した内容かによりますね。
 バトルは確かに練りこまれていて面白いので、ハック・アンド・スラッシュ・ゲームとして楽しんでもいいかもしれない。新タレント、スペルにもなかなか面白いものがある。ヘボいのももちろんある。
 
 ぶっちゃけますと、"Awakening"の大きな部分は「ストロングホールド」(本拠地、拠点)もの、というジャンルになる。主人公が自分の根城・要塞などを持ち、その整備を考え、自分で明け暮れる、あるいは手下に指示して整備させるシミュレーション・ゲー、経営・ゲーをやってる一方で、RPGのメイン・ストーリーをエンディングまでこなすという二重構造。

 これもBiowareが開発したD&D準拠ゲームである"Baldur's Gate II(BGII)"で大々的に取り入れられ、当時かなりの人気を博した。しかも、D&Dのベースクラス(9個くらいあったはず)ごとに、そのストロングホールドが違い、全部試さないと気が済まない人などは、おそらく何週も繰り返したのでしょう。
 実際には9つあったのではなく、いくつかのファイター系クラスはまとめられていたり、2つある魔法使い系は同じだったりしたはずなので、全部で5種類くらいだったかしら。ファイターは大要塞をもらえるのに、レンジャーは本当にただの林の中の掘っ立て小屋だったりしてかなり受けた記憶がある。
 パラディンはどこかの寺院に執務室をもらえるだけなのでガッカリした。D&Dでは必須のレスト(休息)ができない。夜どこで寝るんじゃ、ってパラディンってえらくなるとサラリーマン、通いなんですねw。

 続くD&Dゲームである"Neverwinter Nights(NwN)"ではこれは導入されなかった。ストーリーの舞台となる地方がどんどん移行していくためなじまなかったようだ。
 その点に不満なファンは多く、かなりの要望が出されたため、Obsidianが開発を引き継いだ"NwN2"で実現。そちらのストロングホールドは何種類もあるわけではなく、ひとつの重要な要塞を整備していく趣向があった。ただし・・・、出来はちょっとねえ。

 最近のMMOでは当たり前、UOあたりから始まったらしいですが「自分の家を持つ」という発想に少し近い。"Fallout 3"でもコンドミニアムかなんかありましたね。"Oblivion"、その前身"Morrowind"あたりから同趣旨の「主人公邸宅」が用意されていたと思う。
 ところが大抵、使い勝手悪い場所にあるんだw。

 "Mass Effect"ではDLCでほんとに家がもらえた。これも超田舎の星だけど。
 "Mass Effect 2"では、乗艦ノルマンディそのものが本拠地と考えていいでしょう。

 BGIIのストロングホールドはメインとは関係のないお遊び要素。NwN2では整備の程度によってメインの難易度に多少変化があったはず。

 Awakeningのストロングホールドであるヴィジルズ・キープの整備。のりはNwN2に近いようだ。出来不出来はまだわからない。ゲームの難易度自体に影響を与えるかどうかもまだ未経験。

**********

 セネシャルの向かって右はキープのガラヴェル警備隊長、左はウォーデン本部から派遣されてきた財政担当ウールセイ。 
 彼ら彼女らの背景も色々語られますが、はしょります。 

Screenshot20100320025355498
 この3人からは、メインストーリーのクエストがもらえます。そのほか細かいサイドクエストがもらえることもあるみたい。

Screenshot20100320025404757
 サー・ガレヴェルは、前任の隊長を含め先の襲撃で多くの同僚が還らぬ人となっているが、当時たまたま城内にいなかったので無事だったという。

 ディープロードが地上に露出している場所を発見したハンターたちがダークスポーンの話を聴け、という。アマランティンの市街地にいるそうだ。
 また城塞の修復を担当するドワーフの石工によれば、ダークスポーンはこの城塞地下から進入したらしいという。こちらも調査の必要があるという。

Screenshot20100320025626787
 ウールセイ女史は、アンダーフェル国ワイズホプトにあるグレイ・ウォーデン本部のファースト・ウォーデン(総督かな)からの指示を受け、ウォーデンの統轄地となったアマランティンのトレジャラー、財政を管掌するため赴任した。

 彼女に言わせると、ウォーデン総督はお金について現地人を信用して任せることはできないと考えているそうだ。自らフェラルダン(フェラルデン人のこと)であるセネシェル・ヴァレルがそれを聞きとがめますが、女史は一向に気にしない。ワイズホプトにいたことはなく、セダス各地に赴任してきたという転勤族キャリアウーマン。 
 トレジャラーだけでなく、本部からウォーデン一個中隊でもつれてこないのか?というと、オーレイなど隣国が敏感で大部隊は動かせないのだそうだ。

 彼女は通商貿易が再建には重要であり、特にキャラバン・ルートがデネリムとアマランティンの間を結ぶピルグリム・パス(巡礼者街道)で頻繁に襲撃されていることを危惧している。これもアマランティン市内にいる最近キャラバンを襲撃された商人の話を聴き、調査をすべきだと助言される。

 そういう調査とかって、コマンダー自身がやるのか?w
 えー、部下とかいないのか?

