フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« DAOA エンドバトル(その2) | トップページ | DAOA エンドバトル(その4) »

2010年3月29日 (月)

DAOA エンドバトル(その3)

【エンドゲームのネタバレ!】
 引き続き、「続きを読む」以降に記載する。
 そろそろ、ここに書くネタを考えるのに時間がかかり始めるという本末転倒なことになっていますが、そうねえ・・・。
 11月にOrigins、3月にAwakening、完全に四半期決算を見据えたリリースのタイミングなわけですが(EAは北米では珍しく会計年度4月スタート)、この先6月、9月にも出してくれないかな。次の12月にはME方面で何かありそうだとの話だし、翌2011年2月にはDA2が(予定どおりなら)リリースされるわけだから。
 6月はDLCかなあ。
 エキスパンション・キットの第二段が9月とかだとうれしいんだが、Awakeningのように40ドルも取ろうとしたら、レベル1からレベル35ー40くらいまでの全く新しい一気通貫のストーリーでないと誰も納得しないでしょうし。
 BG時代にはエキスパンションは一個が限度だったが、NwN時代は二個というのが定番になってる。NwNの場合、オリジナルと一個目がレベル1-20弱、二個目がレベル20弱スタートであった。一個目のエキスパンションにはオリジナルとのストーリーの関連性はないという設定。
 そこからのゲスなんですが、私の場合はいつもワイルド・ゲス、あてずっぽうですけどね。希望的観測ともいうがw。









 

 いや、これはまいったす。
 ヴィジルズ・キープに残してきた連中はどうなったのよ?
 全滅したのならせめてカットシーンでも、あるいはその廃墟でも見せて欲しいよ・・・。

 しかも、もう一度メンツ変更ができると思って、この後で一番大事になりそうなヴェラナ、妹をジ・アーキテクトに拉致されているコンパニオンを連れてきていない。そういえばオーグレンもいないが。
 
 実のところ、リアルではここでセーブだけして寝た。寝ながら長考した。
 朝起きてもまだ考え続け、オフィスでも考え続け(いつもだがw)、ようやく決心がついた。
 
 チャイ。やりなおしw。
 最後のカットシーンをベタ褒めしたくせに、ドロウゲーム、不成立試合にしてしまおうと。
 獲得したアチーブメントは消えないし(おいおいw)。

 これは避けたいんですよねー。是が非でも。
 セーヴファイルからいくつもに分岐する遊び方は、個人的に好きではないのだ。
 だって、それはドッペルゲンガーじゃないか。
 でもひとつのゲームを死ぬほど遊び倒せた昔と違って、今はあまり時間の余裕がない。 

 懐かしの『ロマンシング・サガ』で、あのジュエル・モンスターが大暴れする展開をはじめて目の当たりにしたときも、相当長考したw。もう二度とできないコンテンツをあきらめてそのまま進めてしまったが、それは当時はメチャクチャ時間があったから。またやり直せばいいやと。
 今となっては甘酸っぱい思い出(わけがわからない)。
 ME2でも途中で懺悔しましたが、Awakeningでも懺悔します。

 「手なり原理主義」を返上いたします。

 時間は、あのダークスポーンの伝令がアマランティンに到着した直後にリワインド、巻き戻します。

Screenshot20100325194456766
「コンスタブルは、アマランティンは陥落したと言われた。破壊しつくしましょう。中にいるダークスポーンの奴等ともども、燃やし尽くしましょう!」

Screenshot20100325194504747
「考えることすらおぞましい! アマランティンは何世代も商業の中心地だった。ここがなくなれば貿易が破綻しますよ! 間違っている。しかも無辜の人たちがまだ中に居残っているんだ」

Screenshot20100325194533656
「もし、住民を救わないつもりなら、あたしだけ街に送り込んでよ。一人でも行くよ!」


Screenshot20100325194544574
「再考を求めたい、コマンダー」


 そうだろう、そうだろう。そうだとも、そうだとも。
 私だってそう思ったさ。街を見捨てるとか、なんて惨いと。
 でもヴィジルズ・キープがクリック不可になるのよ。ありえんけど。そうされちゃってるのよ。
 好感度関係ありそうですが、三人ともアッサリ説得可能。
 
Screenshot20100325194557023
「では、アマランティンは焼き尽くす。メイカー我らが今なさんとする所作をお許し下さい」

Screenshot20100325195353574
 「フェラルデンの宝石」・・・。
  

Screenshot20100325195356709
 これが見納めか。

Screenshot20100325195359161
 いいぞ、隊長。

Screenshot20100325195405158
 よーい。


Screenshot20100325195410101
 てーっ!

Screenshot20100325195412621

Screenshot20100325200235952

Screenshot20100325195417063

Screenshot20100325195419071

Screenshot20100325195422721

Screenshot20100325195426338

Screenshot20100325195428674

Screenshot20100325195431038
 アマランティン、炎上。 

 焦土作戦。まるでかつてのソビエト・ロシアか中国のようなおぞましい作戦だ。

 先ほどはシリーズ1,2のカットシーン。
 今度は、シリーズ最低最悪のカットシーンだ。

 よくできてるっちゃ、よくできてるが。納得はしていない。
 

« DAOA エンドバトル(その2) | トップページ | DAOA エンドバトル(その4) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33987910

この記事へのトラックバック一覧です: DAOA エンドバトル(その3):

« DAOA エンドバトル(その2) | トップページ | DAOA エンドバトル(その4) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31