フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】ライト・オヴ・パッセージ、グラント(その4) | トップページ | 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その1) »

2010年2月27日 (土)

【ME2】ライト・オヴ・パッセージ、グラント(その5)

7881
「おめでとう、シェパード。成長の儀式を生き延びるだけでなく、ウヴェンクを葬る手間までかけさせた。アードノット部族は感謝するぞ、特に最後の部分をな」

7882
「しかもスレッシャー・モーをビークルも使わず戦い、あろうことか倒したとか! レックス以来絶えて久しい快挙だぞ。奴はそれをずっと自慢し続けておった」

7883
「グラント、お前はアードノットの一員だ。よろしくな」

7884
「いつか繁殖の権利も得るだろう。メスどもがタンク育ちに触りたがるかどうかしらんが、お前が強いという話はすでに伝わっていることだろう」

 意外とアッサリした歓迎でございました。
 本来はまだモルディンのクエストを続けましたが、ノルマンディに帰還してからのくだりもまとめて書いてしまいましょう。

**********

7919
「アードノット・グラント。いい響きだぜ。部族の一員。俺はただ戦えるだけじゃなく、戦う理由ができた!
 そしてウヴェンク! 奴の腸をつかみ出してやろうと思ってた! 脊髄を引っこ抜いてトロフィー代わりにしたいと思ってたんだ!」

7920
「お前が自制が利かなくなったというから始まった話だ。なんだか前より悪くなってないか?」

7921
「レアヴは俺は正常だといった。俺はタンクで育ったから色々溜まっていたんだ。
 しかも、もう根無し草じゃない。クローガンとしての居場所ができた。気に入ってるぜ。

 俺たちの敵はやばい相手と戦うことになった。俺の標的がなくなるのだけは勘弁だが」

7924
「この戦いもいつかは終わる。俺には一生これを続けるつもりはないぞ」

7925
「そんなことを言っていても、自分で決める話じゃない。泣き言を言ってもやめることはできないぞ。そこは覚えておいてくれ」

 「ショーグン」とか「サーティーンス・ウォーリアーズ」などの、旅人、流浪者(漂流者)の異文化との遭遇体験かとも思いましたが、ちょっと違いますか。貴種流離譚と見ることもできるし、ただのアリーナものとも思えるし。ME2だとジャックのエピソードとよく似ているともいえるし。

 お気づきのとおり、クローガン文明はOrigins、D&D、あるいはその原型であるトールキンのドワーフ文明と非常に似通っています。
 先祖や過去の英雄を崇める以外に普遍的な宗教観を持ち合わせていない、誇りと伝統を重んじ、しばしばそれに呪縛される、統一的な王をもちえず部族が統治の主体だが、絶えず部族間抗争に明け暮れている、婦女子は部族外の者には決して姿を見せない(クローガンの場合は部族内の男性に対しても無闇に接してはならない厳格な規律がありますが)。
 地中生活、(自発的か強制されてかの違いはあるが)対外的に閉鎖的な政策、種族全体の人口減少の危機。
 そしてME2のクローガンにはバイオティックの使い手が非常に少ないとも設定されており、Originsのドワーフにメイジがいない、という話と似ている。

 部族間抗争の熾烈さはこのグラントのエピソ-ドからはあまりうかがい知れませんでしたが、敵対部族の婦女子の住処を襲撃するというのが常套手段と言っていますから、その隠匿も警備も厳重になっていることでしょう。
 ドワーフの場合はさすがに女子も男子と見かけ上は似たような姿をしてるんでしょうが、クローガンの女性は果たしてどのような姿をしているのか、今のところハッキリわかってないんではないのかな。
 異星人ものSFなどでは複数性を持ちながら、全く違う姿かたちの種族というのは良く出ますので。メスは体長が自分の百分の一くらいの似ても似つかないオスを無数に背負って一生生活するとか。まあ地球上の生物にオスメスでかなり違うのってありますからね。

 ジャスティカーのサマラはモンクやサムライをモデルにしてるそうですが、日本の近世・近代文明のイメージはこちらのほうが色濃く出てるかもしれない。女性観だけは違う気がしますがw。

« 【ME2】ライト・オヴ・パッセージ、グラント(その4) | トップページ | 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その1) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

クローガンのメスは,オスと大差ない格好のはずですよ。
モーディンのお助けミッションの際に,クローガンの妊婦(?)の死体と遭遇しますが,
オスと似たような体をしています。
この際,モーディンが心に沁みる追悼の言葉を死んだメス・クローガンにおくるので,ぐっときました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33555926

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ライト・オヴ・パッセージ、グラント(その5):

« 【ME2】ライト・オヴ・パッセージ、グラント(その4) | トップページ | 【ME2】オールド・ブラッド、モルディン(その1) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31