 RPG、それをいっちゃあおしまいですよね。

Screenshot20100320025907671
 セネシャルまでもが、オーレイから派遣されたウォーデンのうち、クリストフという生き残りがダークスポーンの動きについて密偵任務を続けており、アマランティンの宿屋にいるので会って欲しいという。

 以前の記事でセネシャルがウォーデンの生き残りはただひとりというので、これは主人公ウォーデンと勘違いしていました。クリストフというのがまだ生存しているようだ。 

 でも、ちょいまてーっ! おいっ!
 これって、上司3人いる事務所のただの営業マンかOLじゃねえか?!

 いや、それは日本人の発想で、あちらのソーホーとか、社長がこうやって飛び回るんでしょうね。

 そのほか、この謁見ホールらしい大広間には、色んな方がいる。
 主人公が入れ替わってるのとか気にしないでください。こっちも画像整理大変なんだw。 

Screenshot20100320080012643
 サークル・オヴ・メジャイから派遣された使節。兼エンチャンター、兼ルーンスミス(アーマーにルーンを装備する技術)のセラさん。

Screenshot20100320081139123
 あのダークスポーンの襲撃のときに救出した商人の雑貨屋。救えなかったらどうなったのかw。
 どうやら新スペシャリゼーションはお店で購入する方法がメインかな?
 他の入手手段わからないので、とりあえず「シャドウ」買っちゃってます。
 たいして高くは無いが新キャラはお金がほとんどないので、インポート・キャラで買う。だから、主人公が入れ替わってるんだよ。

Screenshot20100320081204575
 オーグレンは酒樽の前を占拠w。イベントあり。
 アンダーズもこの部屋にいますが、特にイベントはないみたい。

Screenshot20100320030219294
 一歩キープの外に出ますと、今度は兵隊の女の子が呼び止めます。

Screenshot20100320030223886
「盗賊が城塞内のダンジョンにいますよ、逮捕されるときにウォーデン4人とやり合ったつわものだから、強いらしいですよー。ウォーデンにどうですか?
 それから手紙も届きましたよー。」

 君、よく見たら、ぺーぺーもぺーぺー、二等兵(プライヴェート)じゃないか。
 でも名社長たるもの、平社員の意見も聴かないといけない。
 しかも可愛いw。可愛ければ何でも許すw。

Screenshot20100320030312839
 彼女はOriginsのミッション・ボード代わりになってるようだ。

Screenshot20100320082255381
 あの襲撃のときにダークスポーンをちゅどーんと吹き飛ばしたドワオヤジ・ドゥオーキン。あの騒ぎで在庫を使い切ったので 、今売るものはないそうだ。後で来いという。爆弾屋?

Screenshot20100320082305715
 出ました、城塞内の鍛冶屋はあの職人アーマラーのウェイドと店番へレンのコンビ。
 儲けの臭いを嗅ぎつけたヘレンが無理やりウェイドを引きずってきたらしく、ウェイドは、こんなところ寒くて手がかじかむと嘆いている。


 城塞の兵士の鎧を注文すると、「一般兵の鎧を俺に作れと? しかも大量に?」とウェイドが泣きそうになる。
 儲け話に敏感なヘレンが素材さえあればできるから、鉱石を見つけてきてくれという。これで、すでに城塞経営ゲーム開始しています。

Screenshot20100320082329985
「マスター・ウェイドですよね? デネリムでドレイクアーマーを作ってもらいましたよね?」

Screenshot20100320082334754
「ああ、わが最良の瞬間、人生最高の極みだったなあ。ところが今や、こんな田舎のターニップ・キープで一体何を・・・」

Screenshot20100320082340843
「ヴィジルズ、ヴィジルズ・キープねっ!」

 Originsとは逆に、金勘定担当ヘレンが主導権を握っているようですねw。
 へレンが店に出入り禁止にした主人公が今度はキープの主人になってますが、上にあるように「ドレイクアーマー」以降の話はスポイラー扱いなんでしょう。

 ちなみにターニップは、BGIIで、あのノームNPC、イリュージョニスト兼シーフのジャン・ジャンセンが盛んに口にしていたのを覚えています。自己オマージュでしょう。
 お野菜のカブのことだが、「まぬけ」という意味もあるらしい。
 ハーブのバジルと、野菜のヴィジルで間違えて、とあれ、逆? 何かが違う?

 ああもーきりがない!

 一旦休憩しますw。

  

DAOA インポート・キャラ・イントロ

 やはりレベル18スタートの新キャラ(オリージャン)とレベル23のインポートキャラでは、格段に難易度が違う気がします。前者がやはり難しい。
 別段、自分に厳しくも無く、険しい道を歩むポリシーなどもありませんが、このブログではオリージャンを正典(カノン)と考え、インポートキャラだと展開が違いそうな部分のみ、追加で記載することにします。 

 インポートのほうは、ネタバレでOriginsをプレイされた方の興味をそぐことになりかねないので、別記事にし、かつ、「続きを読む」の下に書くことにします。

 今のところ新キャラ1名とインポートキャラ2名を並行してプレイするというアホなことをしていますが、いずれ新キャラだけ前に進みたくなって先行すると思われますw。

 同一NPCのビルドを全部変えてるから、プレイしてるとわけわかんなくなるのよ!
 

