フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 【ME2】コンヴィクト(その7) | トップページ | 【ME2】コンヴィクト(その9) »

2010年2月12日 (金)

【ME2】コンヴィクト(その8)

 力ずくでもノルマンディに担ぎ込もうか?

1596
「へえ、やってごらんよ?」とバトルの期待に胸膨らませるジャック。
「それしかねえかもな」(レネゲイド)
「だったら、あたしを殺すしかないよ」

 だんだんレネゲイドの選択肢しか出てこなくなっちゃったw。
 これは最初からパラゴンで押し通したらどうなるか、試してみたいところ。

1600
「いいかい、あたしを連れて行きたいなら、それなりの餌をぶらさげなよ」
「取引きする必要などない、仲間になれば君の手助けもするさ」
んー、また選択肢がパラゴンに戻っちゃったな。

1602
「できない約束をするんじゃないよ。
 アンタの船からサーベラスのデータベースが見れるだろ。やつらがあたしに何をしたのか、そのファイルを見せな。仲間になれというなら、それが条件さ」

1608
 「お安い御用で(ハッタリ)。全部見ていいぞ」 レネゲイドw。
 「裏切ったらどうなるかしらないよ」

1612
 「それで、いつまでここにつっ立てんのさ?」
 このおんなーw。

 面白くて、つい長々と書いてしまった。
 ところがジャックの毒気は、これで終わりではない。
 ノルマンディに乗船してからも、ひと悶着、ふた悶着。
 まずひと悶着め。

 Biowareのライター衆は、ほんま皆様(私だけか)の期待を裏切りませんな。
 ジャックに真っ先に会わせたいのは、やはりこのお方。今回は上陸チームにいなかったので、初対面だ。

1621
「ノルマンディにようこそ、ジャック。私はミランダ、シェパード艦長の右腕よ。
 そうそう、この船では命令に従うことが大事なの、覚えておいてね」


1624
「シェパード。サーベラスのチアリーダーはすっこんでろ、って言ってやれ。あの取引きはどうなった?」
 ファイルをすぐに見せるか、「後で見せるから心配しなさんな(レネゲイド)」か。
 私は「あとにしな」を選択。 

1625
「まあ、あせるな。まずゆっくりしろ。すぐにアクセスさせるから」

1628
「はあん。早くしなよ。この船の中で暴れたらどんな見ものになるかわかってんだろ?」

1627
「これ、檻に入れといたらどう? 船の安全のために」
ミランダ逆襲w。


1629
「へっ、どうぞ、お構いなくお姫様。勝手に人通りのなさそうな居場所探すわ」

1630
「待たせんなよ、シェパード」

1631
 はらわた煮えくり返ってるミランダ。

 ジャックがミランダに当てこすりでいう"precious"は「お高くとまりやがった」の意味なので「タカビー」が最もふさわしいが、なんか死語くさいので使うの怖かった。
 この2人の確執、これから見ものでございます。

 それよりもなによりも、ふたりとも男性シェパードのロマンス相手なんでしょう、きっと。
 どうすんだよw。

« 【ME2】コンヴィクト(その7) | トップページ | 【ME2】コンヴィクト(その9) »

Mass Effect 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33345943

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME2】コンヴィクト(その8):

« 【ME2】コンヴィクト(その7) | トップページ | 【ME2】コンヴィクト(その9) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31