フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« でかしたBioware!  | トップページ | IGNインタビュー(Awakening)その1 »

2010年1月 6日 (水)

ドワーフはいやっ!

 そうか、プロモビデオを見ないけんかったんか。見ないとフォーラムの話についていけん。
 ・・・こそこそ(音を出せる環境にいないw)。

 あーっ、なんだよもう一度パーティを組める「懐かしい顔」ってオーグレンかよ! ビデオには明らかにセクハラ赤毛チビの背中が映ってるな!
 もう。ドワーフはいらんなあ・・・。ぐっすん。
 やっぱBiowareはドワ専だなあ。
(まだ、オーグレンときまったわけではない、未確認ですけどねー)

Redhair_dwarf
赤毛のドワはレアなはずだからなー。この後姿オーグレンくさいよなー。

Female_mage
あ、私この方でいいです! メイジの新NPCだろうか? やばい、惚れたw。 

 アリスターも登場しているが、これはフェラルデン王としての登場かな。
 すると、オリジナルストーリーのマルチ・エンディングのうち、アリスターが王座につくバージョンを正なるバージョン、カノン(Canon)・エンディングとしてるんだろうかね。
 そうなるとモリガンがダークスポーンのエッセンスを吸収した子を身篭ってる話も正になる。Originsの主人公が引き続き活躍する場合は、それが一番自然なストーリー。
 それ以外のエンディングの場合、話が続かないのがいやなら新たにオーレイのウォーデンを登場させなさい、ってことでしょうか。 

 モリガン再登場説はだいぶ不利。下は私の第一回めのエンディングの画像だが、「何ヵ月か後にモリガンらしき姿が西方で目撃されている。しかもこどもを伴っていたという説もある」となっている。妊娠期間が「あれ?」なのはウィッチだからどうとでもなるんでしょうか。"months later"は、10ヶ月くらいも含まれるのかな。
 それよりもアマランティンとは真逆の方角、むしろオーレイ方面に旅をしてるのが本当だとすると、Awakeningに登場するってのは無理があるとするのが、反論の根拠。
 これも彼女はウィッチだしシェイプチェンジャーだから、鳥にでも化ければどうにでもなると思うんだが。
 ただ、「モリガンは"Dragon Age 2"の重要キャラクターにとっておくでしょう」という意見は確かに鋭い。その場合オーレイが新しい舞台になるだろうし、彼女自身はパーティには入らないだろうが、もしかしたら娘(ウィッチだから娘に決まってるでしょう)が参加するとか。
 アーチデーモンを出すとしょっぱなからぐったり萎えちゃう(またウォーデンが誰か死なんといかんから)けど、だそのエッセンスを吸収した謎のこども、古えの神の再来?というのはそそる話だよね。

Screenshot20091123002934583

 ダンカン再登場説もねえ。最後の隠し玉で持ってるかもしれないね。"Return to Ostagar"では、ケイラン王の遺体しか見つからず、ダンカンはMIA(Missing in Action)だと踏んでたんですが。エキスパンションのAwakeningで使っちゃうにはもったいないけどなー。

 フォーラムでもその「懐かしい友」の話でもちきりだが、「アマランティン(Amaranthine )ってどこだよ?!」という質問も多いみたい。下の地図でわかるとおり、フェラルデン北東部にある。港湾都市だそうだ。
 例のマリックに関するDragon Ageの小説を読んでいれば、ここは重要な場所だとわかるそうだけど、残念ながらまだ読んでいない。
 Originsを最後までプレイした方はご承知のとおり、毒蛇ハウを葬り去って領主空席となったここの統治はグレイウォーデンに託された。フェラルデンのウォーデンは(エンディングによって異なるが)1人か2人になってしまったので、西の隣国オーレイのウォーデンが再興のため派遣されてきた。それが新ウォーデンのバックグラウンドでしょう。

 800pxferelden_map_1

 "The Architect"ってなんだっけ? というのも多い質問。これもDragon Ageの小説を読んでいないと詳しくわからんらしいのですが、ダークスポーンを教導する、プリースト的な存在らしい。"The Architect"は "a sentient Darkspawn emissary"、「鋭い感覚を有するダークスポーンの密使」であり、古えの神(The Old Gods)を探索するのがダークスポーンの使命と信じているそうな。Awakeningの公式の一番上に出ている画像のキャラがそれっぽいけどね・・・。

 しかし、こうやって長大なフォーラムのスレッド読んでる暇あったら、Dragon Ageの小説二冊くらい読めちゃうんだろうなぁ。でも最初だけ少し読んだけど、そんなに面白くないんだよなあ。

 開発サイドのBiowareの人もフォーラムに登場して、いくつかの疑問についてコメント。

・オリジナル・キャンペーンでの選択は、エキスパンション(のストーリー)でも認識される。
・オリジナル・キャンペーンの装備は持ち決めるが、ソルジャーズ・ピークの(有料DLCをクリアすると手に入る)倉庫のものは持ち込めない。一旦倉庫から持ち出して、それからキャラをインポートすることになる。
・オーレイジャンのグレイウォーデンでオリジナル・キャンペーンは遊べない。
・アマランティンは沿岸部の領土で、ハウ卿が一時統治していた。もちろん領民は全員ジャマイカ訛りだよ(フォーラムの内輪ネタ)。最後の部分はうそw。

 一番目が重要ですねー。オリジナル・キャンペーンの「選択」で変化するんだって? ほんとですか? 主人公死んでたらどうなるん?

 誰が再登場するかはもちろん答えてくれませんね。
 しばらく妄想だけで楽しめそうだw。

« でかしたBioware!  | トップページ | IGNインタビュー(Awakening)その1 »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32880478

この記事へのトラックバック一覧です: ドワーフはいやっ!:

« でかしたBioware!  | トップページ | IGNインタビュー(Awakening)その1 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31