続きを読む "DAOA インポート・キャラ・イントロ" »

2010年3月19日 (金)

DAOA イントロ(その6)

 さて、ここまで楽しく進めてまいりましたが、枯れ果てし者を倒したところから、セーヴもぜんぜんさせてもらえず、どんどん進行していく。

 ここから第三艦橋ならぬ「続きを読む」に移行いたします。
 読むのはぜひ、自己責任で。
 もしAwakeningのプレイを計画されているのであれば、このシーンまで進めてからご覧いただきたい。
 読者諸君、警告はなされた。

続きを読む "DAOA イントロ(その6)" »

DAOA イントロ(その5)

  枯れ果てし者であんだけ強かったら、枯れてないのはどれだけ強いんだ・・・。
 やっぱ主人公アーチャーってしくじったかなあ。

Screenshot20100319002112951
「コマンダー、かたじけない。命を救っていただきました」

 そういってるそばから、街道方面に兵隊の進軍する物音がする。
 敵か、味方か。

Screenshot20100319002138843

Screenshot20100319002142512
 お、先頭にはアリスターが。これは国王になったということ?

Screenshot20100319002148814
 む、自キャラの動きから状況がわかるってのはRPG的にどうなのよ?w 

Screenshot20100319002151862
「ふーむ、ちょっと遅かったかな・・・」

Screenshot20100319002155499
「残念。しかもダークスポーン狩りにもすっかり参加し損ねた」

Screenshot20100319002158741
「アリスター国王陛下!」

Screenshot20100319002201438
「いずれウォーデンたちのため公式の歓迎式典を考えていたのだが、これは予想外だった。何が起きた?」

Screenshot20100319002208123
「ダークスポーンの残党は逃げ去りました、陛下。オーレイから到着したグレイ・ウォーデンらは残らず戦死したか、行方不明のようです」

Screenshot20100319002216538
「行方不明ってのは新しいな? ダークスポーンに連れ去られた? そんなことはかつてあったか?」
「わかりません、陛下。少なくともわかっているのは、そのウォーデンたちに頼ることはもはやできないということだけです」

Screenshot20100319002227305
「なるほど。そして君がオーレイから来た新コマンダーだね? 生き残ってくれてありがたい。
 これからは大変な仕事が待ち受けているぞ。本当のところ、一緒にダークスポーンと戦って手助けしたいところなんだが、今のところは君たったひとりの仕事だ」
 アリスターももちろんグレイ・ウォーデンですからね、国王になろうがなるまいが。


Screenshot20100319002245910
「おい! 俺のことはシカトか!ナグの肝臓の切り身とでも思ったか?」

Screenshot20100319002249530
「臭いからして、当たらずとも遠からず?」

Screenshot20100319002302071
「俺はグレイ・ウォーデンに入るためやって来た。見たところだいぶ手助けがいるみてえじゃねえか。ジャイアント・カップはどこだ? ガラガラうがいして吐き出してやるわい!」
(ジョイニングの儀式のゴブレットのことを言ってんだと思う・・・。でも、うがいって)

私の答は「おう、あてにしてるぞ」、まず平凡なやつでね。

Screenshot20100319002309034
「はっ! 俺のケツはり倒して、サリーとよんでくれ! よし乗った!」
(意味不明w)

Screenshot20100319002311144
「こういう危機だから・・・、誰でも歓迎ってことで仕方ないんでしょうね」

Screenshot20100319002315681
「ウォーデンに加入? おやおや、がんばってねー」

Screenshot20100319002318933
「アリスター王、陛下! お気を付けください! この者は危険な人殺しです!」

Screenshot20100319002324175
「ああ、あいつね。あのドワ、確かにちょっとクソ野郎だけど、そんな・・・」

Screenshot20100319002327163
「いや、僕のことでしょ」
「この者はアポステイト、正義の裁きを受けさせるため、サークルに護送中だった者!」

「勘弁してよー。あんたたちの正義なんてお裁縫の指貫きくらいちっちゃい範囲のことしか考えてないじゃん。ま、どうせまた逃げ出すけどね」

Screenshot20100319002340424
「逃がすものですか! ここでしでかしたこと、絞首刑で償わせてやるから覚悟をおし、この人殺し!」

Screenshot20100319002343816
「人殺し? え、あのテンプラーたちは・・・、あー、いいかもう。どうせ信じないんでしょ」

Screenshot20100319002355487
「斟酌すべきこともあまりなさそうだが、コマンダー、何か付け加えることは?」

 あーここか、レヴュアーが怒っていた、ライト・オヴ・コンスクリプションの濫用ってのは。

1.強制徴集権を行使します。このメイジはグレイ・ウォーデンとしてもらいうけます。
2.ウォーデンは彼を必要としません。ただ、ここで行った我々への助力に免じて、ご慈悲をお願いいたします。
3.特に意見はありません。

