フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】プロディガル、ミランダ(その5) | トップページ | 【ME2】ザ・ギフト・オヴ・グレートネス、ジェイコブ(その2) »

2010年2月22日 (月)

【ME2】ザ・ギフト・オヴ・グレートネス、ジェイコブ(その1)

 どれもこれも重たい話が続きますが、二人目もサーベラスのオリジナル・メンバー、ジェイコブで行きます。
 Wikiにも記載あるとおり、ひと目でゴールディングの『蝿の王』がモチーフとわかるのですが、あちらは(表面上)子供たちの話。かくいう私も、スティ-ヴン・キングがしつこくリファーするから真剣に読んだくらいですが。
 今回の表題はきついっすね。偉大さの贈り物。贈り物ではなく「才能」? 簡単な英語ほどキツイと感じることは結構ある。宗教がらみなのかもしれない。

 ジェイコブの父親は宇宙船の航海士であった。

2674
「艦長、ちょっといいすか。個人的なことで、気になってしょうがないんです」

2677
「実は先日、幽霊のノックを聴いたんです・・・。家族の」

2679
「俺個人のログに、父が搭乗していたヒューゴ・ガーンズバック号の更新情報があったんです。先週、座礁のため救援を求める救難信号を発していたと」

 ヒューゴ・ガーンズバック、はご存知のとおり世界初のSF雑誌の創刊者であり、アメリカのSF小説家(どっちかってと未来小説家かな)。ヒューゴ賞という(アメリカのw)世界SF大会で選出される賞の名前の由来でもある。いや、あれは「アメリカの」でしょ!w ワールドコン世界SF大賞はワールド・シリーズと一緒だ。アメリカSFの父。現代SFの父と呼ぶ人までいるそうな。
 
 そんな話はどうでもよくて、救難信号はアライアンス海軍とかそちらのお仕事のはず。たとえ父が搭乗してるとはいえ、なぜジェイコブが気に病むのか・・・? 

2681  
「船は十年前から行方不明なんですよ。父と最後に会ったのはさらにその三年前。だから父のことは遺体以外は全部過去に埋めてきた」

2683
「万が一父が生きているかも知れない、というならもう少し喜んでもいいのではないか?」
「別に悪い思い出を植えつけられるほど一緒にいた時間は長くなかったんです。だからもうすっかり癒えた古傷みたいなものだった。だがもし助けを求めてるとなると・・・。しかし、
自動救難信号にしては、流れた年月が長すぎる」

 だがジェイコブの言葉と裏腹に、父との関係はあまり良いものではなかったようだ。父は言い訳を許さない男だった。間違いを犯したなら、告白しろ。たとえ何度繰り返したとしても。ジェイコブはそのような育てられ方をした。

 ヒューゴ・ガーンズバック号はごく普通の民間フリゲート。殖民可能な惑星を探査し、競合に先駆けて真っ先に橋頭堡を築き、他社が参入をあきらめるほどのスピードで各種施設を建造していく。リサーチ・アンド・ディヴェロプメントならぬ、リサーチ・アンド・グラブというのだそうだ。

 さらに、ジェイコブが気かかりなのはこの情報の出所だ。
 救難信号がノルマンディ号に回されるということは通常考えられない。しかもサーベラスのフィルターを通過してジェイコブの個人ログに到着している。
 出所の足跡は巧妙に隠匿してあり追跡はできない。
 サーベラスの線は薄い。イルーシヴ・マンがオペレーションを10年も放置することはないだろう。もし関与しているとすれば金銭目的だろうが、その節もない。

2689
「誰かがたらした釣り餌なのか? さらに背筋を寒くするのは、誰がここまで俺の素性を詳細に知っているのか?」

 行くしかないでしょう。

**********

6648
 マス・リレーもない辺境の星系。

6652
 スキャンでアノーマリ(異常)を検知した。

6659
 ジャングルか。

6661
 熱そうだなここ、って宇宙服なら関係ないか。

6666
 確かにガーンズバック号。船内に生命反応はない。資材だけ回収する。

6667
 幽霊じゃないです。MEのホログラム表現ですね。救難ビーコンを送ってきたのはあれでしょう」

6669
 ホログラムの手前にあるログ。「もうついていけない。クルーにひどいことをしてしまった。彼らにはもはや何をされたかすら理解できないだろうが・・・。二秒も気を散らせば、殴られたことすら忘れている。もうやめなければ・・・」

6671
「この様子では、長い間ずっとここにあったようだが、どうして救難信号を送るまで何年も間が空いたんだ?」
「ビーコン・プロトコルの停止は8年237日7時間。停止は船長代理ロナルド・テイラーにより『記録消去』と記録」

6673
「そんなバカな。父は一等航海士だったはずだ」
「ロナルド・テイラー、緊急指令プロトコルに基づき現地昇格。その他の特記事項:計画外突入。食料食料・栄養素の腐食、ビーコン発動プロトコル」

 このビーコン・ホログラムから拾えるだけ記録を拾っておく。

・船長フェアチャイルドは周回軌道内への計画外突入の際に死亡。テイラーの父ロナルドが代理に昇格。他のクルーの所在は不明。
・原生植物を食して7日目に化学的不均衡による精神変調。高度認知能力と長期記憶への影響が累積し、1ヶ月で顕著なレベルに到達。
・緊急ビーコンは計画外突入の358日12時間後に起動。発信は船長代理ロナルド・テイラーにより8年237日7時間後に遠隔操作により開始。 

6699
 謎が増えただけだが、先を急ごう。
 ん、誰かおる?!

6701
「空から来た? リーダー誰か来るって言ってた! こんなに遅らせたのに、まだ力がある!」
 き、君は、誰?

「ハンターたち、あなたの星みた。ハンターたちリーダーを助けさせない」

6705
「なんていうか覚えていない、でも、リーダーに従えば帰れると・・・、でも戦いたい人たち、追い出された」

6707
「追放された人たち、マシンとリーダーを助ける人を襲う。あの人たち助けが来ると信じてない」

6729
 パラゴン・チェック、つかこれ反射神経チェックだろ。

6722
 あぶなーい、ってこればっかだな!

6709
 ハンター! 彼らリーダー死ぬまで戦いやめない」

6727
「うそつきの手先どもを殺せ! 奴はここから逃がさない!」

6734
 戦闘は省略。

6738
タリ「こいつら、神経衰弱とかじゃないよ、狂ってるよ!」
ジェイコブ「父がこんなこと許すわけがない。何かがおかしい!」
女「奴ら倒してもまた毎日来る。奴ら戦いたい。私帰りたい!」

 もう少し的を得た話のできる人を探しに行こう。いるとすればだが・・・。

« 【ME2】プロディガル、ミランダ(その5) | トップページ | 【ME2】ザ・ギフト・オヴ・グレートネス、ジェイコブ(その2) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33488047

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】ザ・ギフト・オヴ・グレートネス、ジェイコブ(その1):

« 【ME2】プロディガル、ミランダ(その5) | トップページ | 【ME2】ザ・ギフト・オヴ・グレートネス、ジェイコブ(その2) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31