フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】アサシン(その7) | トップページ | 【ME2】タリ(その1) »

2010年2月18日 (木)

若干ひとりごと

 ひとりごとなんで読んでも得にはならないと思います。一部愚痴に近い面もあるので。
 しかもこれから先の重大なネタバレも(ぼかしているが)ある。

 ブログのほうは、まだメンバー・リクルートの段階ですが、プレイのほうはずいぶん進んでしまっている。
 読んじゃいけない、読んじゃいけない!と思いつつ、記事を書いている間に参照しているWikiでネタバレを目にしてしまうこともあるw。それも踏まえて。

 Originsのときは自分でも結構面白がっていて、記事書き飛ばしていて苦痛に感じるなどなかったのですが、ME2は若干しんどいと感じるときがある。

1.Originsは最初からキッチリ書こうなんて思わずはじめたから好き勝手書けたんでしょう。ME2の場合は、あなた肩に力入りすぎ。
2.たぶん、Originsのほうが勝手な与太話を膨らませやすいのでは。ME2は怒涛のローラーコースターだし。
3.どっちもダークな世界であって十分暗いんだが、ME2はあまりにシニカル、ニヒルすぎる。
4.ME2がゲームとして難しいから、普通にしんどい?
5.Originsのときと比べてリアルでなにか心配事が増えたのでは?

 たぶん、全部少しづつ当たってると思う。

 本当の理由は、下のこれかもしれない。

「この程度のテキスト量で、このくらいド派手に面白い内容なんだから、商業的に日本語版出せばいいじゃないか! そうすれば、こっちはもっと好きに自由に感想が書けるからだ」
 Originsのときは無理かなあ、DLCもエキスパンションも矢継ぎ早に出そうだから、全部カバーする予算なんて出ないのかなあ、と思っていたが、ME2だったらできるんじゃないのか?
 それをいっちゃあお終いなのもわかっているが、本音を吐き捨てたい気持ち。
 日本語版出しても売れないんですかね? そこまでニッチな分野になってしまっているのか・・・。それともEAのライセンス料が高いのか。

 それはおいておいて、上に列挙した中で自分で一番気になっているのが3.だと思う。

 (こっから重大なネタバレあり。かなりぼかしますが)

 一言で言えば、Originsは手なりで好き勝手やっても、結果はどうにかなる仕組みだったんです。とても自分でやる気はおきませんがNPC全員解雇なども可能だと言うし。
 ME2は、だんだんわかってきたんですが、こちらは「必勝法」があるらしい。
 NPCのセリフなどからわかってくるのですが、手なりで自由気ままにやっているとかなり悲惨な結末が待っていることが明らかになってきた。
 しかもME1のときと同様、後には引き返せないポイント・オブ・ノー・リターンなときがやってくるのです。
 しくじったと思ってやり直すのも、相当大変そう。
 クリアできないって話ではなく、クリアの仕方ってことです。

 じたばたと何度もやり直すのを実況中継して面白いとも思えないんですよ。
 さらに悪いことには、ME2をクリアしたときの出来栄えが、きっと今度はそのまんまME3に引き継がれるのだ。試行錯誤を経てやっと最適解にたどり着く、というのが遊び方として美しい姿なのでしょうが、時間的にそこまで自由のない自分にとってはかなりの負担です。

 よって、何が言いたかったかというと、ここから日和ります、ということだったのだ。
 手なり原理主義者の看板を降ろします。
 最初から美しい結末に向かって努力します。
 最適解をめざすとか、内心忸怩たるものはありますが、まさに乗りかかった船なんでしょうがないのかと。
 ほんとは、こういうつくり方は認めたくないんですがねえ。

 悲惨形は余裕があったら後からやります。それって、完全に逆だよな。
 

 

« 【ME2】アサシン(その7) | トップページ | 【ME2】タリ(その1) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33426456

この記事へのトラックバック一覧です: 若干ひとりごと:

« 【ME2】アサシン(その7) | トップページ | 【ME2】タリ(その1) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31