 まあ、1.だなあ、やっぱ。

Screenshot20100319002403502
「なんですって! 断じてなりません!」

Screenshot20100319002408740 
「グレイ・ウォーデンの強制徴集権。まだ有効ですよね? 認めることにします」

Screenshot20100319002412024
「へ、陛下がお望みなら・・・」

Screenshot20100319002417830
「おい! やったな、あんちゃん! ウォーデンにようこそ! よろしくな!」

Screenshot20100319002424351
「へ? 僕がグレイ・ウォーデン・・・。まあいいかあ」

Screenshot20100319002426262
「おめでとうございます、メイジ様。共に戦うことを楽しみにしております」

Screenshot20100319002502402
「んじゃ、あと何も無ければ帰るけど、いいかな?」
(まるで、現場・販売店出たがりの社長みたいですが・・・w)

(アリスターの一人称、どうしましょうねえ。キャラ的に「僕」がいいんだけど国王なのに謙譲は変だしねえ。あえて使わないことにしました。この先Awakeningにどのくらい頻繁に登場するのか、この時点で私は知りませんが)

Screenshot20100319002435504
「領地は保全されましたが、多大な損害を受けたものの、ダークスポーンは撃退し、生存者もおります。
 あ、申し遅れました、コマンダー、ヴァレルと申します。ヴィジルズ・キープのセネシェルを務めさせていただいております。間一髪での救出、まことに感謝の念に絶えません。
 今後ともアマランティンの統治を微力ながらお手伝いさせていただきます」

Screenshot20100319002509697
「統治ったって、あくまでグレイ・ウォーデン領であって、私個人の領土ではないぞ?」

「いや、ウォーデン・コマンダーはアール(伯爵みたいなもの)と同格なのです!
 そうのんびりしてはいられませぬ。やるべきことがたくさんあります。少なくともジョイニングを直ちに。ウォーデンの員数を増やさなければ」
 (うるさそうな家政長ですが、まあ、こういうのが普通なんでしょうか)

Screenshot20100319002518682
「フェラルデンの安全は今やグレイ・ウォーデンの働きにかかっている。たとえここまで弱体化してしまっていてもね。事態が手におえなくなるまでの間、ブライトの残党に対処するのは君の役目だ。容易な任務ではない。だが君にはできると信じている」

 Screenshot20100319002532815
「頼むぞ、コマンダー。メイカーのご加護がありますように」

 ここでは、本筋と関係ないところで、アリスターが結局最後までオーグレンの相手をしない、シカトし続ける、ってところが好きですねw。
 ライターが意図的なのかどうか知らない。インポート・キャラのパターンでもアリスターが登場するかどうか、まだ知らないし。
(でも、ウォーデンも復活するらしいから、アリスターも死んだはずなのに平気で出てくるかな?)

 あれだけの激戦を戦い抜いても、まだこの関係ってのが、逆に大人でいいよねw。 

DAOA イントロ(その4)

 男がひとり倒れている。瀕死のようだ。

Screenshot20100319000528612
 駆け寄るマイリ。

Screenshot20100319000531173
「マイリか?」
「ローランド!」

Screenshot20100319000534893
「コマンダー! ローランドは私と同じようにデネリムからリクルートされた騎士です。何とかしてあげないと!」

Screenshot20100319000539668
「すまないが僕の手に負える限界を超えている・・・。どこかに痛みを忘れるためのウィスキーでもないかな?」


Screenshot20100319000544262
「粋なこというじゃねえか」

Screenshot20100319000546904
「冗談はやめて! 笑い事じゃないわ!」

Screenshot20100319000553459
「あ、あなたは、新しいコマンダーですか?」
「すまん、もう少し早く到着していればなんとかなったかもしれん」

Screenshot20100319000558788

「奴らが襲ってくる直前になってようやく警告が発せられました」

Screenshot20100319000602980
「セネシェルが反撃を指示したのですが、奴らどこからともなく現れて!
 コトバを話すダークスポーンが一体いて、そいつの魔術が強力だった」


Screenshot20100319000617222
「口を利くダークスポーン? きっとこの男、意識が定かじゃなかったんだろうな」

Screenshot20100319000621269
「ああ、血の中に何かが! 痛い!」

Screenshot20100319000647038 
「コマンダー、お会いできて光栄です。一度でいい、あなたと一緒に戦いたかった・・・」
 ローランドは絶命した。

Screenshot20100319000651475
「仇はとるわ、ローランド、誓って!」

 この後は、もうずっとバトル、バトル、ハック・アンド・スラッシュ!

Screenshot20100319000738877

Screenshot20100319000857898

Screenshot20100319001057695

Screenshot20100319001219285

Screenshot20100319001410150
 バルコニーらしきところに出た。ネームドがおります。
 "The Withered"、枯れ果てし者?

