フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« DA:OA "Dragon Age 2"は2011年2月1日リリース?! | トップページ | 【ME2】【DA:OA】さらにアップデート情報 »

2010年3月12日 (金)

DA:OA オンライン・プロデューサー・インタヴュー

 グレイウォーデンズ・ドット・コムに、オンライン・プロデューサー(オンライン広報責任者すね)のAwakeningに関する独自インタヴューが載っています。
 グレイ(略)コムのリンクは、このページ左にも貼りました。
 全部を紹介するには気合がいるので、RTOのリリースをしくじった話とか、ソーシャルネットの拡張の話とかはオミットします。もっと大事な話があるのだ。

Q: BiowareのDLCリリース2年計画は大変エキサイティングだが、Origins、Awakening、さらにその次のエキスパンションがあるとして、それぞれにDLCが出るのか? DLCから見たら、それらは別のゲームなのか?

A: 具体的な次のDLCを例に話せればいいんだろうけど、これだけはいえる。DLCは、Awakeningを持っているかどうかに係わらず遊べる。つまりOriginsのウォーデンでも、Awakeningのウォーデンでも遊べるようになる。

Q: Awakeningに登場するジ・アーキテクトは、デヴィッド・ガイダー(DAOのリードライター)の二作目の小説"The Calling"に登場する。小説が先にあった? それともAwakeningは計画の最初から"The Calling"と結びついていた?

A: Dragon Age版、鶏卵論争ってやつだね。"The Calling"が上梓された頃、Awakeningはまだなかった、というのが容易な答えだが、実際はそうじゃない。
 我々は開発をはじめるにあたり、相当な期間、"Dragon Age"の全体の世界観、タイムラインを設定するためかなりマンパワーを投入した。
 "ages of dragons"全体の中でOriginsがカヴァーするのはごく狭い範囲だし、フェラルデンというひとつの国家の中だけの話だ。Awakeningはその半年後にやはりフェラルデンの一地方であるアラマンティンを舞台にしている。一方、ガイダーの小説ニ冊はちょっと遡った時代の同じ地域が舞台だ。
 つまり、そうした狭い期間で同じ舞台の物語であれば、相互に関連するのは当たり前で、ジ・アーキテクトがその一例だ。

Q: 他のいくつかのインタヴューで、ルーンクラフティング(runecrafting)・スキルというものが語られていましたね。あまりウォーデン(注)にそういう自由を与えると意図するしないに係わらず「鉄板無敵コンボ(unbeatable combo)」ができあがってしまうんじゃない?
 それを避けることは考えている?

(注)このグレイ(略)コムのサイト主は、プレイヤー、ユーザーという用語は全部ウォーデンに置き換えています。フリーク!

A: ルーンクラフティングはパーティの戦力を整備する上で素晴らしい手段だし、スキルを超えてアーマーにルーンをつける能力もある。
 OriginsもAwakeningも大変複雑なゲームだ。クラス、スペシャリゼーション、スキル、アトリビュート、アイテム、バフなどなどの組み合わせは膨大だし、ストーリーのプロットは好きな順番でこなすことができる。すべての場合わけでゲームバランスをとるなど最初から至難の技だよ。
 我々ができることは、ローンチまでにできるだけバランスをとるため弄繰り回すこと。大多数のプレイヤーにとっては適切な難易度でゲームを通じて成長する楽しみをもたらすことができるようにね。それからプレイヤーのフィードバックやゲームデータを見てパッチでさらに弄くり回すことにしている。

Q: この質問は実際にこのブログにいただいたコメントのものだが、ヘレン(注)が「トゥーム・オヴ・リスペック」を売るようになるとか? 他のトゥームを使って増やしたポイントは失われる? それとも残る?

 (注)へレンはあのデネリムの鎧屋さんの店番ですね。このブログでもどこかで紹介していたはず・・・。ああ、ここですね。

   http://vanitie.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-a01a.html 

A: リスペック用のトゥームは累積しないよ。

Q: Awakeningに注力しているところでしょうが、その先は? 他のDLCはもう企画の俎上にあがってる?

A: DLCを出していくという宣言に代わりはないけど、具体的には・・・、そのうちご紹介するのをお楽しみに、だね。

Q: Awakeningで増えたクラスとスペシャリゼーションを踏まえて、あなたの一番好きなクラスは? またコンパニオンは? 

A: いつでもローグが楽しいね。Awakeningではウォーリアーとともにたくさんのラヴを与えてもらった(強化された)。難しいバトルではローグの操作を手放してメイジを動かしたほうがいいって話もあまり感じない。新しいレジョネイヤ・スカウトの場合、最悪の敵と、セカンド・フロントラインメンとして一対一で戦うことが出来るし。自分がそのスタイルが好きというのもあるけど。新タレントのレイン・オヴ・アロウズのおかげでレンジド・ローグだって多数の敵をいっぺんに血の海に沈めることもできるんだ。

 残念ながら、一番好きなコンパニオンは今週発表予定なので、まだ公表できないんだ!
 スポイラーを避けるため詳しくいえないが、"J"とはいつもパーティで一緒だよ!
("J"とは、Justiceという名前だけリークしてしまったが、まだその中身は謎のままのコンパニオンのこと)

**********

 DLCは間違いなくあって、エキスパンションも期待したいところ!
 EAの「客が忘れちまうだろ、早く続編出すんじゃ、こらーっ!」というたくましい商魂と、Biowareの「手抜きを許さない計画的な作りこみ」の合体が功を奏したのだろうか?

 これがもしも逆だと、EAの「いいんだよ、名前同じのついてりゃ中身ぜんぜん違ってても客騙されて買っちゃうだろ、続編出しとけ出しとけ」という続編クオリティ劣化、フライチャンズ潰しの歴史と伝統と、Biowareの「今のところは来月リリース予定。でも来月になるとまたその来月かも」という連鎖ディレイの習癖とが合体して、すごいことになったんでしょうけどね。

« DA:OA "Dragon Age 2"は2011年2月1日リリース?! | トップページ | 【ME2】【DA:OA】さらにアップデート情報 »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33737456

この記事へのトラックバック一覧です: DA:OA オンライン・プロデューサー・インタヴュー:

« DA:OA "Dragon Age 2"は2011年2月1日リリース?! | トップページ | 【ME2】【DA:OA】さらにアップデート情報 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31