フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« リターン・トゥ・オステガー(その3) | トップページ | リターン・トゥ・オステガー(その5) »

2010年2月 2日 (火)

リターン・トゥ・オステガー(その4)

 うう、Blogに障害が発生してたのか、渾身をこめた書きかけが消えてしまった><。
 一から書き直し。
 非常に使い勝手が悪かった画像の入れ込みが改善されたらしいので、使ってみるものの、大して変わんないなw。

**********

 オリジナル・ストーリーとマップは一緒ですが、通行止めが消えていたりできていたりするので進むルートは制限される。

Screenshot20100131095025184_3
 このネームドが「王の盾」を落とすはずだったんだが、画像撮影のためリロードを繰り返していたら、沸き(スポーン)が狂ってしまったのか、出てこなくなっちゃった。一旦最後までやってダメで泣きながら最初からやり直して二週しました・・・。拾ってみたらそんなすごいものでもなかったが、取リ漏らすとクエスト未完なのです。

Screenshot20100131000712053_3
 ダンカンのキャンプ地。ダークスポーンがここだけ念入りに破壊しつくしてるのは、残っていたグレイ・ウォーデンの匂いを感知したからではないだろうか、とのこと。

Screenshot20100131000730635_3
 ロイヤル・チェストは、やはりケイランのテント跡地にありました。

Screenshot20100131000816190_3
 マリック王の剣。こちらも鎧同様、Tier5-7の間で素材が変動するようです。画面ではTier5をひいちゃってますねw。
 ダークスポーン・キラーとしては最高級のロングソードでしょうか。「周囲のダークスポーンを弱体化する」属性はDLCウォ-デンズ・キープで見つかるアストゥーリアンの剣にもついてました。

 ケイラン王がこの剣を戦場に携えなかったのはなぜでしょうか。ここで死ぬと薄々気がついていたのか。それとも父親マリックの力を借りずとも戦えることを示したかったのか?今となっては歴史の謎になった。 

 剣と共に、王の書簡が見つかります。

 一通目は、オーレイの女帝セリーン一世(Celene I)からの手紙。
 Catherine the Great、ロシアの女帝エカテリーナ二世がモデルだそうだ。
 過去の忌まわしい歴史は水に流して、フェラルデンとオーレイはブライトと戦うため結束すべきだと訴えている。

 二通目は、イーモン卿からの手紙。ケイランの母方の叔父にあたるが、両親とも既になくしたケイランにとっては親代わり。
 世継ぎもまだいない身で、ケイラン王自ら戦場に立つ危険を冒すべきではない、と諌めている。
 世継ぎについては、王妃アノーラの年齢を考えると、もう別の方法を考えるしかないのではないか、とも忠告している。

 三通目は、またセリーンからの手紙。ただし、らしくないほど砕けた親しげな口調のもの。
 一旦くしゃくしゃに丸められ、後で丁寧に引き延ばされたらしい跡がある。
「ダークスポーンのおかげで、私のフェラルデン行きは無期延期としました。よろしいわよね? それにしてもダークスポーンがこのタイミングで現れるなんて奇妙な感じよね? まずそっちから片付けましょう。オーレイとフェラルデンの間の永久同盟については、その後でゆっくり話しあうことにしましょうね」

 お気づきですよね?
 もうできちゃってたんですね、ケイラン王と女帝セリーンのふたり。するとケイランはオーレイにお忍びで行ってたってことかな? 
 そのお返しにセリーンがフェラルデンに来る予定だったのかもしれない。心待ちにしていた再会がキャンセルになったと知らされ、手紙をくしゃくしゃにするとかベタな演技だw。
 この関係(個人的関係でも外交関係でも)がローゲインに知られれば、オーレイを天敵とみなす彼が許すわけもなく。
 またオーゲインの娘アノーラは世継ぎを産めないとなれば、別の側室を用意する?(あるいはセリーンが身篭る?)ことになり、ローゲインの政治的立場は弱くなってしまう。
 そうした事情から、ケイラン王への裏切りを決意したということか。

Screenshot20100131001051718
 やはりアリスターとウィンを同行した場合の台詞が一番充実しているみたいだ。

 文書を読んだアリスターとウィンの感想。 
「ケイラン王はダークスポーンに対する共同戦線をはるように、オーレイをすでに説得してたのか!」
「セリーンはただその返事を待っていたのね」
「ああ、ローゲインの裏切りのせいで、決して受け取れなかった、これから先も、決して受け取れない返事をね!」
「アリスター、『決して』なんて言っていても時間が経てば変わるものよ。時間をかけ、頭を冷やせば、いつか平和な関係が築かれるでしょう」
「君が生きてるうちにその目で見れたらいいけどね、ウィン」
「ダークスポーンには見せる気はないわ」 

Screenshot20100131002731708_2
 オステガーの戦いでビーコンを灯すためイシャールの塔頂を目指して駆け抜けた陸橋。
 真ん中に磔された亡骸がある・・・。

« リターン・トゥ・オステガー(その3) | トップページ | リターン・トゥ・オステガー(その5) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33218209

この記事へのトラックバック一覧です: リターン・トゥ・オステガー(その4):

« リターン・トゥ・オステガー(その3) | トップページ | リターン・トゥ・オステガー(その5) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31