Screenshot20100319001413896

Screenshot20100319001417524
「彼の預言どおりに終わった」

Screenshot20100319001422037
 ぎゃー。


Screenshot20100319001429218
「こいつは連れて行け、大事にな。必要以上の死は望まない」

Screenshot20100319001435768
「必要だと? まるでこれまでのお前らには似合わんセリフじゃないか!」

Screenshot20100319001437819
「我らのことがわかっているとでも思っているのか、ヒューマン? 
 まあ、そう考えるのも無理はない。だがそれもすぐに変わる」

Screenshot20100319001447230
「仲間が来る。化け物め! 仲間がお前らを必ず阻止する!」

Screenshot20100319001451262
「あれを!」

Screenshot20100319001453080
「ほう、言葉どおりになったな。まさか本当に仲間が来るとは思ってなかっただろうが」

Screenshot20100319001458420
「本当にしゃべってるよ!」

Screenshot20100319001500911
「よっしゃ、すぐに黙らせよう!」

Screenshot20100319001503733
「コマンダー!」

Screenshot20100319001505647
「グレイ・ウォーデンは捕獲しろ、他は・・・、まあ殺すか」

Screenshot20100319001517402
 ちゃらーん。初ボス戦。

Screenshot20100319001555179
 周りから倒す鉄則で。


Screenshot20100319001614275

Screenshot20100319001640813
 オーグレン、クリティカル炸裂!

Screenshot20100319001745480
 ボス以外はあと一匹。

Screenshot20100319001750081
 倒した、ボスに集中。


Screenshot20100319001821096
 固いw。しゃれにならんくらい固いw。


Screenshot20100319001841963
 凍ったり。


Screenshot20100319001922044
 パラったりするが。
 

Screenshot20100319002051951
 えらい長い間戦ってる。やっぱアーチャーだめかもしれんw。

Screenshot20100319002057897
 やっとここまできた。マイリのダメージ吸収量も半端じゃないぞ。

Screenshot20100319002105359
 おいしいところはオーグレンが、

Screenshot20100319002109060
 取っていく。

 ずっと出ているInjuredのヒントが腹立ちますが、これはボス戦ではなく、その直前にアンダースがサクッと倒されたときのものだ。ボス戦はマイリのタンクでかなり助かったよ。
 これでローランドらの仇も取れた。

 ほんと、ボス一人になってから長かった。
 どこかのMMOのレイドかと思ったぜw。
 アーチャーがまずかったのか、レベル18-19のメンツだとこんなものなのか。
 後からレベル23-24インポートチームでも試してみます。

DAOA イントロ(その3)

 謎のドワ親父はほおっておいて、開いた城門から奥へと進む。

Screenshot20100318234358497
 民間人救出も大事な任務。

Screenshot20100318234644964
 このブログにしてはバトルシーンが多いかとお感じでしょうが、このイントロ部分はハック・アンド・スラッシュの連続ですので、これがないと記事がすぐ終わっちゃいますw。

Screenshot20100318234918079
 このアーマー増強用のルーン。まだ使えないんですが、初お目見えですね。
 ちなみにキャラ名はフランス語風のアラン。オーレイはフランスがモデルなんだそうで。(オリージャンとはオーレイ人のこと)
 なにしろ、ロールプレイヤーですからw。

Screenshot20100318235115301
 バトルー。

Screenshot20100318235304027
 救出ー。

Screenshot20100318235334947
 レベルアーップッ!

Screenshot20100318235645258
 先に進んだ部屋の中では、お?
 赤毛ドワ?

Screenshot20100318235651534
 よっこらしょと。

Screenshot20100318235653198
 ん。

Screenshot20100318235655087
 おーいって、手なんて振っててダイジョブか!

Screenshot20100318235657021
 さすが、元、オーザマー最強戦士。余裕のようです。元、ですけど。

Screenshot20100319000036082
 レヴューにもありましたが、確かにバトルは面白い。
 少人数どおしとはいえ、敵も強力になっているので、Originsのような、そこらじゅう片っ端からなぎ倒して進むのとはまた違った味わい。チェスゲームのような風味があります。わりと好き。


Screenshot20100319000111365
 チェックメイトw。

Screenshot20100319000116941
 どうみてもオーグレンだ。予想外に早い登場です。
 残念ながらオリージャン・ウォーデン一行に顔見知りはおりません。

Screenshot20100319000121832
「ふん!」
 オーグレンの場合はこのセリフ一言だけで画像一枚必要ですw。

Screenshot20100319000123531
「あんたが新しいコマンダーか? 相変わらず育ち過ぎでどでけえ図体だ。ウォーデンはみな似たり寄ったりだよな? 」
 "Big'un"は難しかったな。健康優良児のイメージ、クラスでいち早く思春期、変声期などを過ぎた育ちの早い人のことだそうだ。同趣旨で年頃で太りすぎる女子のこととも。 

Screenshot20100319000135885
「オーグレン・ザ・マグニフィセント、偉大なるオーグレンだ。オーザマーの高名なる戦士、おうよ、それが俺だ」
 (いつのまにそんな称号がw)

「正真正銘のグレイ・ウォーデンってのになってみっかと思って来たんだが」

Screenshot20100319000147534
「私がここを発つときにすでにおりましたわ。ウォーデンが放り出さなかったのが不思議です」

Screenshot20100319000151132
「おいっ! おっぱいのでかさで選ばれるわけじゃねえんだろ?!」 
「当たり前でしょう、ウォーデンの地位にふさわしいかどうかですわ!」


Screenshot20100319000158453
「おうよ、おうよ、それに違いねえよ、な? おい、ところでそのメイジ誰だ? ボーイフレンドか? 二人きりにしといたほうがいいんじゃねえのか?」

