フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« マーケットレモン | トップページ | ストーン・プリズナー(その2) »

2010年1月17日 (日)

ストーン・プリズナー

 ええ、ええ、正直に申し上げて大変期待しておりましたよ。"Return To Ostagar"を週末に遊べるはずだと。ところがX360の騒ぎのあと、フォーラムにBiowareスタッフは影も形もなくなった。すでに100ページをゆうに超える長大スレッドになっているので、ちょっと追いかけて読む気もおきません。

 エルフメイジ二回目のプレイで記事のネタを集めていたのですが、予想に反して膨大な量になりそうだと気がついた。やはり一回目はあせってやったせいか、特にサイドクエストなど相当見落としている。
 これでBlogも1ヶ月は食えそうだw。Awakening発売までの残りは、三人目ヒューマンローグの悪徳プレイでいけるかなw。
 
 そういえば、すでに公開されているDLCについては、まだぜんぜん触れていませんでしたね。
 ちょうどいいので、ロザリングを抜けたばかりのドワ(元)王子編でやっちゃいましょう。自分の順番で言うとジョイニングの儀式を通過した四人目のキャラになります。

 発売初期ではゲーム本体に付属で、実質無料(というか、本体の一部なんだけど)だったほうの、ストーン・プリズナーから行きましょう。こちらはNPCが出てくるので、何かと先にやっておいたほうがいいと思うし。

 パッケージ版発売時期によっては、DLCストーンプリズナーのレディームキーが同梱されています。2010年4月末日(日本時間じゃない)までにコード入力はやっとかないとヴォイドなのでご注意。デジタル版は持っていないのでわからない。
 もしそれ以降手に入れたい場合、オンラインで買うことになります。

*********

 Screenshot20100117093757850
 この街道はもっと北側のゲーレンズ・パスに比べてオーレイまでの道のりを二日くらい短縮できるそうだ。ただしより危険に満ちているとか。

 ロザリングのクエストは後からできなくなるので、忘れないように一通り全部済ませましょう。罠スキルが必要なものだけは場合によってあきらめることになるけど。

 マップを見ると、サルチャーズパス(Sulcher's Pass)というのが表示されているはずです。ジャーナルだとプレミアム・コンテンツだっけ?
 まず、ここに向かうことになる。道中野生の獣に襲われたりするので、レベルの浅いキャラたちの場合は慎重にねw。自分の場合もレベル7前後だったので結構大変だったw。

 たどり着きますと、フェリックス・デ・グロスボワ(Felix de Grosbois)という商人兼事業家がいる。名前からしてオリージャン(オーレイ人)ぽい。訛りもそれっぽい。
 主人公一行をみて盗賊かとかなりビビッた表情をしてるが、やがてラバがスズメバチに驚いて逃げてしまい、エルフの下僕を探しにやってるが、戻ってくるまでここに立ち往生だと落ち込んでいることがわかる。。このルートは普段選ばないのだが、戦さを避けて山岳の景色でも楽しもうと思って来たら次から次へととんでもない目にあってると嘆く。
 なかでもジェイダー(Jader)というフェラルデンに最も近いオーレイの街でドワーフから購入したコントロールロッドが最悪。そのドワーフは、とあるゴーレムの持ち主からそれを買い取る際に、フェラルデンのある村のゴーレムを操れるという話を聞いたそうなのだが、ダークスポーン騒動でとてもそこまでたどり着くことができなくなった。そういう事情なのでフェリックスも安値で仕入れることができたが、今度は自分もそこまでたどりつけない見通しとなった。
 そんなものを持っていて盗賊に命を狙われるほうがバカバカしいので処分してしまいたいという。捨てるくらいなら主人公たちにタダであげると。

 Screenshot20100117094936743
  キャッチ? キャッチ22w。いやいや、これDLCなんだからロッドはもらっときなさいよ。いいことあるよきっとw。

 うまい話には大抵の場合「裏」(a catch)がある。この話のキャッチは?と問うと、件のゴーレムはダークスポーンが跋扈してる地域の中にあるという。商人風情でそこに行くのは到底無理だが、主人公一行のような「冒険者タイプ」なら大丈夫だろう。そういってホンリース(Honnleath )という村の場所を教えてくれる。起動の合言葉は"dulef gar"だそうだ。

 DLCでもなければ、こんな眉唾な話に乗るわけないのだが、丁度主人公がドワーフなので、ゴーレムに興味津々という設定上は申し分ないね。マグレとはいえいい主人公を選んだものだと自画自賛w。

 早速、ここから南のほうにあるホンリースの村へ向かいましょう。

Screenshot20100117095719618
 なんとえらい南のほうですね。レッドクリフよりさらに南。ダークスポーン発生の中心地からは若干ずれてるとはいえ、かなりやばそう。

Screenshot20100117100616844
 到着すると、村の入り口に向かって必死に走ってくる村人らしきカップル。主人公たちに見向きもせず逃げ去ってしまう。サイロから吊り下げられた村人の死体もあるし。 

Screenshot20100117100636107
 なるほど、いきなりダークスポーン出現!もはや村はダークスポーンの支配下なんだろう。

Screenshot20100117100843877
 村の中にも多数出現。

Screenshot20100117101048666
 風車の多い、豊かで風光明媚ないいところだったんだろうな、平時には。

 なにはともあれ、まずゴーレムを探しましょ。

« マーケットレモン | トップページ | ストーン・プリズナー(その2) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33013205

この記事へのトラックバック一覧です: ストーン・プリズナー:

« マーケットレモン | トップページ | ストーン・プリズナー(その2) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31