フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« ローレンシュピーレン?発音あってる? | トップページ | ロシア語ももっとできませんが。 »

2010年1月 5日 (火)

ドイツ語はできませんが。

 今回も誰も気にしてないRPGゲームの話をだらだら。

 自分で記事書いたら、妙に画面がみたくなって"Drakensang: The Dark Eye"、"The Witcher: Enhanced Edition"などを再インストールしてしまった。

 "Drakensang"はセーヴファイルが一通り残っ ていたんで、やろうと思えばだいたいどの場面からでも再開可能ですが、"Witcher"のほうは整理が悪くてファイルが見つからない。おそらく休眠中の初号機PCのHDDにあるんだろうが、立ち上げるのも面倒です。
 ドイツ系ゲー(ベルギー、ポーランド含むw)の美形女子キャラ、ホットチック画像特集でもやろうかと思ったけど、良く考えたらそんないなかったw。非常に二ッチな分野なので自分以外喜ぶ人もいないだろうしね。"Risen"のSteam版は腹が立つことに依然として認証エラーで立ちあがらないが、別に美形キャラはいなかったので関係ない。

 Witcherは初期エディッションで遊んだだけなのですが、手付かずだったEnhancedエディッションの導入部分だけやり直してみたら、グラフィックもだいぶ感じが良くなっているし、なにしろ字幕や吹き替えが違う。
 初期版で批判が大きかったから見直したのかな、と思って調べると何千行も書き直し、吹き替えたらしい。初期版ではちんぷんかんぷんな部分が多く、自分の英語力不足のせいなのか、わけわかんない翻訳のせいなのか、どっちの理由かわからなかったが、やはり波蘭語から英語への翻訳に難があったようだ。
 ガクガクとしていたコンバットアニメーションもだいぶ改善されたし、お世辞にも美麗とはいえなかったグラフィックも光源まわりなどはかなり秀逸な感じになってます。
 ここまでやり直すとは、かなりの労力だったはずだとちょっと感動する。
 こうなるともう一回とおして遊びたくなってしまうのが人情ですが、なにしろ時間がw。

 RPG大作?の続編が出るのは早くても1年後だったりするので、その頃には、「前作はどうだったっけ?」と、またやり直したくなるのが常。太字が今後のリリース。

"Mass Effect"  2008/5
"Mass Effect 2" 2010/1

"The Witcher"2007/10
"The Witcher Enhandced" 2008/9
"The Witcher 2: Assassins of Kings" TBA (2010?)
"The Witcher: Rise of the White Wolf"(X360) Canceled

"Drakensang: The Dark Eye" 2009/2
"Drakensang: The River of Time" 2010/2?

 もう"Mass Effect"なんて、前作の内容うろ覚えですよ・・・。固有名詞もシェパード艦長?とノルマンディーくらいしか覚えていないかな。これもセーヴファイルひっくり返して、復習しておかないとなあ・・・。前作のエンディングのセーヴファイルがいり用になるとか書いてあった気がするし。

 Witcherの続編はまだまだ先のようですのでおいておいて、Drakensangの続編の方はドイツ語版の発売は決まってるんですが、英語版はどうかな。
 前作に対する(主にアメちゃんの)最大の批判は、
 (1)キャラクター、ストーリー、モンスターがジェネリック(ありきたり)
 (2)D&Dと比べルールが複雑怪奇なくせに魔法がとてつもなく地味
の2点であり、(2)を気にしない私としては、(1)さえ改善されれば文句はない。
 設定は前作から23年前にさかのぼり、とか言われてもw。前作の設定覚えてないし。

03
 よし! 女子キャラのバストの品質は落ちてないようだ、確認!

Kampfimwald
 ジェネリックなバトルシーンも変わってないようだな。変わってよ、お願いだから・・・。

Drasa_afdz_alari_800x600
 ディズニーの影響受けすぎですが、これもドイツゲーの特徴。まだまだハリウッド、ディズニー万歳なんだろうか。

Drasa_afdz_morfu_800x600
 上の女子キャラと同列にこういう壁紙を作るセンスが一切理解できない。まさかパーティのNPCじゃないだろうな? JRPGでもどーぶつのパーティメンバーがいるから、うちも!とか。ナメクジとパーティ組むとかジョークにもならんです。もしかしたら柴田亜美先生ファンか。

"The Dark Eye"("Das Schwarze Auge")というのがドイツ国産TRPGルールセットだそうで、このルールに基づくPCゲームは他にも "The Dark Eye: Demonicon" というものの名前が出ています。スクリーンショット数枚と開発者Blogくらいしか(英語では)情報がないので上市はまだまだ先なのかもしれません。
 このゲーム、ひどいことに(主にアメちゃんから)まだ生まれてもいない"Diablo III"のクローン扱いされてはいますが、美麗グラフィックなので期待は持てそうです。

Thedarkeye20090205000058190_640w
 なかなか雰囲気よさげなんですが、残念なことにこれパーティでなくソロゲーぽいね・・・。

Thedarkeyedemonicon2009081907271501
 この光る目の表現は、ほんとやめろっつの!
 ドイツ方面の萌えキャラのお約束なのかな?

 英語版出るかなあ・・・。
 もしドイツ語版しかなかったら。
 ドイツ語を覚えちゃうのかって? 
 それはさすがに無理ですw。でもドイツRPGゲーの品質がどんどん向上していったら、考えるかもw。

« ローレンシュピーレン?発音あってる? | トップページ | ロシア語ももっとできませんが。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32865140

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語はできませんが。:

« ローレンシュピーレン?発音あってる? | トップページ | ロシア語ももっとできませんが。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31