Screenshot20100319000207199
「うわ、酒造所並の臭さのドワーフ。他ではお目にかかれないよ」

Screenshot20100319000211603
「ふん! メイジのコメディアンか。その手の輩は大抵若くしてお亡くなりになると思ってたがな」

Screenshot20100319000229383
「君は、グレイ・ウォーデンに加入するリスクは承知しているのか?」
「へっへっへっ、朝起きるたびにリスクとご対面さ。リスクなんざシカトよ、シカト」

Screenshot20100319000231355
「リスクのほうも、そのほうがありがたいってさ」

Screenshot20100319000238863
「ま、そんな話はいつでもできる。ドタマすっ飛ばされたくてうずうずしてるダークスポーンがまだまだそこら中に残ってるぜ!」

 なんと、オーグレンが開始20分もたたないうちに参加とは。
 ディープロードに入るあたりまで、もうちょっと登場を引っ張るかと思ったんだが。
 しかも、グレイ・ウォーデンになりたいと!
 ま、ただ才のみ挙げよ、戦闘の才能さえあれば、グレイ・ウォーデンは来る者は拒まずなんでしょうねえ。  

 ジョイニングの儀式受けるんだろうね・・・。

*オーグレンのセリフはOriginsにもまして難しいw。きっとメチャクチャに崩れた英語しゃべってんでしょうね? かなりの意訳・超訳を含んでますので、なにかあったらご指摘を。

DAOA イントロ(その2)

 キープ内部は比較的閑散としている。

Screenshot20100318231419218
「ひどい、キープが蹂躙されている! グレイ・ウォーデンがダークスポーンの接近を察知できないなんてことがあるのでしょうか?!」

Screenshot20100318231431081 
「ウォーデンは何人いたのか?」
「それほど多くなかったはずです、10名ちょっと? でも彼らには兵士たちがついていました。
 ダークスポーンがキープをこうもたやすく不意打ちするなんて・・・。そんな力があるとは知らなかった!」

Screenshot20100318231448840
「どうやら君の手助けが必要みたいだな」
「もちろん、お役に立てると思います!」

Screenshot20100318231848478
 ふたつの扉のうち、ひとつはこちらから開かない。
 もうひとつには血痕の跡が続いている。中に入ると・・・。

Screenshot20100318231855293
 む!

Screenshot20100318231858132
 ダークスポーンを焼却中のメイジ。

Screenshot20100318231904803
 ごほほほっ、と断末魔の叫びをあげて崩れ落ちるダークスポーン。
 後ろにはテンプラー騎士団風の鎧を来た屍が転がっている。


Screenshot20100318231900617
 あちちちw。

Screenshot20100318231907493
「いやいや、僕じゃない、僕じゃないっすよ」

Screenshot20100318231911101
「勘違いしないでくださいよ、彼らが死ぬ様子を見て大笑いなんてゼッタイしてないって! いまの一撃で、あのダークスポーンが妙な感じでゴボゴボ言ってただけすよ!」

Screenshot20100318231923734
「ちなみにアンダースと申します、メイジであり、指名手配中のアポステイトでもあり・・・」

Screenshot20100318231927415
「ヴィジルズ・キープになぜアポステイトが?」
 アポステイトは、サークル・オヴ・メジャイというメイジ組織の管理下にない「はぐれメイジ」とお考え下さい。この世界では違法マジックは第一級の重罪です。

Screenshot20100318231934807
「君、僕たちが到着したときにはいなかったね? もしいたら、僕がそんな美人見逃すわけないし!」

Screenshot20100318231936778
「タワーに戻る途中、小休止のため立ち寄っただけ、だそうだ。彼らによるとね。もうみんな死んじゃったけど。気の毒に」

Screenshot20100318231947386
「斃れているのはテンプラーたちか?」
「ああ、彼らはそう言い続けていたけど、でも考えてもみてくださいよ? どうやってそれが本当なんてわかります?
 テンプラーたちは僕を捕まえて戻る途中だった。そしたら、ダークスポーンが襲撃してきた。これって何かの予兆ですよね、きっと?」
「ずいぶんと都合のいい予兆だな?」
「ちがいますかね? メイカーのお考えは謎だしね」

Screenshot20100318232009812
「まあいいや。お手伝いしますよ。それからのことは後ほど・・・、ここのダークスポーンどもをきちんと始末してから、話しあいましょうや?」

Screenshot20100318232023121
 アンダース参加。意外なことに、Originsのウィンさんと同じ、スピリット・ヒーラー系メイジだったのだ。スペルは参加時点で結構プレイヤーの自由に選べますので、できるだけ不気味なスペルを選んじゃおうかな!

