フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« DAOA エンドバトル(その7) | トップページ | DAOA エンドバトル(その9) »

2010年3月31日 (水)

DAOA エンドバトル(その8)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。

 ココログのヴァージョンアップなるものがはじまってるので、画面デザインをしばらく試行錯誤しております。レイアウト的に見にくいときがあるかもしれませんが、ご了承下さい。
 北米仕様にすると、アルファベットがダッサイ日本のフォントじゃなく、本場もんのフォントになってよい、また記事のスペースが広くなったような気がしてうれしいのですが、読むほうからみたら読みにくい可能性があるかもしれない。
 画像写真はもう少し大きくてもいけるか? 少し試してみます。

 ココログって有名人が多いから、だいぶ昔からやってるのかと思ったら、意外と発展途上だったのかな。
 こちらとしては、むしろ画像アップの手間を改良して欲しいんだが・・・。
 ツールバーの画像アップアイコンはいたるところにつけて欲しい。そうしないといちいち画面の一番上まで戻らなければならないので生産性がとても悪い。

 まあ通常ですと昼休みのラーメンの画像一枚アップぐらいが普通だろうから、こっちみたいに通算何千枚、もうすぐ一万枚とかアホなアップしてる奴の発言はキレイに無視だろうけどさ・・・。(そもそもブログでやるな? わかってるけど、他の方法、面倒なんだもんw)









 このドワ女子、ウーサは、ジ・アーキテクトと同様小説版"The Calling"に登場するとのことです。そこでなぜジ・アーキテクトとつるんでいるか、の謎が解かれているという。こっちはまだ読んでいないから知らないのです。

Screenshot20100325213826690_3
 やる気満々のウーサをたしなめるジ・アーキテクト。
 「ウーサ、そうじゃない、我々がなさねばならぬことは、そういう風には始まらない」

Screenshot20100325213835248_2
「コマンダー、先日は失敬した。あの場で私から直接説明するつもりであったのだが・・・、運命がそれを妨げたようだ」

Screenshot20100325213849458
「君たちを拘束した理由も、他のグレイ・ウォーデンたちに生じたような誤解が生んだ悲劇を繰り返さないようにするため、それだけだった」

Screenshot20100325213852300
 ヴェラナだけ、立ち位置が微妙に離れていて気になりますよね。

Screenshot20100325213857721
「誤解? グレイ・ウォーデンを攻撃したことが、誤解?」

Screenshot20100325213901733
「私がジ・ウィザードを君たちウォーデンの元に送ったのは、助けを求めるためであったのだ。それが君たちには攻撃のはじまりとみなされた。そういう事態にもなりうると、事前に予期しておくべきだった」

 ジ・ウィザード(The Withered)は、一番最初に登場したディサイプルですね。
 あの様子、とても友好使節団には思えなかったが、ヴィジルズ・キープのグレイ・ウォーデンに先に攻撃され、破れかぶれになっていたのでしょうか。

Screenshot20100325213917250
「私にとって、君たちの反応がわかることなど稀にしかない。大変不幸な出来事であった」

 ここの選択肢は、「化け物め! 話はもういい、死ね!」を選ぶか選ばないか?
 まさか、このジ・アーキテクトが戦って死ぬとかないだろう・・・、「とっとと逃げるんじゃないの?」とたかをくくって選ぼうかとも思ったが、もう少し話をきいてみんべ。

Screenshot20100325213922442
「私の元へ連れて来られたグレイ・ウォーデンは、皆すでに死んでいた。私は、君たちにしたように、その者たちの遺体から血を採った。選択の余地はなかった。ものごとが計画どおりには進まなかったからだ。
 とにかく話だけでもきいてくれ。私を殺したければ、その後で好きにするがいい」
 

 ジ・アーキテクトの語り。長いです。
「我が種族は、今までずっと古えの神々を探すとの思いに取り憑かれてきた。
 それが我らの本能だ。
 神を発見すれば、ブライトがはじまる。
 そのたびに我が種族は君たちの住む地上の国を襲い、君たちは我らを殲滅するまで戦った。
 この輪廻を絶つためには、我が同胞たちをその衝動から解放せねばならん。
 そのためにこそ、グレイ・ウォーデンの血が必要なのだ。
 君たちがウォーデンとなるためには、我が種族の血を飲まなければならない。変異するために。
 同じように、われらも変異しなければならない。君たちのジョイニングを手本に、私はグレイ・ウォーデンの血を飲む儀式を創設したのだ。
 君たちは儀式によって我々の『汚染』を吸収する。我々が吸収するのはまさにその汚染に対する君たちの『抵抗力』だ」

Screenshot20100325214056871
「我が同胞を解放する手段はそれだ。君たちの血の中にこそ、我々が古えの神々の呼び声から解放されるための鍵があるのだ」
 
 回答は「ダークスポーンにも知性がある奴が生まれたかと思ったら、気が狂ってる奴も生まれたらしいな」、かなw。ここは何を選んでも一緒でしょう。

 ジ・アーキテクトの語り。続きます。
 ひとたび解放されれば、ダークスポーンは自ら考え、話し、行動するはずだ。だが、実際の反応は思ったとおりいかなかった。
 彼らは欠陥を抱え、この私自身に対し憎悪の念を抱いた。ザ・マザーがそういう輩を束ね、私を阻止しようとしている。・・・そして、どうやら彼女は君も阻止しようとしている。
 私ひとりでザ・マザーを打ち破ることはできないが、彼女を打ち破らなければダークスポーンを解放することもできない。君と私の目標は同じはずだ。

Screenshot20100325214132273_2
「この化け物を直ちに殺せ。さもなくば、これまで起きた以上に輪をかけてひどい事態を招く。正しいことを履行せよ。H山みたいに"ぶれる"な!」 

Screenshot20100325214137715
「バカ臭さがぷんぷん匂うよ! 考えることのできるダークスポーンなんてこれ以上増やしちゃダメだよ!」

Screenshot20100325214142801
「妹が見たのもこれなのね。ダークスポーンの中に私たちの同類がいる! この機会を無駄にするの?!」

Screenshot20100325214156897
「ザ・マザーを倒すため手を貸してくれ。それが成し遂げられれば、私は研究を続行するため立ち去る」

 どうなんでしょーねえ。
 ここで最終決断ですね。
 協力するのか、しないのか(その場合、ジ・アーキテクトと戦う)?

« DAOA エンドバトル(その7) | トップページ | DAOA エンドバトル(その9) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/34013901

この記事へのトラックバック一覧です: DAOA エンドバトル(その8):

« DAOA エンドバトル(その7) | トップページ | DAOA エンドバトル(その9) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31