フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】ウォーロード(その8) | トップページ | 【ME2】ホライズン(その1) »

2010年2月13日 (土)

【ME2】ウォーロード(その9)

ジェパード艦長だ、よろしくな!と間抜けな応対をしてしまった。

2185
「知りたいのは貴様の名前ではない、俺の名前だ。オキーアのタンクが不完全だった。言葉がうつろだった。ウォーロード、レガシー、グラント、グラント・・・。グラントが最後だった。なにも意味がない。こいつに決めた」

Grunt、兵隊とか、作業員とかいう意味があるようですが、ブタのうめき声の意味もあるそうだ。

2188
「オ、オキーアとかレガシーのほうが格好よくないかい?」
「グラントのほうが短くてあってる。大仰なのは好かん。よし、俺はグラントだ、貴様が指揮者なら、俺を倒して強さを証明しろ」

 オキーアの刷り込みは失敗したらしく、オキーアの部族(クローガン)に対してもその敵に対してもなんの思いもないようだ。戦いには上も下もない。全ての戦いはよい戦いだ。この場でお前との戦いからはじめるか?

【ここからいくつか面白い分岐をします。まだ未経験で気になる方は見るのはやめたほうがいいかも】

 パラゴンで説得(レネゲイドは私のシェパードは実施不可)。

2222
「船もクルーも優秀だぞ。あー、部族は強いぞ。お前が加わればさらに強くなる」
「弱い敵とばかり戦ったら、お前を殺す」
「敵も強いぞ。心配するな」
「なるほど、面白そうだ、参加しよう」となる。

2197
 シェパードがずっとガンを突きつけていたことに気がつくと、交渉しつつガンを用意してるとは賢いと感心する。そして、いずれグラントが部族を手にしてシェパードと戦える名誉を楽しみに待つそうだ。

 パラゴンで説得しないでいると、レネゲイド・チェックが出る。(久しぶりです)

2244
 レネゲイドチェックに成功すると、グラントがしゃべくってるうちに、ガンを撃っちゃう。

2229
 問答無用じゃ!

2233
 ほお、交渉しつつガンを抜くとは、なかなかやるじゃねえか、と感心されて仲間になる。
 ガンくらいじゃかすり傷か。
 
 

2236
 次はこれじゃ済まんぞ、で終了。

 レネゲイド・チェックを見逃したらシェパードやられてゲームオーヴァーかなと思って、試してみたら、今度はシェパードが「もう堪忍袋の緒が切れた」と宣言してから、やっぱ撃っちゃう。結果はチェックに成功した場合と一緒。もちろんレネゲイド・ポイントはもらえない。

 んー、リクルートに失敗するパターンは結局ないんだろうか。
 とにかく、手間がかかる奴だった。これはかなり働いてもらわないと割に合わないな!(発想は傭兵と一緒か)
 
 行動は一見メチャクチャのように感じるかもしれませんが、兵士の名誉を重んじ、戦いのみに生きる根っからのピュアなファイター。
 ただし、己の戦士の規範にシェパードの行動が合致している間はいいが、ひとたび外れると反逆すると思われる。ローフル・ニュートラル、秩序にして中立かな。

« 【ME2】ウォーロード(その8) | トップページ | 【ME2】ホライズン(その1) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33361867

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ウォーロード(その9):

« 【ME2】ウォーロード(その8) | トップページ | 【ME2】ホライズン(その1) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31