Screenshot20100318233107672
 ダークスポーンとテンプラー、あい撃ちの図。

Screenshot20100318233124277
 またしても逃げ遅れた者が。

Screenshot20100318233225770
 城塞内の生き残りを救助せよとのクエストがはじまります。

Screenshot20100318233314638
 一旦外に出て、さきほど中から開かなかった扉のある方に向かう。
 遠くに見えるのはバリスタだが。

Screenshot20100318233451437
 ダークスポーンの群れ、しかもエミッサリー(メイジ系)付き、なんで割りと真剣に対処。

Screenshot20100318233531950
 バトル終了後に気がついたが、これ向き変えて連射すれば楽勝だった?
 バリスタ関係にはOriginsからツキのない私です・・・。

Screenshot20100318233735029
 開かない扉は、バリケードで封鎖されていた。マイリが一撃で破壊する。

Screenshot20100318233746356
 さきほど行けなかった部分に出る。

Screenshot20100318233755687
 城門をあけるレバーでしょう。

Screenshot20100318233800318
 あけてみます。

Screenshot20100318233803389
 城門が開いて。

Screenshot20100318233805229
 ご一行様ご到着。

Screenshot20100318233807152
「わー、怖いよー、こっちこないでよーってが? はっ!」
 誰だろこの人?

Screenshot20100318233809740
 当然近づくご一行。


Screenshot20100318233811463
 ちゅどーん。木っ端微塵ですか。

Screenshot20100318233813887
 恍惚とした表情のドワ親父。

Screenshot20100318233815753
「そんな数じゃ俺たちは倒せねえぜ、化け物ども、まだ来るなら来てみやがれ!」

 誰だろう、ってどうせ後から出てきそうですけどね。

DAOA イントロ(その1)

 前回ふざけたタイトルをつけてしまい、後から整理するとき苦労しそうなので、こちらに転載しておきます。記事数稼ぎではないですw。記事数はむしろ減らしたいのだ。

 なお、主人公はオリージャン・ウォーデン(初期レベル18固定)。
 最初のほうだけタンク・ウォーリアーだが、途中から主人公にヒゲが生えてアーチャーになってるのは気にしないで下さい。あとで差し替えるからっ!

**********

  Originsのときと同じ、フラスコ画か壁画のようなオープニング。

Screenshot20100318214310944 
 アーチデーモンの最期とともに、ブライトは討伐されたが・・・、

Screenshot20100318214316434
ダークスポーンは即座に消え去りなどしなかった。 

Screenshot20100318214321811
 群れの多くはデネリムから北方のコーストランド方面に散らばり、

Screenshot20100318214329313
互いに敵対するいくつかの部族に分裂した。

Screenshot20100318214331298

Screenshot20100318214340247
 ダークスポーンが巣窟から現れはじめると、住民らは恐怖に怯え、地域一帯はたちまち混沌に見舞われた。

Screenshot20100318195531567
 主人公ウォーデンがガイド役のウォーリアー(NPCコンパニオンのマイリ)とヴィジルズ・キープへ続く道を進む。

Screenshot20100318195537062
 君はヴィジルズ・キープのグレイ・ウォーデンと合流するためアマランティンにやってきた。そこは、かつてのレンドン・ハウ卿の根城であったが、いまやウォーデンの拠点となっている。

Screenshot20100318214026504
 だがキープに近づくに従い、まともな出迎えの姿すらないことになにやら不穏なものを感じはじめる・・・。

Screenshot20100318195551562
「出迎えるウォーデンが誰もいないなんて? どうしたのかしら?」

Screenshot20100318195557748
「なにかおかしい! コマンダー、急いで!」 

Screenshot20100318214041389
 必死の形相で駆けてくる男。

Screenshot20100318214042925
 ダークスポーンに追われている! 

Screenshot20100318223919463
 この生き残り兵士の協力も得て、追っ手のダークスポーンを殲滅。

Screenshot20100318223923306
 斃れたダークスポーンをいつまでもきりつける半狂乱の兵士。

Screenshot20100318223929473
「しっかりしろ、何があった?」
「ああ、あんたが新しいコマンダーか?! メイカー、感謝します!」

 兵士は何もわからないという。突然いたるところからダークスポーンが現れた。あちこちから悲鳴があがりはじめ、自分はわき目も振らず逃げ出してきたという。
 他のウォーデンは見ていない。メイジがどこかにいたような気がする、というが、その男がウォーデンだったかどうかわからない。
 自分は街道のパトロールに助けを呼びに行く、とそのまま駆け出していってしまう。

Screenshot20100318224032776 
 ガイド役の女性ウォーリアーに「なかなか腕がたつね、君?」とかちょっかい出すと。
「自己紹介がおくれました。マイリと申します。一ヶ月ほど前にリクルートされるまでは、国王の騎士団におりました。だからジョイニングはまだ済ませておりませんの」

 マイリ。ウォーデンになりたくてなりたくてしょうがない、ワナビー(wanna be)・ウォーデン。彼女によれば、ヴィジルズ・キープはセネシャル(執事長)のヴァレルがスチュワード(家政長、家司、家宰)を勤めている。彼女はその指示によって主人公コマンダーを出迎えに来たのだ。

 ブライトが終焉したにも係わらずダークスポーンが組織だった攻撃を行っていることにおおきな不安を覚えつつも、キープの生存者を探すためふたりきりで進入する。

Screenshot20100318225300247
 Originsのツーハン脳筋STRバカ一代ドワ戦士ですら、まだ達成していない、「ハード・ヒッター」のアチーブメントをあっさりゲット。しかも250以上ダメージでいいのにアロウ・オヴ・スレイングでダメージ400を軽く超えていた・・・。
 アーチャーやっぱ強いのか?(いや、今のところ栄光の瞬間はここだけかな)

Screenshot20100318225449487
 周辺を片付けてから中へ侵入。結果的にはこれは失敗なのかもしれない。まず突入が吉であったのか?

Screenshot20100318230016676
 あちこちで生き残り兵がダークスポーンと戦っている。できるだけ全員助けたほうがいいようだ。といっても初回プレイで、そこまで要求されてもね。

Screenshot20100318230105436 
 この人もキープの商人。素手で戦おうとしてるので危ない。

Screenshot20100318230203943
 なんとか無事に救出。

Screenshot20100318230342907
 着々と救出が進んでいるように見えるでしょうが・・・。

Screenshot20100318230457049
 突如、正門が爆破されて。

Screenshot20100318230500935
 ダークスポーンがあふれ出るのだが、ハッキリ言って過剰演出だ。

Screenshot20100318230558454
 やっぱ私は性格上、アーチャーは向かないと思う。
 これは退屈だあ・・・。

Screenshot20100318230727442
 とはいえ間合いの取り方が悪いと、自分で操作していない限り強制的にツーウェポンに切り替わっている。タレントは一個しかとってないのだが、なんかアーチャーより使えるんだが・・・。

Screenshot20100318230915838
 ダークスポーンも始末して、兵士もひとり助けた、と喜んでいると・・・。

Screenshot20100318230954206
 奥でひとり兵士が絶命している。
 実はここではないが、兵士がダークスポーンにやられてしまうと、ここのサイドクエストが受けられなくなってしまうことがあるのだ(インポートキャラのプレイで確認)。
 

Screenshot20100318231154958
 うんうん、唸っている負傷兵たち。なすすべも無く見守るばかり。
 看護していた兵士がダークスポーンにやられちゃったから。


 慎重にじわじわ進みすぎたか、あるいはダークスポーンのスポーン(沸き)をキックしたのに気がつかず、うろうろしすぎたか。

Screenshot20100319064754673
 この人を救っておかないと負傷者を看護するクエストは出てこないみたいです。

 オリージャン・ウォーデンですからやり直しません。人種差別ではないw。
(インポートキャラだったら意地でもやり直した。そういう意味でもオリージャンを偵察要員で先行させたのはよかったか)

 いよいよ、城塞(キープ)内部に侵入です。

消えたアイテムの謎w

 私マンチじゃないですから!
 これからもインポートするキャラたくさん居そうなので、Awakeningに何を持っていくべきか、持っていかずにキャラバンの商人かウォーデンズ・キープで店売りしたほうがいいかを仕分けするリストですから!
 公式フォーラムで「ざけんじゃねえ!」とか文句言うためのものではないですから!(すでに多数のガイジンたちが大騒ぎしております)

こことか、

http://social.bioware.com/forum/1/topic/127/index/1410490

こことか、あといっぱい。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/127/index/1200548

Ddddto
「ん、どこ行くんだっけ? あと、なんで俺らはだか?」
「ヴィジルズ・キープ。裸なのはBiowareにきいて(笑)」

 まず、すでにエンディング(私の場合ほとんどの可能なコンテンツ)を終えたセーヴファイルを開き、適当な名前で新しくセーヴ(場所はキャンプがベスト)。事故防止のためこうやってバックアップを取って置きましょう。
 次にコンパニオン全員の装備を情け容赦なく剥ぎ取る。鬼。鬼畜。守銭奴。なんとでも呼べ! もう二度と使わんのじゃ!
(もし将来新しいDLCがきたら、さきほどのオリジナルセーヴファイルから再開できます。そのためにも剥ぎ取る前後のセーヴ・ファイルは別にしよう。もはや常識レベルのアドバイス)

 レリアナ専用、ステン専用など専用アイテムはそのまま叩きうる。
 シェイル専用、犬専用など喜んで売っちゃうw。
 その後、できるだけ価値の低そうなものから、店に売る。
 さらに私は、毒薬、罠、投擲爆弾などは即売りした。宝石、素材、安いルーンはみみっちく経験値稼ぎのためキャンプのオーザマーやデーリッシュの使節に渡してもいいし、売っちゃってもいいかな。
 それが済んだら、ウォーデンズ・キープ(のDLCがある場合)に行き、巨大チェストの内容物に対して、同じことをする。

Screenshot20100319014212144
 ウォーデンズ・キープでの最終段階。スターファングが燦然と光り輝いておりますよね。
 ダンカンズ・ソード、マリックズ・ブレイドも見える。

Screenshot20100319014218129
 装備中のスタッフはファイナル・リーズン。
 インヴェには名品ウィンターズ・ブレスも見えますね。


Screenshot20100319014500027
 Awakeningインポート直後のインヴェ。
 スターファングが見事に消えとりますね。
 さらに彼女の持っていたファイナル・リーズンもないことにされています。
 スタッフを持っていないから第二装備である弓装備にされている。
 アミュレットも消えておりますね。
 ところが、ダンカンズ・ソード、マリックズ・ブレイドは無事です。